山本又一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまもと またいちろう
山本 又一朗
別名義 水島力也、マタ・ヤマモト
生年月日 (1947-10-25) 1947年10月25日(76歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県
職業 映画プロデューサー脚本家、芸能プロモーター
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1970年 -
事務所 トライストーン・エンタテイメント
主な作品
映画
太陽を盗んだ男
ゴルゴ13
バンパイアハンターD
あずみ』シリーズ
クローズZERO』シリーズ
新宿スワン』シリーズ
海外映画
ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ
 
受賞
ヨコハマ映画祭
作品賞
1980年太陽を盗んだ男
テンプレートを表示

山本 又一朗(やまもと またいちろう、1947年10月25日[1] - )は、日本映画プロデューサー鹿児島県出身[1]トライストーン・エンタテイメント代表取締役会長。水島 力也(みずしま りきや)の筆名脚本家としても活動している。日本以外では、マタ・ヤマモトMata Yamamoto)として知られる。

経歴[編集]

1965年東京都立新宿高等学校卒業[2]。高校卒業後、小学館の漫画雑誌の編集部で1年半ほどをアルバイトをしており、そのつてからさいとう・プロダクションに入社[1]。さいとう・プロダクションを退職後、23歳の時にハリウッドプロデューサーに出会い、映画製作の道に進むことを決める。1970年代はじめには、漫画家の小山ゆうのマネージャーをしていた[3]が、その後テレビドラマ『子連れ狼』(日本テレビ系)などの企画・プロデューサーを担当。1970年代後半から1990年代前半にかけて実写アニメ映画を問わず『太陽を盗んだ男』、『がんばれ!!タブチくん!!』、『ベルサイユのばら』(実写版)、『ゴルゴ13』(アニメ映画)、『小説吉田学校』、『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』、『ザ・オーディション』、『愛・旅立ち』などの作品を製作・発表した[4]

1993年に映画制作・マネジメント会社であるトライストーン・エンタテイメントを設立し、代表取締役に就任。

1996年には米国ロサンゼルスUrban Vision Entertainment英語版 を設立し、アメリカでのアニメ市場開拓に尽力。同社がリリースしたアニメ映画『バンパイアハンターD』はビルボードのトップDVDセールスチャートで初登場7位[5]、総売上は50万枚以上のヒット作となった[6]

2023年にトライストーン・エンタテイメントの社長職を小栗旬に禅譲し、自らは会長に就任した[7]

人物[編集]

豪放磊落な人物として知られ、2022年2月ごろから、アパレル会社元社長の東谷義和から自社の所属タレントについての「暴露」が行われた際も、「法的措置は全然考えていない。全ネタからしたら大したことはない。」「(東谷は)人間力がある。」と週刊誌の取材に対して述べている[8]

さいとう・プロダクションで同僚として机を並べていた小池一夫は、初期の代表作『高校生無頼控』の中で山本をモチーフとした山本又一郎、又二郎、又三郎の三兄弟のキャラクターを創造している。映画化も行われており、郷鍈治が又一郎を演じた。

担当作品[編集]

映画[編集]

製作[編集]

プロデューサー[編集]

企画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ジ・アニメ(近代映画社)1984年12月号「アニメ人間インタビュー」130 - 133頁
  2. ^ 東進「憧れの職業を追え」映画プロデューサー編 2023年4月28日閲覧。
  3. ^ 『いきなり新連載2』(JICC出版局、1993年2月20日発行)掲載の小山ゆうのインタビューによる。
  4. ^ “小栗旬、綾野剛を育てた映画プロデューサー、山本又一郎が原点を語る”. Forbes Japan. (2016年9月17日). https://forbesjapan.com/articles/detail/13561 2022年6月10日閲覧。  山本又一朗が「郎」なのは元記事見出しの誤り、記事中は正しく「朗」。
  5. ^ Billboard. (2002). pp. 66–. ISSN 0006-2510. https://books.google.co.jp/books?id=SBAEAAAAMBAJ&pg=PA66 2023年2月2日閲覧。 
  6. ^ 「吸血鬼ハンターD」日米共同製作でフルCGアニメに デジタルフロンティア、米国で発表” (2015年7月7日). 2023年2月2日閲覧。
  7. ^ "小栗旬、所属事務所「トライストーン・エンタテイメント」社長に就任 「夢を諦めることなく、世の中に貢献できる会社になるよう、社員ともども、精いっぱい努力してまいりたい」". 中日スポーツ. 中日新聞社. 12 June 2023. 2024年2月22日閲覧
  8. ^ “芸能人に女性を紹介して人脈作り→綾野剛、城田優らのトラブルを次々暴露…東谷義和氏が“芸能人告発系ユーチューバー”になった理由”. 文春オンライン. (2022年3月17日). https://bunshun.jp/articles/-/52816 2022年6月10日閲覧。 
  9. ^ “ゴルゴ13”. トムス・エンタテイメント. https://www.tms-e.co.jp/alltitles/1980s/046301.html 2016年5月5日閲覧。 

外部リンク[編集]