どですかでん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
どですかでん
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
小国英雄
橋本忍
原作 山本周五郎季節のない街
製作 黒澤明
松江陽一
出演者 頭師佳孝
音楽 武満徹
撮影 斎藤孝雄
福沢康道
編集 兼子玲子
製作会社 四騎の会
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年10月31日(先行公開)
日本の旗 1971年1月21日(一般公開)
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

どですかでん』は、1970年(昭和45年)10月31日公開の日本映画である。四騎の会・東宝製作、東宝配給。監督は黒澤明カラースタンダード、126分。

山本周五郎の小説『季節のない街』を原作とし、貧しくも精一杯生きる小市民の日常を明るいタッチで描いている。黒澤映画初のカラー作品で、黒澤が木下惠介市川崑小林正樹と結成した四騎の会の第1作である。第44回キネマ旬報ベスト・テン第3位。昭和45年度芸術祭優秀賞

あらすじ[編集]

とある郊外の街の貧しい地域。六ちゃんと呼ばれる少年は、学校にも行かず毎日近所の空き地に出かけては、他人には見えない電車を運転し、その電車の音を「どてすかでん」という擬音で表現している。当人は自分が運転手だと本気で信じ込んでいるようで、それを母親は、息子が精神に異常をきたしたと思い嘆くが、六ちゃんは母親の頭のほうがおかしいと考えている。

内職職人の良太郎は、妻が浮気性なため子供をたくさん背負っているが、自分をほんとうの父ちゃんだと子供たちが思えばそれでよいと考えている。日雇い労働者の河口と増田は夫婦交換をして、翌日には何食わぬ顔をして元の家に戻っている。陰気な平さんの所にはある女が訪ねて来るが、この女と平さんとは過去に何かがあった様子。女は平さんの家事手伝いをするが、彼は終始無視していた。廃車に住む乞食の親子は邸宅を建てる夢想話をしているが、子供はしめ鯖にあたって急死する。穏やかな性格で顔面神経症の島さんには無愛想な妻がいるが、妻を愛しており、同僚に妻の文句を言われると激怒する。彫金師のたんばさんは人生の達人といえる人物で、日本刀を振り回す男を鎮めたり、家に押し入った泥棒に金を恵んだりする。アル中の京太は家事手伝いの姪を犯して妊娠させ、姪はショックで恋人の酒屋の店員を刺してしまう。

ここに暮らす人たちは、変わった人ばかりである。六ちゃんはその中で電車を走らせ、日は暮れてゆく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

作品解説[編集]

赤ひげ』以来、5年ぶりの黒澤明監督作品である。前作までの三船敏郎を主演とした重厚な作品と比べるとやや落ち着いた作品となっている。企画・製作した四騎の会は、1969年(昭和45年)に黒澤、木下惠介市川崑小林正樹の4人の監督による芸術家集団で、邦画低迷の時代に4人の力を合わせてこれを打開しようとの意図で結成された。しかし、本作の興行成績は明らかな失敗で、黒澤は以後『デルス・ウザーラ』を挟んで10年間にわたって、日本映画界の中心から遠ざかることになる。また、四騎の会もうまく機能せず、本作と小林の『化石』の2本を製作して自然消滅した。

撮影は東京都江戸川区堀江町にある約1万坪のゴミ捨て場にオープンセットを組み、28日間という早さで撮影された[1][2]。当時のシナリオには、黒澤自身の手による、画家のマルク・シャガール風の、死んだ乞食の子供が天に昇っていく絵コンテが描かれている。

受賞[編集]

その他[編集]

  • 脚本家・俳優の宮藤官九郎は、本作を「すべての映画で一番好き」と語っている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 都築政昭『黒澤明 全作品と全生涯』、東京書籍、2010年、p.367、371
  2. ^ 田中純一郎日本映画発達史Ⅴ 映像時代の到来』、中央公論社、1980年、p.231
  3. ^ 宮藤官九郎『いまなんつった?』、文藝春秋、2010年

外部リンク[編集]