愛・旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛・旅立ち
監督 舛田利雄
脚本 笠原和夫
舛田利雄
製作 山本又一朗
小倉斉
出演者 近藤真彦
中森明菜
音楽 若草恵
撮影 山田健一
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1985年1月26日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億7000万円[1]
テンプレートを表示

愛・旅立ち』(あい・たびだち)は、1985年に公開された、フィルムリンクインターナショナル製作の映画である。監督は舛田利雄近藤真彦中森明菜主演作品。同時上映:『うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ

ストーリー[編集]

無二の親友を交通事故で失い生きる目的をなくした青年・五代誠と、不治の病に冒された薄倖の少女・小泉ユキが運命的に出逢う、愛と命の物語。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

特撮ユニット


製作[編集]

最初は長谷川和彦脚本を書いた『PSI』というタイトルのサイキック物語を中森明菜主演で映画化を進めていたが[2][3][4]、途中で中森が自分ひとりで主役を張ることに自信が持てないと渋り[2][3]、ならば映画なれしている近藤真彦もキャスティングしたらどうだろうという話になった[2][3]。また長谷川脚本のまま作ると予算が8~9億円もかかり、ジャニーズ事務所研音から「若い作り手ではなく舛田利雄監督や笠原和夫脚本のようなメジャー感のあるスタッフで作りたい」[3]「近藤の映画を撮ったことのある舛田監督なら心配がない」という意見が出され[2]、長谷川が降り、舛田監督、笠原脚本で製作が決まった。舛田が超常現象の話は面白いから、当時流行っていた丹波哲郎のベストセラー『死後の世界の証明』的なものを若者向けにやろうと提案[2]。脚本を担当した笠原は超常現象に往生して、最後は纏めきれず舛田に預け脚本が完成し[5]、映画も完成をみた。長谷川脚本の『PSI』は本作の原型にはなった[3][4]。本作をきっかけに近藤と中森は交際を始めた[3]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1985年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b c d e ″歩く伝説″山本又一朗プロデューサー 小栗旬初監督作の舞台裏を存分に語る!(後編)
  3. ^ a b c d e f 「山本又一朗、自作を語る 『太陽を盗んだ男』は、『がんばれ!!タブチくん!!』がなければ成立しなかったんです」、『映画秘宝』、洋泉社2009年7月、 pp.76-77。
  4. ^ a b 樋口尚文 『「砂の器」と「日本沈没」70年代日本の超大作映画』 筑摩書房2004年、p. 249。ISBN 9784480873439
  5. ^ 笠原和夫 『映画はやくざなり』 新潮社、p.102。ISBN 9784104609017

外部リンク[編集]