成田裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成田 裕介なりた ゆうすけ、本名裕一[1]1953年3月21日 - )は、日本の映画監督宝塚大学教授。日本映画監督協会理事。

来歴[編集]

秋田県出身。秋田県立秋田高校を卒業し[1]、20数種の職業を経験する。その後、1976年に若松孝二の若松プロに参加し、崔洋一の『いつか誰かが殺される』等の助監督として活躍。1987年にテレビドラマ『あぶない刑事』第20話「奪還」にて監督デビュー。以後同ドラマで数多くの作品を監督する。

映画監督としては、1989年の『バカヤロー!2 幸せになりたい。』で初めてメガホンを取り、以後は『BE-BOP-HIGHSCHOOL』(Vシネマ版)、『新・湘南爆走族』等シリーズ物も数多く監督した。

1999年、『御法度』では大島渚からの依頼で監督補佐になり、脳出血から復帰した大島を支えた。

近年では監督業の傍ら、宝塚大学の教授を務めるなど後進の指導に当たっている。

代表監督作品[編集]

テレビドラマ
映画

脚注[編集]

関連項目[編集]