ガイガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガイガン
ゴジラシリーズのキャラクター
初登場地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
作者
テンプレートを表示

ガイガン(Gigan)は、特撮映画『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』、『ゴジラ対メガロ』、『ゴジラ FINAL WARS』などに登場する怪獣である。別名は「未来怪獣[出典 1]」「サイボーグ怪獣[1][5]」。

特徴[編集]

頭部に備えたバイザーのような単眼と大きな角、肘から先が大きな鉤爪状になっている両腕ハンマーハンド[出典 2][注釈 1]が特徴。腹部の回転カッター[9]と額に埋め込まれた光線砲などが、サイボーグ怪獣という、ゴジラシリーズにおいて特異な存在であることの象徴となる。背中には翼状のを3枚持ち、手足の付け根や胴部にプロテクターらしき物を備える。

キングギドラなど他の悪役怪獣とタッグを組むことが多い。その華麗な姿と残忍な闘いぶり、徹頭徹尾悪役として登場した独特の存在感[注釈 2][注釈 3]が特徴である。特撮監督の川北紘一は、ゴジラのキャラクターが正義のヒーローに変わっていったため、敵対する怪獣も悪役然としたキャラクターにする必要があったと述べている[10]

『ゴジラ対ガイガン』が公開されると、派手なデザインのガイガンは人気を集め[11][注釈 4]、翌年には次作『ゴジラ対メガロ』、さらにテレビ番組『流星人間ゾーン』(日本テレビ、東宝)にも登場する名敵役となった。『ゴジラ対ガイガン』のオーディオコメンタリーに出演した樋口真嗣も気に入っていた。

デザイン[編集]

初代ガイガンのデザイナーは、かつて『週刊少年マガジン』を中心に挿絵画家として活躍していたイラストレーターの水氣隆義である[出典 3]。ただし、2008年末に水氣自身のWebサイト[14]で公表されるまで東宝でもその事実は知られておらず、漫画家の水木しげるの原案、もしくは彼の描いた妖怪おんもらきのイラストがデザインモチーフなどと推測されていた[15][16]。水氣自身が公表するまで、東宝関係者の間ですら「講談社の水木に依頼した」という旨しか知られておらず[注釈 5]、当時に該当するのが水氣と水木しかいなかったことが原因であった。水氣自身も、ガイガンのデザイナーが不明とされていることについては知らず[13]ガレージキットについてネットサーフィンをしていた際に初めて知った後、マーミットでの商品企画時[19]に東宝と交渉して正式に認定された。

資料によっては井口昭彦によるデザインだとされていたが[20][21]、こちらは井口本人によって否定されている[要出典]

上述のような事情から、メインとなっているモチーフが鳥類恐竜であることまでは推測されていたが何の鳥なのかまではわからず、水氣自身によってなど大型の鳥類をベースとしてさまざまな武器や三角形を鋭利なイメージでまとめたものであることが、公表された。デザインの方向性としては、成田亨によるウルトラ怪獣のような統一性のあるデザインを目指したという[13]

特徴的なサングラス状の目は「『山と谷と雲』(1959年公開、日活)に出演していた石原裕次郎」から着想を受けたもので[13]、当初の構想ではサングラスの下に左右へ動くモノアイが埋め込まれている設定であった。鉤爪状の両腕や一本爪だけの足はバルタン星人に影響されたもの[12][13][注釈 6]。腹部の金の鱗は、スーツではキングギドラのそれと同様のものが使用されているが、水氣自身は黄色い鳥の羽毛をイメージしていた[10]

デザインに際しては、科学雑誌『ネイチャー』に掲載された「恐竜は極彩色だったのではないか」という論文をもとに極彩色の怪獣をイメージし、ゴジラを威嚇するクジャクのような羽根、十二単のようなグラデーション[出典 4]、キングギドラとの整合性を意識した金色の意匠などの要望が、特技監督の中野昭慶から出されていたが、水氣には伝わっていなかったとみられる[18][注釈 7]。首から胸にかけて七色のグラデーションが施されたが[23][18]、現場には不評で反射を防ぐためにつや消しスプレーを上掛けされた[18]。肩は西洋甲冑を参考にした動きやすい形状となっているが、中野は肩に肉付けできないため全体的なフォルムが弱くなってしまったと述懐している[23]。また、中野は、自身の要望が届かなかったことからガイガンには満足していないとも述べている[18]

