どですかでん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どですかでん
Dodes'ka-den
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
小国英雄
橋本忍
原作 山本周五郎季節のない街
製作 黒澤明
松江陽一
出演者 頭師佳孝
菅井きん
伴淳三郎
三波伸介
田中邦衛
芥川比呂志
奈良岡朋子
音楽 武満徹
撮影 斎藤孝雄
福沢康道
編集 兼子玲子
製作会社 四騎の会
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年10月31日(先行公開)
日本の旗 1971年1月21日(一般公開)
上映時間 140分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

どですかでん』は、1970年に公開された日本映画である。監督は黒澤明カラースタンダード、140分。黒澤初のカラー映画で、木下惠介市川崑小林正樹と結成した「四騎の会」の第1作である。山本周五郎の小説『季節のない街』を原作とし、貧しくも精一杯生きる人々の生活を明るいタッチで描いた。題名は作中で少年が電車ごっこをするときに口ずさむ「どですかでん[注釈 1]」という文句からきているが、これはもともと擬音語ではなく、山本周五郎が創作した造語である[1][2][3]

あらすじ[編集]

とある郊外の街の貧しい地域。六ちゃんと呼ばれる少年は、学校にも行かず毎日近所の空き地に出かけては、他人には見えない市電路面電車)を運転し、その電車の音を「どですかでん」という擬音で表現している。当人は自分が運転手だと本気で信じ込んでいるようで、それを母親は、息子が精神に異常をきたしたと思い嘆くが、六ちゃんは母親の頭のほうがおかしいと考えている。

ヘアーブラシ職人の良太郎は、浮気性の妻が不倫の男たちと作った大勢の子供らを、自分の子供として扶養している[4]。日雇い労働者の河口と増田は夫婦交換をして、翌日には何食わぬ顔をして元の家に戻っている[5]。陰気な平さんの所にはある女が訪ねて来るが、この女と平さんとは過去に何かがあった様子。女は平さんの家事手伝いをするが、彼は終始無視していた[5]。廃車に住む乞食の親子は邸宅を建てる夢想話をしているが、子供はしめ鯖にあたって急死する。穏やかな性格で顔面神経症の島さんには無愛想な妻がいるが、妻を愛しており、同僚に妻の文句を言われると激怒する[5]。彫金師のたんばさんは人生の達人といえる人物で、日本刀を振り回す男を鎮めたり、家に押し入った泥棒に金を恵んだりする[4]。アル中の京太は家事手伝いの姪を犯して妊娠させ、姪はショックで恋人の酒屋の店員を刺してしまう[4]

ここに暮らす人たちは、変わった人ばかりである。六ちゃんはその中で電車を走らせ、日は暮れてゆく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

1969年7月、黒澤明木下惠介市川崑小林正樹とともに「四騎の会」を結成した[6]。四騎の会は、日本映画低迷の時代にベテラン監督4人の力を合わせてこれを打開しようとの意図で結成され、設立第1作として山本周五郎の小説『町奉行日記』が原作の『どら平太』を4人で共同脚本・監督することを発表した[6]。4人は湯河原の旅館に籠もり、物語を4つに分けて各自で分担する形式で執筆を行うが、なかなか意見がまとまらず頓挫した[7]。次に再び山本の小説『季節のない街』をオムニバス形式で映画化することを企画するが、木下と市川が話が暗いと反対したため、結局黒澤が単独で監督することになった[7]

1970年1月、黒澤は小国英雄橋本忍とともに伊豆韮山で脚本を執筆した[6]。3月31日にはプリプロダクションを開始した[8]東京都江戸川区堀江町にある約1万坪のゴミ捨て場にオープンセットが組まれ、建物の材料もすべてゴミの山から現地調達した[9][10]。撮影は4月23日に開始し、わずか28日間の早さで撮り上げた[11]。黒澤は自宅を担保に出して製作費を調達したこともあり[7]、黒澤映画としては珍しく低予算・予定内で作られた。

評価[編集]

