モスラの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モスラの歌
ザ・ピーナッツシングル
B面 インファントの娘
リリース
規格 シングルレコード(EP)
録音 1961年
ジャンル J-POP
映画挿入歌
レーベル キングレコード
作詞・作曲 由起こうじ、大槻秀樹、古関裕而
ザ・ピーナッツ シングル 年表
浮気なあいつ
1975年
モスラの歌
1978年
テンプレートを表示

モスラの歌」(モスラのうた)は、映画『モスラ』の劇中歌。

映画『モスラ』をはじめとする映画に登場する怪獣モスラのテーマソングとして、広く知られる。

概要[編集]

映画『モスラ』の作中で小美人がモスラを呼び出す歌として創られ、非常に高い人気を誇る。作詞者の由起こうじ田中友幸本多猪四郎関沢新一の3人の共同ペンネーム。本多監督によると、歌詞は日本語で書かれ、大槻秀樹によってインドネシア語へ翻訳され、完成歌詞となる。歌詞の原稿は古関裕而記念館に展示されているほか、内容は新潟大学の公式サイトで解説されている[1]。「モスラ」といえばこの歌ということもあり、モスラが登場する映画にはそれぞれにアレンジされたバージョンが劇中歌として流れる。

オリジナルバージョン[編集]

  • 作詞:由起こうじ
  • インドネシア語訳詞:大槻秀樹
  • 作曲:古関裕而
  • 編曲:古関裕而
  • 歌:ザ・ピーナッツ伊藤エミ伊藤ユミ
  • 使用作:『モスラ』、『モスラ対ゴジラ』(曲なし)
  • 1978年5月にキングレコードからシングルレコードとしてモノラル音源で発売された後、ステレオ録音の音源が発見され、1995年発売の『「モスラ」オリジナル・サウンドトラック完全盤』に初収録された。

高田弘アレンジバージョン[編集]

渡辺俊幸アレンジバージョン[編集]

大島ミチルアレンジバージョン[編集]

とんでこいモスラ[編集]

モスラ・メタル[編集]

  • 1998年にリリースされたコンピレーションアルバム『決定版 モスラ MOTHRA SONG THE BEST』(キングレコード KICS-708)収録作品。当時、LOUDNESSのメンバーだった柴田直人(現ANTHEM)が「モスラの歌」の編曲及び書き下ろし曲(作詞・作曲)「奇跡の詩」を合わせたものである[2]。ボーカルはザ・ピーナッツの「モスラの歌」の音源と尾藤イサオ
  • 後年、尾藤は本作について、柴田のプロデュース能力を高く評価はしているものの、唯一ボーカルの音量が小さかった事に不満を述べていた[3]
  • 作詞・作曲・編曲:柴田直人(奇跡の詩を含む)
  • 歌:尾藤イサオ&ザ・ピーナッツ

その他のカバー[編集]

  • 中川翔子平野綾 - 2016年、トリビュートアルバム『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』に収録[4]

参考文献・出典[編集]

  • 『ゴジラVSモスラ 超全集』(小学館)

[編集]

  1. ^ 新潟大学で学ぶ - はじめて学ぶ外国語 - 豊富な外国語メニュー - インドネシア語
  2. ^ 決定版モスラ [廃盤] CDJourmal
  3. ^ 酒井康 著 『虹色の音詞II』(シンコーミュージック・エンタテイメント 1999年)254~255p
  4. ^ “相田翔子&森高千里 ピーナッツを歌う 女性歌手12組がデュエット”. ORICON STYLE. (2016年8月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2076648/full/ 2016年8月12日閲覧。