名前の由来はナイスガイの「guy」と、メインモチーフである「雁」を合わせて水氣自身が命名したもの[12][13]。目のデザイン同様、ナイスガイも石原のイメージに由来するものだったが[12]、他社のスターがモチーフであることを当時は明言できず、周囲には「外敵であるから」という後付の理由で説明していたという。1971年11月25日付の『東京新聞』には「ガイガーカウンターに由来する」という記述もあった。

水氣によるデザイン画は紛失している[13]。従来の資料でデザイン画として紹介されていたイラストは、デザイン決定後に描かれたイメージイラストとみられているが、こちらの作者も不明である[13]

書籍『大ゴジラ図鑑2』では、キングギドラの軽量化と評している[21]

登場作品[編集]

公開順。

この他、特撮テレビ番組『流星人間ゾーン』(1973年)、『ゴジラアイランド』(1997年)、パチンコ『CRゴジラ3・4』にも登場している。

登場が検討されていた作品
ゴジラ対メカゴジラ』検討用脚本段階である『残波岬の大決斗 ゴジラ対メカゴジラ』に登場が予定されていた[25]
山浦弘靖による検討用プロット『SOS日本! ゴジラ特攻作戦』ではタイタン星人に操られる怪獣として登場している[26]

ゴジラシリーズ(昭和)のガイガン[編集]

諸元
ガイガン
GIGAN[出典 5][注釈 8]
別名 未来怪獣[出典 6][注釈 9]
身長 65m[出典 8]
体重 2万5千t[出典 8]
飛行速度
出身地

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』[編集]

M宇宙ハンター星雲人が宇宙恐竜をサイボーグへ改造した怪獣[2][注釈 11]で、地球侵攻のためにキングギドラと共に宇宙から飛来する。宇宙空間を移送の際は青い結晶体のような円盤の中に入っており[2][8]、大気圏内では羽根を拡げずに畳んで飛行する。出現地点は宇宙→世界子供ランド→東京→月ノ瀬海岸→子供ランド→宇宙[2]

M宇宙ハンター星雲人が設置した司令基地「ゴジラタワー」から放たれる特殊な磁気テープの信号で操られ、平和計画のアクション3の切り札としてキングギドラと共に大規模な破壊活動を展開する[8]。その後、ゴジラアンギラスと激闘を繰り広げる。ハンター星雲人の支援もあってゴジラたちを追い詰めるが、地球人がゴジラタワーを破壊したために形勢を覆されたうえ、誤って正面衝突したキングギドラと喧嘩したことでゴジラとアンギラスの連携攻撃をまともに食らってしまい、最後はキングギドラともども宇宙へ撤退する。

設定では額にあたる部分に光線砲が埋め込まれているが[6][7]、劇中では一度も使っておらず[注釈 12]、遠距離攻撃はキングギドラとゴジラタワーが担う[注釈 13]。そのため、戦闘機の編隊についてはわざわざ1機ずつハンマーハンドで叩き落とし、70式メーサー殺獣光線車の攻撃についてはなす術も無く逃げ惑うという、宣材と合致しない描写が見られる。

造形
造形者は安丸信行[出典 13]。当初、背中の翼の形状は半円に近い形で小さかったうえに首も若干長かったが、撮影中に着ぐるみが改修されている[21][10]。港のシーンは改修前に撮られたもので[43][10]、この改修前のタイプは当時のソノシート写真などにも使われ、メディア露出も多かった。また、この着ぐるみのみ、腹のカッター部分にはパーツの取り換え式で可動する仕掛けがある[出典 14]が、これは電装モーターで上下に刃を高速動作させ、回転機能を表現するものである[10][24][注釈 14]。画面では理解しづらいが、頭頂部の角に合わせる形で口内の上側に三角形の突起が造形されている。そのほか、口と左右の牙にもモーターの開閉ギミックが設けられている[47]
鱗は、キングギドラの型を流用して作られており[24][48]、1枚ずつ貼り付けられた[49]。目はアクリル製で、内部の凹凸は裏側から処理している[24]。嘴・角・爪などはFRP製[24]。翼にはジョーゼットを用いている[24]
FRP製の爪は、制作時間が不足していたため中抜きせず素材の塊を木の棒1本で支えているのみであった[18][注釈 15]。そのため爪は重く持ち上げづらくなり、前作で重量級のヘドラのスーツに耐え抜いた中山も思うように動かせず音を上げるほどであった[18]。一方、書籍『東宝編 日本特撮映画図鑑』では、造形素材の進化が刃物状のディテール表現に繋がったものと評している[11]
フロンガスによる噴射ギミックを仕込んだ、約1メートルの発泡スチロール製飛行モデルが作られた[50]。シーンによってはスーツを操演している[31]。キングギドラとともにゴジラタワーの上空を旋回するシーンは合成で表現している[47]
戦闘機をたたき落とすシーンでは、腕のみの造形物が使用された[出典 15]

