倉敷保雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くらしき やすお
倉敷保雄
プロフィール
出身地 千葉県
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-03-11) 1961年3月11日(56歳)
最終学歴 東洋大学社会学部
職歴 ラジオ福島アナウンサー兼プロデューサー、文化放送記者
ジャンル サッカー中継の実況
配偶者 小林千鶴
公式サイト 今夜はRocketPunch!
出演番組・活動
現在 Foot!

倉敷 保雄(くらしき やすお、1961年3月11日 - )は、日本フリーアナウンサー。現在は主にサッカー中継の実況アナウンサーとして活動中。

略歴[編集]

大阪府生まれだが、幼少期に何度も引っ越しを繰り返した末に、小学校から大学時代の前半までを千葉県で過ごしているため、公式プロフィール上の出身地を千葉県としている[1]。千葉時代には休み時間や放課後には友人とサッカーを楽しむ一方、試合に出られそうにないと試合を抜けて図書館に行ったり野原で虫を捕ったりするという生活を送っていたという[2]千葉県立船橋西高等学校(現・千葉県立船橋啓明高等学校)から東洋大学社会学部に進学[3]

大学ではアナウンス研究会に所属し、放送業界への就職を目指すようになる。元々はラジオ局のディレクターを目指していたという[4]が、次第にスポーツアナウンサーの道を目指すようになり、幼少期から中日ドラゴンズファン[注 1]で「中日戦の実況がしたい」との想いから名古屋の放送局を受験したが、合格はならず[3]。さらに、後に某FM局に合格したものの単位が足りずに大学卒業が出来なかったために就職は叶わず[4]、翌年ラジオ部門がありアナウンサー職の募集を行っている放送局を数局受験したところラジオ福島に入局が決まる[4]

しかし当時ラジオ福島には自社で手がけていたスポーツ番組が「福島競馬実況中継」程度しかなく[5]、アナウンサー兼プロデューサーとして音楽番組に力を入れるようになる。プロモーターを頼って独力でゲストとの出演交渉を行う[5]など「楽しかったことは9割9分が音楽」と述懐するほど音楽番組に力を注ぐが、入局から5年半後の1988年8月に母親の病気[注 2]を理由にラジオ福島を退社。半年間を結婚式の司会などのアルバイトで食いつないだ後に記者職で社員を募集していた文化放送に入社。報道部に2年、スポーツ部に半年在籍して退社[6]。このタイミングでラジオ福島の先輩であった八塚浩の所属している圭三プロダクションを通じてNHK総合テレビのスポーツ番組でのナレーションの仕事[注 3]を引き受けて、フリーアナウンサーとしてのキャリアをスタートさせる[7]

サッカー実況を担当するようになったのは、Jリーグが開幕した1993年。文化放送時代の人脈を通じてJリーグ中継の実況を単発で担当し、その映像を当時スポーツ・アイのサッカー中継に関わっていた会社の人物に持って行ったところ、同局のエールディヴィジ(オランダ)とカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル)の中継を担当することになる[7]。その後担当したリーガ・エスパニョーラ(スペイン)中継で金子達仁とのコンビで話題になる[7]

2001年W杯欧州・南米予選特番「12時間テレビ」(スカパー!)では、解説の粕谷秀樹と共に同時に行われている最大7試合の分割画面を見ながらザッピングした試合を即興で実況する(通常は前もって下調べをしたり、スタッフが用意した資料に目を通してから実況に臨む)という離れ業を見せた。[8]

2002年日韓W杯では、スカパー!のメインキャスターとして日本戦3試合や決勝戦などを担当した。日本vsベルギー戦で稲本潤一がゴールを決めた際、「決めてくれぇ、ゲットォー!!」と絶叫した。また、「ワールドカップジャーナル」(えのきどいちろう司会)のスーパーバイザーでもあった。2006年ドイツW杯でも、日本戦3試合を含むグループリーグ8試合を解説の原博実とともに現地から実況した。2010年の南アフリカW杯では、「デイリーハイライト ~ジャンルカなう~」の司会を務めた。

