ヒマワリ/星のように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒマワリ/星のように
田原俊彦シングル
A面 ヒマワリ
B面 星のように
リリース
規格 CD、CD+DVD、デジタルダウンロード
録音 2011年
ジャンル J-POP
レーベル フォーミュラレコーディングス
作詞・作曲 太田光、宮地大輔、大野裕一
プロデュース 宮地大輔、大野裕一
チャート最高順位
田原俊彦 シングル 年表
BLUE
2011年
ヒマワリ/星のように
(2011年)
Mr. BIG
2012年
テンプレートを表示

ヒマワリ/星のように』( - /ほし - )は、2011年11月にリリースした田原俊彦の65作目のシングル。

概要[編集]

  • 「ヒマワリ」はTBS系「爆報!THE フライデー」コラボレーションソング。CDタイトルについて、当初、レコード会社が発行した販売店向けの注文書には仮タイトルとして「星のように」だけ記載されており、「ヒマワリ」のタイトルは公表されていなかった。
  • 爆笑問題太田光が作詞した。太田の作詞作品がCD化されるのは「SMAP/We are SMAP!」以来。なお、田原と太田が共演した番組の中で、懸垂の回数を太田と競い、田原が勝ったら太田が嫌がる田原の新曲の作詞をする、という企画が放送されたが、ここで田原は太田に負け、急遽セッティングした指相撲に田原が勝ったことでオファーを承諾したことになっている。[1]
  • 太田は作詞について、プロデューサーの宮地大輔よりデモテープが届いてから締め切りまで約1ヶ月あったが全く着想せず、急遽締切期日を1日延ばしてもらい、その1日で書き上げた、と自身のラジオ番組で語った[2]
  • 太田によると詞のテーマは、無限のエネルギーを与える「太陽」と「一向に変われない人」の2点ある。田原が「ひまわり」のように、「太陽」であるところのファンを見つめているという応援ソングとしての一面と、あるがままにいままで通り生きることの肯定を田原に歌ってほしい、という意図がある。太田は、それを端的にあらわす言葉として「田原俊彦、宮地大輔とともに「Let It Be」を作りたかった」と自身のラジオ番組で度々発言している[3]
  • 本作購入者を対象にした握手会を11月19日に大阪と名古屋で、11月20日に東京で開催した。

収録曲[編集]

CD+DVD

  • CD
  1. ヒマワリ
    • 作詞: 太田光、作曲: 宮地大輔・大野裕一、編曲:大野裕一
  2. 星のように
    • 作詞: 宮地大輔、作曲: 宮地大輔・大野裕一、編曲:大野裕一
  3. ヒマワリ (Instrumental)
  4. 星のように (Instrumental)
  • DVD
  1. ヒマワリ [Music Video]
  2. BLUE (feat. LUVandSOUL) [Music Video]

CD

  1. ヒマワリ
  2. 星のように
  3. ヒマワリ (Silent Mix)
    • 編曲:大野裕一
  4. ジュリエットへの手紙 (Romeo Mix)
  5. ヒマワリ (Instrumental)
  6. 星のように (Instrumental)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TBSテレビ「爆!爆!爆笑問題 芸能界ザ・密告SP」2011年4月4日放送
  2. ^ TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ2011年放送
  3. ^ TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ2011年11月15日」放送

関連項目[編集]