山田和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 和夫(やまだ かずお、1928年 - 2012年8月11日[1])は、日本映画評論家映画史家、映画運動家。

来歴[編集]

主な著・編書 など[編集]

  • 「世界映画資料」 1〜28号(刊:映画タイムズ社、世界映画資料社/1957〜1961年)
  • 「エイゼンシュテイン―生涯とその思想」(刊:紀伊国屋新書/1964年)
  • 「エイゼンシュテイン全集」(刊:キネマ旬報社/編:エイゼンシュテイン全集刊行委員会/1973-1993年)
  • 「戦艦ポチョムキン」(刊:大月書店/1978年)
  • 「ハリウッド 良心の勝利」(刊:新日本出版社/1992年)
  • 「映画100年―映画が時代を語るとき」(刊:新日本出版社/1995年)
  • 「日本映画101年―未来への挑戦」(刊:新日本出版社/1997年)
  • 「ロシア・ソビエト映画史―エイゼンシュテインからソクーロフへ」(刊:キネマ旬報社/1997年)
  • 黒澤明・人と芸術」(刊:新日本出版社/1999年)
  • 「映画で世界を読む」(刊:新日本出版社/2001年)

[編集]

  1. ^ しんぶん赤旗2012年8月13日付
  2. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)

外部リンク[編集]