ガメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガメラ
Gamera
ガメラシリーズのキャラクター
初登場大怪獣ガメラ』(1965)
作者
詳細情報
別名 Friend of All Children("全ての子供の友")[注釈 1]
Guardian of the Universe("宇宙の守護神")[注釈 2]
最後の希望[注釈 3]
地属神[注釈 4]
玄武[注釈 5]
種族 巨大な亀
人工生物[注釈 6]
[注釈 7]
性別 不明[注釈 8]
テンプレートを表示

ガメラは、大映(現:KADOKAWA)が1965年に公開した特撮映画大怪獣ガメラ』に登場する架空の怪獣の名称である。

『大怪獣ガメラ』以降も続編、およびガメラの登場する映画作品が継続的に製作されており、これら全作品を総称してガメラシリーズと呼ぶ。本項ではシリーズ全般、およびキャラクターとしてのガメラを解説する。

後述の通り、同じく大映初の著名なキャラクターである「大魔神」も当初はガメラシリーズの敵として構想されていたり[13]、「シネミス・ガメラ」や「ガメラバエナ(英語版)」の命名の由来になっているなど世界的に文化面に影響を与えてきた側面があり、特撮界全体[注釈 9]にも多大な影響を与え[11][19][20]、日本を代表する著名なシリーズ[注釈 10]も含め、多数の作品や事象の名称にガメラへのオマージュなどが存在し[注釈 11]、数々の著名人[注釈 12]も影響を受けている。

シリーズの概要[編集]

ガメラシリーズは「倒産以前の旧大映時代」「再建して徳間グループに入っていた大映が製作した時代(俗に言う「平成三部作」)」「角川グループに入った大映が商号変更した角川ヘラルド - 角川映画時代」の3つに区分することができる。

2度にわたって権利会社が変更になるなど、経済的な理由によって本シリーズを含む大映作品は大打撃を受けた[31]

大映時代[編集]

旧大映時代の『ガメラ』は、東宝製作のゴジラシリーズの成功に触発された当時の各映画会社がこぞって製作していた怪獣映画作品群の流れを受けて誕生した。カメ特有のユーモラスなデザインや飛行能力など独特の個性を持ち、東宝怪獣と共に日本映画界の代表的怪獣キャラクターのひとつとして広く浸透している。また、大映時代の配役には「(『バイラス』以降)必ず外国人の少年(およびその家族)が登場し、主人公である日本人の少年とともに冒険する」という特徴がある[注釈 13]

誕生秘話としては、「当時の大映社長の永田雅一が、飛行機から見下ろした島の形が亀の甲羅に似ていたことにインスピレーションを受け、『大映の怪獣は亀をモチーフにする』こととなった」という逸話がある[32]。一方で、当初は『大海魔ダコラ』というタコの怪獣映画が企画され、その後に撮影こそされたが諸事情で製作中止となった『大群獣ネズラ』を経て、永田のアイディアを受けて斉藤米二郎高橋二三によって考案された『火喰いガメ 東京を襲う』が『大怪獣ガメラ』の原案になったとされる[33]

方針として、ゴジラシリーズとの競争ではなく「共存」が念頭にあったとされ、下記の六社協定や予算面の事情があっただけでなく、ゴジラシリーズとの差別化がとくに意識されており、明確に方向性を変えることでガメラとゴジラの両シリーズが愛されるように目指したとされ、ゴジラシリーズがガメラシリーズから影響を受けるほどにアイコンとしてガメラが確立され、多くのファンを獲得したとされる[注釈 14][15]

六社協定の影響で、東宝以外の会社は東宝が確立した特撮の技術などを表立って使うことができない状況にあり[注釈 15]日活松竹が『大巨獣ガッパ』や『宇宙大怪獣ギララ』に円谷英二のチームを起用したのに対して、大映だけはあえて円谷の力を借りずに看板怪獣を製作し[注釈 16]、厳しい経営状況[注釈 17]六社協定の条件をクリアするためにゴジラシリーズとの差別化を念頭に置き、怪獣映画の「お約束」である「自衛隊や軍隊や兵器群」や「科学的な考察」の導入をあえて制限し、奇抜ながらも子供が共感を得やすく、子供が活躍し、ガメラと子供たちの絆がキーポイントとなるという方向性を確立させた[注釈 18][15]

『大怪獣ガメラ』の製作の時点ですでに大映は経済的な危機に追い込まれており、本シリーズは予算面で非常に苦しんだが、ガメラシリーズの影響で大映は実質的に倒産先送りになり、本シリーズが当時の大映を実際の倒産まで支えていたとされる[注釈 19][15][16]。なお、大映の経済状況から上記の通り敵怪獣のデザインや能力などのアイディアが制限され[15]、『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』は宣伝費を抑えながらも注目度を高めるために敵怪獣の名前をすべて一般公募にしたり、大映が倒産する前の最後の作品であった『ガメラ対深海怪獣ジグラ』は配給が日活との共同で行われた[33]

1980年に公開された『宇宙怪獣ガメラ』は新規の特撮シーンが非常に少なく、怪獣の映像の大部分を過去作品のストック・フッテージの再利用であるが、これは大映の倒産による経済面の問題があったことと、『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』の成功の影響を受けたからだとされている[注釈 20][33]

徳間グループ時代[編集]

徳間書店グループ下の新会社として再建された大映は、当時の徳間グループによるメディアミックス戦略の一環として『ゴジラ』に対抗しうる特撮映画を制作することを検討する。その結果、前述した通りの人気を持っていたガメラに着目し、新作の制作を決定した。

