藤村有弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじむら ありひろ
藤村 有弘
生年月日 (1934-03-06) 1934年3月6日
没年月日 (1982-03-16) 1982年3月16日(48歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都千代田区神田
死没地 日本の旗 日本神奈川県横浜市戸塚区吉田町
職業 コメディアン俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1940年代 - 1982年
テンプレートを表示

藤村 有弘(ふじむら ありひろ、1934年3月6日 - 1982年3月16日)は、日本コメディアン俳優声優東京都千代田区神田出身。

来歴・人物[編集]

幼少期より芸能活動を行い、喜劇役者として映画などで個性的な役柄を演じたほか、『ひょっこりひょうたん島』(NHK)のドン・ガバチョの声(初代)やインチキ外国語で一世を風靡した。日本のお笑い史にも軌跡を残し、“バンサ”の愛称で知られる。

ドン・ガバチョのつぶやき声である「ブフブハ」、笑い声の「ハタハッハ」は誤記された台本をそのまま読んだことから、またトラヒゲを「トラどん」とアドリブで言ったところスタッフに受けたため採用されたものである。

インチキ外国語の芸の元祖であり、特に協和語を多用したインチキ中国語フジテレビ新春かくし芸大会』の中国語劇のナレーションとして定番であり、またイタリア語バージョンの「ドルチャメンテコチャメンテ、スパゲッティナポリターナ、ゴンドラスーイスーイ、トラバトーレ、トルナラ・トッテミーロ」は現代でも知られている有名なお笑いのフレーズであろう[独自研究?]

趣味はアマチュア無線で、当時のコールサインはJH1BAN(今は別人に割り当て済み)。著名人であることから郵政省電波監理局が愛称にちなみ便宜を図ったようだが、真相は明らかにされていない。

1982年3月10日に風邪ぎみになり、同年3月13日、レギュラーパーソナリティーとして出演していた静岡放送(SBSラジオ)の生放送ラジオ番組『藤村有弘の東海道それゆけ4時間』の放送終了後に緊急入院した。その後の診断で原因がかねてからの持病だった糖尿病の悪化によるものと判明したため、主治医の勧めで3月15日夜に戸塚共立第2病院に転院したが、緊急入院からわずか3日後の3月16日午後5時35分に糖尿病性昏睡のため死去。48歳没[1]。その日に放送された『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)が最後の出演だった。普段の生活ではゲイであることを公言しており、葬儀のスピーチで友人の大橋巨泉は「バンサは彼がゲイである事を隠さなかった。しかし日本にはまだ同性愛者に対する強い偏見がある。だからボクは今夜、藤村有弘を立派な同性愛者として送ってやりたい」と述べた[2]

後任[編集]

藤村の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演歴[編集]

映画[編集]

