姿三四郎 (1943年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
姿三四郎 > 姿三四郎 (映画) > 姿三四郎 (1943年の映画)
姿三四郎
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
出演者 大河内傳次郎
藤田進
轟夕起子
音楽 鈴木静一
撮影 三村明
編集 後藤敏男
製作会社 東宝映画
配給 映画配給社(紅系)(初公開時)
東宝(再公開時)
公開 日本の旗 1943年3月25日
日本の旗 1952年(再公開)
上映時間 97分(初公開時)
91分(最長版)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 續姿三四郎
テンプレートを表示

姿三四郎』(すがたさんしろう)は、1943年(昭和18年)3月25日公開の日本映画である。東宝映画製作、映画配給社(紅系)配給。監督は黒澤明モノクロスタンダード、97分。

黒澤明の監督デビュー作で、富田常雄同名小説の初映画化作品。娯楽の少ない戦時下の大衆に受け入られ、大ヒットした[1]。フィルムは再上映時に一部がカットされ、現在も完全版を観ることはできない。

あらすじ[編集]

1882年(明治15年)、会津から柔術家を目指し上京してきた青年、姿三四郎は門馬三郎率いる神明活殺流に入門。ところがこの日、門馬らは修道館柔道の矢野正五郎闇討ちを計画していた。近年めきめきと頭角を現し警視庁武術指南役の座を争っていた修道館柔道を門馬はいまいましく思っていたのだ。ところが多人数で襲撃したにも関わらず、矢野たった一人に神明活殺流は全滅。その様に驚愕した三四郎はすぐさま矢野に弟子入りを志願した。

やがて月日は流れ、三四郎は修道館門下の中でも最強の柔道家に育っていたが、街に出れば小競り合いからケンカを始めてしまう手の付けられない暴れん坊でもあった。そんな三四郎を師匠の矢野は「人間の道というものを分かっていない」と一喝。反発した三四郎は気概を示そうと庭の池に飛び込み死ぬと豪語するが矢野は取り合わない。兄弟子たちが心配する中意地を張っていた三四郎だが、凍える池の中から見た満月と泥池に咲いたの花の美しさを目の当たりにした時、柔道家として、人間として本当の強さとは何かを悟ったのであった。

ある日のように異様な殺気を帯びた男が道場を訪ねてきた。良移心当流柔術の達人、檜垣源之助は三四郎の兄弟子を一瞬で倒すほどの実力の持ち主。師匠に稽古止めを言いつけられている三四郎がこの時戦うことは適わなかったが、双方いずれ雌雄を決する日が来るであろう予感を抱く。

やがて修道館の矢野の元に新しい柔術道場開きの招待状が届く。その場で他流試合を設けたいという誘いであったが、これは暗に神明活殺流の門馬が裏切りと積年の復讐を果たすために三四郎にあてた挑戦状であった。しかし実力を増してきた門馬も既に三四郎の敵ではなく、三四郎の必殺投げ技「山嵐」が決まった時、門馬は壁に頭をぶつけ死んでしまった。試合とはいえ他人を死なせてしまったこと、その場にいて悲劇を目撃してしまった門馬の娘の悲痛な目が脳裏から離れず、三四郎は柔道を続ける意義を見失ってしまう。

師匠の矢野の猛特訓によりやっと戦う気力を取り戻した三四郎は、神社でひたすらに祈る一人の美しい娘と出会う。この娘こそ良移心当流師範、村井半助の娘の小夜であった。先の死闘を見た村井半助は警視庁武術大会での試合を三四郎に申し込み、小夜は老いた父の勝利を願って祈りを捧げていたのであった。その事を知った三四郎は自分が試合にどう臨めばいいのか自問自答しまたもや袋小路に陥ってしまうが、修道館のある寺の和尚に「その娘の美しい強さに負けない、お前の美しかった時を思い出せ」と蓮の花が咲いていた泥沼の三四郎がしがみついてきた杭を指差されたとき、彼の心は決まった。

藤田と月形龍之介

大勢の人々が見守る中開催された警視庁武術大会。村井は全力を持って気合で三四郎を圧倒するが、研ぎ澄まされた三四郎の技が決まった時勝負はついた。しかし投げられても投げられても立ち上がってくる村井の凄みに三四郎は憔悴し、皆が祝ってくれても勝利の余韻に浸る余裕など無かったが、全身全霊を捧げた戦いの疲れを癒してくれたのは、道場に招待してくれた村井の温かい言葉と小夜の手料理であった。

唯一面白くないと憤っている檜垣源之助から遂に果たし状が届く。三四郎と戦う場をもらえなかったばかりでなく、恋慕する小夜と三四郎が親しくしているのが気に食わない。右京が原での決闘、風雲急を告げる中、遂に雌雄を決する時が来た……。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

黒澤明は、1941年(昭和16年)公開の山本嘉次郎監督作品『』で助監督を卒業し、『達磨寺のドイツ人』を処女作の企画として提出したが、内務省検閲で却下された[2]。続いて日露戦争を舞台とした『敵中横断三百里』の脚本を書くが、シナリオを読んだ森田信義企画部長に新人監督としてはスケールが大きすぎるという理由で映画化を却下されており[3]、なかなか監督に昇進できずにいた。