『ゴジラ対メガロ』[編集]

メガロを支援するため、シートピア海底人がM宇宙ハンター星雲人にガイガンによる応援を要請し、それによりM宇宙ハンター星雲から飛来する[51][52]。『ゴジラ対ガイガン』時と同個体であるが、やや重い全身の印象となっている[52]。出現地点は北山湖周辺→宇宙[51]

メガロと共にジェットジャガーを2対1で追いつめるが[51]、ゴジラが登場したために形勢が逆転。ジェットジャガーに右腕を圧し折られた後、空中高く投げられそこにゴジラの放射火炎を受け、地面に大きく叩きつけられ戦闘不能になり、メガロを残し宇宙へ退却する。

  • スーツアクターは中山剣吾[出典 16][注釈 16]
  • 着ぐるみは新調されている[出典 17][注釈 17]。前作のものと同一個体とされているが、前作にあった口内の歯が本作品ではなくなった[59]。また、手の爪はラテックス製となった[58]
  • ガイガンの登場シーンでは、前作の映像も流用している[18]。中野によれば、前作でキングギドラの流用映像を用いたところ、東宝映像社長の田中友幸がこれに味をしめてしまったという[18]

『ゴジラ FINAL WARS』のガイガン[編集]

諸元
ガイガン
GIGAN[60][61]
別名 サイボーグ怪獣[出典 18]
身長 120m[出典 19]
カマの長さ 45m[出典 20]
体重 6万t[出典 19]
空中飛行速度 マッハ3[出典 21]
出身地 X星人の母星[62]
出現地 北海道沖[66][63]
改造ガイガン[出典 22]
別名 サイボーグ怪獣[63]
身長 120m[出典 23]
チェーンソーの長さ 40m[出典 24]
体重 6万t[出典 23]
出現地
  • 東京[63]
  • (廃墟の東京[5]

本作品ではX星人の操る怪獣として登場。単眼から放つ散弾状の破壊光線拡散光線ギガリューム・クラスター[出典 25]、胸の回転鋸ブラデッド・カッター[出典 26]、両腕の鎌ブラッディ・トリガー[出典 27][注釈 18]から鎖を発射する能力を持つ。

かつてX星人が地球に侵攻してきた時に使役され、先代のモスラを倒して当時の古代文明を滅ぼし、その後、ミイラとなって海底で1万2000年も眠っていた[64]北海道付近の海底で地球防衛軍に回収されて保管されるが、X星人の再来襲時には統制官の掛け声で再起動する。ギガリューム・クラスターで地球防衛軍本部を破壊した後、南極でゴジラを復活させようとする新・轟天号の妨害に出るも失敗する。復活したゴジラとの戦いでは、その首にチェーンをかけて引き込み、ブラデッド・カッターで倒そうと迫るが、至近距離からの放射熱線で頭部を吹き飛ばされ、敗北。

その後、飛来したモスラに対して破壊された頭部を修理・改造されたうえ、両腕のブラッディ・トリガーをブラッディ・チェーンソー[出典 28]に換装され、胸部から飛ばす小型の丸ノコブラデッド・スライサー[60][5]を装備するなどの強化改造を施され、再戦に臨む。モスラとの激しい空中戦の末、ブラッディ・チェーンソーを使った空中逆手不意打ち切りでモスラの翅を切断し、一度は撃墜する。その後、モンスターXと共に東京でゴジラと交戦するも倒せず、再び飛んできたモスラを追撃する。ブラデッド・スライサーで油断させた隙に放ったギガリューム・クラスターで倒せたかに見えたが、モスラの放った鱗粉で軌道を狂わされたブラデッド・スライサーによって自らの頭部を切断され自滅した後、モスラのファイアーヒートアタックで倒された。

