好きになってしまいそうだよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
好きになってしまいそうだよ
田原俊彦シングル
初出アルバム『オリジナル・シングル・コレクション 1980-2021』
B面
  • Kissしちゃおう(初回盤)
  • ラストソングは歌わない(通常盤)
リリース
規格
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
作詞・作曲
チャート最高順位
田原俊彦 シングル 年表
Escort to my world
2018年
好きになってしまいそうだよ
(2018年)
愛は愛で愛だ
2020年
テンプレートを表示

好きになってしまいそうだよ」(すきになってしまいそうだよ)は、2019年6月26日ユニバーサルミュージックから発売された田原俊彦の70作目のシングル。

制作[編集]

表題曲の作詞と作曲は、1989年に発表した「ごめんよ 涙」などの楽曲を手がけた作詞家松井五郎と、作曲家都志見隆が担当した[2][3]。田原は「僕の平成の幕開けを飾ってくれた2人が、平成最後の年に『一緒にやろう』と言ってくれた」と語っている[2]

音楽性[編集]

好きになってしまいそうだよ[編集]

田原は「ミディアムテンポのすばらしい曲。去年のクリスマスに初めて聴いて、グッときた。手応えを感じています」と語っている[2]

Kissしちゃおう[編集]

表題曲同様、松井と都志見が手がけた楽曲で、デビュー当時を想起させる明るいナンバーとなっている[4]

リリース[編集]

2019年4月21日ユニバーサルミュージックから、デジタル・ダウンロードとして表題曲のみ先行配信され、2019年6月26日に初回盤(CD+DVD[5]と、通常盤(CD)[6]の2形態で発売された。各形態ごとにはカップリング曲が異なっている。

初回盤のDVDには、表題曲である「好きになってしまいそうだよ」のミュージック・ビデオをはじめ、メイキング映像やインタビューが収録されている。

収録曲[編集]

初回盤[編集]

CD[7]
全作詞: 松井五郎、全作曲: 都志見隆、全編曲: 大野裕一。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.好きになってしまいそうだよ松井五郎都志見隆
2.Kissしちゃおう松井五郎都志見隆
3.「好きになってしまいそうだよ」(INST)松井五郎都志見隆
4.「Kissしちゃおう」(INST)松井五郎都志見隆
合計時間:
DVD[7]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「好きになってしまいそうだよ」(Music Video)  
2.「Interview & Making of "好きになってしまいそうだよ"」  
合計時間:

通常盤[編集]

CD[8]
全編曲: 大野裕一。
#タイトル作詞作曲時間
1.好きになってしまいそうだよ松井五郎都志見隆
2.ラストソングは歌わない三浦鯉登網倉一也
3.「好きになってしまいそうだよ」(INST)  
4.「ラストソングは歌わない」(INST)  
合計時間:

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]