喜劇 駅前弁天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
喜劇 駅前弁天
Suwako.jpg
本作撮影現場の1つである諏訪湖
監督 佐伯幸三
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎
金原文雄
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
三木のり平
音楽 広瀬健次郎
撮影 黒田徳三
編集 諏訪三千男
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年1月15日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前大学
次作 喜劇 駅前漫画
テンプレートを表示
岡谷駅の駅舎。画像は、2015年10月から行われた駅舎改修工事前の撮影写真。

喜劇 駅前弁天』(きげき えきまえべんてん)は、1966年1月15日東宝系で公開された日本映画東京映画作品。カラー。東宝スコープ。94分。

概要[編集]

駅前シリーズの第14作。諏訪湖の近くでそれぞれ商売をし、妻の目を盗んでは他の女にうつつを抜かす亭主たちを中心とする人情コメディである[1]。本作は長野県南信地方を舞台としており、諏訪湖や岡谷駅近辺の風景が登場する。

助演は野川由美子藤田まこと津川雅彦。また、前作『喜劇 駅前大学』で学生役を務めていたサンダー杉山が、本作にもそば屋の客役で出演している。

スタッフ[編集]

  • 製作:佐藤一郎、金原文雄
  • 脚本:長瀬喜伴
  • 監督:佐伯幸三
  • 撮影:黒田徳三
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 美術:小島基司
  • 照明:比留川大助
  • 録音:長岡憲治
  • スチル:長岡章
  • 編集:諏訪三千男

出演者[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 喜劇 駅前弁天 - Blu-ray/DVD”. 東宝. 2018年11月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]