ティーンエイジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ティーンエイジャー英語:Teenager)とは、英語語尾に-teenのつく13歳から19歳までの若者を指す。おおむね思春期・中高生と重なり合う。ティーンエージャー[1]ティンエイジャーティーネイジャーティーネージャーと表記される場合もあり、ティーン(teen)、ティーンズ(teens)と略されることもある。

英語で語尾に-teenのつかない、10歳から12歳にかけて(ten, eleven, twelve)をプレティーンと呼ぶ。

概要[編集]

13・14歳の年代を「ローティーン」(英語:early teen(s))、15・16歳の年代を「ミドルティーン」(英語:middle teen(s))、17・18・19歳の年代を「ハイティーン」(英語:late teen(s))と呼ぶが、この境目に明確な定義はなく、状況により年代が前後することがある。ティーンエイジャーは子供から大人への移行期であるが、ローティーンはまだ子供の特徴が強く、ミドルティーンは子供の特徴と大人の特徴が半分くらい、ハイティーンは大人の特徴が強いと言われる。しかし、ローティーンで既に大人の特徴が強い者がいたり、ハイティーンでもまだ子供の特徴が強い者がいるなど、個人差もある。

なお、ローティーン・ハイティーンという単語は和製英語である。

ティーンエイジャーの特徴[編集]

  • 思春期が男性はローティーンまでに、女性はプレティーンまでに始まる[2][3]。女性は初経から1年後以降になると大人に近い体型となり、ハイティーンになると10代のスパイラルポイント(16歳-18歳頃)を迎え成長がストップし、大人の体型となる[4]
  • ティーンエイジャーの時期は、心境が不安定で、悩むことが多くなる。
  • 自我の形成される時期で、への反抗や人見知りをする時期でもある。
  • 異性に興味を持つため異性問題もこの時期からが多い。
  • ギャングエイジが弱くなり始める。

脚注[編集]

  1. ^ ティーンエージャー〔teenager〕”. 大辞林 第三版. エキサイト. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ 男性14歳・女性12歳になっても始まらない場合は思春期遅発となる。 「思春期の発現」(大山建司、山梨大学看護学会誌3巻1号(2004年)山梨大学看護学会)
  3. ^ http://tanaka-growth-clinic.com/shishunki/shishunki.html (たなか成長クリニック、東京都世田谷区、2017年3月閲覧)
  4. ^ ラブ、エイジング。|私のからだもエイジング?!ワコール、2017年3月閲覧)

関連項目[編集]