こうして制作された新たな『ガメラ 大怪獣空中決戦』は、それまでの怪獣映画にはないリアリティを追求した脚本と大胆にCGを導入した映像が話題を呼び、阪神・淡路大震災の影響を受けた側面もあって大ヒットには至らなかったものの、各方面から高い評価を受けた[35]。これにより、往年のファンだけでなく新たなファンの獲得にも成功し、引き続き製作された2作品と合わせて後に「平成三部作」と呼ばれ、高い人気を得るに至った。また、すでにヒットメーカーとして知られていた金子修介(本編)だけでなく、特撮を担当した樋口真嗣の名も世に知らしめることとなった。

なお、低年齢層も視聴するゴジラシリーズ他の一般的な日本製怪獣・特撮映画と比較すると、「(効果音付きで)人が食べられる」「一般市民が襲われて多量の出血をともなって死亡する」「ミイラ化した死体が描写される」など残酷なシーンが見受けられるが、これは監督の金子が本シリーズの対象年齢を「小学校高学年辺り」としていることによる。

しかし、三部作全体の興行成績だけでなく、『ガメラ3 邪神覚醒』にて人間の犠牲者を出し過ぎたことと、金子らによる続編の構想に徳間書店側が難色を示し[注釈 21][注釈 22]、徳間書店による平成シリーズは打ち切りとなった[注釈 23][11][35][15]

角川映画(KADOKAWA)時代[編集]

角川大映スタジオ

平成三部作完結後、ガメラシリーズはしばらく休眠期に入ったが、ゴジラシリーズが2004年をもってひとまずシリーズの完結を迎えたことで、テレビ特撮番組からのスピンオフではない純粋な「特撮(怪獣)映画」の新作が観られなくなることを危惧したファンから、再びガメラシリーズの復活を求める声が高まった。

大映自体も2002年に角川書店に営業権が譲渡され、その営業権をもとに新たに株式会社角川大映映画が設立された。角川大映は後に角川映画に商号を変更し、同社は平成三部作の路線からの脱却と原点回帰を目指し、「ガメラを子供たちに返す」というモットーの下で、徳間時代とは違った形でのガメラ復活を検討する。その結果、2006年には新作ガメラ映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』を製作・上映した[注釈 24]。しかし、本作は本来の意図である子供や女性の観客からは好評を得たが[注釈 25]、平成三部作の方向性を好む客層には支持されずに興行的に失敗となり、本作の続編だけでなく、後述の通り、同時期に進行していたアニメ作品などの製作が中止されるなど、シリーズは再び打ち切りに直面して休眠に入った[注釈 26][11]

2015年10月、ガメラ生誕50周年記念としてウェブサイトが公開され[36]YouTubeにて記念映像『GAMERA』が公開された[37]。この映像は石井克人が監督し、男児の子役とその父親として宮藤官九郎が出演した[37]第28回東京国際映画祭日本映画クラシックス部門でも、「ガメラ」生誕50周年記念スペシャル映像が上映された[37]

2022年11月に『GAMERA -Rebirth-』の製作が発表され[38]2023年9月7日Netflixにて配信された[39]。本作は未制作に終わった企画をのぞけばシリーズ初のアニメ作品であり、また令和初および17年ぶりの新規作品である[注釈 27]

映画以外のガメラ[編集]

ガメラは映画以外のメディアでもテレビゲーム化されたり、パチスロメーカー「ロデオ」によって『ガメラ』『オオガメラ』『ガメラハイグレードビジョン』『ガメラZS』と、合計4台のパチスロ台がリリースされている。

キャラクターとしてのガメラ[編集]

巨大なの姿をした怪獣。甲羅の表面は「のような重なり合った形状」になっており、下顎の左右両端から大きな牙が1本ずつ、上に向かって生えている[注釈 28]。血液は緑色である[注釈 29]

火炎を中心にプラズマエネルギー・電気などにも通じる能力が代表的な戦闘能力であり、これらのエネルギーを攻撃だけでなく飛行や自身の回復などにも応用する。エネルギー源としても熱エネルギーや電気などが中心的であり、動物植物を捕食することはなく[注釈 30]、人間だけでなく動物や無垢な子供の怪獣も助ける可能性があるとされる[16]。また、通常兵器はおろか核爆発ですらガメラをパワーアップさせる可能性があるため、人間がガメラを攻略しようとしても一筋縄ではいかない[16]

本物の亀のように、頭や手足、さらには尾までも甲羅内へ引き込める。手足を引き込んだ位置から火炎を噴射し、その推進力を利用して大気圏内はもちろん宇宙空間でも飛行できる。手足を引き込んだ四か所から火炎を噴射しつつUFOのごとく回転して飛ぶ場合と、後脚の部分から後方に火炎を噴射し、前を向いたまま飛ぶ場合がある。平成作品では、膝や肘からのジェット噴出で飛行している。最高飛行速度は秒速20キロメートル(マッハ58以上)[12]

昭和作品では比較的ゆっくり回転したり人間を運ぶ際などには無回転でも飛行していたが[注釈 31]、平成作品では、付近のヘリコプターなどの飛行物を不安定にさせる突風が生じるほどの超高速で回転する。また、作品が進むごとに戦闘的な身体に進化するという設定も加わった影響で、昭和作品のように足を引っ込めるだけにとどまらず、『2』では腕を平たく伸ばして飛行機の翼のような形態に変化させられる。『3』ではその腕を可動させたり、足の部分からはヒレのようなものや、長大な尻尾を可動させることでさらに機動性を高めた他、進化によって甲羅の縁が鋭くなっており、回転飛行しながら斬り付けるように体当たりする攻撃も見せている(詳細は#身体的特徴および、フォルムの進化を参照)。

