手塚勝巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
手塚 勝巳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1912-08-31) 1912年8月31日
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1937年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

手塚 勝巳(てづか かつみ[1][2][3]1912年大正元年〉8月31日[2][3] - 没年不明)は、日本の元俳優スーツアクター(着ぐるみ俳優)。元プロ野球選手神奈川県横浜市出身[1]

来歴・人物[編集]

戦前にプロ野球選手(早実-専修大学を経て大東京軍[1][3]、ポジションは投手→外野手。通算5試合に代打出場し、5打数0安打)の経験がある。終戦後には新東宝を経て東宝に入社した[1][4]が、これにはマキノ雅弘による口利きがあったとされる[4]

入社後も俳優仲間の待遇面などでの折衝役を務めるなど親分肌で、東宝俳優部のいわゆる「大部屋俳優」たちのトップにいた人気者であった[1][4]。その影響力は一俳優の立場を超えたものであり、撮影所の所長も一目置いていたという[4]

元プロスポーツ選手としての体力を買われ、『ゴジラ』でゴジラ役に抜擢されたが[1]、着ぐるみを着てのテストの際に3メートルほど歩いたところでその重さ(150キログラム超)に耐えきれず、国会議事堂のセットにつまずいて倒れてしまったのに対し、自分より若い中島春雄が先に10メートルほど歩いていたため、これを見て円谷英二はメインを中島に交代させた[5]。手塚は中島の補助とされ、国会議事堂のシーンなどでゴジラ役を担当した。中島によれば、手塚は国会議事堂を破壊するシーンの撮影中に何かにつまづいて転倒し、「こんな出来損ないで演技が出来るか!」と怒鳴り散らした挙句、造形のアルバイトを突き飛ばしたという[4][6]

次作品『ゴジラの逆襲』では、ゴジラの敵怪獣のアンギラス役を演じた。ゴジラ役の中島は、大阪府中之島を舞台とした格闘シーンの撮影で着ぐるみに入った手塚の首根っこを捕まえた際、普段は大部屋で頭の上がらない親分格の手塚とあって、つい力が入ってしまったかもしれないと述懐している[7]

その後も中島の補助役として数々の怪獣役を演じており、『大怪獣バラン』でバラン役を演じた際にはプールでの撮影の際に照明の電源ボックスが水中に落ち、感電してしまったことがある[8]

1960年代半ば以降、出演作品は確認されていない。着ぐるみ俳優としては、『モスラ対ゴジラ』を最後に中島のサポートに徹していたとされる[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936 大東京 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 2 -- .000 .000 .000 .000
1937 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- .000 .000 .000 .000
通算:2年 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 2 -- .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 9 (1936年)

出演作[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 殺陣も担当[12]
  2. ^ 数人で入った。
  3. ^ 手塚巳と誤記。
  4. ^ 数人で入った。
  5. ^ a b c d 手塚勝と誤記。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画全史 1983, p. 532, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e モスラ映画大全 2011, p. 99, 「脇役俳優辞典31」
  3. ^ a b c d e f g 初代ゴジラ研究読本 2014, p. 114, 「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」
  4. ^ a b c d e f g h i j k 超常識 2016, p. 140, 「Column ゴジラ映画 スーツアクター列伝」
  5. ^ 中山治美 (2009年10月13日). “日本初の特撮怪獣映画『ゴジラ』でゴジラだった俳優登場!抜擢の理由は10メートル歩けたから”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). https://www.cinematoday.jp/news/N0020149 2015年11月15日閲覧。 
  6. ^ 俺とゴジラ 第四回 ゴジラ俳優 中島春雄氏(前編)”. ゴジラ・ストア (2015年8月17日). 2017年11月2日閲覧。
  7. ^ 中島春雄 2010, pp. 113–115.
  8. ^ 中島春雄 2010, pp. 208–209.
  9. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–536, 「主要特撮作品配役リスト」
  10. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 7, 「『ゴジラの逆襲』撮影秘話」
  11. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 13, 「『ゴジラの逆襲』作品解説/俳優名鑑」
  12. ^ a b 東宝特撮映画大全集 2012, p. 69, 「『キングコング対ゴジラ』撮影秘話」
  13. ^ モスラ対ゴジラ”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年2月27日閲覧。
  14. ^ 三大怪獣 地球最大の決戦”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年2月27日閲覧。
  15. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 23, 「『空の大怪獣ラドン』撮影秘話」
  16. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 25, 「『地球防衛軍』作品解説/俳優名鑑」
  17. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 33, 「『大怪獣バラン』作品解説/俳優名鑑」
  18. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 39, 「『日本誕生』作品解説/俳優名鑑」
  19. ^ a b モスラ”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年2月27日閲覧。
  20. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 57, 「『モスラ』撮影秘話」
  21. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 63, 「『妖星ゴラス』作品解説/俳優名鑑」
  22. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 71, 「『マタンゴ』作品解説/俳優名鑑」
  23. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 75, 「『海底軍艦』作品解説/俳優名鑑」
  24. ^ 太平洋奇跡の作戦 キスカ”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年2月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 中島春雄 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』洋泉社、2010年。ISBN 9784862485892 
  • 洋泉社MOOK 別冊映画秘宝洋泉社
    • 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』〈洋泉社MOOK〉洋泉社、2011年8月11日。ISBN 978-4-86248-761-2 
    • 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』〈洋泉社MOOK〉洋泉社、2014年8月24日。ISBN 978-4-8003-0452-0 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 
  • 『ゴジラの超常識』[協力]東宝、双葉社、2016年7月24日 (原著2014年7月6日)。ISBN 978-4-575-31156-3 

関連項目[編集]