ゴジラ映画作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴジラ映画作品の一覧(ごじらえいがさくひんのいちらん)は、ゴジラ映画の一覧を掲載する。

昭和ゴジラシリーズ(第1期)[編集]

通番 題名 公開日 観客動員数
(単位:万人)
配給収入
(単位:億円)
脚本 監督 特殊技術
/
特技監督
音楽 ゲスト怪獣
第1作 ゴジラ 1954年(昭和29年)
11月3日
961[1][2] 1.5[3] 村田武雄
本多猪四郎
本多猪四郎 円谷英二 伊福部昭 なし
第2作 ゴジラの逆襲 1955年(昭和30年)
4月24日
834[2] 1.7[要出典] 村田武雄
日高繁明
小田基義 佐藤勝 アンギラス
第3作 キングコング対ゴジラ 1962年(昭和37年)
8月11日
1120[4]または1255[2] 3.5[5] 関沢新一 本多猪四郎 伊福部昭 キングコング
大ダコ
大トカゲ
第4作 モスラ対ゴジラ 1964年(昭和39年)
4月29日
351[4](初回興行時)
720[2]
15.5[6] モスラ成虫
モスラ幼虫(2匹)
第5作 三大怪獣 地球最大の決戦 1964年(昭和39年)
12月20日
432[4](初回興行時)
541[2]
3.9[要出典] ラドン
モスラ幼虫
キングギドラ
第6作 怪獣大戦争 1965年(昭和40年)
12月19日
378[4](初回興行時)
513[2]
1.9[7] ラドン
キングギドラ
第7作 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 1966年(昭和41年)
12月17日
345[4](初回興行時)
421[2]
3.3[要出典] 福田純 佐藤勝 エビラ
モスラ成虫
大コンドル
第8作 怪獣島の決戦 ゴジラの息子 1967年(昭和42年)
12月16日
248[4](初回興行時)
309[2]
2.6[要出典] 関沢新一
斯波一絵
有川貞昌 ミニラ
カマキラス
クモンガ
第9作 怪獣総進撃 1968年(昭和43年)
8月1日
258[4](初回興行時)
258[2]
2.3[要出典] 馬淵薫
本多猪四郎
本多猪四郎 伊福部昭 ミニラ
アンギラス
ラドン
バラン
モスラ幼虫
マンダ
バラゴン
ゴロザウルス
クモンガ
キングギドラ
第10作 ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 1969年(昭和44年)
12月20日
148[2] 2.6[要出典] 関沢新一 本多猪四郎 宮内國郎 ミニラ
ガバラ
アンギラス
マンダ
エビラ
大ワシ
ゴロザウルス
カマキラス
クモンガ
第11作 ゴジラ対ヘドラ 1971年(昭和46年)
7月24日
174[2] 3[要出典] 馬淵薫
坂野義光
坂野義光 中野昭慶 眞鍋理一郎 ヘドラ
第12作 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 1972年(昭和47年)
3月12日
178[2] 3.2[要出典] 関沢新一 福田純 伊福部昭 アンギラス
キングギドラ
ガイガン
第13作 ゴジラ対メガロ 1973年(昭和48年)
3月17日
98[2] 2.2[要出典] 福田純 眞鍋理一郎 アンギラス
ガイガン
メガロ
ジェットジャガー
第14作 ゴジラ対メカゴジラ 1974年(昭和49年)
3月21日
133[2] 3.7[要出典] 山浦弘靖
福田純
佐藤勝 アンギラス
メカゴジラ
キングシーサー
第15作 メカゴジラの逆襲 1975年(昭和50年)
3月15日
97[2] 3.3[要出典] 高山由紀子 本多猪四郎 伊福部昭 メカゴジラII
チタノザウルス

平成ゴジラシリーズ(VSシリーズ・第2期)[編集]

通番 題名 公開日 観客動員数
(単位:万人)
配給収入
(単位:億円)
脚本 監督 特技監督 音楽 ゲスト怪獣
第16作 ゴジラ 1984年(昭和59年)
12月15日
320[2] 17[8] 永原秀一 橋本幸治 中野昭慶 小六禮次郎 ショッキラス
第17作 ゴジラvsビオランテ 1989年(平成元年)
12月16日
200[2] 10.4[9] 大森一樹 川北紘一 すぎやまこういち ビオランテ
第18作 ゴジラvsキングギドラ 1991年(平成3年)
12月14日
270[2] 14.5[10] 伊福部昭 ドラット
キングギドラ
メカキングギドラ
第19作 ゴジラvsモスラ 1992年(平成4年)
12月12日
420[2] 22.2[11] 大森一樹 大河原孝夫 モスラ成虫
モスラ幼虫
バトラ
第20作 ゴジラvsメカゴジラ 1993年(平成5年)
12月11日
380[2] 18.7[12] 三村渉 ベビーゴジラ
ラドン
メカゴジラ
第21作 ゴジラvsスペースゴジラ 1994年(平成6年)
12月10日
340[2] 16.5[13] 柏原寛司 山下賢章 服部隆之 リトルゴジラ
スペースゴジラ
MOGERA
フェアリーモスラ
第22作 ゴジラvsデストロイア 1995年(平成7年)
12月9日
400[2] 20[14] 大森一樹 大河原孝夫 伊福部昭 ゴジラジュニア
デストロイア

ミレニアムシリーズ(第3期)[編集]