本作は興行的に失敗し、黒澤は大きな借金を抱えることになった[7]。批評面では完全な失敗作とはいえなかったが[12]、ほかの黒澤映画と比べると低調な評価となった。第44回キネマ旬報ベスト・テンでは3位に選ばれ、井川比佐志が男優賞を受賞した[13]。そのほか、第25回毎日映画コンクール奈良岡朋子が女優助演賞を受賞し[14]、第25回芸術祭で映画部門の劇映画優秀賞を受賞した[15]2009年にキネマ旬報が発表した「オールタイム・ベスト映画遺産200 日本映画篇」では106位にランクした[16]

本作は海外での評価が高く[12]第44回アカデミー賞では外国語映画賞にノミネートされた[17]。また、1971年に第7回モスクワ国際映画祭でソ連映画人同盟特別賞[6]1978年にベルギー映画批評家協会賞でグランプリを受賞した[18]ダルデンヌ兄弟は本作をお気に入りの映画の1本に挙げており[19]2012年BFIの映画雑誌サイト・アンド・サウンドが10年毎に発表する史上最高の映画ベストテン英語版でも本作に投票している[20]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 詳しく言えば、車両がレールの継ぎ目を越えるときの音を模したものである。

出典[編集]

  1. ^ 福田和也 『山本周五郎で生きる悦びを知る』 PHP研究所、2016年、68–69頁https://books.google.co.jp/books?id=Yj0ZDAAAQBAJ&pg=PT68 
  2. ^ 堀川弘通 『評伝黒澤明』 每日新聞社、2000年、293頁https://books.google.com/books?id=HukvAQAAIAAJ。"原作は山本周五郎の『季節のない街』で「どですかでん」というのは、六ちゃん...が電車の運転手を夢見て呟く電車の擬音である"。 
  3. ^ メレン、ジョーン 「黒沢明の世界」 『日本および日本人 : 論文集』 朝日新聞社、102頁、1972年。"少年が"どですかでん"という言葉を使って自分だけの世界を創り出しているのだ。... 都電の擬音は、普通日本語で〃ガタンゴトン"であ[る]"。  (原題:Joan Mellen, "The Epic Cinema of Kurosawa)。
  4. ^ a b c 『黒澤明の全貌』 草思社、1985年、108頁。 
  5. ^ a b c 山田和夫 『黒澤明 人と芸術』 新日本出版社、1999年8月、312-313頁。 
  6. ^ a b c d 「黒澤明 関連年表」(大系4 2010, pp. 823-825)
  7. ^ a b c d 浜野保樹「解説・世界のクロサワと挫折」(大系2 2009, pp. 714-716)
  8. ^ ガルブレイス4世 2015, pp. 504-508.
  9. ^ 都築 2010, p. 366.
  10. ^ 『村木与四郎の映画美術「聞き書き」黒澤映画のデザイン』丹野達弥、フィルムアート社、1998年10月、186頁。ISBN 4845998858
  11. ^ 都築 2010, p. 371.
  12. ^ a b ガルブレイス4世 2015, pp. 512-513.
  13. ^ 85回史 2012, p. 274,282.
  14. ^ 毎日映画コンクール 第25回(1970年)”. 毎日新聞. 2020年7月23日閲覧。
  15. ^ 文化庁芸術祭賞受賞一覧 昭和41年度(第21回)~昭和50年度(第30回) (PDF)”. 文化庁. 2020年7月23日閲覧。
  16. ^ 「オールタイム・ベスト 映画遺産200」全ランキング公開”. キネマ旬報映画データベース. 2009年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月23日閲覧。
  17. ^ THE 44TH ACADEMY AWARDS” (英語). Oscars.org. 2020年7月23日閲覧。
  18. ^ Awards – Dodesukaden” (英語). IMDb. 2020年7月23日閲覧。
  19. ^ The Dardenne Brothers’ 10 Favorite Films” (英語). The Film Stage. 2020年7月23日閲覧。
  20. ^ Votes for DODES'KA-DEN (1970)” (英語). BFI. 2020年7月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]