菊地雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

菊地 雄一(きくち ゆういち、1970年3月3日[1] - )は、日本の特技監督特殊技術)。岩手県生まれ[2]。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。

人物[編集]

映画等(特撮以外)で助監督経験後、『ウルトラマンゼアス』で特撮の現場に参加[2]

以後、ウルトラシリーズゴジラガメラ等に助監督として参加(例:『ウルトラマンコスモス』、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』、『ガメラ3 邪神覚醒』等)。『ゴジラ×メカゴジラ』で特殊技術監督としてデビューを果たす[1]

担当作品では崖が登場することが多いことから“崖監督”と呼ばれている[1]

代表作品[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「ウルトラマンメビウス白書 菊地雄一」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、73頁。ISBN 978-4-257-03745-3
  2. ^ a b 「監督!監督!監督! 菊地雄一」『ウルトラマンマックス マックス!マックス!マックス!怪獣大画報』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクション〉、2006年10月30日、63頁。ISBN 4257037350

関連項目[編集]