なお、ジャーナリストとしての側面も持ち、様々な場所にサッカーコラムを寄稿することもある。

人物[編集]

愛称はブラジルで「名手」を意味する「クラッキ」と苗字の「倉敷」とをかけた「クラッキー」。好きな選手はヤリ・リトマネン。一番好きなチームはアヤックスエールディビジ)。その他にもバルセロナリーガ・エスパニョーラ)、コリンチャンスブラジル)、アラベスリーガ・エスパニョーラ)、マインツドイツ・ブンデスリーガ)も応援している。Jリーグにも好きなチームはあるというが公表はしていない。

夫人は公表していないが、ラジオ福島退社後、同時期に退社した小林千鶴と結婚したことが、同局の特番「さよならAM!AM!」にて報告された。2007年、「Foot!スウェーデンフィンランド取材旅行に同行しており、2007年8月17日放送の同番組で「スタッフからの手紙」という形で夫婦の仲睦まじさを暴露されている[注 4]

幼少期はサッカー・野球以外には大相撲にも興味があったという[2]

主な担当リーグ・大会など[編集]

※太字は2010年1月現在実況を担当

出演[編集]

過去の主な出演番組[編集]

書籍[編集]

山本浩(元NHK解説委員、後の法政大学教授)との対談
あらゐけいいち共著(挿絵・漫画)、『ヤングアニマル』連載のサッカーコラム「ふたりサッカーいとをかし」の単行本化
内巻敦子イラスト

CD[編集]

  • 「BEATS JAPAN」(DJ CELORY a.k.a. Mr.BEATS、ポニーキャニオン) 2004年4月28日リリース
    • 「Half Time」、「Time Up」、「Kick Off」の作詞(実際には実況アナウンス)を担当

映画出演[編集]

LD/DVD[編集]

実況を担当したサッカーゲーム[編集]

※いずれもナムコ(後のバンダイナムコゲームス)から発売

脚注[編集]

[ヘルプ]

注記[編集]

  1. ^ バート・シャーリージョン・ミラー一枝修平が在籍していた頃からのファンだという[3]
  2. ^ 当時、本人は母親がガンだと思っていたが、退社が決まってからそれが早とちりだと判ったという[6]
  3. ^ これは八塚がフリーになった際にも最初に引き受けた仕事であった。
  4. ^ なお、2009年1月24日放送のヨーロッパフィギュアスケート選手権中継で、実況の小林千鶴が「一昨年、スウェーデンから日帰りでフィンランドを訪れ、ヘルシンキの書店でキーラ・コルピの写真集を探した」と発言しており、「Foot!」スタッフのブログ[9]の記述「倉敷夫妻はリトマネンの切手や、資料になりそうな本をコーディネーターの方と探しに」と符合する。

出典[編集]

  1. ^ 土屋 2017(前), p. 1.
  2. ^ a b 土屋 2017(前), p. 2.
  3. ^ a b c 土屋 2017(前), p. 3.
  4. ^ a b c 土屋 2017(前), p. 4.
  5. ^ a b 土屋 2017(後), p. 1.
  6. ^ a b 土屋 2017(後), p. 2.
  7. ^ a b c 土屋 2017(後), p. 3.
  8. ^ ~えのきどいちろう公式ページ~ ガガンボン日記 2001/9/6(木)[リンク切れ]
  9. ^ 倉敷さんと行く北欧紀行(5)プロデューサーの決意~そして終わりは突然に~”. JSPORTS (2008年4月1日). 2017年4月20日閲覧。
  10. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月20日閲覧。 
  11. ^ 特典の「東宝怪獣絵本」の語り、『ゴジラ対メガロ』『メカゴジラの逆襲』『地震列島』のDVD特典映像では顔出し出演、『メカゴジラの逆襲』特典ではムガール隊長の声を担当している。


参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]