通番 題名 公開日 観客動員数
(単位:万人)
興行収入
(単位:億円)
脚本 監督 特殊技術 音楽 ゲスト怪獣
第23作 ゴジラ2000 ミレニアム 1999年(平成11年)
12月11日
200[2] 16.5[15] 柏原寛司
三村渉
大河原孝夫 鈴木健二 服部隆之 オルガ
第24作 ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 2000年(平成12年)
12月16日
135[2] 12[16] 手塚昌明 大島ミチル メガヌロン
メガニューラ
メガギラス
第25作 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 2001年(平成13年)
12月15日
240[2] 27.1[17] 長谷川圭一
横谷昌宏
金子修介
金子修介 神谷誠 大谷幸 バラゴン
モスラ成虫
モスラ幼虫
キングギドラ
第26作 ゴジラ×メカゴジラ 2002年(平成14年)
12月14日
170[2] 19.1[18] 三村渉 手塚昌明 菊地雄一 大島ミチル メカゴジラ
第27作 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS 2003年(平成15年)
12月13日
110[2] 13[19] 横谷昌宏
手塚昌明
浅田英一 モスラ成虫
モスラ幼虫(2体)
カメーバ
メカゴジラ
第28作 ゴジラ FINAL WARS 2004年(平成16年)
12月4日
104[2] 12.6[20] 三村渉
桐山勲
北村龍平 キース・エマーソン
森野宣彦
矢野大介
ミニラ
モスラ成虫
アンギラス
ラドン
マンダ
エビラ
カマキラス
クモンガ
ヘドラ
ガイガン
キングシーサー
ジラ
モンスターX→カイザーギドラ

2010年代[編集]

通番 題名 公開日 観客動員数
(単位:万人)
興行収入
(単位:億円)
脚本 監督 特技監督 音楽 ゲスト怪獣
第29作 シン・ゴジラ 2016年(平成28年)
7月29日
569[2] 82.5[21][22] 庵野秀明 庵野秀明(総監督)
樋口真嗣
樋口真嗣 鷺巣詩郎 なし

アニメ版[編集]

通番 題名 公開日 観客動員数
(単位:万人)
興行収入
(単位:億円)
脚本 監督 音楽 ゲスト怪獣
第1作 GODZILLA 怪獣惑星 2017年(平成29年)
11月17日
3.4[要出典] 虚淵玄 静野孔文
瀬下寛之
服部隆之 セルヴァム(翼竜型)
ゴジラ・フィリウス
第2作 GODZILLA 決戦機動増殖都市 2018年(平成30年)
5月18日
1.5[要出典] 村井さだゆき
山田哲弥
虚淵玄
ゴジラ・アース
セルヴァム(翼竜型、ワーム型)
メカゴジラ
メカゴジラシティ
第3作 GODZILLA 星を喰う者 2018年(平成30年)
11月9日
1.7[要出典] 虚淵玄 セルヴァム(翼竜型)
ギドラ
モスラ(卵)

ハリウッド版[編集]

通番 題名 公開日 日本配給収入
(単位:億円)
世界興行収入
(単位:億ドル)
脚本 監督 製作会社 配給 ゲスト怪獣
第1作 GODZILLA 1998年(平成10年)
5月19日(米国時間)
30[23] 3.8[24] ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
ローランド・エメリッヒ セントロポリス・エンターテインメント トライスター・ピクチャーズ ベビーゴジラ

モンスターバースシリーズ[編集]

通番 題名 公開日 日本興行収入
(単位:億円)
世界興行収入
(単位:億ドル)
脚本 監督 製作会社 配給 ゲスト怪獣
第1作 GODZILLA ゴジラ 2014年(平成26年)
5月16日(米国時間)
32[25] 5.3[26] マックス・ボレンスタイン
フランク・ダラボン
デヴィッド・キャラハム
ドリュー・ピアース
デヴィッド・S・ゴイヤー
ギャレス・エドワーズ レジェンダリー・ピクチャーズ
ディストラプション・エンターテインメント
ワーナー・ブラザース ムートー(オス・メス)
第2作 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 2019年(令和元年)
5月31日(米国時間)
28.4[27] 3.8[28] マックス・ボレンスタイン
マイケル・ドハティ
ザック・シールズ
マイケル・ドハティ レジェンダリー・ピクチャーズ モスラ幼虫 モスラ成虫
ラドン
キングギドラ
スキュラ
メトシェラ
ベヒーモス
ムートー
キングコング(映像のみ)
第3作 ゴジラVSコング 2021年(令和3年)
5月21日(米国時間)
テリー・ロッシオ アダム・ウィンガード キングコング

脚注[編集]

  1. ^ ゴジラオフィシャルサイト | 東宝” (日本語). godzilla.jp. 2020年3月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ゴジラオフィシャルサイト | 東宝” (日本語). godzilla.jp. 2020年3月8日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)112頁
  4. ^ a b c d e f g 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつりパーフェクション』アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年、162頁。ISBN 9784048669993
  5. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)190頁
  6. ^ 1980年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  7. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)220頁
  8. ^ 1985年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  9. ^ 1990年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  10. ^ 1992年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  11. ^ 1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  12. ^ 1994年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  13. ^ 1995年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  14. ^ 1996年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  15. ^ 2000年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  16. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  17. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  18. ^ 2003年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  19. ^ 2004年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  20. ^ 2005年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  21. ^ 歴代興収ベスト100
  22. ^ 2016年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  23. ^ 1998年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  24. ^ Godzilla”. Box Office Mojo. 2019年11月16日閲覧。
  25. ^ 2014年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  26. ^ Godzilla”. Box Office Mojo. 2019年11月16日閲覧。
  27. ^ 2019年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  28. ^ Godzilla: King of the Monsters”. Box Office Mojo. 2020年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]