手塚勝巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
手塚 勝巳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1912-08-31) 1912年8月31日(104歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1937年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

手塚 勝巳(てづか かつみ、1912年8月31日 - )は、日本の元俳優スーツアクター。元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

戦前にプロ野球選手(早実-専修大学を経て大東京軍、ポジションは投手→外野手。通算5試合に代打出場し、5打数0安打)の経験があり、敗戦後新東宝を経て、東宝に入社。この時にはマキノ雅弘の口利きがあったとされる。

入社後も俳優仲間の待遇面などでの折衝役を務めるなど親分肌で、東宝俳優部のいわゆる「大部屋」俳優たちのトップにいた人気者であった。その影響力は一俳優の立場を超えたものであり、重役ですらなかなか頭が上がらなかったという。

元プロスポーツ選手としての体力が買われ、『ゴジラ』でゴジラ役に抜擢されたが、重さ150キロを超える着ぐるみの前にリハーサルで3メートルほど歩いたところでギブアップしてしまった。より若い中島春雄が先に10メートルほど歩いてみせ、これを見て円谷英二はメインを中島に交代させた[1]。中島の補助とされた手塚は国会議事堂のシーンなどでゴジラ役を担当した。

次の作品『ゴジラの逆襲』では、ゴジラの相手役のアンギラスを演じた。ゴジラ役の中島は、中之島を舞台とした格闘シーンの撮影で着ぐるみに入った手塚の首根っこを捕まえた際、普段大部屋で頭の上がらない親分格の手塚とあってつい力が入ってしまったかもしれないと述懐している[2]

その後も中島の補助役として数々の怪獣役を演じており、『大怪獣バラン』でバラン役を演じた際にはプールでの撮影の際に照明の電源ボックスが水中に落ち、感電してしまったことがある[3]

1960年代半ば以降出演作品は確認されておらず現在の消息は不明。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936 大東京 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 2 -- .000 .000 .000 .000
1937 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- .000 .000 .000 .000
通算:2年 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 2 -- .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 9 (1936年)

出演作[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中山治美 (2009年10月13日). “日本初の特撮怪獣映画『ゴジラ』でゴジラだった俳優登場!抜擢の理由は10メートル歩けたから”. シネマトゥデイ. 2015年11月15日閲覧。
  2. ^ 中島春雄 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』 洋泉社2010年、113 - 115頁。ISBN 978-4-86248-589-2
  3. ^ 中島春雄 2010, pp. 208 - 209.

関連項目[編集]