  • スーツアクターは吉田和宏。
  • 書籍『ゴジラ大辞典【新装版】』では、名称をガイガン(2代目)と記載している[65]
  • 改造後の名称は、公開当時の玩具ではパワーアップ・タイプ[74]、関連書籍などでは改造ガイガンとも表記される[出典 22]
造形
デザイナーは韮沢靖[出典 29]
再登場怪獣としては最も見た目が変わり、身体はダークメタリックブルーのレザーで覆われたようなものとなり、関節部には刃のついた装甲、そして両腕には大型化された機械武装が装備され[注釈 19]、よりサイボーグらしさが強調されている。また、前者と比較して体系はややスマートになり、鱗の意匠は失われ、ダークメタリックブルー、シルバー、メタリックレッドを基調としたカラーリングとなっている。韮沢は、初代との差別化として鱗をなくしている[61]
腕の強化換装は、監督の北村龍平の案による[61]
造型はスタートレインが担当[67][77]。改造ガイガンのスーツはパーツ換装による[67][77]。着ぐるみのほかに改造前の形態の飛び人形が製作されているが[78]、首の部分の色が改造後の銀色になっている[67]。ミイラ化した状態は、スーツの表面を加工している[79][61]
玩具
映画公開にあわせて発売されたバンダイのソフビムービーモンスターシリーズ(第一次製造型)は、早期に完売(後に小型化された第二次製造型ソフビが発売された)。
前年の3式機龍と同サイズで超合金としても発売された。首や頭部の付け替えで飛行形態や強化形態を再現可能となっているほか、メタルブラックとメタリックレッドを基調とした韮沢のデザインカラーに合わせた限定版も発売された。

『流星人間ゾーン』のガイガン[編集]

諸元
ガイガン
別名 未来恐獣[出典 30]
身長 65m[出典 30]
体長 2万5千t[出典 30]
出身地 M宇宙ハンター星[80]

第11話「間一髪 ゴジラの叫び!」に登場。

ゾーンファミリーの敵であるガロガバラン星人に操られる「恐獣」として登場する。宇宙からやってきてゴジラやゾーンファイターと戦う。一度はゴジラに倒されるがガイガン忍法生き返りの術[出典 30]で復活する。ゾーンとの死闘の末、流星ミサイルマイトの直撃を受けて泡を噴いて絶命、直後に大爆発する。復活の際、「両腕の爪がある限り不死身」とナレーションされていて、ゾーンの流星プロトンビームで爪を傷つけるシーンがあるが、結局はうやむやのまま終わる。

  • 着ぐるみは『ゴジラ対メガロ』で新調されたものの流用[出典 31]。スーツアクターは図師勲

『ゴジラアイランド』のガイガン[編集]

宇宙最強の殺し屋怪獣として、ゴジラと西部劇を想わせる対決を繰り広げる。サムライ的な、ストイックでニヒルなキャラクター。のちにはデストロイア、メガロの卑怯なやり口にゴジラを助けるなど、ライバル的性格を強くしていく。自分の名前を汚した変身怪獣ドロリンとも戦う。目からは弓矢状の光線を出し、矢文としても使用する。

M宇宙ハンター星雲人が、幽閉されているハンター星雲人の解放を条件にザグレスに貸し出す。非常にプライドの高い性格で、戦闘の前には相手を分析し、イメージトレーニングをすることも欠かさない。さらに対戦前には相手に挑戦状を送るなど、古風な面も持ち合わせている。また、一対一の対決を好み、邪魔をするものは例え味方でも排除する。ゴジラとの戦いはサンダ平原で行われ、長い睨み合いの末、一回戦は勝利する。一回戦は痛み分けに終わったため、後日行われた2回戦でゴジラと再び対戦し、敗れる。その後、ゴジラを倒すためにマタンゴ島で修行を続けていたところ、デストロイアメガロがゴジラを襲っているところに遭遇。ゴジラと共闘して2体を倒す。このときには「お主を倒すのは拙者だ」と捨て台詞を吐く。第2シーズンでも修行を続けており、このときはランデスの誘いに乗らない。変身怪獣ドロリンに騙され、一時ゴジラと喧嘩状態になるが、再びゴジラと共闘してドロリンを倒す。武器は腕のカッターと目からの光線。劇中にてルーカスが「20世紀のゴジラと戦った奴と同じ種族」と語る。

アニメーション3部作『GODZILLA』のガイガン[編集]

アニメ3部作の前日譚である小説『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』に登場。シベリア沖の海底にて冬眠状態で発見された怪獣であり、エクシフとビルサルドの技術で対怪獣用怪獣として改造され、ゴジラをユーラシア大陸の奥深くへ誘導する「オペレーション・ロングマーチ」に導入される[83]

