ラストシーンは腕の中で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラストシーンは腕の中で
田原俊彦シングル
初出アルバム『田原俊彦A面コレクション』
B面 サヨナラを言わせないで
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル キャニオン・レコード / NAV
作詞・作曲
プロデュース ジャニー喜多川
チャート最高順位
田原俊彦 シングル 年表
顔に書いた恋愛小説
(1984年)
ラストシーンは腕の中で
(1984年)
銀河の神話
(1985年)
テンプレートを表示

ラストシーンは腕の中で」(ラストシーンはうでのなかで)は、1984年11月14日にリリースされた田原俊彦の20作目のシングル。

音楽性[編集]

ラストシーンは腕の中で[編集]

シングル曲としては、デビュー曲「哀愁でいと」以来となる海外のカバー曲で、オリジナルは、アメリカの俳優スコット・バイオが、1982年RCAから発表したアルバム『Scott Baio』の収録曲である「Woman, I Love Only You」。

作詞・作曲のBernie Galley(Bernard Wayne Galley)はアメリカのミュージシャン、Jim Pike(James Russell Pike)は、ヴォーカル・トリオのレターメンのメンバーだった経歴を持ち、ヴォーカル・グループ "Reunion" のメンバーとしても活動。

リリース[編集]

1984年11月14日に、キャニオン・レコードNAVレーベルから7インチレコードとして発売された。

プロモーション盤[編集]

本作のプロモーションの一環として、ディスコ向けの1曲入り12インチシングルがプレスされた。アーティスト名は田原ではなく、演奏者名として「MODERN GIRL 2001」と表記されている。田原のシングルと同じタイトルロゴを流用している。このバージョンは一般発売されていない。

本曲が日本テレビ系『ザ・トップテン』にランクインした際、この12インチシングル盤を出演者の堀俊彦が持って紹介。当時、ラジオ番組『田原俊彦・ひとつぶの青春』では、本曲を「ディスコ・ヴァージョン」と田原が紹介した。

内容はシングルのアレンジを基調としたロング・バージョンだが、田原のヴォーカルは入っていない。シングルでは田原が歌ったメロディをサックスが演奏しており、演奏しているのは編曲者でもある中村哲

収録曲[編集]

7インチレコード
#タイトル作詞作曲編曲
1.ラストシーンは腕の中でBernie Galley & Jim Pike
日本語詞: 小林和子
Bernie Galley & Jim Pike中村哲
2.サヨナラを言わせないで岩谷時子網倉一也萩田光雄

プロモーション盤[編集]

12インチシングル
#タイトル作詞作曲編曲演奏
1.ラストシーンは腕の中で(WOMAN I LOVE ONLY YOU) Bernie Galley & Jim Pike中村哲MODERN GIRL 2001

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]