橋本亘司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

橋本 亘司(はしもと こうじ)は、スポーツジムインストラクター。TBSSASUKE』の有力選手として知られる。『新世代第三の男』。身長169cm、体重57kg。島根県出身。日本体育大学卒業

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

第21回に予選会を突破し、初出場。しかしそり立つ壁リタイア(ゼッケン42)。第22回も予選会を通過するも、スライダージャンプで脚が着水(ダイジェスト、ゼッケン76)。第23回も予選会を突破し、ついに1stをクリア。しかし、対策を施したはずの2ndサーモンラダー1段目で、まさかのリタイア(ゼッケン47)。第24回は2ndを攻略。3rdを初挑戦でクリアという快挙を成し遂げる。FINALではGロープ残り2mでリタイア(ゼッケン85)。第25回は3rdアルティメットクリフハンガーで3本目に届かず落下。リー・エンチと共に初の最優秀成績者となった(ゼッケン60)。第26回は2ndメタルスピンでリタイア(ゼッケン98)。第27回はアルティメットクリフハンガーの最初のクリア者となるも新エリア・チェーンシーソーでリタイア(ゼッケン20)。第28回は1stスピンブリッジでまさかのリタイア(ゼッケン40)。第29回は2大会ぶりに1stをクリアしたが、2ndの難易度が上がったバックストリームに苦戦しタイムアップ(ゼッケン41)。予選会を3大会連続で突破したのは、橋本のみ。

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第21回大会 42 1st そり立つ壁 タイムアップ
第22回大会 76 1st スライダージャンプ 脚が着水
第23回大会 47 2nd サーモンラダー 1段目
第24回大会 85 FINAL Gロープ タイムアップ(残り約2m)
第25回大会 60 3rd アルティメットクリフハンガー 2→3本目
第26回大会 98 2nd メタルスピン  掴み失敗
第27回大会 20 3rd チェーンシーソー 掴み失敗
第28回大会 40 1st スピンブリッジ
第29回大会 41 2nd バックストリーム タイムアップ