ハイティーン・ブギ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイティーン・ブギ
Highteen Boogie
監督 舛田利雄
脚本 永原秀一
舛田利雄
原作 後藤ゆきお
牧野和子
製作 小倉斉
ジャニー喜多川
出演者 近藤真彦
野村義男
田原俊彦
音楽 山下達郎
大谷和夫
主題歌 近藤真彦
ハイティーン・ブギ
撮影 西垣六郎
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1982年8月7日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 18億円[1]
テンプレートを表示

ハイティーン・ブギ』 (Highteen Boogie) は、1982年に公開された、東宝株式会社東宝映画)の製作の映画である。監督は舛田利雄近藤真彦主演第3弾でたのきんスーパーヒットシリーズ第4弾。原作は牧野和子の同名漫画。

ストーリー[編集]

宮下桃子は高校生。両親とは死別していて、喫茶店を営む叔母夫婦の下で育つ。ある日桃子のクラスに、藤丸翔が転校してきた。オートバイを乗り回す、リーゼント革ジャンの不良少年と見えたが実は某財閥御曹司だった。 桃子に恋した翔は、暴走族から足を洗おうとするが、翔を好きなメンバーの女が仲間を焚き付け、桃子を輪姦させる。この事を知った翔は仲間のシゲと殴り合いになり、ボクサーを目指していたシゲはこの時のケガがもとでボクサーの夢を断念。桃子は自分の妊娠に気付き、家を出て翔と暮らし始める。 やがて翔はバンドを組み、人気を博すようになり一躍スターダムへと上り詰めるが……。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

関連項目[編集]

外部リンク[編集]