「さよなら」の女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「さよなら」の女たち
監督 大森一樹(本編)
川北紘一(特撮)
脚本 大森一樹
製作 石井幸一
市村朝一
音楽 かしぶち哲郎
撮影 水野尾信正
編集 池田美千子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1987年12月5日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

「さよなら」の女たち』(さよならのおんなたち)は、1987年12月5日に公開された東宝製作の日本映画である。斉藤由貴の主演4作品目。

ストーリー[編集]

正社員になれるはずだったアルバイト先の編集部を突然クビになった22歳の郁子(斉藤由貴)は、大学卒業を間近に控えて悩んだ末、高校教師の父親(伊武雅刀)に相談する。だが 「俺は歌手になる。お前はもう一人で生きていけるはずだ」と宣言され、混乱した郁子はフェリーに飛び乗って級友の麻理(古村比呂)がいる宝塚へ向かう。麻理の紹介で山之内淑恵(雪村いづみ)と名乗る税理士に出会い、「女たちの洋館 ディー・フロイライン」という名の洋館で3人は共同生活を始める。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

斉藤由貴「さよなら」(発売元:キャニオン・レコード

劇中歌[編集]

安達年男(伊武雅刀)『「さよなら」の女たち』

同時上映[編集]

ゴルフ夜明け前

外部リンク[編集]