中丸忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかまる ただお
中丸 忠雄
生年月日 (1933-03-31) 1933年3月31日
没年月日 (2009-04-23) 2009年4月23日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市足立区
死没地 日本の旗 日本東京都文京区本郷
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1955年 - 2006年
配偶者 中丸薫
主な作品
テレビドラマ
キイハンター
Gメン'75
大鉄人17
超電子バイオマン
映画
独立愚連隊
電送人間
日本のいちばん長い日
テンプレートを表示

中丸 忠雄(なかまる ただお[1]1933年昭和8年〉3月31日[1] - 2009年平成21年〉4月23日[2])は、日本の俳優

来歴・人物[編集]

1955年東宝ニューフェイスに合格して入社。

同年、『ゴジラの逆襲』などに端役で出演し、1957年の『別れの茶摘歌姉妹編 お姉さんと呼んだ人』(本多猪四郎監督)で本格デビュー。

1959年岡本喜八監督の『独立愚連隊』で注目を浴び、以降岡本作品には多くキャスティングされた[3]

渋く響く低音の声と精悍な容貌を活かし、敵役・軍人役で持ち味を発揮。

1968年、『37階の男』にて主演。同年に東宝を退社し、その後はテレビドラマと舞台に主軸を置く[3]。『キイハンター』などの人気作品にも出演を果たし、時代劇では家老役、刑事ドラマでは高圧的ながらも人間味のある上官役を多く演じた。

2006年放映のテレビ東京系『ザ・決断!あの一瞬』に出演以降、芸能活動から遠ざかる[4]

2009年4月23日、胸部動脈瘤破裂のため順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去[5]。76歳没。 7月25日有楽町日本外国特派員協会で「お別れの会」が営まれた[6][7]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 東宝特撮映画全史 1983, p. 532, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ 中丸忠雄氏死去”. 四国新聞社 (2009年4月28日). 2020年9月1日閲覧。
  3. ^ a b 「特集企画 スーパー戦隊の神業 作品をひきしめる名優陣」 『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1991 鳥人戦隊ジェットマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年5月10日、31頁。ISBN 978-4-06-509613-0 
  4. ^ “「水戸黄門」など出演、中丸忠雄さん死去”. SANSPO.COM. (2009年4月29日). オリジナルの2009年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090430041727/http://www.sanspo.com/geino/news/090429/gnj0904290502009-n1.htm 2014年6月5日閲覧。 
  5. ^ “キイハンター出演 俳優の中丸忠雄さん死去”. asahi.com. (2009年4月28日). オリジナルの2009年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090817151019/http://www.asahi.com/obituaries/update/0428/TKY200904280316.html?ref=rss 2014年6月5日閲覧。 
  6. ^ “故中丸忠雄氏のお別れ会 俳優、 4月23日死去”. 47NEWS. (2009年6月9日). オリジナルの2014年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140605130223/http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009060901000192.html 2014年6月5日閲覧。 
  7. ^ 中丸忠雄お別れ会1-10”. 中丸薫オフィシャルサイト[中丸薫ブログ] (2009年7月25日). 2014年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月5日閲覧。
  8. ^ ゴジラの逆襲”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年3月5日閲覧。
  9. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–538, 「主要特撮作品配役リスト」
  10. ^ 太平洋の翼”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]