アナザー・ウェイ ―D機関情報―

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナザー・ウェイ ―D機関情報―
Another Way
監督 山下耕作(本編)
川北紘一(特技監督)
脚本 石倉保志
原作 西村京太郎D機関情報
製作 小倉斉
製作総指揮 太木懋
出演者 役所広司
いしだあゆみ
高橋英樹
平幹二朗
芦田伸介
仲代達矢
ロバート・ヴォーン
音楽 ジョルジオ・モロダー
撮影 赤塚滋(本編)
江口憲一(特殊技術)
編集 黒岩義民
製作会社 タキ・エンタープライズ
配給 東宝東和
公開 日本の旗 1988年9月17日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

アナザー・ウェイ ―D機関情報―』(アナザー・ウェイ ディーきかんじょうほう)は、西村京太郎の小説『D機関情報』の映画化作品である。スイスに長期ロケを行なってはいるが、日本のタキ・エンタープライズの製作による日本映画である。1988年9月17日より東宝洋画系にて公開された。東宝東和創立60周年記念作品。

ストーリー[編集]

日本にとって、すでに戦局が絶望的なものとなっていた第二次世界大戦太平洋戦争)末期の1945年1月。

軍令部は、関谷直人海軍中佐を密かに日本海軍潜水艦伊51潜水艦」で、同盟国ドイツを経て中立国スイスへと送った。目的は特殊爆弾の原料ウランの買付けだった。

しかし、約2ヵ月後にドイツに上陸してベルリンに着いた関谷は、友人で仲介役の駐在武官矢部が殺されたことを、ドイツ駐在の日本大使(当時の駐ドイツ大使・大島浩陸軍中将がモデル)から伝えられる。ようやくスイスに入国し、ベルンに到着した関谷は、謎を追ううちに、実は矢部は生きていて、アメリカ合衆国の諜報機関「D機関」に籍を置き、日米和平工作に関わっていることを新聞記者の笠井に告げられる。

関谷は自分の任務のため、一度は断ったが悩んだ。だが、シャフハウゼンライン滝で矢部と会うことが出来たのもつかの間、改めて関谷に日米和平工作への協力を求めた矢部は、関谷の目の前で何者かに射殺される。そのような状況下で、ベルン駐在の川瀬公使や館員の日下も、関谷に対し和平を訴える。

やがて、D機関と呼ばれる秘密組織と各国の国際スパイ達の暗躍が見え隠れするようになってくる。また、D機関のボスから『アメリカは既に特殊爆弾を完成させている。ソ連日ソ中立条約を破って日本に参戦することになるだろう』という情報を得たことから、関谷は、日米和平工作の存在と自らに課せられた使命との狭間で苦悩しつつも、矢部の遺志を継ぐことにした。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

撮影協力艦艇[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本作品は役所の映画初主演作である。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]