ヒマワリ/星のように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒマワリ/星のように
田原俊彦シングル
初出アルバム『I AM ME!
A面
  • ヒマワリ
  • 星のように
B面
リリース
規格
録音 2011年
ジャンル J-POP
レーベル Formula Recordings
作詞・作曲
  • 太田光(作詞)
  • 宮地大輔・大野裕一(作曲)
プロデュース 宮地大輔・大野裕一
チャート最高順位
田原俊彦 シングル 年表
BLUE
2011年
ヒマワリ/星のように
(2011年)
Mr. BIG
2012年
テンプレートを表示

ヒマワリ/星のように」(ヒマワリ/ほしのように)は、2011年11月16日にリリースした田原俊彦の62作目のシングル。

背景[編集]

同年2月に、50歳を迎えた田原の『50th Birth Anniversary Year 記念シングル』として発売した第2弾シングルで、TBS系『爆報! THE フライデー』とのコラボレーションシングルとして発売された。

CD盤のみに収録されている「ジュリエットへの手紙 (Romeo Mix)」は、1981年に発売されたアルバム『No.3 Shine Toshi』に収録されている楽曲のリメイクで、2010年に発売されたシングル「Rainy X'mas Day」に収録されている[2][3]

制作[編集]

ヒマワリ[編集]

作詞を爆笑問題太田光が担当した[4]。太田が作詞を担当した作品は、SMAPの『We are SMAP![5]以来となる。田原と太田が共演した『爆!爆!爆笑問題 芸能界ザ・密告SP』(2011年4月4日放送[6])で、田原が太田に作詞を依頼し、勝負に勝ったら引き受けるという企画で、田原が勝利し宣言通り太田が詞を書き下ろした楽曲である[7]

太田は、プロデューサーである宮地大輔よりデモテープが届いてから締切まで約1か月期間があったが全く作詞に着想せず、急遽締切期日を1日延ばしてもらい、1日で書き上げたとレギュラーラジオ番組で語った[8]

太田によると詞のテーマは、無限のエネルギーを与える「太陽」と「一向に変われない人」の2点。田原が「ひまわり」のように「太陽」であるファンを見つめている応援ソングとしての一面、あるがままに今まで通り生きることの肯定を田原に歌ってほしい意図があり、端的に現す言葉として「田原俊彦、宮地大輔とともに「Let It Be」を作りたかった」とレギュラーラジオ番組で度々発言[9]

リリース[編集]

2011年11月16日に、Formula Recordingsから『CD+DVD盤』[10]と『CD盤』[11]の2形態で発売された。各形態ごとには収録曲が異なっている。

タイトルは当初、レコード会社が発行した販売店向け注文書には仮タイトルで「星のように」だけ記載されており「ヒマワリ」は未公表だった。

プロモーション[編集]

購入者対象の握手会を、11月19日に大阪・名古屋、11月20日に東京で開催した。

収録曲[編集]

CD+DVD盤[編集]

CD[12]
全作曲: 宮地大輔・大野裕一、全編曲: 大野裕一。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.ヒマワリ太田光宮地大輔・大野裕一
2.星のように宮地大輔宮地大輔・大野裕一
3.「ヒマワリ」(Instrumental) 宮地大輔・大野裕一
4.「星のように」(Instrumental) 宮地大輔・大野裕一
合計時間:
DVD[12]
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ヒマワリ」(Music Video)  
2.BLUE (feat.LUVandSOUL)(Music Video)  

CD盤[編集]

CD[13]
#タイトル作詞作曲編曲リミックス時間
1.ヒマワリ太田光宮地大輔・大野裕一大野裕一 
2.星のように宮地大輔宮地大輔・大野裕一大野裕一 
3.ヒマワリ(Silent Mix)宮地大輔宮地大輔・大野裕一  
4.ジュリエットへの手紙(ロミオ・ミックス)宮下智宮下智 NATABA
5.「ヒマワリ」(Instrumental)    
6.「星のように」(Instrumental)    
合計時間:

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b CD盤のみ。

出典[編集]

  1. ^ ヒマワリ/星のように|田原俊彦”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2022年1月7日閲覧。
  2. ^ 田原俊彦 / Rainy X'mas Day(ロミオ盤)[限定]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年1月7日閲覧。
  3. ^ 田原俊彦 / Rainy X'mas Day(ジュリエット盤)[限定]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年1月7日閲覧。
  4. ^ TBS 10月21日(金)スタート!新番組『爆報!THE フライデー』であの伝説のスター田原俊彦がスペシャルゲストMCとして出演決定!”. PR TIMES (2011年10月12日). 2022年1月7日閲覧。
  5. ^ SMAPアルバム太田光作詞、久石譲作曲”. nikkansports.com. 日刊スポーツ (2010年6月2日). 2022年1月7日閲覧。
  6. ^ 爆!爆!爆笑問題 2011/04/04(月)19:00 の放送内容”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2022年1月7日閲覧。
  7. ^ 田原俊彦、50歳記念シングル第3弾は爆笑問題 太田光作詞のバラード”. OKMusic. OKWAVE (2011年11月11日). 2022年1月7日閲覧。
  8. ^ TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ2011年放送
  9. ^ TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ2011年11月15日」放送
  10. ^ 田原俊彦 / ヒマワリ / 星のように[CD+DVD]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年1月7日閲覧。
  11. ^ 田原俊彦 / ヒマワリ / 星のように”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年1月7日閲覧。
  12. ^ a b ヒマワリ / 星のように [CD+DVD]”. タワーレコード. 2022年1月7日閲覧。
  13. ^ ヒマワリ / 星のように”. タワーレコード. 2022年1月7日閲覧。

関連項目[編集]