小説作品である『妖怪大戦争ガーディアンズ外伝 平安百鬼譚[40]と『聖獣戦記 白い影』にはそれぞれ「玄武」が登場しており[注釈 32][注釈 33]、どちらも超常的な能力を持つ「」として描写されている[注釈 34][注釈 35][9][10]

ガメラを含むガメラシリーズの怪獣は、ゴジラシリーズやウルトラシリーズなどの作品に登場する怪獣と比べると、(設定上の)体重が非常に軽い[注釈 36]

昭和シリーズで監督および特撮監督を務めた湯浅憲明は、ガメラとゴジラやウルトラ怪獣との差別化として、ガメラを二本足で立たせず極力四足歩行などで這わせたり(直立歩行もできる)、流血描写などで動物性を強調させたと述べている[32]。平成三部作では終始直立二足歩行で移動している。また、直接的な火炎を吐く、飛行する、人間を守る、光や核爆発を好む、生物としての性格の個性を持つなども、人間・人為的な光・核爆発のすべてを憎み「破壊神」としての側面を持つゴジラとの差別化要素として用いられたとされる[15][16]

トッド・マッカーシーバラエティにおけるレビューにて、「見た目こそ恐ろしいが、全ての怪獣の中で最も愛すべきキャラクターの一種である」と述べている[42]Film School Rejectsのクリス・コッフェルも、「私は個人的に、ガメラの亀に因んだ姿と、子供との関係性から、シリーズとしてゴジラよりも優れていると思う」と評価している[43]渡辺謙も、モンスター・ヴァースに出演した際のインタビューながら「(ゴジラよりも)ガメラの方が思い入れが強かった」という旨の発言をしている[44]ギレルモ・デル・トロも『大怪獣ガメラ』をとくにお気に入りの怪獣映画の一つに挙げており、「型破りだが素晴らしい人格を持つキャラクターであり、本多猪四郎の怪獣とは違って、怪獣映画の定番だけでなく滑稽さと愛らしさも持っている。僕の時代の子供は皆が巨大なロボットや(ガメラのような)ペットのような怪獣が欲しいと思っていた」という評価をしている[45]

昭和のガメラ[編集]

基本データ
分類 カメ類[注釈 37]
年齢 8,000歳以上
性別 不明
体高 60 m
全長 不明
甲羅長径 不明
甲羅短径 不明
体重 80 t
大気圏内飛行速度 マッハ3
水中潜航速度 150 kt
歩幅 20 m
エネルギー 熱エネルギー
武器・技 火炎噴射
怪力
回転ジェット
生息地 古代アトランティス大陸
好物 石油、石炭、地熱などの炎
落雷などの電気
ミサイルや原爆などの兵器
趣味 モンキーダンス
嫌いな物 タマネギニンジン[46]

概要[編集]

エスキモーの伝承に「悪魔の使い」として語られた[注釈 38]、古代の怪獣。一説にはアトランティス大陸に生息していたとされる。北極の氷の中で眠っていたが、国籍不明の原爆搭載機の墜落による核爆発で閉じ込めていた氷が割れて覚醒し、最終的には日本に上陸して破壊の限りを尽くす。当初は凶暴な怪獣として描かれているが、子供に対しては友好的な面も見せている。一度はガメラ追放作戦「Z計画」で巨大ロケット内に閉じ込められて火星へ追放されるが、ロケットが飛行中に小惑星と衝突して崩壊した結果、地球へ再来する。

第2作以降は人間に対して具体的な敵意を示すことはなく、エネルギーの摂取時以外にはほとんど出現しなくなるが、侵略者や怪獣によって子供が危機に陥るような事態が起こると、どこからともなく現れて子供たちを救っていく。大人向けに製作した第2作を除く第3作以降は一貫して「悪の怪獣・侵略者を打ち倒す正義の怪獣」や「子供たちのヒーロー」として描かれる[注釈 39]

高橋二三徳間康快などが細部に携わっている書籍では、本来は人間だけでなく野生動物や無垢な子供の怪獣も助けようとする性格であるが[注釈 40]、第1作目でのガメラの狂暴性と第2作目での黒部ダムへの襲撃は、人類によって引き起こされた8,000年にわたる冬眠によってガメラが極度の空腹状態にあり自我を保てなくなっていたことが原因だとする説を掲載しており、人間そのものを攻撃対象としていたのではなく、核爆発によって現代の人間の技術力を察知し、人類を攻撃するとエネルギー源を得られることを学んだことが原因だと指摘されている[注釈 41][16]。また、エスキモーがガメラを「悪魔の使い」として恐れていたり、寒さを嫌うはずのガメラが北極の氷に閉じ込められていたのは、エスキモーの祖先とアトランティス人の古代の記憶と(アトランティスの崩壊も相まってガメラの情報が失われたこともあり)ガメラへの誤解が伝承されたためともされている[注釈 42][16]。実際に、『大怪獣ガメラ』にて俊夫少年は社会の反応と異なり一貫してガメラが「誤解されているだけで悪者ではない」と擁護する姿勢を見せている[注釈 43]。また、同著では『ガメラ対大悪獣ギロン』にて鉄棒を披露したり『ガメラ対深海怪獣ジグラ』でジグラの背びれを使って「ガメラマーチ」を演奏したのも、知能の高さゆえの遊び心があるだけでなく、子供たちの不安や恐怖を取り除こうとしていた可能性を指摘している[16]

