死の断崖 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
死の断崖から転送)
移動先: 案内検索
死の断崖
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:54
放送期間 1982年1月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 小坂敬
山本時雄
監督 工藤栄一
原作 菊島隆三
脚本 高橋正康
プロデューサー 山口剛
黒澤満
伊地智啓
出演者 松田優作ほか
エンディング 聖母たちのララバイ
テンプレートを表示

死の断崖』(しのだんがい)は1982年1月26日日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」枠(21:02-22:54)にて放映されたテレビドラマ。主演は松田優作

ストーリー[編集]

尾形徹男(松田優作)は、大手商社の社員で、社長の大橋浩太郎(岡田英次)の秘書。浩太郎も、徹男の実力は認め、会社には必要な人間と言っている。もう一方で徹男は、浩太郎の社長令嬢である美千代(一色采子)と恋仲で、美千代は徹男の子を身ごもっていた。しかし浩太郎は、徹男が貧しい生まれで、氏素性が悪い理由から美千代との仲を認めなかった。そしてある日、浩太郎は愛人宅で脳出血で倒れる。一命は取り留めたが、浩太郎は突如、徹男に北海道北見支店へ転勤を命じる。それとともに美千代をアメリカに飛ばすとも・・。徹男は、綿密な計画のうえ、浩太郎のもとを訪ね、注射器で点滴のチューブに空気を注射する。浩太郎の容態は急変し、脳出血の発作による心不全で死亡。

3ヶ月後、徹男と美千代は結婚し、亡くなった浩太郎の遺産も入るが、結婚生活は幸せなものではなかった。

その後、以前徹男と仲良くしていた有川久代(竹田かほり)から手紙が徹男宛てに届き、真相を確かめるべく久代のアパートに向かう。そして久代の部屋で、徹男が久代にプレゼントしたペーパーナイフが見つかる。それは美千代が徹男にプレゼントしたものなのに・・。美千代は顔色を変えて無言でアパートを飛び出し、病院へ向かう。そこで「脳出血の発作で亡くなれば遺言も出来ない」と浩太郎の主治医から聞かされ、そこで浩太郎の死の真相を知る。徹男は「社長の遺言で鉄男と美千代の仲を認める」と言ったが嘘だったのだ。帰宅した美千代は、「結婚したのは財産目当てであり、徹男が自分を本当に愛していなかった。」と徹男に言い放ち、揉み合いの末、美千代を殺害してしまう。

その足で徹男は美千代の死体を車のトランクに入れ、大橋家の別荘近くまで行く。

「愛していたのに・・」

そう思いながら徹男は運転してきた車の運転席に美千代を座らせ、崖下に車を転落させ、事故死に見せかける。その崖の上で徹男は蹲り、泣く。

美千代が亡くなってから7日後、徹男は商社の重役に推薦され、美千代の姉、慶子(夏木マリ)が大橋邸を訪れる。慶子は美千代の部屋を見て、なんとなく美千代の死を疑問に思っていた。その後、浩太郎から美千代との結婚を賛成されていた野上(西田健)、そして久代のもとを訪ね、真相を探ろうとする。なぜ徹男は浩太郎の株の名義変更を急いでいたのか?なぜ慶子が美千代に贈り、美千代が徹男に贈ったペーパーナイフを久代が持っているのか?

事故現場を訪れた慶子は、徹男が犯人と確信する。しかし崖の上には、バイクで慶子を追ってきた徹男の姿が・・。

この近くには別荘がある。慶子は別荘に逃げ込む。数時間経ってから外に出ようと試みると、そこには徹男がいた。まちぶせしていたのだ。慶子は別荘に監禁される。

「社長を殺して、美千代を殺して、そして3人目なんて無理だよ・・。」

徹男は既に我を失っていた。別荘の電話は使えない、2階から脱出しようとしても徹男に阻止される。そんな閉ざされた時間の中で、慶子の精神状態にも限界が来る。慶子はナイフを握り、ソファーで寝ている徹男を刺殺しようとする。その瞬間、徹男は慶子に抱きつき、徹男の腹部にナイフが刺さる。

「追い詰められるのは辛い、そして誰かを殺すのは寂しい。でも、ここで死ぬのは美千代との心中だな。」

徹男は、そう言うと腹部からナイフを自力で抜き、美千代の後を追うかのように車に乗り、雪原を歩き、途中で倒れる。


その後、富士佐倉高原の別荘地の雪原で男の変死体が発見される。

キャスト[編集]

尾形徹男 - 松田優作
主人公。故郷は北海道。両親は炭鉱での作業中、事故で死亡。その後家族が離散する。
大橋浩太郎 - 岡田英次
大手商社の社長。徹男と美千代の結婚を亡くなるまで反対していた。
大橋美千代 - 一色采子
社長令嬢。徹男を愛している。
大橋慶子 - 夏木マリ
美千代の姉で、パリ在住のデザイナー。自身のデザインしたドレスを美千代にプレゼントする。
野上 - 西田健
徹男の同僚。地方の財閥の息子であることから、美千代との婚約を浩太郎から勧められる。
青木英子 - 田島令子
浩太郎の愛人。美千代から手切れ金を渡される。
花屋の店主 - 榎木兵衛
徹男の近所の花屋、桜井生花店の店主。
有川久代 - 竹田かほり
桜井生花店の店員。夜間の体育系の学校に通っている。
徹男の友人 - 関川慎二
大学時代、徹男とラグビーサークルに所属していた。会社で使い込みをしたため、徹男に金を借りに来るが、断られる。冒頭に登場。

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

内容は、死の断崖DVDより抜粋。

外部リンク[編集]