びんびんシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
びんびんシリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビジョン東宝
脚本 矢島正雄
出演者 徳川龍之介:田原俊彦
榎本英樹:野村宏伸
ラジオびんびん物語
放送時間 月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1987年8月3日 - 9月21日(8回)
プロデューサー 柴田徹
森田要
中山秀一
エンディング 田原俊彦「どうする?
教師びんびん物語
放送時間 月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1988年4月4日 - 6月27日(13回)
プロデューサー 柴田徹
森田要
中山秀一
オープニング 田原俊彦「抱きしめてTONIGHT
SPびんびん物語
放送期間 1988年10月6日(1回)
プロデューサー 柴田徹
上木則安
教師びんびん物語2
放送時間 月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1989年4月3日 - 6月26日(13回)
プロデューサー 柴田徹
上木則安
中山秀一
オープニング 田原俊彦「ごめんよ涙
教師びんびん物語スペシャル
放送期間 1989年10月4日(1回)
プロデューサー 柴田徹
上木則安
巡査びんびん物語
放送期間 1999年5月14日(1回)
教師びんびん物語スペシャル
放送期間 2000年3月17日(1回)
教師びんびん物語スペシャル2
放送期間 2001年3月16日(1回)

特記事項:
企画:前田和也、亀山千広(フジテレビ)、津島平吉(東宝)
テンプレートを表示

びんびんシリーズ』は、フジテレビ系列で1987年から2000年代にかけて断続的に放送されているテレビドラマのシリーズ。制作は東宝

徳川龍之介(田原俊彦)と榎本英樹(野村宏伸)のコンビが、作品ごとに役どころを変えながら活躍する作品で、2人にとって最大の当たり役とも言われている。

連続ドラマとしては「月9」枠で、毎週月曜日21:00 - 21:54(JST)に3シリーズが制作され、スペシャル版が断続的に何度か放送されている。

ラジオびんびん物語(1987年)[編集]

ラジオびんびん物語』は、1987年8月3日から9月21日まで放送された。

シリーズ第一作。実在のラジオ局であるニッポン放送を舞台に、徳川龍之介・榎本英樹がラジオ局の営業マンとしてドタバタ劇を繰り広げた。シリーズ平均視聴率は17.7%。

ニッポン放送が舞台である事から実際に放送されていた同局の番組宣伝がドラマ内で行われたほか、同局の看板アナウンサーである上柳昌彦もキャストに名を連ね、複数回出演していた。さらにはニッポン放送のイメージキャラクターでもあった南野陽子が「ナンノこれしきっ! スペシャル」(実在した番組ではあるが、「スペシャル」は劇中番組であり架空のもの)に出演するという設定でゲスト出演するなど、当時同局で放送されていた番組の出演者(「番組協力」という形)や同局アナウンサーなどが毎回、数シーンゲスト出演していた[1]

キャスト[編集]

当時のニッポン放送には「プロデューサー」という役職は存在しなかったため、役柄自体が架空の存在であった。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 前田和也、亀山千広、津島平吉
  • プロデューサー - 柴田徹、森田要、中山秀一
  • 脚本 - 矢島正雄
  • 音楽 - 渡辺博也
  • 技術協力 - 東通
  • スタジオ - 目黒スタジオ
  • 制作協力 - ニッポン放送
  • 制作 - フジテレビ、東宝

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[2]
第1話 1987年8月03日 オレはリッパなダメ社員!? 赤羽博 19.6%
第2話 1987年8月10日 女ってコワイぜ! 20.5%
第3話 1987年8月17日 燃えろ! ザ・接待 雨宮望 16.5%
第4話 1987年8月24日 男は愛の固まりサ 赤羽博 18.3%
第5話 1987年8月31日 テレビがなんだ! 雨宮望 17.4%
第6話 1987年9月07日 愛の嵐だ! 龍之介 若松節朗 16.4%
第7話 1987年9月14日 今夜はどうする!? 17.5%
最終話 1987年9月21日 さよなら! 龍之介 赤羽博 15.6%

教師びんびん物語(1988年)[編集]

教師びんびん物語』は、1988年4月4日から6月27日まで放送された。

シリーズ第二作。ドーナツ化現象の進展により大幅に生徒数が減少した東京・銀座の銀座第一小学校(中央区立泰明小学校がモデルとされている)を舞台とした学園ドラマ。シリーズ平均視聴率22.1%、最高視聴率24.9%を記録した。

熱血教師・徳川龍之介とその後輩の教師・榎本英樹のコンビを中心に、小学生の揺れ動く心理状態や、近隣の小学校との統廃合問題で揺れる学校運営などを描いた。

キャスト[編集]

徳川学級の生徒 (クレジット順)[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1988年4月04日 銀座の恋の小学校 赤羽博 24.9%
第2話 1988年4月11日 小さな恋のラーメン騒動 19.0%
第3話 1988年4月18日 泣けるぜ!今夜は 雨宮望 23.0%
第4話 1988年4月25日 愛の嵐の大暴れ! 19.8%
第5話 1988年5月02日 先生!戻って来て 赤羽博 18.6%
第6話 1988年5月09日 先生!愛してるゥ 23.0%
第7話 1988年5月16日 あぶない課外授業 雨宮望 23.3%
第8話 1988年5月23日 銀座はオレのステージだ! 中山秀一 21.7%
第9話 1988年5月30日 俺の胸で泣け!! 赤羽博 21.7%
第10話 1988年6月06日 この学校がなくなるの!? 中山秀一 24.5%
第11話 1988年6月13日 オレの生徒に手を出すな!! 赤羽博 23.3%
第12話 1988年6月20日 小学校が消える日 雨宮望 21.3%
最終話 1988年6月27日 ありがとう!君たちを忘れない 赤羽博 23.7%
平均視聴率 22.1%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