昭和ガメラ最終作では圭一が逃がしたイシガメが成長してガメラになったような描写があり[注釈 44]、それまでのガメラとは別個体とする説もあり、高橋二三もこれに賛同している[16]。同作で宇宙海賊船ザノン号に特攻してからの消息は不明であるが、後の漫画作品ではこの個体がザノン号との決戦後にアトランティス人の末裔によって蘇生され、「平成三部作」のガメラと似た姿に生まれ変わり、このガメラはタイムマシーンによって過去の世界に送られ、地球の歴史が改変され、ガメラが人間を守護しながらも監視することによって人類は破滅を免れるという描写がされている[47]

第1作にミドリガメが登場するほか、第5作にて全身のレントゲン写真が「アオウミガメ」にそっくりと言われていることから、昭和ガメラの世界にはカメが存在していることが判明している[注釈 45]

身体的特徴および攻撃技[編集]

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』のポスター

口からの火炎噴射以外に、外観に似合わぬ運動能力[注釈 46]と怪力を誇り、周囲の岩や建造物を武器として使用することもある。また、身体を串刺しにされるほどの重傷を負っても戦闘を続行する生命力を持つ。しかし、ジャイガーの幼体に寄生されて吸血された際には昏倒してしまい、人間が幼体を排除してから体内に電気を供給することで復活した。負傷後は水中で休息することにより、傷を癒す。

弱点は低温で、劇中でも「冷たい温度に弱い」と言われ、自衛隊の冷凍爆弾でも短時間活動を停止している。バルゴンの冷凍液には火炎噴射も通じず全身が凍結してしまったが、自然解凍と同時に火炎噴射を行って復活するなど、生命活動の停止には至らなかった。一方で、宇宙空間深海などでも活動可能である。

甲羅は頑強で、たいていの攻撃は受け付けない。また、実際のカメと同じく攻撃されると甲羅に各部を引き込んで防御を図ることも多い。しかし、バイラスの頭には貫かれ、串刺しになってしまったほか、ギロンには何度も切りつけられ、流血してしまったこともある。ジグラのヒレでも表面に傷をつけられている。

エネルギー源はやそれに類するものであるため、体内に火力発電所のような組織を持ち、マグマ高圧電気石炭石油ウランを常食とする。炎そのものも吸い込むようにして食べており、初期の段階では発電所や火山活動が活発な地域に出没することが多く、噴火中の火山に飛び込むこともあったほどで、火器を用いた攻撃なども吸収できる。また、バルゴンの虹光線を狙うこともある。電気エネルギーも食料であり、ジャイガーやジグラの攻撃によって活動停止した際は人力による放電や落雷によって回復した。また、初期の作品で人類を攻撃した理由として、上記の通りアトランティス人によって引き起こされた8,000年間もの飢餓状態から回復するために熱エネルギーや電気などを市街地などへの破壊行動から得たり、自衛隊による軍事作戦を意図的に誘発させて兵器からの熱エネルギーも摂取していた可能性があるとされている[16]

着ぐるみは第1作のもの、第2 - 4作のもの、第5 - 7作のものと合計3種類ある(『宇宙怪獣ガメラ』は飛び人形のみ)。

スーツアクターは荒垣輝雄(第2 - 4作)、泉梅之助(第5・6作)。

身体機構(昭和)[編集]

石油袋[46]
ガメラが食べた石油などの液体を、いったん貯蔵しておく器官。
石炭袋[46]
ガメラが食べた石炭を、いったん貯蔵しておく器官。蓄えられた物質は、その後、高熱炉へ送られる。
高熱炉[46]
ガメラが摂取した石油、石炭、マグマミサイルウランなどはここに集められ、燃焼される。
熱エネルギー変換腸[46]
高熱炉で燃焼されたものがここに送られ、熱エネルギーに変換される。
熱エネルギー心臓[46]
働きは他の生物の心臓と同じだが、熱エネルギーで動くため、桁外れのパワーを持つ。
高熱筋肉[46]
人間(力士豊登)の1万倍の腕力を誇り、いかなる高熱にも耐え、どんな金属よりも強靭。5万トン級の船舶を持ち上げ放り投げる[48]
視力
赤外線を捉え、真夜中でも見える[48][49]
肺活量も非常に強く、吐息は風速1,000メートルに達する[49]
火袋
体内に複数存在し、口や手の先から火炎を発する。足にある物はジェット袋と呼ばれる[48]
スプリング尾
しなやかで弾力性を持ち、ビルを一撃で両断するなど攻撃にも使える[48][49]
電気トゲ
甲羅のトゲには電気を溜める[50][51]
しびれ毒爪
手足の爪に毒を持つ[48]

能力(昭和)[編集]

