くるみ割り人形 (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

くるみ割り人形』(くるみわりにんぎょう)は、1979年3月3日に公開されたサンリオ製作の人形アニメーション映画。

概要[編集]

ホフマンの童話『くるみ割り人形とねずみの王様』とチャイコフスキー作曲のバレエくるみ割り人形』が原作。

ストーリーはバレエ音楽に準拠したものではなく、ホフマンの原作内容を元に、辻信太郎が脚色したオリジナルストーリーで進行する。物語の随所には実際のバレエ音楽より「情景」のシーンが挿入されている他、フランツの城の場面ではバレエ組曲より「葦笛の踊り」「行進曲」「金平糖の精の踊り」「花のワルツ」などをメドレー方式にアレンジされたものが使われている。劇中の演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当。

DVD2010年2月16日に発売、2013年7月にはデジタル処理を施したHDリマスター版がDVDとブルーレイで発売された。当初発売されたDVDはモノラルで、ステレオでの収録はHDリマスター版からとなる。

ストーリー[編集]

時は19世紀ドイツ。シュタールバウム家の一人娘・クララは遠縁である人形師・ドロッセルマイヤーから王子の格好をした不思議な人形をもらったことにより、ある出来事に巻き込まれる。

兄フリックが三年ぶりに帰宅する前の晩、眠りについたクララはネズミの一団に襲われるが、動き出した人形が撃退する。翌朝、人形は消えていた。人形を捜すうちに自室の時計の中に入り込んだクララは、気がつくと「人形の国」に来ていた。

そこで出会ったのは自分と瓜二つの王女・マリーだった。件のマリーは二つ頭の白ネズミの女王・マウゼリンクス夫人の呪いにより、醜いネズミの姿にされたうえ、1年以上も眠ったままでいた。しかし、呪いを解く方法は今でも見つからないまま。マルチパン城のフランツ王子は呪いを解こうと各界の学者を呼び寄せるが、有効な策は出ない。

クララは何とかして夫人にかけられた呪いを解く方法を見つけようと決意し、夜の街で出会った謎の老婆から教えられた占い師の元を訪ねる。占い師は「クラカトークのクルミ」を「真珠の剣」で砕くことで呪いが解けると言い、所蔵していた真珠の剣をフランツに渡すと、フランツはおもちゃの兵隊を率いてネズミの一団と戦い、見事クラカトークのクルミを打ち砕いた。こうしてマリーは夫人の呪いから解放されたが、逆にフランツが人形にされてしまう。それはクララがドロッセルマイヤーからもらったあの「くるみ割り人形」だった。

人間に戻ったマリーは人形になったフランツには見向きもしない。クララの訴えも通じず、一人森をさまようクララは、時計屋の老人と出会う。フランツの呪いを解く方法を尋ねるクララに老人は「本当の愛がこの人形に注がれたとき呪いが解ける」と言う。いつしか眠り込んだクララは、夢の中でフランツの城に招かれ、楽しい時を過ごす。

しかしネズミの一団の企みは終わっていなかった。フランツに殺されたマウゼリンクス夫人の仇を討とうと、息子のシュヌルルが立ちはだかる。身動きの取れないクララはついに自ら犠牲になる道を選んだ。どうしてもフランツを護りたいクララが「このくるみ割りさんを本当に愛してるの」と言いながら。粉々に壊そうとするシュヌルルをクララが止めた瞬間、首元のペンダントが激しく発光。そしてその思いに応えるかのように、くるみ割り人形はフランツの姿に戻り、シュヌルルは何処かへと散っていった。

気がつくと、クララは自室のベットの中だった。帰宅したフリックは、フランツとうり二つの青年になっており、クララに花束を渡しながら「マルチパン城の王女様にぴったりだよ」とささやいた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演
出演
特別出演

主題歌・挿入歌[編集]

関連項目[編集]