橋本幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はしもと こうじ
橋本 幸治
生年月日 (1936-01-21) 1936年1月21日
没年月日 (2005-01-09) 2005年1月9日(68歳没)
出生地 日本の旗 日本栃木県足利市
職業 映画監督映画プロデューサー
ジャンル 特撮映画
活動期間 1960年 - 1998年
事務所 東宝映画
テンプレートを表示

橋本 幸治(はしもと こうじ[1]1936年昭和11年)[1]1月21日[2] - 2005年平成17年)[1]1月9日)は日本映画プロデューサー、元映画監督東宝映画常務取締役栃木県[1]足利市出身[2]

概要[編集]

栃木県立足利高校卒業後、早稲田大学文学部に進学し、ロシア文学を専攻[2]

1960年に大学を卒業後、東宝に入社[2][1]。助監督志望であったが、一般事務に配属される[2]1961年より製作部演出課の助監督として「ゴジラシリーズ」、「社長シリーズ」などさまざまな作品で活躍する[2]

1983年に、『さよならジュピター』にて監督デビューを果たすが[2][1]評判は芳しいものではなかった[要出典]。続けて『ゴジラ』を監督[2]。こちらは大ヒットしたものの、結果として、この2本の特撮超大作のみがフィルモグラフィに残ることになる。

社長シリーズに出演した森繁久彌小林桂樹らは、橋本の監督作2本にも出演している[2]。『ゴジラ』に出演した夏木陽介は、入社当時経理を務めていた橋本が監督であることに違和感を覚えたが、同時にテレビ時代に入ってからの映画業界の変動の激しさを実感したという[1]

その後、映画監督を辞めて東宝映画製作部に勤務、プロデューサーとなり、後には常務取締役となった。

2005年1月9日に登山中に倒れ、同日心臓疾患で死去。68歳没。

代表作[編集]

助監督[編集]

監督[編集]

プロデュース作品[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 別冊映画秘宝編集部 編「夏木陽介(構成・文 友井健人)」 『ゴジラとともに 東宝特撮VIPインタビュー集』洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年9月21日、93頁。ISBN 978-4-8003-1050-7 
  2. ^ a b c d e f g h i 東宝SF特撮映画シリーズ1 1985, pp. 74–80, 「橋本幸治監督ロング・インタビュー」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]