火炎噴射[注釈 47]
口から放つ強力な火炎放射だが射程が短く、バルゴン戦やギャオス戦のように敵に直撃しない場面もあり、ギャオスやガラシャープは火炎噴射を無力化する手段をもっている。しかし、第4作でのように宇宙空間や第7作でのように海中でも使用が可能であり、それぞれ宇宙船を破壊している。また、第5作でのように威力を落とせば宇宙船の修理にも使える。火炎噴射が決め手となったのは、ミサイルを手裏剣発射孔に突き刺されてから引火されたギロンと、陸上で身動きが取れなくなったジグラのみである。
資料によっては、液体酸素と水素を化合した熱線だとされている[52]
飛行
第1作・第2作では回転ジェット以外のモーション(後脚からのジェット噴射)が見られず、第1作では最初の飛行の離陸時以外は、高速回転する甲羅が炎の尾を引く描写がされ、羽田空港を襲撃した際などは回転していない場合もあった。以降の作品では、体当たりする際や子供を運ぶ際などに回転しないで四肢からのジェット噴射で飛行していたほか、場面ごとに回転の速度が変動していた。後脚からのジェット噴射は、対ギャオス戦でギャオスに飛びかかる際に短距離を飛行したのが初めてであり、首や腕を引っ込めた状態での飛行もあった。第5作の関連商品では、後脚からのジェット噴射でギロンを攻撃する場面が描かれていた。
超能力
ガメラ対宇宙怪獣バイラス』にて、ガメラが少年たちをバイラス人のスーパーキャッチ光線から逃がす場面では、ガメラがテレパシーを使って少年たちの心を読み取った可能性が示唆されている[16]。また、同作以降は地球や人類や子供たちの脅威となる怪獣や宇宙人の出現を察知して行動するなどの描写も繰り返し見られた。

平成三部作のガメラ[編集]

便宜上、平成三部作の設定を継承する自主制作映画『ガメラ4 真実』のガメラについても記述する。

概要(平成三部作)[編集]

基本データ
分類 不明[注釈 48]
年齢 推定1億5千万歳
体高 80 m[注釈 49]
全長 不明
甲羅長径 約60 m
甲羅短径 約40 m
体重 120 t
大気圏内飛行速度 マッハ3.5[注釈 50]
水中潜航速度 180 kt
歩幅 不明
エネルギー プラズマエネルギー
武器・技 ハード・スラップ
ラッシング・クロー
エルボー・クロー
ブレイク・ファング
カーフ・クロー
シェル・カッター
プラズマ火球
ハイ・プラズマ
ウルティメイト・プラズマ
バニシング・フィスト
バーナー(本編未登場)
ホーミング・プラズマ(本編未登場)
生息地 普段は深海で活動している。

スーツアクターは真鍋尚晃、鈴木潤(『ガメラ 大怪獣空中決戦』。以降、『1』)、大橋明(『ガメラ2 レギオン襲来』。以降、『2』)、福沢博文(『ガメラ3 邪神覚醒』。以降、『3』)。

基本的には昭和ガメラ3作目以降の「悪の怪獣を打ち倒す正義の怪獣」や、「ジェット噴射をして空を飛行できる」などの設定に準じているが、昭和ガメラの「北極の海に封印されていた」という設定から、「古代文明の技術を利用して生み出された生体兵器であり、永らく岩礁のような状態となって眠りに就いていた」という設定に変更されている。主な技も火炎噴射からプラズマ火球に変更され、外見が昭和ガメラよりも、より生物らしいリアルな外見になっている、休息期間中に戦闘的な身体に進化して外見が大きく変化していくなど、大幅な設定変更や追加がなされ、従来のシリーズとはまったく異なった新たなガメラとして描かれている。得意技としてプラズマ火球を発射し、の骨が爪のように変化した「エルボークロー」が追加された。また、『ガメラ 大怪獣空中決戦』では超烈火球ハイ・プラズマ、『ガメラ2 レギオン襲来』では究極超烈火球ウルティメイト・プラズマ、『ガメラ3 邪神覚醒』では爆熱拳バニシング・フィストといった多様な技を見せている(詳細は#攻撃技を参照)。

作品全体の設定や演出は、子供との関わりや嫌いな食べ物の設定など低年齢向けとなっていた昭和ガメラに対し、平成版では環境破壊、勾玉石碑などの古代の歴史に関わる物品の登場など、劇場公開当時の現実世界における古代の歴史、実際に起こっている問題や出来事とリンクした大人向けのリアリティーを意識した設定や演出が目立つ形となったが、敵怪獣の攻撃などで倒れても、子供の祈りに共感して力を発揮したり復活する様子も描かれた。

体格に関しては昭和ガメラよりも大きく[注釈 51]、設定年齢も大幅に増加している。歩き方に関しても昭和ガメラのはうような四足歩行ではなく、シリーズを通して直立二足歩行である。

人間に換算すると30.0という驚異的な視力を持つ[53]

身体的特徴および、フォルムの進化[編集]

基本的な特徴は昭和ガメラとさほどの違いはないが、三部作通して姿は異なる。これは、長期間休息する際に体質改善を行い、体をより戦闘的に進化させているためであり、作品がすすむにつれ、外見だけに留まらず、能力に変化が見られるようになっている。

『ガメラ 大怪獣空中決戦』でのフォルム[編集]
ガメラの着ぐるみ

首や手足はやや太く短めであるなど、全体的に柔和でずんぐりとした外見を持つ。頭がかなり大きく重いため、転倒すると無防備で危険な状態となってしまい、ジェット噴射を行わなければ起き上がれない。

目は大きめで、かなり柔らかな顔付きをしている。エルボークローは普段は肘の中に収納されており、任意で突出させることができる。両足のみを甲羅に引き込んで飛行する際は昭和ガメラ同様、腕を上もしくは前に出して飛行する。その際、尻尾は甲羅に収納される形となる。

