一目ぼれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一目ぼれ(ひとめぼれ、一目惚れ)とは、その名の通り、一目見ただけでほれる、つまりしてしまうことを指し、一般的には一目見た瞬間に特定の相手に対して、夢中になる体験、もしくはその心的な機能のことを指す。

日常的に使われている用語ではあるが、厳密な定義は難しい語である。一目ぼれ体験は、双方に起こる場合もあるが、一方にのみ起こり、片想いになる場合もある。

一目ぼれに関する研究の問題点等[編集]

こうした多様な仮説の存在は、人が人に対して魅力を感じるというプロセスが非常に複雑なものであるということを示唆している。

感情に関する研究は、一般的に生物学的な要因以外にも様々な変数が介入しやすいため、実証的な研究に進みにくい傾向があるといえよう。例えば、米ノーステキサス大学にて行われた統計的な分析の中で、心理人間行動学者であるS.Wada(1929年 - )は「一目ぼれをしたカップル同士の性交渉は平均1時間に及ぶ」との結果を出しているが、それは単に「夫婦仲が良く、お互いの性交渉に対するモチベーションが高いだけ」ということの現れである可能性が高いとも言われている。

関連項目[編集]