カメーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カメーバ (Kamoebas) は、特撮映画ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』などに登場する架空の怪獣である。別名「大亀怪獣」。

登場作品[編集]

特撮テレビ番組『行け!ゴッドマン』(1972年)にも登場した。

『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』のカメーバ[編集]

  • 体長:20メートル
  • 体重:2万8千トン

無人宇宙船ヘリオス7号に付着して南太平洋のセルジオ島に飛来したアメーバ状の宇宙生物が、マタマタガメに憑依して生まれた怪獣。マタマタガメの姿のまま巨大化しており、いわゆる怪獣というよりは「巨大生物」といった趣がある。宇宙生物の弱点である超音波を放つコウモリを探す太郎とアヤ子の前に現れて追跡するが、彼らが逃げ込んだ先の鍾乳洞にもコウモリがいたことで退けられる。その後、宇宙生物の支配を脱した小畑によって解き放たれたコウモリの群れに思考を乱されたうえ、同種の宇宙生物によって怪獣化した巨大ガニの怪獣ガニメの2体目との同士討ちに陥り、最後はガニメともども火山の噴火口に飲み込まれる。

造形
着ぐるみの造形は安丸信行
全身の粘土原から石膏型が起こされ、細かい鱗の表現にこだわった造形が行われている。背中のとげは、時計回りに渦を巻いており、これは同じ安丸による『怪獣総進撃』のアンギラスの背中のとげと同じ表現である。腹部にチャックがあり、演技者は下から入る仕掛けになっている。後ろ足は演技者の膝から先が入り、膝をつかずに演技できるように作られている。
カメーバの頭が勢いよく飛び出すギミックは、圧縮空気のボンベを仕込んだもの[1]。スーツアクターの中村は、頭が飛び出す際の「ポン」という音に毎回中で驚かされたそうである。
劇中に登場するマタマタガメは、イシガメの甲羅にとげのデコレートを乗せて出演させたもの。手足にばねの入った造形物も作られたが、本編では未使用[2]

『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のカメーバ[編集]

  • 体長・体重:初代と同じ

頸部に「巨大な爪で引っかいた」ような傷跡のある死骸が九十九里浜の海岸に打ち上げられる。作中では1972年1987年にも発見されたと言われる。

  • 関連書籍などでは二代目カメーバとも表記される[3]
  • 死骸のプロップが造られたのみで、着ぐるみは製作されていない。アンギラスの死骸とする案も存在した[4]
  • 公開直前に掲載された『てれびくん』2003年10月号ではゴジラに住み家を荒らされて、怒って戦いを始めたとする前日譚が語られ[5]、後日打ち上げられたと解説されている[5][6]

『行け!ゴッドマン』のカメーバ[編集]

突然、男女2人組の前に姿を現し、ゴッドマンにほぼ無抵抗のまま殴られ続け、海中へ逃げ去る。海の怪獣だが、陸上でも平気で戦う。

  • 着ぐるみは『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』の流用だが、下顎がない。

小説『GODZILLA 怪獣黙示録』のカメーバ[編集]

アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』の前日譚に当たる小説『GODZILLA 怪獣黙示録』に登場。複数の個体の出現が確認されており、バンカーバスターの直撃にも耐える甲羅を持つ。1体目は2002年、ドゴラ駆除から3日後のフィリピンに出現した[7]。2体目(カメーバII)はグアムに出現。4体目(カメーバIV)は死骸として小笠原諸島の大戸島に打ち上げられたもので、ゴジラの存在を裏付ける最初の物証となる[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス、2012年、140 - 143頁。ISBN 9784864910132 
  2. ^ 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』 KADOKAWA〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年、83頁。ISBN 9784048669993 
  3. ^ 野村宏平 『ゴジラ大辞典』 笠倉出版社、2004年、66頁。ISBN 4773002921 
  4. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 297.
  5. ^ a b 松井聡, 編纂.「映画ゴジラ」『てれびくん』2003年10月号、小学館、2003年10月1日、 90-91頁。
  6. ^ 「第5章 外宇宙からの侵略獣 カメーバ(『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』)」『ゴジラ完全解読』薗部真一ほか、宝島社〈別冊宝島2207号〉、135頁。ISBN 978-4-8002-2896-3
  7. ^ 怪獣黙示録 2017, pp. 19-111, 第1章『出現』
  8. ^ 怪獣黙示録 2017, pp. 112-150, 第2章『G』

参考文献[編集]

関連項目[編集]