  • 監督を務めた金子修介が後年のインタビューに明かしたところによれば、彼が考えていた当初は『2』や『3』のようないかつい顔つきだったが、デザインを務めた原口智生に大映側から「昭和ガメラのイメージを残したものにしてくれ」と要請があったため、優しい顔つきになったという[54]
  • スーツは『2』に転用されたために現存しないが、2022年にはクラウドファンディングによる資金のもと[55]、復元・永久保存化されたスーツが制作され、イベント『特撮のDNA/平成ガメラ3部作展』にて展示された[56][57]
『ガメラ2 レギオン襲来』でのフォルム[編集]
ガメラの着ぐるみ

全体的に『1』の面影を残してはいるが、以前に比べてシャープな印象の姿になっている。以前より頭が小さくなり軽量化されたため、転倒してもジェット噴射を行わずとも自力で起き上がれるようになっている。また、頭が小さくなったことで首が若干長くなり、目は少し小さく、頭の鶏冠は少し大きくなった。さらに以前は内側よりだった歯並びが外側に移動し、精悍な顔付きとなっている。手や足も大きく長くなり、体格も以前より少し大きくなっている。

両足のみ甲羅に収納して飛行する際、以前は全て収納していた尻尾を短く出すようになり、先端をとがらせた形にするようにもなっているうえ、両手をウミガメのヒレのような翼状に変形させられるようになっている。この際、腕は固定される形で動かせないが、平たい形に変化した分、空気抵抗が抑えられ、さらにジェット噴射の威力や馬力も以前より上昇したことで、速力や機動性などの飛行能力が格段に高まっている。

腕のエルボークローは以前よりも大きく発達すると同時に、以前のように収納されず、常にせり出した状態で固定されている。付け根辺りにはもう1本の短いクローも生えているが、腕を翼状に変形した際にはエルボークロー自体は目立たなくなる。

『ガメラ3 邪神覚醒』でのフォルム[編集]
ガメラの着ぐるみ

全体的にとげとげしく攻撃的な姿となり、より生物的かつ怪獣らしい姿へと変化している。過去2作品での進化以上に急激な進化を遂げており、過去2作品における面影はほとんど残っていない。

体格がさらに一回り大きくなり、頭は以前よりも小さくなり、転倒しても以前よりも素早く起き上がりやすいようになっている。首もさらに長くなり、頭の鶏冠もさらに大きく発達、逆に目はより小さくなったことに加え、眼球は白目だった部分が全て緑色に変化したことで、凶悪かつ険しい顔付きとなっている。手足は以前よりもさらに大きく発達し、指の形が段々に並んで若干長くなっており、足も以前と比べ太くがっしりとした形となっている。歯並びも以前よりも外側に移動している。表皮はさらに硬化しており、『1』では、ギャオスの超音波メスで右手の甲を負傷していたが、この形態ではより強力なギャオス・ハイパーの超音波メスの直撃を右手の甲で跳ね返している。甲羅の表面と側面がかなり鋭利な形に変化しており、回転飛行しながら体当たりする「シェル・カッター」の刃として利用できるようになっている。さらに「ヴァリアブル・シェル」で甲羅の表面を逆立てることにより、周囲の空気を吸引または放出し、離着陸する際の浮力調整を行えるようになっている(ただし離陸時はニュースのわずかな放送で逆立てる描写はない)。

エルボークローも、以前は肘辺りから後に向かって生えていたものが、この形態では腕の下に沿うように前に向かって生えており、ふくらはぎにも「カーフクロー」と呼ばれる突起が生えている。

以前のフォルム同様、飛行の際には両手を翼状に平たく変形させるが、こちらでは以前のように固定されることはなく、鳥の翼や海亀ののように柔軟に動かすことができるようになることで、腕を後方に下げたりするなどしての機動調整が行えるようになっており、以前と比べ機動性が格段に高くなっている。腕に留まらず脚の部分にも小さな鰭のようなものが生え、とがった甲羅の端の最も長い部分も可変する、短い状態だった尻尾が長く突出し動かせるといった進化により、より細やかな空中機動を行えるようになっている。ジェット噴射の威力もさらに向上したことで速力もさらに高まっている。

『ガメラ4 真実』に登場するガメラのフォルムは、こちらの設定を踏襲している。

正体[編集]

ガメラと人間の交信装置として作用する勾玉

はるか太古に滅亡した超古代文明によって、ギャオスを倒すために、甲羅状の「器」に地球の生命エネルギー「マナ」を集めて創り出された、一種の「生体兵器」とされ、環境への適応や自身の戦闘能力の向上のために、短期間で進化する能力を持っている[注釈 52]

基本的に地球を守るために行動しており、守るべき対象は人間だけに限らず、すべての生態系、ひいては地球そのものとされており[注釈 53]、生態系を破壊し地球環境に害をなす生物を倒すためならば、市街地や人命に被害が及ぶような激しい戦闘を行うこともいとわない(このことが『3』において綾奈に恨まれる要因になった)一方、逃げ遅れた子供や人々をギャオスの光線やレギオンの襲撃から助けたりすることもある。

『3』では、玄武の伝承とガメラが関連づけられた(古代中国の文化を参考にするアイディアは『1』から存在し、昭和ガメラと関連づけられたエスキモーの文化と古代中国文化のデザイン上の類似性を見いだした制作陣は、ガメラの甲羅に亀甲墓アンキロサウルスを、ギャオスのデザインには西洋のドラゴンや春秋戦国時代の中国の龍のイメージを投影した[58])。

