シンデレラ (田原俊彦の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンデレラ
田原俊彦シングル
初出アルバム『30th Anniversary BEST
B面
リリース
規格 Maxi
録音 2010年
ジャンル J-POP
時間
レーベル Formula Recordings
作詞・作曲
  • 宮地大輔(作詞)
  • 宮地大輔・大野裕一(作曲)
プロデュース 宮地大輔
チャート最高順位
田原俊彦 シングル 年表
Cordially
2009年
シンデレラ
2010年
Rainy X'mas Day
(2010年)
テンプレートを表示

シンデレラ」は、2010年5月7日にリリースした、田原俊彦の58作目のシングル。

背景[編集]

2010年4月より、所属事務所をフォーミュラエンタテインメントと契約し、その傘下のレコードレーベル『Formula Recordings』から発売した第1弾シングルで、『デビュー30周年総括シングル』と銘打たれた。

音楽性[編集]

カップリングのライブ音源2曲は、2009年10月31日に行われた、山梨県民文化ホール大ホールで収録された。2010年4月22日に発売された映像作品『30th Anniversary TOSHIHIKO TAHARA DOUBLE T TOUR 2009』の初回限定盤のCDに収録された音源だが、本作は、曲中の観客のコールを強調するなど、新たにミキシングが施されている。

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオスニーカーブルゾンを着用するなど、ステージ衣装としてそれまで頑なに採用しなかったカジュアルなファッションで登場。全編にわたり、男性ダンサー4名と全編にわたってダンスシーンで構成されている。

プロモーション[編集]

発売直後の5月10日に、東京都渋谷区のレコード店でリリースパーティを開催した。

リリース[編集]

2010年5月7日に、Formula Recordingsから発売された[2]

収録曲[編集]

CD[3]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.シンデレラ宮地大輔宮地大輔・大野裕一大野裕一
2.哀愁でいと (NEW YORK CITY NIGHTS)(LIVE MIX Version)Andrew Joseph DiTaranto, Guy Hemric
日本語訳詞: 小林和子
Andrew Joseph DiTaranto, Guy Hemric 
3.ごめんよ涙(LIVE MIX Version)松井五郎都志見隆 
4.「シンデレラ」(Instrumental)   
5.「シンデレラ」(オリジナル・カラオケ)   
合計時間:

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ シンデレラ|田原俊彦”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2022年1月4日閲覧。
  2. ^ 田原俊彦 / シンデレラ”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年1月4日閲覧。
  3. ^ 田原俊彦/シンデレラ”. tower.jp. 2021年12月27日閲覧。