1942年(昭和17年)9月5日読売報知広告欄に、『姿三四郎』という新刊書の出版予告が出され、タイトルを一目見て何か強く魅かれるものがあった黒澤は、森田信義に映画化交渉を依頼した[4]東宝が映画化交渉をした翌日には、大映松竹が映画化権獲得の交渉をしていた[5][6]。最終的に東宝がその権利を得たのは、原作者である富田常雄の妻が映画雑誌で黒澤のことを知っており、有望な新人だと夫を説得したためであった[5][6]

同年12月13日横浜浅間神社境内のロケでクランクインした[7]。黒澤は『映画評論』1943年3月号所収の「新米演出家の日記」に、「自分は今、満目皚々たる処女雪を、キュッキュッと踏みしめ、踏みわけて進んでいる爽快さにワクワクしている」と、処女作に対する心境を記している。

黒澤の本物の自然を狙うロケ好きはこの時から始まっており、クライマックスの決闘シーンを撮る時、薄の原のセットを見た黒澤は強い不満を覚え、会社に交渉している。新人監督としては度胸のいるクレームであったが、3日間の日数を条件に認められ、箱根仙石原でロケを行った[8]

ラストの汽車の中のシーンでは、黒澤以下スタッフが客に扮して出演するというショットがあったが、試写を見た森岩雄重役に「ふざけ過ぎる!」とたしなめられて、このショットはカットとなった[9]

アニメ制作会社エイケンでプロデューサーを務めた鷺巣政安は、幼少期に本作品へエキストラとして出演している[10]

評価[編集]

本作は1943年(昭和18年)3月25日に封切られた。作品は大ヒットとなり、この年の興行収入ランキングでは滝沢英輔監督の『伊那の勘太郎』、稲垣浩監督の『無法松の一生』に次ぐ第3位の成績となった。作品の評判も良く、山中貞雄賞、国民映画奨励賞を受賞し[11]、『映画評論』が行った1943年度の優秀映画選考では第2位となった(第1位は『無法松の一生』、第3位は『海軍』)[12]。当局の検閲では、検閲官の一人だった小津安二郎が「100点満点として120点」と絶賛した。

当時の映画批評を取り上げると、

「立ち廻りのスポーツ的興味だけでなく、むしろ柔道の哲学を説くかの如き熱意…私は、その観念的なものが、この作品の力であると思った」(水町青磁『映画旬報』1943年4月31日[要検証 ]号)
「『姿三四郎』は近来にない映画らしい映画である。しばらく忘れていた映画的魅力を甦らせてくれ、その点だけでも、声を大きくしてほむべき作品である」(大塚恭一『映画評論』1943年5月号)

森岩雄は本作を次のように記している。

「この作品は昭和十八年三月に封切られたが、果せるかな大成功を収め、黒澤さんの監督としての地位は、この処女作一本で確立したといってもいいであろう」[13]

選出された映画ランキング、オールタイム・ベストは以下の通り

短縮版[編集]

再公開時のポスター

この作品は当初、全長97分の作品として公開された。しかし、公開翌年の1944年(昭和19年)3月に再上映した際に、関係者の知らないところで一部がカットされ、79分に短縮された。切断されたフィルムは戦後の混乱で紛失し、1952年(昭和27年)に再公開された作品は全長79分の短縮版となり、カットの経緯やカットされた部分の説明などがテロップによって説明された。その後にビデオテープレーザーディスクとして販売された作品の多くは、この短縮版となっている。

このカットされた部分には、檜垣源之助にまつわるシーンや、三四郎が師の特訓を受けるシーンなどが含まれ、そのほかにもシーンやセリフの脱落箇所がある。

1990年代に入り、カット部分のフィルムの一部がロシアゴスフィルムフォンドロシア語版で行われた日本人による調査で発見された。戦後に満州映画協会に保存されていた物が、ソ連側に資料として持ち去られていたものである。カット部分の12分を追加した全長91分の最長版は、2002年(平成14年)発売のDVDに収録された。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 姿三四郎、キネマ写真館、2015年4月25日閲覧
  2. ^ 都築2010、p.106
  3. ^ 都築2010、p.107
  4. ^ 都築2010、p.110
  5. ^ a b 都築2010、p.111
  6. ^ a b 黒澤明 『蝦蟇の油』、岩波書店、1990年、p.229
  7. ^ 都築2010、p.112
  8. ^ 都築2010、p.115
  9. ^ 都築2010、p.116
  10. ^ 「INTERVIEW うしおそうじ実弟・エイケン元プロデューサー 鷺巣政安」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.87-89、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  11. ^ 都築2010、p.460
  12. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.44
  13. ^ 都築2010、p.117
  14. ^ 「オールタイム・ベスト 映画遺産200」全ランキング公開キネマ旬報映画データベース、2015年4月25日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]