ゴジラとの初戦となる2042年スエズ陽動戦では改造前の状態で登場。本来は猛禽類に鱗とヒレを持った水棲恐竜を合わせたような姿で、飛行能力を有しており、鎌のように大きい前肢の爪が特徴だった。実力ではゴジラに遠くおよばず、ほとんど逃げ回ることしかできずに3日間戦い続けた末に両腕を吹き飛ばされて敗退するが、ゴジラをアフリカ大陸からユーラシア大陸へ誘導することには成功する。その後もゴジラとの対決を繰り返し、バクーアシガバードサマルカンドカシュガルと転戦・敗退するたびに欠損した部位を機械化され[注釈 20]、「オペレーション・ロングマーチ」を支え続けて現地の兵隊や少年兵からは絶大な信頼を寄せられる。ヤルカンドでの戦いでゴジラに翼、両腕、頭部を潰されるダメージを負うが、2045年ホータンでビルザルドによってテスト用のナノメタルを施された姿で戦線に投入され、ゴジラと戦う。ナノメタルの増殖機能によって身体を吹き飛ばされても瞬時に再生する能力を見せるが、最後はゴジラの大出力の熱線によって跡形もなく蒸発する[83]

その他の作品[編集]

  • 漫画『怪獣王ゴジラ』に悪の科学者であるマッド鬼山が、かつてM宇宙ハンター星雲人に操られた個体を改造したネオ・ガイガンとして登場。
  • 『CRゴジラ3・4』の実写カットは『FINAL WARS』の着ぐるみを使用。『4』ではキングギドラ、アンギラスとともにゴジラと戦うムービーがある。スーツアクターは西村郎(4)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一見鋭い刃物のような形状をしているが、実態は鈍器。
  2. ^ 『スクリーン特編版 ゴジラvsモスラ特集号』(1992年、近代映画社)のp75では、キングギドラは「威厳に満ちた大悪役」、ガイガンは「血に餓えた凶暴な殺人鬼」、メカゴジラは「冷たく冷静なプロフェッショナル(の殺し屋)」のイメージがあると評している。
  3. ^ キングギドラやメカゴジラなどは、作品によっては善役(=ゴジラと戦う人間側)で描かれることもある(『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』、『ゴジラvsメカゴジラ』など)
  4. ^ 「斬新なデザインが子どもたちに受け、デビュー作『ゴジラ対ガイガン』につづき、翌年の『ゴジラ対メガロ』にも連続出演を果たしている。」 - 『ゴジラマガジン』Vol.2(1993年・勁文社[要ページ番号]
  5. ^ 中野昭慶はその旨を田中友幸から聞かされた際、水木しげるのことだと思っていたそうである[17][18]。外部デザイナーの起用は、中野が進言したものであった[18]
  6. ^ 水木は、少年誌のイラストでバルタン星人を度々描いていた[12]
  7. ^ 安丸は記憶にないと述べている[24]
  8. ^ 書籍『超最新ゴジラ大図鑑』では、GAIGANとも記述している[27]
  9. ^ 資料によっては、サイボーグ怪獣[出典 7]宇宙怪獣[37]と記述している。
  10. ^ 書籍『ゴジラ画報』では、「出生地」として記述している[9]
  11. ^ 特撮ニュータイプ[要文献特定詳細情報]では元の姿はキングギドラの近似種で首が単独タイプの宇宙生物という独自解釈が掲載された。
  12. ^ ゴジラに岩をぶつけられた際には、一瞬だけ発光する描写がある。さらに劇場ポスターでは、この光線砲からビームが発射されている。
  13. ^ ゴジラ怪獣の紹介書籍では、その他に「目からビームが出る」[1][24]「口から熱線が吐ける」[6][24]という記述がなされ、ゲームなどでは使用されるが、やはり劇中にそのようなシーンはない。
  14. ^ カッターの可動部分は、2014年の時点で現存が確認されている[46]
  15. ^ 中野は、造形部の手抜きと評している[18]
  16. ^ 『ゴジラ対ガイガン』でガイガンを演じた薩摩剣八郎(中山剣吾)本人は著書『ゴジラが見た北朝鮮』において、メガロを演じたと記述している[要ページ番号]。中山がメガロのスーツから半身を出した写真も残っているが[55]、これについては中山自身ではなく顔が似ている伊達秀人であると証言している[42]
  17. ^ 安丸はこのスーツについて記憶にないと述べており[56][48]、書籍『オール東宝怪獣大図鑑』では外注の可能性を記述している[56]
  18. ^ 資料によっては、ブラディトリガーと記述している[30]
  19. ^ チェーンなどの内蔵ギミックも韮沢の案による[61]
  20. ^ 作中では、両腕に鎌、超振動鎖鋸、収束型誘導弾(ミサイルマイト)を装着されたほか、抉られた眼をゴーグルのような義眼に換装され、腹部にメカゴジラが搭載するブレードランチャーの試作型を装備されたことが語られている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 怪獣大全集 1991, p. 77, 「東宝モンスター名鑑」
  2. ^ a b c d e f g h i ゴジラ1954-1999超全集 2000, pp. 146–147, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン キャラクター図鑑」
  3. ^ a b c GFW超全集 2005, p. 77, 「怪獣襲撃記録」
  4. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, pp. 154、158.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 東宝特撮映画大全集 2012, p. 286, 「『ゴジラ FINAL WARS』怪獣図鑑」
  6. ^ a b c d e f 東宝特撮映画大全集 2012, p. 154, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』怪獣図鑑」
  7. ^ a b c d e f g h 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, pp. 64–65, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  8. ^ a b c d e 全怪獣大図鑑 2021, p. 102.
  9. ^ a b c d e ゴジラ画報 1999, p. 37, 「東宝怪獣紳士録」
  10. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画大全集 2012, p. 155, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』撮影秘話」
