渡辺明 (美術監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わたなべ あきら
渡辺 明
生年月日 (1908-05-13) 1908年5月13日
没年月日 1999年
出生地 日本の旗 日本 福井県
職業 美術監督

渡辺 明(わたなべ あきら、1908年5月13日 - 1999年)は特殊技術専門の映画美術監督福井県出身。愛称は「ナベさん」。

来歴[編集]

1929年昭和4年)4月1日、美術学校を卒業後、松竹下賀茂撮影所に助監督として入社。美術担当となり、撮影技師だった円谷英二と知り合い、グラスワークなどのトリック撮影を円谷とともに研究する。

1942年(昭和17年)4月1日、円谷英二に請われ、『ハワイ・マレー沖海戦』(山本嘉次郎監督)で特殊美術を担当するため東宝に移籍。特撮用ミニチュア製作など美術全般を担当する。

1947年(昭和22年)、『戦争と平和』(亀井文夫山本薩夫監督)から特殊技術も兼任。「日本映画技術賞」を受賞する。

1948年(昭和23年)、円谷英二が東宝を退社。円谷に代わり、特殊技術チーフを務める。

1950年(昭和25年)、円谷英二が東宝に復帰。以後、特殊美術チーフとして円谷組特撮班を支える。

1954年(昭和29年)、日本初の特撮怪獣映画『ゴジラ』(本多猪四郎監督)で、特殊美術監督を担当。

1966年(昭和41年)4月1日東宝を退社。円谷特技プロダクション川上景司[1]らと共に「日本特撮プロダクション」(日本特撮映画株式会社)を設立[2]

1999年平成11年)、永眠。91歳没。

人物[編集]

円谷英二の片腕として1942年から1965年まで、東宝特撮専門の美術監督として活躍。

ゴジラ」や「キングギドラ」、「バラゴン」といった人気怪獣の最終デザインは、渡辺が手がけたものである。また、『ガス人間第一号』や『電送人間』などのSF映画では、「人間改造室」や「電送機」など、不気味なメカニックのデザインを受け持ち、作品のイメージを盛り立てた。セットの小道具として、ネオン管を採り入れ、SF的なイメージ効果を高めている。

戦争映画や怪獣映画に使用する、特撮の各種ミニチュアの製作も任じていた。『ゴジラの逆襲』に登場する自衛隊の兵器車両「ポンポン砲車」も、渡辺のデザイン・造形による。戦車のミニチュアに特にこだわり、キャタピラ一枚一枚を金属鋳造し、エンジンを搭載させて動かすこだわりようだった。中島春雄は「凝り性で、人を乗せて走る戦車を作って喜んでいたが、あれはもうこだわり過ぎてて、今じゃもう出来ない遊びだったね」と語っている[3]

ウルトラマン』では、前代未聞の巨大宇宙ヒーローの初期企画に関わり、ガルーダ神のような有翼の宇宙怪獣「ベムラー」をデザインしている。このデザインはのちに自らが特撮監督として関わった『大巨獣ガッパ』に受け継がれたともされている。

担当作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戦前に円谷に師事した後松竹映画に移籍。1963年(昭和38年)に、円谷に招かれ円谷特技プロに入社していた。
  2. ^ フジテレビの特撮番組『怪獣王子』を製作した京都の特撮プロダクション「日本特撮株式会社」(日本特撮K.K)とは関係ない。
  3. ^ 『三大怪獣地球最大の決戦』DVD

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]