松江陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松江 陽一(まつえ よういち、1930年10月26日 - )は、日本の俳優、映画プロデューサー、舞台制作者。

経歴[編集]

石川県生まれ。1955年、東京大学法学部卒業。

同年「東宝ニューフェイス」に合格し入社。同年、小田基義監督の『ゴジラの逆襲』に同期の中丸忠雄と共に俳優としてデビューし端役で出演する。イタリアのチネチッタへの留学を終えた後、東宝で黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』から『赤ひげ』までの作品に助監督として参加(『用心棒』は除く)。

1966年、東宝を退社し、俳優を引退するも映画・舞台制作会社『41工房(アトリエ41)』を設立。オフ・ブロードウェイでロングランしたミュージカルの翻訳版『ファンタスティックス』(1971年, 渋谷ジァン・ジァン)を始めとする小劇場ミュージカルの上演を手がける傍ら、プロデューサーとして黒澤明監督の作品に参加。1975年の『デルス・ウザーラ』は第48回アカデミー外国語映画賞を受賞した[1]

1971年、『ファンタスティックス』で第6回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。なおこの作品は後年まで上演の度に主役の男女二人のオーディションを開催、新人俳優の登竜門となっていた。

作品[編集]

映画(出演)[編集]

映画(制作)[編集]

  • どですかでん』, 1970(監督:黒澤明)
  • 『馬の詩』, 1971(監修:黒澤明, 構成:黒澤明、木下亮, 音楽:佐藤勝)日本テレビで放映されたドキュメンタリー。ナレーションを「どですかでん」で親子を演じた三谷昇と川瀬裕之が担当した。
  • デルス・ウザーラ』, 1975(監督:黒澤明)ソ連=日本[1]
  • 『アフリカ物語』, 1980(監督:羽仁進, 原案:寺山修司
  • 友達』, 1988(監督:シェル・オーケ・アンデション, 原作:安部公房)スウェーデン=日本

映画(その他)[編集]

舞台[編集]

  • 『ファンタスティックス』, 1971年-1992年(演出:中村哮夫)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]