  11. ^ a b c 日本特撮映画図鑑 1999, p. 52, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  12. ^ a b c d e f g h オール東宝怪獣大図鑑 2014, pp. 172–173, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ガイガン」
  13. ^ a b c d e f g h i 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 102–103, 「東宝チャンピオンまつりデザインワークス」
  14. ^ 水氣隆義. “1970・東宝『ガイガン』の原案デザイン創作過程‥!”. 2015年1月6日閲覧。
  15. ^ a b c ゴジラ画報 1999, pp. 168–169, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  16. ^ 京極夏彦多田克己村上健司 『妖怪馬鹿』新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年、245頁。ISBN 410290073X 中野昭慶インタビュー」『映画秘宝』、洋泉社、2008年11月、 37頁。など。
  17. ^ a b 【俺とゴジラ】第三回 特技監督 中野昭慶氏(前編)”. ゴジラ・ストア. 東宝ステラ (2015年5月1日). 2021年3月20日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 98–99, 「東宝チャンピオンまつりスペシャルインタビュー 中野昭慶」
  19. ^ イベント限定品ギャラリー”. マーミット. 2022年4月2日閲覧。
  20. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 132, 「図説東宝特撮映画 CHAPT.3 デザイン」
  21. ^ a b c d e f 大ゴジラ図鑑2 1995, pp. 128–130, 「ガイガン」
  22. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 364–365, 「東宝特撮映画作品史 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  23. ^ a b c d ゴジラ大全集 1994, pp. 146–147, 「SPECIAL INTERVIEW チャンピオンまつりの看板と一般大作 中野昭慶」
  24. ^ a b c d e f g h i j k オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 171, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ガイガン」
  25. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 170.
  26. ^ 木原, 浩勝、清水, 俊文、中村, 哲 編 『「ゴジラ」東宝特撮未発表資料アーカイヴ プロデューサー・田中友幸とその時代』角川書店、2010年、205-207頁。ISBN 978-4-04-854465-8 
  27. ^ a b c d e f g 超最新ゴジラ大図鑑 1992, pp. 124–125, 「[ゴジラ対ガイガン]ガイガン」
  28. ^ a b c d e f オール東宝怪獣大図鑑 2014, pp. 171, 177
  29. ^ a b c d 大辞典 2014, p. 67, 「か ガイガン」
  30. ^ a b c d e f g GODZILLA60 2014, p. 91, 「怪獣図鑑」
  31. ^ a b c d e f g h i j ゴジラ大全集 1994, pp. 120–121, 「東宝怪獣総進撃 ガイガン」
  32. ^ a b c d ゴジラ来襲 1998, p. 209, 「第7章 特選!東宝怪獣名鑑'98」
  33. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, pp. 154, 158, 「(各作品)怪獣図鑑」
  34. ^ a b c d 超常識 2016, pp. 85、95
  35. ^ a b c d 解体全書 2016, p. 133, 「第5章 外宇宙からの侵略獣」
  36. ^ a b c d ゴジラ検定 2018, pp. 69、73
  37. ^ a b c 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, pp. 66–67, 「ゴジラ対メガロ」
  38. ^ a b ゴジラ1954-1999超全集 2000, pp. 146, 153
  39. ^ a b c d オール東宝メカニック大図鑑 2018, p. 139, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ガイガン」
  40. ^ 全怪獣大図鑑 2021, p. 103.
  41. ^ a b 東宝特撮映画大全集 2012, p. 153, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』作品解説」
  42. ^ a b c d e 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 110–111, 「東宝チャンピオンまつり スーツアクター列伝」
  43. ^ a b 大ゴジラ図鑑 1995, p. 130, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン FIELD」
  44. ^ 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 87, 173.
  45. ^ a b オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 175, 「『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ガイガン」
  46. ^ a b 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 173, 「祭の記憶」
