倉敷保雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くらしき やすお
倉敷保雄
プロフィール
出身地 千葉県
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-03-11) 1961年3月11日(56歳)
最終学歴 東洋大学社会学部
職歴 ラジオ福島アナウンサー兼プロデューサー、文化放送記者
ジャンル サッカー中継の実況
配偶者 小林千鶴
公式サイト 今夜はRocketPunch!
出演番組・活動
現在 Foot!

倉敷 保雄(くらしき やすお、1961年3月11日 - )は、日本フリーアナウンサー千葉県出身。現在は主にスカパー!J SPORTSサッカー中継の実況アナウンサーとして活動中。

愛称はブラジルで「名手」を意味する「クラッキ」と苗字の「倉敷」とをかけた「クラッキー」。

好きな選手はヤリ・リトマネン。一番好きなチームはアヤックスエールディビジ)。その他にもバルセロナリーガ・エスパニョーラ)、コリンチャンスブラジル)、アラベスリーガ・エスパニョーラ)、マインツドイツ・ブンデスリーガ)も応援している。Jリーグにも好きなチームはあるというが公表はしていない。

好きなリーグは、リーガ・エスパニョーラとブンデスリーガで2007年よりセリエAとプレミア・リーグの解説を始める。

略歴[編集]

東洋大学社会学部卒業後、ラジオ福島アナウンサー兼プロデューサー、文化放送記者を経て、現在はフリーで活動している。 ちなみに、同じくサッカー実況アナウンサーの八塚浩はラジオ福島時代の先輩にあたるが、倉敷・八塚ともラジオ福島時代はサッカー実況の機会はなかったという。

サッカー実況を担当するようになったのは、Jリーグが開幕した1993年。以来、CS放送を中心に国内外のサッカー中継で実況を担当。これまでに実況した試合は1000試合以上に上る。その中には1998年2月、NHKのサッカー実況アナが長野オリンピック中継で東京に不在だったため、当時BS1で放送していたリーガ・エスパニョーラの代打実況も含まれる(BS1での実況自体はインディカー(CART)等で経験あり)。

2001年W杯欧州・南米予選特番「12時間テレビ」(スカパー!)では、解説の粕谷秀樹と共に同時に行われている最大7試合の分割画面を見ながらザッピングした試合を即興で実況する(通常は前もって下調べをしたり、スタッフが用意した資料に目を通してから実況に臨む)という離れ業を見せた。[1]

2002年日韓W杯では、スカパー!のメインキャスターとして日本戦3試合や決勝戦などを担当した。日本-ベルギー戦で稲本潤一がゴールを決めた際、「決めてくれぇ、ゲットォー!!」と絶叫した。また、「ワールドカップジャーナル」(えのきどいちろう司会)のスーパーバイザーでもあった。2006年ドイツW杯でも、日本戦3試合を含むグループリーグ8試合を解説の原博実とともに現地から実況した。2010年の南アフリカW杯では、「デイリーハイライト ~ジャンルカなう~」の司会を務めた。

なお、ジャーナリストとしての側面も持ち、様々な場所にサッカーコラムを寄稿することもある。

夫人は公表していないが、ラジオ福島退社後、同時期に退社した小林千鶴と結婚したことが、同局の特番「さよならAM!AM!」にて報告された。

2007年、「Foot!スウェーデンフィンランド取材旅行に同行しており、2007年8月17日放送の同番組で「スタッフからの手紙」という形で夫婦の仲睦まじさを暴露されている[2]

主な担当リーグ・大会など[編集]

※太字は2010年1月現在実況を担当

出演[編集]

過去の主な出演番組[編集]

書籍[編集]

山本浩(元NHK解説委員、後の法政大学教授)との対談
あらゐけいいち共著(挿絵・漫画)、『ヤングアニマル』連載のサッカーコラム「ふたりサッカーいとをかし」の単行本化
内巻敦子イラスト

CD[編集]

  • 「BEATS JAPAN」(DJ CELORY a.k.a. Mr.BEATS、ポニーキャニオン) 2004年4月28日リリース
    • 「Half Time」、「Time Up」、「Kick Off」の作詞(実際には実況アナウンス)を担当

映画出演[編集]

LD/DVD[編集]

実況を担当したサッカーゲーム[編集]

※いずれもナムコ(後のバンダイナムコゲームス)から発売


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ~えのきどいちろう公式ページ~ ガガンボン日記 2001/9/6(木)[リンク切れ]
  2. ^ なお、2009年1月24日放送のヨーロッパフィギュアスケート選手権中継で、実況の小林千鶴が「一昨年、スウェーデンから日帰りでフィンランドを訪れ、ヘルシンキの書店でキーラ・コルピの写真集を探した」と発言しており、「Foot!」スタッフのブログ(倉敷さんと行く北欧紀行(5)プロデューサーの決意~そして終わりは突然に~)の記述「倉敷夫妻はリトマネンの切手や、資料になりそうな本をコーディネーターの方と探しに」と符合する。
  3. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月20日閲覧。 
  4. ^ 特典の「東宝怪獣絵本」の語り、『ゴジラ対メガロ』『メカゴジラの逆襲』『地震列島』のDVD特典映像では顔出し出演、『メカゴジラの逆襲』特典ではムガール隊長の声を担当している。

参考文献[編集]

  • 「FOOT! BOOK 00 05」(J SPORTS「Foot!」5周年記念グッズ「5点セット」のひとつ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]