紅の空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紅の空
監督 谷口千吉
脚本 関沢新一
製作 田中友幸三輪礼二
音楽 佐藤勝
撮影 内海正治 (本編)
斎藤孝雄 (本編)
有川貞昌 (特撮)
富岡素敬 (特撮)
編集 黒岩義民 (本編)
石井清子 (特撮)
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年3月21日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

紅の空』(くれないのそら)は1962年(昭和37年)に制作の日本特撮映画。「紅の海」(1961年)に続く、谷口千吉が監督を務める東宝の航空活劇シリーズ第二弾。主演の加山雄三夏木陽介佐藤允は本作で「爆発トリオ」と銘打たれた[1]


上映データ[編集]

公開日
上映時間
1962年(昭和37年) 3月21日 日本 91分
サイズ カラー 東宝スコープ 映倫No.12715
同時上映 妖星ゴラス

あらすじ[編集]

航空会社・片桐航空に務める西江哲郎は、善意で起こした不祥事のため謹慎中の身。ある日、彼の元にスカイラーク開発の鴨田と名乗る男がやって来て、イナンバ島までの運び屋を依頼される。謹慎中の哲郎に代わり、親友の木賊大助がその役を引き受けた。大助は、道中に竜と名乗る男をピックアップし、日本へ連れて帰って来た。

その後も鴨田は事あるごとに片桐航空に怪しい仕事を頼むようになる。訝しみながらも協力する片桐航空の面々。

ある日、スカイラーク開発に那須謙太郎という不遜な男がやってきて、竜が交通違反で逮捕されたことを伝えに来る。実は竜と鴨田はある犯罪に関与しており、竜の逮捕から足がつくことを恐れた鴨田らは、片桐航空をして国外逃亡を企てる……。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

本編
製作 田中友幸三輪礼二
脚本 関沢新一
音楽 佐藤勝
撮影 内海正治
撮影(航空担当) 斎藤孝雄
美術 竹中和雄
録音 藤好昌生
照明 猪原一郎
編集 黒岩義民
チーフ助監督 竹林進
製作担当者 島田武治
監督助手 児玉進
スチール 岩井隆志
整音 下永尚
監督 谷口千吉
特殊技術
特技監督 円谷英二
撮影 有川貞昌富岡素敬
美術 渡辺明
照明 岸田九一郎
特殊効果 山本久蔵
石膏チーフ 利光貞三
繰演 中代文雄
チーフ助監督 浅井正勝
製作担当者 成田貫
撮影助手 唐沢登喜麿真野田陽一川北紘一山本武
美術助手 井上泰幸入江義夫
背景 鈴木福太郎島倉二千六小島耕司
石膏助手 安丸信行
編集 石井清子
合成班
合成 泉実
光学撮影 黒川博通
航空協力 藤田航空
現像所 東洋現像所
製作 東宝
配給 東宝

脚注[編集]

  1. ^ 「東宝特撮総進撃」(2009年)洋泉社 p.147

参考文献・出典[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』東宝、1983年。ISBN 4-92460-900-5
  • 『東宝特撮総進撃』洋泉社、2009年。ISBN 978-4-86248-470-3

外部リンク[編集]