  47. ^ a b c d 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 86–87, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンメイキング」
  48. ^ a b c d 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 108–109, 「東宝チャンピオンまつり 造形メイキング」
  49. ^ a b c ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 150, 「メイキング オブ 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  50. ^ a b オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 201, 「飛び人形大集合」
  51. ^ a b c d ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 153, 「ゴジラ対メガロ キャラクター図鑑」
  52. ^ a b 全怪獣大図鑑 2021, p. 104.
  53. ^ 中野昭慶、染谷勝樹 『特技監督 中野昭慶』ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年、453頁。ISBN 978-4-89830-280-4 
  54. ^ a b 東宝特撮映画大全集 2012, p. 157, 「『ゴジラ対メガロ』作品解説」
  55. ^ a b c 東宝特撮映画大全集 2012, p. 159, 「『ゴジラ対メガロ』撮影秘話」
  56. ^ a b c d e オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 177, 「『ゴジラ対メガロ』ガイガン」
  57. ^ a b オール東宝メカニック大図鑑 2018, p. 144, 「『ゴジラ対メガロ』ガイガン」
  58. ^ a b c 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 88–89, 「ゴジラ対メガロメイキング」
  59. ^ a b ゴジラ画報 1999, p. 164, 「私だけが知っている2」
  60. ^ a b c d e f g h i j k l m GFW超全集 2005, pp. 24–25, 「ゴジラファイナルウォーズキャラクター図鑑 ガイガン」
  61. ^ a b c d e f g h i j オール東宝怪獣大図鑑 2014, pp. 308–309, 「『ゴジラ FINAL WARS』ガイガン」
  62. ^ a b c d e f g h 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 118, 「ゴジラ FINAL WARS」
  63. ^ a b c d e f g h 解体全書 2016, p. 137, 「第5章 外宇宙からの侵略獣」
  64. ^ a b c 全怪獣大図鑑 2021, p. 223.
  65. ^ a b c d e 大辞典 2014, p. 376, 「ゴジラ大辞典 追補篇 か ガイガン(2代目)」
  66. ^ a b c d e 超常識 2016, pp. 188–192, 「ゴジラが挑む空前の超バトル! ゴジラ FINAL WARS」
  67. ^ a b c d e f g h オール東宝メカニック大図鑑 2018, p. 273, 「『ゴジラ FINAL WARS』ガイガン/改造ガイガン」
  68. ^ a b c d 大辞典 2014, pp. 377–378, 「ゴジラ大辞典 追補篇 か 改造ガイガン」
  69. ^ a b ゴジラ検定 2018, p. 133, 「ゴジラ FINAL WARS 今回の怪獣対決」
  70. ^ 「巻末とじこみ付録 宇宙船 DATA BOOK 2005」『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ、2005年5月1日、 143頁、 雑誌コード:01843-05。
  71. ^ キャラクター大全 2014, p. 160.
  72. ^ 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 202.
  73. ^ a b 全怪獣大図鑑 2021, p. 224.
  74. ^ バンダイムービーモンスターシリーズ超合金ガイガン2005など。
  75. ^ a b GFW超全集 2005, p. 85, 「MAKING OF ゴジラファイナルウォーズ デザイン」
  76. ^ a b 東宝特撮映画大全集 2012, p. 285, 「『ゴジラ FINAL WARS』作品解説」
  77. ^ a b c 若狭新一 2017, p. 253, 「『ゴジラ FINAL WARS』」
  78. ^ a b GFW超全集 2005, p. 101, 「MAKING OF ゴジラファイナルウォーズ 撮影」
  79. ^ a b GFW超全集 2005, p. 93, 「MAKING OF ゴジラファイナルウォーズ 撮影」
  80. ^ a b c 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 135, 「流星人間ゾーン」
  81. ^ 全怪獣大図鑑 2021, p. 105.
  82. ^ a b 大ゴジラ図鑑 1995, p. 142, 「流星人間ゾーン」
  83. ^ a b c プロジェクト・メカゴジラ 2018, pp. 74–82, 第6章『長征』
  84. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 160, 「平成ゴジラバーニング・コラム」No.024。
  85. ^ 超常識 2016, pp. 84–86, 「宇宙怪獣に挑むゴジラとアンギラス 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  86. ^ 超常識 2016, pp. 94–96, 「ジェット・ジャガーと共に戦う ゴジラ対メガロ」
  87. ^ ゴジラ検定 2018, p. 69, 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 今回の怪獣対決」
  88. ^ ゴジラ検定 2018, p. 73, 「ゴジラ対メガロ 今回の怪獣対決」

