アンディ・サーキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンディ・サーキス
Andy Serkis
Andy Serkis
2017年
生年月日 (1964-04-20) 1964年4月20日(58歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
モーションアクター
映画監督
活動期間 1985年 -
配偶者 ロレイン・アシュボーン英語版(2002年 - )
著名な家族 ルビー・アシュボーン・サーキス英語版(長女)
ソニー・アシュボーン・サーキス(長男)
ルイ・アシュボーン・サーキス英語版(次男)
主な作品
出演
ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
キング・コング
猿の惑星』シリーズ
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
ホビット』シリーズ
スター・ウォーズ』シリーズ
ブラックパンサー
THE BATMAN-ザ・バットマン-
監督兼出演
モーグリ: ジャングルの伝説
監督
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
テンプレートを表示

アンディ・サーキスAndrew Clement Serkis, Andy Serkis, 1964年4月20日 - )は、イギリスロンドン出身の俳優モーションアクター映画監督

経歴[編集]

父はアルメニア人の医師[1][2][3]。父の仕事の関係でロンドンやバグダードで育つ[4]ランカスター大学で学んだ。当初は舞台美術の仕事に就くつもりであったが役者に転向し、舞台に出演するようになる。1989年からテレビに出演するようになり、1994年には映画デビューした。

2000年代以降はピーター・ジャクソン作品の常連となり、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではモーションキャプチャでゴラムを、『キング・コング』ではコングと船内のコック、ランピーを演じている。撮影中は体にぴったりとしたボディ・スーツを着て演じた。コングを演じる際には、ゴリラの習性や特徴を研究するため、はるばるアフリカの野生保護区で飼育されているゴリラと直接触れ合ってコミュニケーションを取るなど、徹底した役作りを行なった[5]。2012年公開の映画『ホビット』では、ゴラムを再び演じるだけでなく、第2班監督も務めている[4]

2011年には、特殊映像効果について学べるスタジオ "The Imaginarium Studios" をロンドンに設立している[6][7]

2014年公開の映画『GODZILLA ゴジラ』では、クレジットなしであるがモーションキャプチャを担当した。前述のキングコングとゴジラ、両方のキャラクター演技を担当したのは、『ゴジラ』、『キングコングの逆襲』においてスーツアクションを担当した中島春雄以来となる。