SPびんびん物語(1988年)[編集]

1988年10月6日放送。徳川・榎本の二人がセキュリティポリスとなり、某国王女の身辺警護を務める中でのドタバタを描いた。日本版「ローマの休日」。田原・野村のほかに、小林聡美や池上季実子が出演している。

教師びんびん物語II(1989年)[編集]

教師びんびん物語II』は、1989年4月3日から6月26日まで放送された。

シリーズ第三作。徳川龍之介がひょんなことから東京・御茶ノ水の名門私立小学校「聖橋大学附属小学校」(ロケ地は昭和第一高等学校)に赴任し、中学部進級を目指す児童たちを教えることに。慣れない進学校での勤務でも相変わらずの熱血指導を行う徳川と、「担任作成の調査書で低位3分の1は中学部進学不可」とする校則の中で苦しむ児童達とのふれあいを描いた。

シリーズの平均視聴率26.0%、最高視聴率31.0%を記録(月9初の30%以上を達成)し、シリーズ最大の成功作となった。蛭子能収が芸能界でのデビューとなった作品でもある。

徳川と榎本は第1話で初対面という設定であり、前作と物語上のつながりはない。 Iでは萩原がダメ教師役、阿藤が教頭役であったが、IIではその立場が逆転している。

田原が歌う「ごめんよ涙」も大ヒットした。1989年12月にVHSでソフト化されている。

キャスト[編集]

6年徳川組の生徒達:クレジット順[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画 - 前田和也、亀山千広、津島平吉
  • プロデューサー - 柴田徹、上木則安、中山秀一
  • 脚本 - 矢島正雄
  • 音楽 - 渡辺博也
  • 技術協力 - 東通
  • スタジオ - 目黒スタジオ
  • 制作 - フジテレビ、東宝

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1989年4月03日 帰ってきた龍之介 赤羽博 23.1%
第2話 1989年4月10日 傷だらけの龍之介 24.7%
第3話 1989年4月17日 先生、僕を信じて 21.6%
第4話 1989年4月24日 勇気と涙の旅立ち 25.0%
第5話 1989年5月01日 星に願いを… 太田雅晴 26.3%
第6話 1989年5月08日 みんな寂しいんだ 雨宮望 24.9%
第7話 1989年5月15日 夢を信じたい!! 赤羽博 24.7%
第8話 1989年5月22日 勇気よ生徒を守れ 太田雅晴 26.0%
第9話 1989年5月29日 泣けてくる… 赤羽博 27.5%
第10話 1989年6月05日 涙は心の言葉だ! 雨宮望 28.9%
第11話 1989年6月12日 お母さんごめんね 26.9%
第12話 1989年6月19日 子供が消えた学校 赤羽博 27.8%
最終話 1989年6月26日 先生はどこへも行かない… 31.0%
平均視聴率 26.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

教師びんびん物語スペシャル(1989年)[編集]

1989年10月4日放送。びんびんシリーズの出演者のNG集やインタビューなど。

巡査びんびん物語(1999年)[編集]

1999年5月14日放送。題名の通り徳川・榎本コンビが巡査に扮したサスペンスタッチの作品。びんびんシリーズとしては10年ぶりの復活となった。視聴率18.3%。

当時田原はほとんどタレントとしての仕事がない状態だったことから、その境遇を見かねた野村が田原の再起のきっかけにしてもらおうと、フジテレビの関係者にびんびんシリーズの復活を提案したことが同作品制作の発端だと言われている。

教師びんびん物語スペシャル(2000年)[編集]

2000年3月17日放送。徳川は雇ってくれる学校がなく、コンビニでアルバイトをしていた。一方榎本は私立高校の教師となっていたが、急遽学校の事情で教頭に抜擢される。ところが榎本の勤務する高校では、他の高校との合併が計画されており、裏ではそれに伴い教員のリストラや問題児の処理(実質的な追放)が画策されていた。そんな学校に、産休に入った教員の代わりということで徳川が採用され赴任してくるのだが…。

このスペシャルでは榎本が結婚しているほか(榎本の妻役は横山めぐみ)、舞台が高校となっている(他のシリーズでは全て小学校が舞台)など、他の「教師びんびん」シリーズとはやや毛色の異なる作品となっている。

キャスト[編集]

  • 徳川龍之介 - 田原俊彦
  • 榎本英樹 - 野村宏伸
  • 長曽我部権三 - 阿藤海
  • 安田幸男 - 萩原流行
  • 島津響子 - 梶芽衣子

3年F組・生徒[編集]

スタッフ[編集]

  • 編成企画 - 清水賢治鈴木吉弘
  • プロデューサー - 津島平吉、阿部謙三
  • 脚本 - 矢島正雄
  • 演出 - 赤羽博
  • 選曲 - 辻田昇司
  • 技術協力 - 東通
  • 美術協力 - フジアール
  • 制作 - フジテレビ、東宝

教師びんびん物語スペシャル2(2001年)[編集]

2001年3月16日放送。学校を辞め学習塾の教師となった榎本と、都内の公立小学校の教師を務めている徳川。そんなある日、徳川の教えるクラスに在籍するある生徒が病気で長期入院するが、親の希望で他の生徒には「親の仕事の都合で急遽転校することになった」と説明。それが発端でいろいろとドタバタが起きる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南野陽子以外にも、斉藤由貴斉藤由貴 ネコの手も借りたい)、三宅裕司ヤングパラダイス)、玉置宏、西田麻理(玉置宏の笑顔でこんにちは!)らが数シーンゲスト出演していた
  2. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ

外部リンク[編集]

フジテレビ系 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
ラジオびんびん物語
教師びんびん物語
第1シリーズ
教師びんびん物語
第2シリーズ