拳銃無頼帖シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

拳銃無頼帖シリーズけんじゅうぶらいちょう・シリーズ)は、日本の映画作品。1960年(昭和35年)赤木圭一郎主演にて4作品作られ、その後数年を経て、リメイク番外編が作られた。

概要[編集]

城戸禮の小説「抜き撃ち三四郎」を原作としたアクション映画。赤木圭一郎を主演に作られるが、彼の急死によって、四作品で幕を閉じる。

内容[編集]

拳銃使い"抜き射ちの竜"(赤木)と殺し屋"コルトの銀"(宍戸錠。作品によって名前は異なる)が毎回敵対しながらも、一緒にギャング組織と戦う。堅気になりたいと思っている抜き射ちの竜だが、状況がそれを許さず、やむを得ず銃を握る。

シリーズ[編集]

抜き射ちの竜[編集]

製作=日活。1960年(昭和35年)。カラー作品。日活スコープ。

出演[編集]

スタッフ[編集]

併映[編集]

電光石火の男[編集]

製作=日活。1960年(昭和35年)。カラー作品。日活スコープ。

出演[編集]

スタッフ[編集]

併映[編集]

不敵に笑う男[編集]

製作=日活。1960年(昭和35年)。カラー作品。日活スコープ。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:浅田健三
  • 監督:野口博志
  • 助監督:柳瀬観
  • 脚本:山崎巌
  • 原作:城戸禮
  • 撮影:横山実
  • 音楽:山本直純
  • 美術:小池一美
  • 録音:高橋三郎
  • 照明:高橋勇
  • 編集:辻井正則
  • 製作主任:園山蕃里
  • スチル:斎藤耕一
  • 技斗:高瀬将敏
  • 主題歌;
    • 「不敵に笑う男」
    • 作曲:藤原秀行
    • 作詞:水木かおる
    • 歌唱:赤木圭一郎

併映[編集]

明日なき男[編集]

製作=日活。1960年(昭和35年)。カラー作品。日活スコープ。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:浅田健三
  • 監督:野口博志
  • 脚本:山崎巌
  • 原作:城戸禮
  • 撮影:永塚一栄
  • 音楽:山本直純
  • 美術:大鶴泰弘
  • 録音:福島信雅
  • 照明:高橋勇
  • 主題歌;
    • 「明日なき男」
    • 作曲:藤原秀行
    • 作詞:水木かおる
    • 歌唱:赤木圭一郎
  • イメージソング;
    • 「トニーとジョー」
    • 作曲:藤原秀行
    • 作詞:滝田順
    • 歌唱:赤木圭一郎、宍戸錠

併映[編集]

リメイク・番外編[編集]

抜き射ちの竜 拳銃の歌 [編集]

製作=日活。1964年(昭和39年)。カラー作品。

高橋英樹を主演にしたリメイク作品。

拳銃無頼帖 流れ者の群れ [編集]

製作=日活。1965年(昭和40年)。カラー作品。

前作とは、関連のない番外編。原作も松浦健郎によるもの。主演は、小林旭。