出典(リンク)[編集]

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『ゴジラvsキングギドラ 怪獣大全集』構成・執筆・編集:岩畠寿明、小野浩一郎(エープロダクション)、講談社〈講談社ヒットブックス20〉、1991年12月5日。ISBN 4-06-177720-3 
  • 『増補改訂新版 超最新ゴジラ大図鑑』企画・構成・編集 安井尚志クラフト団)、バンダイ〈エンターテイメントバイブルシリーズ50〉、1992年12月25日。ISBN 4-89189-284-6 
  • テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日。ISBN 4-06-178417-X 
  • 『幻想映画美術体系 大ゴジラ図鑑』(ホビージャパン
    • 『幻想映画美術体系 大ゴジラ図鑑』[監修]西村祐次 [構成]ヤマダマサミ、ホビージャパン、1995年1月27日。ISBN 4-89425-059-4 
    • 『幻想映画美術体系 大ゴジラ図鑑2』[監修]西村祐次 [構成]ヤマダマサミ、ホビージャパン、1995年12月15日。ISBN 4-89425-117-5 
  • 坂井由人、秋田英夫 『ゴジラ来襲!! 東宝特撮映画再入門』KKロングセラーズ〈ムックセレクト635〉、1998年7月25日。ISBN 4-8454-0592-X 
  • 『東宝編 日本特撮映画図鑑 BEST54』特別監修 川北紘一成美堂出版〈SEIBIDO MOOK〉、1999年2月20日。ISBN 4-415-09405-8 
  • 『ゴジラ画報 東宝幻想映画半世紀の歩み』(第3版)竹書房、1999年12月24日 (原著1993年12月21日)。ISBN 4-8124-0581-5 
  • てれびくんデラックス愛蔵版(小学館
    • 『ゴジラ1954-1999超全集』構成・執筆 間宮“TAKI”尚彦、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2000年1月1日。ISBN 4-09-101470-4 
    • 『ゴジラ ファイナルウォーズ超全集』構成 間宮“TAKI”尚彦、小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2005年1月20日。ISBN 4-09-101498-4 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 
  • DENGEKI HOBBY BOOKS(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
    • 『平成ゴジラパーフェクション』監修:川北紘一、アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年。ISBN 978-4-04-886119-9 
    • 電撃ホビーマガジン編集部 編 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年11月29日。ISBN 978-4-04-866999-3 
  • 洋泉社MOOK 別冊映画秘宝洋泉社
    • 『別冊映画秘宝 オール東宝怪獣大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2014年4月27日。ISBN 978-4-8003-0362-2 
    • 『別冊映画秘宝 オール東宝メカニック大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2018年6月14日。ISBN 978-4-8003-1461-1 
  • 『ゴジラ 東宝特撮映画全史』講談社〈キャラクター大全〉、2014年7月14日。ISBN 978-4-06-219004-6 
  • 『東宝特撮全怪獣図鑑』小学館、2014年7月28日。ISBN 978-4-09-682090-2 
  • 野村宏平 編著 編 『ゴジラ大辞典【新装版】』笠倉出版社、2014年8月7日 (原著2004年12月5日)。ISBN 978-4-7730-8725-3 
  • 『ゴジラ徹底研究 GODZILLA GODZILLA60:COMPLETE GUIDE』マガジンハウス〈MAGAZINE HOUSE MOOK〉、2014年9月5日。ISBN 978-4-8387-8944-3 
  • 『ゴジラの超常識』[協力]東宝、双葉社、2016年7月24日 (原著2014年7月6日)。ISBN 978-4-575-31156-3 
  • 『ゴジラ解体全書』宝島社〈TJ MOOK〉、2016年8月15日 (原著2014年7月26日)。ISBN 978-4-8002-5699-7 
  • 若狭新一 『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』洋泉社、2017年10月21日。ISBN 978-4-8003-1343-0 
  • 『「ゴジラ検定」公式テキスト』監修 東宝株式会社/協力 東宝 ゴジラ戦略会議、宝島社、2018年11月3日。ISBN 978-4-8002-8860-8 
  • 『ゴジラ 全怪獣大図鑑』講談社〈講談社 ポケット百科シリーズ〉、2021年7月2日。ISBN 978-4-06-523491-4 
  • 小説
    • 監修:虚淵玄、著者:大樹連司 『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』KADOKAWA、2018年4月25日。ISBN 978-4-04-106345-3