沖山秀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おきやま ひでこ
沖山 秀子
生年月日 (1945-12-21) 1945年12月21日
没年月日 (2011-03-21) 2011年3月21日(65歳没)
出生地 日本の旗日本鹿児島県
死没地 日本の旗日本
職業 俳優歌手
活動期間 1964年 - ?
活動内容 映画監督歌手など
主な作品
グレープフルーツのような女 性乱の日々』(監督脚本
ダンチョネ節」(歌唱
テンプレートを表示

沖山 秀子(おきやま ひでこ、1945年12月21日 - 2011年3月21日)は、日本女優、ジャズ、歌謡歌手である。

来歴[編集]

鹿児島県出身。両親は沖永良部島出身。兵庫県灘区に転居している。関西学院大学在学中に、映画神々の深き欲望』に出演。

以後『喜劇 女は度胸』、『わが恋わが歌』、『いつか来るさよなら』、『アッと驚く為五郎』、『喜劇 男は愛嬌』、『ズンドコズンドコ全員集合!!』、『どですかでん』(黒沢明監督作品)、『真剣勝負』、『黒木太郎の愛と冒険』、『十九歳の地図』、『陽炎座』、『赤目四十八瀧心中未遂[1]に出演。

グレープフルーツのような女 性乱の日々』では監督脚本をつとめた。

歌手としては、シングル『ダンチョネ節[2] / ピエロが街にやって来る』、アルバム『Summertime』をリリース。81年のジャズ・アルバムでは「サマータイム」など、ビリー・ホリディ的な世界を展開し、好評価を得た。同アルバムには、著名なサックス奏者の宮沢も参加していた。CDアルバムが後に再発されている。

私生活においては自殺未遂、入退院、長谷川和彦との不倫などが週刊誌で報道された。主な著書に『直射日光』(ブロンズ社1978年)がある。

2011年、不整脈により死去。65歳没。

フィルモグラフィ[編集]

  • 喜劇 女は度胸

ディスコグラフィ[編集]

  • ダンチョネ節(cw ピエロが街にやって来る、1970年、日本コロムビア、P-90)
  • サマータイム(1981年)
  • 魅惑のムード☆秘宝館(2003年)-「ダンチョネ節」を収録
  • 怨歌情死考~女たちの挽歌~(2017年12月20日)-「ピエロが街にやって来る」「ダンチョネ節」を収録

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://movie.walkerplus.com/person/81984/
  2. ^ 小林旭「アキラのダンチョネ節」(1960年9月20日)のカバー