ドン・ガバチョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ひょっこりひょうたん島 > ドン・ガバチョ

ドン・ガバチョは、NHK放映の人形劇ひょっこりひょうたん島』(原作:井上ひさし山元護久)の登場人物でひょうたん島の大統領である。

概要[編集]

ドン・ガバチョ[注 1]は、イギリカ国ドンドン市出身の、ひょうたん島大統領である。もともと政治家で、ひょうたん島に取り残された子供たちが見ていたテレビに映っていたが、記者に詰め寄られてテレビ画面からこぼれ落ち、ひょうたん島の一住民となった。海賊からの手紙を受け取る代表者を決めるために選挙を行い、大統領となる。「みなさーん」と言いながら演説を始めることが多い。また「ブフブハ」という咳払いや、「ハタハッハ」という変わった笑い方をする[注 2]

NHK開局50年の際にはマスコットキャラクターにもなり、NHKプレマップでNHKの番組を紹介したりなどした。

とても楽天的な性格で日和見主義だが、何度行き詰っても「今日がだめならあしたにしましょ。あしたがだめならあさってにしましょ。……どこまで行っても明日がある」と歌う(「ドン・ガバチョの未来を信ずる歌」)あきらめない根性は、積極思考の塊のようである[注 3]

声優[編集]

オリジナル版では藤村有弘が声優を務め、藤村が得意とする“インチキ外国語”を巧みに操った。1967年東映動画(現:東映アニメーション)で『ひょっこりひょうたん島』がアニメ映画化された時も、藤村が務めた。

リメイク版製作の時点で藤村がすでに亡くなっていたため、名古屋章が2代目となる。2003年2月1日の『人間レコードの巻』まで務めた。なお、リメイク版製作前の1990年の日通のひょうたん島のキャラクターによるCMに登場した際には、放映当時のソノシートからサンプリングした藤村の声をあてた(「みなさーん」の一言だけであるが)。

名古屋死去後のプレマップ版以降は栗田貫一が3代目となった。2013年2月11日に放送した『ざわざわ森のがんこちゃんスペシャルショー 「プリンプリンと大ぼうけん!」』にドン・ガバチョが登場し、栗田が声優として参加した[1][2]

『ひょうたん島』以外への出演[編集]

  • 1970年放送開始の「ネコジャラ市の11人」には「バンチョ・ホーホケ卿」という「百科事典から飛び出してきた藤村有弘演じる政治家」というガバチョをモデルにしたキャラが登場する。声もガバチョと同じ藤村が担当し、ガバチョの「みなさーん」を彼の口癖に流用、またガバチョの「ハタハッハ」を、「ハラハッハ」にアレンジして流用した。
  • 1979年放送の『プリンプリン物語』第25回に出演した。ただ一人残った島民としてプリンプリンらにエールを送る。なおこの放送回のVTRはNHKに保存されておらず、2003年に『プリンプリン』が再放送された時は放映出来なかった。2016年に同番組で人形操作を担当していた伊東万里子からビデオテープが提供され、37年ぶりに陽の目を見る事となった。
  • 反戦市民集会「World Peace Now」(イラク戦争開戦直後の2003年3月21日(日本時間)の回)に、博士の作った、どんな悪人も善人に出来る新薬「ヨクナール」を持って馳せ参じる(人形劇団ひとみ座による協力)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語ドンは男性に対する尊称であり、en:Gabacho(ガバチョ、バにアクセント)はフランス人に対する蔑称である
  2. ^ いずれも、もともとは台本の誤植を藤村有弘がそのまま読んだのが使用され、定着したもの。なお「アルカジル王国編」(リメイク版では「アラビアンナイト編」)でガバチョがお化けになった時は「ハタヒッヒ」に変わった。
  3. ^ 2010年5月9日放送のNHKアーカイブスひょっこりひょうたん島 井上ひさしの世界」でのひとみ座の人形劇作家須田輪太郎によると、作者の井上は「単なる先送りの歌」のつもりで作ったと説明していたという。また一家心中を考えていた中小企業経営者の一家が決行前夜に「ひょっこりひょうたん島」を見、「ドン・ガバチョの未来を信ずる歌」を聞いて思いとどまったというエピソードも紹介された。

出典[編集]

  1. ^ ざわざわ森のがんこちゃんスペシャルショー「プリンプリンと大ぼうけん!」 (2/11)”. NHK for School ブログ. 日本放送協会 (2013年2月5日). 2013年3月26日閲覧。
  2. ^ 番組表検索結果詳細”. NHKクロニクル放送番組表検索. 日本放送協会. 2013年3月26日閲覧。[リンク切れ]