TENSAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TENSAW
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1980年 - 1982年
1988年 - 1992年
2005年
2009年
レーベル ポニーキャニオン
1980年 - 1982年
江戸屋レーベル
1982年
トライエム
1991年
メンバー 田中聖一/Saybowボーカル
鈴木享明/ミチアキ(ベース
富岡義広/グリコ(ドラムス
横内健亨/タケギター

TENSAW(テンソー)は、日本のロックバンド。横須賀、横浜をベースに活動。

音楽性[編集]

機材を破壊するパフォーマンスからザ・フーを比較対象としてブリティック・ロックと形容されることもあり[1]、他方、骨っぽいアメリカン・ロックと形容されることもある[2]

経歴[編集]

母体となるバンドが1977年[3]にセイボーとミチアキによって結成され、翌1978年には、後にファーストアルバムに収められる曲でヤマハが主催する音楽イベント「East West'78」の決勝大会にて出場し、入賞する。[4]

いくつかのメンバーチェンジを経て1980年にメンバーが固まり、1980年7月6日に日比谷野外音楽堂で行われた、ポニーキャニオン主催のイベント「REAL ROCK see saw SCENE」に子供ばんどJOHNNY, LOUIS & CHAR陣内孝則が在籍していたTH eROCKERSとともに出演した[5]。同年9月にシングル「DOBUITA st.」、10月にアルバム『TENSAW』で実質的なレコード・デビューとなる。

その後レーベル(ポニー・キャニオン内の「see saw」レーベル)の先輩であるCharとの密接なつながりとバックアップで、JOHNNY, LOUIS & CHARのオープニングアクトを務めたり、TENSAWのライブにCharがゲストとして参加したりなどの活動を行う。

1981年10月、烏丸せつこ主演の東宝映画「マノン」主題歌としてシングル「BIG BIRDを待たないで」、同月セカンドアルバム『DELICATE MOTION』をそれぞれリリース。1982年4月には全盛期ともいえるジャーニーの日本公演でのオープニングアクトとして日本武道館など7箇所を回る。このときジャーニーのギタリストであるニール・ショーンに認められ楽曲をプレゼントされる。この曲はシングル「All For You」として5月にリリースされた。同年12月のライブをもって活動を停止する。

1988年6月7日汐留駅跡に設けられた会場「汐留PIT」にて、JOHNNY, LOUIS & CHARのオープニングアクトとして「ONE NIGHT STAND」と称した一度だけのライブを行う。このライブは同年12月にビデオリリースされ、2007年にはDVD化もされた。

1991年、サードアルバム『IT'S OK』を発表。1992年9月まで活動するが再び活動休止。

その後は2001年2005年2006年に単発ライブ(2005年のライブはDVDとしてリリースされている)がある。以降、さらなる活動停止期間を経て、2009年は5月を皮切りに7、8、10月と、主に老舗ライブハウスの周年記念などの特別イベントで継続的な活動を見せた。

メンバー[編集]

田中聖一/セーボー/Saybow(1955年4月20日 -)
ボーカル - 解散後に平沢幸男、ミチアキ(ともにギター)、MA*TO、田沢ミキオ(ともにキーボード)らとPoison Popを結成、アルバム一枚をリリースしているほか、ソロで二枚のアルバムをリリース。
2017年現在Saybow & the R+X+Sを中心に活躍中。
横内健亨/タケ/Take
ギター - 小田原豊ドラムス ex.レベッカ)、六川正彦(ベース) とともに結成したTRAUMAというバンドでアルバムを一枚出しているほか、ツアー・ギタリストとして矢沢永吉宇崎竜童佐野元春などのバックを務める。また、レベッカ5枚目のアルバム、「TIME」のレコーディングに元PANTA&HALのギタリストである平井光一と共に参加した。1990年に山羊智詞赤羽楽団Charのトラとして村上“ポンタ”秀一らと競演し、その後は数年間レギュラーメンバーとして参加。さらに1993年には山羊智詞水江慎一郎朝井泰生小室哲哉、今川勉とダイナマイトマシーンを結成した。現在は自身がリーダーを務めるTORII、Bamboo Shuffleといったバンドで活動中。
鈴木享明/ミチアキ/Michiaki(1956年9月21日 - )
ベース - 解散後、セイボーとともにPoison Popを結成するが、アルバムリリース後に脱退。続いて本田恭章The TOYSを結成し3枚のアルバムを発表(The TOYSでの担当楽器はギター)。X JAPANhidePATA吉井和哉などとも活動し、2002年にはPATAとRa:INを結成した。現在はルイズルイス加部、グリコ、手代木TESSHI克己とともにぞくぞくかぞくで活動中。2008年からはグリコとともに柴山俊之(Ex.サンハウス)のバンドZi:LiE-YAに参加している(現在は脱退)。
富岡義広/グリコ/GRICO(1958年1月29日 - )
ドラムス - 一度目の活動休止後、ALFEEのレコーディングやライブをサポート。解散後はThe TOYSにミチアキとともに参加。忌野清志郎、矢沢永吉のツアーサポートも務める。現在はミチアキとともにぞくぞくかぞくに参加、2008年からはミチアキとともにZi:LiE-YAにも参加している(ミチアキと同じく現在は脱退)。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

『TENSAW』

  1. DUCK JOE
  2. SMILING SMILIN'
  3. YOKOHAMA FRIDAY NIGHT
  4. ROCK'N ROLL SYMPHONY
  5. DOBUITAst.(Mr.Blues Guy)
  6. TAXI DRIVER
  7. なやむことは
  8. 世の中カワルサ

『DELICATE MOTION』

  1. Delicate Motion
  2. Resistance
  3. SHOGYO MUSIC
  4. TALKING WORDS
  5. SHINING STAR
  6. China Town Woman
  7. WINDOW
  8. SENSATION

『IT'S OK』

  1. Japanese Disco
  2. 退廃の煌き
  3. Go-round
  4. Agentman
  5. Empty Time
  6. 星の彩
  7. It's OK(Let's Stick Dogether)
  8. Give Me Love

ほかにCharのレーベルである江戸屋のオムニバスアルバム『江戸屋百歌撰 TORI/1993』に「ARASHI」「SPECTRO METER」の二曲を収録。

シングル[編集]

  1. 「DOBUITAst.(Mr.Blues Guy) c/w 世の中カワルサ」
  2. 「BIG BIRDを待たないで c/w Far Out」
  3. 「ALL FOR YOU c/w TALKING WORDS」

DVD[編集]

  1. 『UNDER GROWN 1988.6.7』
  2. 『UNDER GROWN 2005 REUNION at KOBE CHICKEN GEORGE』

脚注[編集]

  1. ^ UNDER GROWN 1988.6.7”. Sony Music. 2017年4月17日閲覧。
  2. ^ TENSAW”. amazon.jp. 2017年4月17日閲覧。
  3. ^ Tensaw”. DrillSpinデータベース. 2017年4月16日閲覧。
  4. ^ ヤマハイベントヒストリー > イベントアーカイブ : EastWest'78 (Internet Archive)
  5. ^ REAL ROCK SEE SAW SCENE Vol.1”. LiveFans. 2017年4月16日閲覧。