平成三部作の世界に玄武の伝承は存在するものの、亀の先祖に相当する生物が恐竜と同時期に絶滅した設定となっているため、ガメラは「怪獣」と呼ばれることはあっても、「巨大な亀」といった表現で呼ばれるシーンはなく、「亀」という単語も一切使われない[注釈 48]。現生動物の亀という概念そのものがないため、劇中この設定に触れるシーンはないが、『3』の劇中では、登場人物の一人である斉藤雅昭のデスクの上に陸亀の置物が置いてあるという矛盾が生じている。また、序盤の会議シーンで一瞬映る資料には、海底で発見されたガメラの墓場について「亀の甲羅状」という言葉を用いて地形の説明が行われている。

コンビナートに墜落して大爆発に巻き込まれたり、レギオンプラント(草体)爆発時に炭化してしまったり、敵怪獣に瀕死状態に追い込まれたりしても復活しているが、これらはいずれも「人間の祈り」、特に子供の祈りが鍵になっている。

登場人物の一人、草薙浅黄とは精神的な交信が可能になっていた。一時は、ガメラが受けたダメージがそのまま浅黄に伝わったり、負傷した箇所と同じ箇所を負傷したり、ガメラが傷の回復のために眠りに就くのと同時に眠りに就き、ほぼ同時に目覚めたりするまでに強かったが作品が進むにつれ、その傾向は徐々に弱まって行き、『2』の中盤で途絶えたような描写がある。この精神交信には、岩礁状態で海を漂っていたガメラの甲羅から発見された勾玉が重要な鍵となっていたが、『2』でのガメラ復活時に、浅黄の持っていた勾玉は砕けている。『3』では、これと同時に他のすべての勾玉も砕けていることが判明した。浅黄は「ガメラは自ら人間との関わりを断ち切った」と考えたが、『3』の登場人物である倉田真也は「仙台でのガメラの復活は人間の祈りによって成されたものであり、ガメラはまだ人間との関わりを断ち切れずにいる。それこそがガメラ最大の弱みだ」と見解した。

作中における行動[編集]

1995年[編集]

永い眠りから目覚めたギャオス3体と、人の手によって偶発的に復活したガメラが日本各地で激戦を繰り広げていく。

当初、ガメラは長らく太平洋で奇妙な環礁のような状態で眠り続けていたが、ギャオスの誕生を察知するかのように漂流して日本に接近。一度プルトニウム運搬船とぶつかったが、特に問題は起きず、調査団のメンバーが甲羅に上陸し、中心部にあった金属板に米森良成らが触れたことで金属板が崩壊し、完全復活する。

3体のギャオスを追って福岡から日本列島を北上して行く。福岡湾で1体、木曽山中でさらに1体を倒し、残り1体を追うが自衛隊の攻撃を受けて墜落し、さらに超音波メスの攻撃を受けて負傷して退却、海底で傷の回復を図る。復活後、東京で地下から出現して巨大に成長した成体ギャオスと空中戦を展開し、さらに地上に降り立ち市街戦を展開。地上から再び空中へと戦いの舞台を変え、大気圏外宇宙まで飛び出したが、そこでギャオスの足に食らいつきジェット噴射を抑えそのまま急降下する。苦しむギャオスが超音波メスで自らの脚を切断して脱出したため、コンビナートに墜落して大爆発に巻き込まれてしまう。しかし、浅黄の勾玉を通した「人間の祈り」を受けて周りの炎やコンビナートのエネルギーを吸収し、復活する。

最後は自身のハイ・プラズマとギャオスの超音波メスで撃ち合いを演じ、ギャオスの超音波メスは外れ、ハイ・プラズマはギャオスの頭部を吹き飛ばして勝利を収め、戦いの後は浅黄の傷を癒し、海に去った。

1996年[編集]

ギャオスとの戦いから1年後。宇宙怪獣レギオンの飛来を察知。レギオンの地球上での繁殖と、共生生物「草体」の種子発射によるレギオン拡散を阻止するために戦う。

札幌に出現した草体を撃破するものの、直後にソルジャーレギオンの奇襲を受け負傷する。変電所前に倒れ込み、ソルジャーレギオンが何体か移動した隙に回転飛行形態でソルジャーレギオンを振り落とし、傷を癒すために石狩湾に退却する。数日後、同じく草体の出現した仙台の戦いではマザーレギオンに巨大な脚で胴体を突かれ、強力な光線、マイクロ波シェルの前に苦戦し、さらに草体種子の発射は防ぎながらも大爆発に巻き込まれて炭化して仮死状態に陥るが、上記の「人間の祈り」により復活。直後に空へ飛び立ち、足利市から群馬、埼玉県境にかけて東京を目指して進行するマザーレギオンと自衛隊との交戦の最中に降り立つ。

プラズマ火球を連発し、エルボークローでエッグチャンバーを破壊し、ソルジャーレギオンを生み出すのを封じるなど奮戦するも、プラズマ火球を無効化するバリアを張り、体格差で圧倒してくるレギオンに再び追い込まれる。それでもレギオンの進行を阻止しようと戦うガメラを目の当たりにした自衛隊の援護を受け、次第に戦いを優勢に進めていき、隙を突いてレギオンの角をへし折るが、マイクロ波ビュートで反撃されて満身創痍そういの状態となる。最後の手段として地球のエネルギー「マナ」を体内に取り込み、最強技ウルティメイト・プラズマを発動させてレギオンを粉砕して勝利を収め、飛行形態となって空に飛び去った。

1999年[編集]
ガメラとイリスの戦闘シーンを模した展示

レギオンとの戦いから3年後。先のレギオン戦において大量のマナを消費した影響で、地球各地に大量発生したギャオス・ハイパーを倒すために奔走。その過程で覚醒したギャオス変異体であるイリスと戦うこととなる。