2017年、『ブレス しあわせの呼吸』で監督デビューした。

女優である妻のロレイン・アシュボーン英語版との間に、いずれも役者として活動する3人の子供(ルビー英語版、ソニー、ルイ英語版)がいる[4][8]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考 吹き替え
1996 ステラの企み
Stella Does Tricks
フリッツ
1997 キャリア・ガールズ
Career Girls
エヴァンス
1998 マイ・スウィート・シェフィールド
Stella Does Tricks
ボブ
1999 トプシー・ターヴィー
Topsy-Turvy
ジョン
2000 アラビアン・ナイト
Arabian Nights
カシム テレビ映画
2001 ロード・オブ・ザ・リング
The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
ゴラム モーションキャプチャ 長島雄一
2002 24アワー・パーティ・ピープル
24 Hour Party People
マーティン・ハネット
脱獄者
The Escapist
リッキー・バーンズ
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
The Lord of the Rings: The Two Towers
ゴラム モーションキャプチャ 長島雄一
デス・フロント
Deathwatch
トーマス・クイン一等兵 飯島肇
2003 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
The Lord of the Rings: The Return of the King
ゴラム / スメアゴル モーションキャプチャ 長島雄一
2004 13 LOVE 30 サーティンラブサーティ
13 Going On 30
リチャード
2005 キング・コング
King Kong
キング・コング、コックのランピー モーションキャプチャ 後藤哲夫
2006 アレックス・ライダー
Stormbreaker
ミスター・グリン
プレステージ
The Prestige
アリー TBA
マウス・タウン ロディとリタの大冒険
Flushed Away
スパイク 声の出演 ヰズミ
2008 インクハート/魔法の声
Inkheart
カプリコーン 岩崎ひろし
2010 ブライトン・ロック
Brighton Rock
Colleoni
バーク アンド ヘア
Burke & Hare
ウィリアム・ヘア TBA
2011 猿の惑星: 創世記
Rise of the Planet of the Apes
シーザー モーションキャプチャ チョー(長島雄一)
ワイルド・ビル
Wild Bill
Glen
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn
ハドック船長 モーションキャプチャ及び声の出演 チョー
アーサー・クリスマスの大冒険
Arthur Christmas
妖精 声の出演 TBA
2012 ホビット 思いがけない冒険
The Hobbit: An Unexpected Journey
ゴラム モーションキャプチャ チョー
2014 GODZILLA ゴジラ
Godzilla
ゴジラ モーションキャプチャ(クレジット無し) (台詞無し)
猿の惑星: 新世紀
Dawn of the Planet of the Apes
シーザー モーションキャプチャ 小原雅人
2015 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
Avengers: Age of Ultron
ユリシーズ・クロウ 広田みのる
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
Star Wars: The Force Awakens
最高指導者スノーク 壤晴彦
2017 猿の惑星: 聖戦記
War for the Planet of the Apes
シーザー [9] 小原雅人
ブレス しあわせの呼吸
Breathe
N/A 監督デビュー作 N/A
ザ・リチュアル いけにえの儀式
The Ritual
N/A 製作 N/A
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
Star Wars: The Last Jedi
最高指導者スノーク 壤晴彦
2018 ブラックパンサー
Black Panther
ユリシーズ・クロウ 広田みのる
モーグリ: ジャングルの伝説
Mowgli
バルー 兼監督・製作
声の出演
石住昭彦
2019 ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
Long Shot
パーカー・ウェンブリー (吹き替え版なし)
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
Star Wars: The Rise Of Skywalker
最高指導者スノーク カメオ出演 壤晴彦
2021 SAS: 反逆のブラックスワン
SAS: Red Notice
ジョージ・クレメンツ 仲野裕
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
Venom: Let There Be Carnage
N/A 監督 N/A
2022 THE BATMAN-ザ・バットマン-
The Batman
アルフレッド・ペニーワース 相沢まさき
TBA Next Goal Wins N/A 製作総指揮
ポストプロダクション
N/A
Luther 撮影中

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考 吹替
2003 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
Cleanie アニメ、声の出演
第14シーズン第18話「Dude, Where's My Ranch?」
2008 リトル・ドリット
Little Dorrit
Rigaud ミニシリーズ
2020 王への手紙
The Letter for the King
Mayor of Mistrinaut TBA

日本語吹き替え[編集]

チョーが担当することが多く、自身も専属声優と認めている。[10]しかし、担当作はいずれもモーションキャプチャとして出演した作品であり、2012年の『ホビット 思いがけない冒険』を最後に担当から外れている。

参考文献[編集]

  1. ^ Andy Serkis comes out from behind Gollum and King Kong by Times Online
  2. ^ xoanon (2001年2月1日). “Andy Serkis Talks LOTR”. TheOneRing.net. http://www.theonering.net/torwp/2001/02/02/27644-andy-serkis-talks-lotr-2/ 2010年3月29日閲覧。 
  3. ^ Shoard, Catherine (2008年3月16日). “Andy Serkis: Beastie boy”. London: The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/starsandstories/3671900/Andy-Serkis-Beastie-boy.html 2010年10月22日閲覧。 
  4. ^ a b c James Mottram (2012年12月7日). “Gollum's precious moments: Andy Serkis' unexpected journey from The Lord of the Rings to The Hobbit”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/gollums-precious-moments-andy-serkis-unexpected-journey-from-the-lord-of-the-rings-to-the-hobbit-8390096.html 2012年12月7日閲覧。 
  5. ^ . シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0005329+2013年2月11日閲覧。 
  6. ^ Who We Are”. 2012年10月5日閲覧。
  7. ^ “『ロード・オブ・ザ・リング』ゴラム役のアンディ・サーキス、スタジオを開設”. シネマトゥデイ. (2010年5月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0024147 2013年2月11日閲覧。 
  8. ^ Andy Serkis family info”. Ageofthering.com (2011年5月1日). 2011年5月1日閲覧。
  9. ^ “猿VS人間の戦い激化!「猿の惑星」最新作、2017年公開決定”. 映画.com. (2016年12月14日). http://eiga.com/news/20161214/13/ 2016年12月14日閲覧。 
  10. ^ フェローシップ通信 2004年『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(アンディ・サーキス&長島雄一対談)にて。

外部リンク[編集]