  • 新妻の実力行使(1957年、新東宝
  • 駅前旅館(1958年、東宝)- 修学旅行の引率教師 ポスターには記載されているが、本編ではノンクレジット[要出典]
  • 美しい庵主さん(1958年、日活)
  • 爆笑 水戸黄門漫遊記(1959年、東宝) - 嵐藤十郎
  • 銀座旋風児(1959年、日活
  • 可愛い花(1959年、日活) - 秘書課長
  • 浮氣の季節(浮気の季節)(1959年、日活)
  • 大学の暴れん坊(1959年、日活)
  • おヤエのあんま天国(1959年、日活)
  • おヤエの女中と幽霊(1959年、日活)
  • おヤエの女中の大将(1959年、日活)
  • おヤエの初恋先生(1959年、日活)
  • おヤエの身替り女中(1959年、日活)
  • おヤエのもぐり医者(1959年、日活)
  • 不道徳教育講座(1959年、日活)
  • 疾風小僧(1960年、日活)
  • 大暴れ風来坊(1960年、日活)
  • 英雄候補生(1960年、日活)
  • 東京の暴れん坊(1960年、日活)
  • あした晴れるか(1960年、日活)
  • 天下を取る(1960年、日活)
  • 六三制愚連隊(1960年、日活)
  • 若い突風(1960年、日活)
  • 錆びた鎖(1960年、日活)
  • 男の怒りをぶちまけろ(1960年、日活)
  • 拳銃無頼帖 抜き射ちの竜(1960年、日活)
  • 拳銃無頼帖 電光石火の男(1960年、日活)
  • 拳銃無頼帖 不敵に笑う男(1960年、日活)
  • 拳銃無頼帖 明日なき男(1960年、日活)
  • 助っ人稼業(1961年、日活)
  • でかんしょ風来坊(1961年、日活)
  • 波涛を越える渡り鳥(1961年、日活)
  • 大海原を行く渡り鳥(1961年、日活)
  • 峠を渡る若い風(1961年、日活)
  • 風に逆らう流れ者(1961年、日活)
  • 海の勝負師(1961年、日活)
  • 東京お転婆娘(1961年、日活)
  • 堂堂たる人生(1961年、日活)
  • セールスマン物語 男にゃ男の夢がある(1961年、日活)
  • 太陽、海を染めるとき(1961年、日活)
  • 俺は地獄へ行く(1961年、日活)
  • お父ちゃんは大学生(1961年、日活)
  • 三つの竜の刺青(1961年、日活)
  • ヨットとお転婆野郎(1961年、日活)
  • 明日が私に微笑みかける(1961年、日活)
  • 太陽、海を染めるとき(1961年、日活)
  • 紅の拳銃(1961年、日活)
  • 峠を渡る若い風(1961年、日活)
  • 銀座ジャングル娘(1961年、日活)
  • 母ぁちゃん、海が知ってるよ(1961年、日活)
  • 海峡血に染めて(1961年、日活)
  • カミナリお転婆娘(1961年、日活)
  • メキシコ無宿(1962年、日活)
  • 抜き射ち風来坊(1962年、日活)
  • 二階堂卓也 銀座無頼帖 帰ってきた旋風児(1962年、日活)
  • 青い街の狼(1962年、日活)
  • 危ないことなら銭になる(1962年、日活)
  • 気まぐれ渡世(1962年、日活)
  • 歌う暴れん坊(1962年、日活)
  • 青年の椅子(1962年、日活)
  • 車掌物語 旅は道づれ(1962年、日活)
  • 地獄の夜は真紅だぜ(1962年、日活)
  • 燃える南十字星(1962年、日活)
  • ポンコツおやじ(1962年、日活)
  • 英語に弱い男 東は東西は西(1962年、日活)
  • 青い山脈(1963年、日活)
  • 銀座の次郎長(1963年、日活)
  • 銀座の次郎長 天下の一大事(1963年、日活)
  • 風が呼んでる旋風児 銀座無頼帖(1963年、日活)
  • 探偵事務所23 銭と女に弱い男(1963年、日活)
  • 美しい暦(1963年、日活)
  • 結婚作戦(1963年、日活)
  • 赤い靴とろくでなし(1963年、日活)
  • 悪名高きろくでなし(1963年、日活)
  • 海の鷹(1963年、日活)
  • 霧に消えた人(1963年、日活)
  • 示談屋(1963年、日活)
  • 都会の奔流(1963年、日活)
  • 俺は地獄の部隊長(1963年、日活)
  • 若旦那日本晴れ(1963年、日活)
  • 君も出世ができる(1964年、東宝) - 東和観光総務部長
  • うず潮(1964年、日活)
  • 大日本コソ泥伝(1964年、日活)
  • こんにちは赤ちゃん(1964年、日活)
  • 人間に賭けるな(1964年、日活)
  • 抜き射ちの竜 拳銃の歌(1964年、日活)
  • 浅草の灯 踊子物語(1964年、日活)
  • 噂の風来坊(1964年、日活)
  • 大日本ハッタリ伝(1965年、日活)
  • 夜明けのうた(1965年、日活)
  • 意気に感ず(1965年、日活)
  • 拳銃野郎(1965年、日活)
  • 現代悪党仁義(1965年、日活)
  • 青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ!(1966年、日活)
  • 坊っちゃん(1966年、松竹) - 吉川
  • 日本一のゴリガン男(1966年、東宝)
  • シンガポールの夜は更けて(1967年、松竹)
  • 日本一の男の中の男(1967年、東宝)
  • とむらい師たち(1968年、大映京都)- ジャッカン
  • ドリフターズですよ!盗って盗って盗りまくれ(1968年、東宝)
  • ドリフターズですよ!冒険冒険また冒険(1968年、東宝)
  • 不良番長(1968年、東映
  • ザ・タイガース 華やかなる招待(1968年、東宝) - 江藤校長
  • クレージーの大爆発(1969年、東宝)
  • 喜劇 逆転旅行(1969年、松竹)
  • 野蛮人のネクタイ(1969年、日活)
  • 三匹の牝蜂(1970年、東映)
  • ピンキーとキラーズの恋の大冒険(1970年、東宝)
  • ハレンチ学園 身体検査の巻(1970年、日活)
  • シルクハットの大親分 ちょび髭の熊(1970年、東映)
  • 喜劇 三億円大作戦(1971年、東宝)
  • おくさまは18才 新婚教室(1971年、東宝)
  • 夜の女狩り(1972年、東映)
  • 喜劇 泥棒大家族 天下を盗る(1972年、東宝)- 大門米太郎
  • としごろ(1973年、松竹)
  • 大事件だよ全員集合!!(1973年、松竹)
  • ルパン三世 念力珍作戦(1974年、東宝) - 警視総監
  • わが道(1974年、近代映画協会) - 矢部事務員
  • がんばれ!若大将(1975年、東宝)
  • おしゃれ大作戦(1976年、東宝)
  • 竹山ひとり旅(1977年、独立映画センター)
  • トラック野郎・度胸一番星(1977年、東映)
  • すっかり…その気で!(1981年、東宝)

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

バラエティ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コメディアンの藤村有弘さん死亡。読売新聞1982年3月17日朝刊23面より
  2. ^ 大橋巨泉「今週の遺言」『週刊現代』2010年9月4日号、講談社、 102-103頁。
  3. ^ 名古屋の没後に製作された『ひょっこりひょうたん島』プレマップ版、『ざわざわ森のがんこちゃんスペシャルショー 「プリンプリンと大ぼうけん」』では栗田貫一に引き継がれた。
  4. ^ アンデルセン物語 - メディア芸術データベース
  5. ^ 番組表で見るラジオ関西(1970年10月)”. ラジオ関西. 2021年3月31日閲覧。
  6. ^ 番組表で見るラジオ関西(1971年10月)”. ラジオ関西. 2021年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]