とある週末の金曜の夜、東京上空でギャオス・ハイパー2匹と空中戦を展開、そのうちの1匹がガメラの攻撃を受けて渋谷に墜落したところに降下。深手を追った1匹をプラズマ火球で葬り、さらにもう1匹も撃破するものの、プラズマ火球の連射は人口密集地を壊滅させ、1万人以上の死者を出す結果となってしまう。この惨劇を機に、日本ではガメラを危険視する声が高まる(直接の描写はないが、劇中では海上自衛隊がガメラを攻撃したとのニュースが放送されている)。その後、イリス覚醒に伴い再び日本へ飛来し、イリスと空自との交戦の間に割って入るように紀伊半島上空で激しい空中戦を繰り広げ、終始戦いを優勢に進める。体当たりの途中、回転飛行形態に変形して側面のとがった甲羅を利用してさらなる追撃を行うが、イリスが放った超音波メスを食らい、距離を離されてしまう。そのまま追尾していたところにガメラ掃討を優先した自衛隊のペトリオット攻撃を食らい、大きくバランスを崩してイリスを取り逃してしまう。イリスを追ってプラズマ火球を発射しながら京都に降下して行くが、イリスの長い触手によって弾かれた火球により京都は火の海と化す。

京都に降下後は、ガメラを両親の仇と恨む少女、比良坂綾奈の憎しみを取り込んだイリスと激戦を繰り広げ、鋭利な手甲で胴体を貫かれるなど、苦戦しながらイリスともつれ合ってJR京都駅になだれ込む。瀕死の状態に陥りながらも、イリスが綾奈との融合を計った隙に綾奈の祈りによって復活し、イリスの腹部をえぐって綾奈を救出した。イリスは手甲でガメラの右腕を貫いて拘束し、ガメラからコピーした偽プラズマ火球を突き付けるも、ガメラは自らプラズマ火球で右腕を爆砕し、失った腕にイリスの放った偽プラズマ火球を受け止めて“炎の拳”(バニシング・フィスト)を造り出し、綾奈を救出した際にえぐったイリスの腹部に炎の拳をねじ込んで体内から爆発させ、その息の根を止め勝利を収める。綾奈を浅黄と長峰たちに返して蘇生を見届けた後、半壊した京都駅を後にすると、右腕を喪失した深手状態のまま、世界中から日本上空に迫りつつあるギャオスの大群との戦いを前に咆哮ほうこうを上げ、自衛隊が総力戦を決意し陸・海・空全部隊が攻撃対象をガメラからギャオスに変更したところで物語は終わる。

全シリーズ中、最も人々に恐怖を与える存在であると同時に、最も悲劇的かつ、過酷な運命をたどっていく怪獣として描かれている。その後については、非公式ながら『ガメラ4 真実』や『ガメラ 大怪獣絶唱[59][60]で描かれることとなる。

なお、『週刊SPA!』1999年3月17日号に掲載されたインタビューにて、金子修介はガメラがギャオスの大群に勝利すると述べている[要ページ番号]

身体機構(平成三部作)[編集]

細胞
再生能力に優れているため、たとえ負傷しても短時間のうちに回復する。『2』では、草体の大爆発に巻き込まれた際も表面の細胞が炭化して固まっただけで、内側に新たな細胞が再構築されており、祈りの力を得て復活できた。『3』では、ギャオス・ハイパーの超音波メスの直撃を受けても大部分を跳ね返すほどの耐久性を身に着けている。
甲羅
頑丈で、ギャオスの超音波メス程度なら昭和版と同じく防ぐことができるが、ギャオス以降の敵怪獣の攻撃も強力になっており、レギオンのマイクロ波シェルとレギオン・ビュート、イリスの槍腕(スピア・アブソーバ)の一撃で破壊、貫通されている。また、イリスの放つ強化された超音波メスが甲羅に直撃した際も防御しきれずにダメージを負い、出血している描写がある。
自衛隊のミサイル攻撃を受けた際にも衝撃までは防ぎきれず、『1』では転倒や飛行中に墜落してしまっており、『3』でも飛行の際に爆撃され、墜落とまでは至らなかったが、大きくバランスを崩し、失速するなどのダメージを受けている。
昭和版とは異なり甲羅に身体を引っこめての防御は行わず、『3』で、回転飛行中に鋭利な甲羅の縁を利用した「シェル・カッター」が甲羅を使った唯一の戦法となる。
力(パワー)
腕力に任せてレギオンの大角を強引に引きちぎり、自分よりも遥かに大柄なレギオンを足止めするなど、怪力の持ち主である。その一方、イリスに取り込まれた綾奈を救出し、長峰や浅黄たちにそっと返すなど、繊細な扱いもできる。
ガメラブレイン(大脳
三半規管が発達しているため、円盤飛行などによる高速回転でも目が回らない。知能も高い。
テレパ・ブレイン(小脳
超古代文明の勾玉を持った草薙浅黄との精神波を送受信する。
熱エネルギー変換炉(プラズマ変換炉)
ガメラが全身で吸収した炎、高圧電流、核燃料などから発せられる熱エネルギーを、血液中の電子陽子原子核と融合させることで、プラズマエネルギーに変換・貯蔵しておく器官。地球の生命エネルギー「マナ」も、ここでプラズマエネルギーに変換される。全プラズマエネルギーを解放した際のパワーは、予測不可能である。
エルボークロー(邪斬突)
両肘にある鋭い爪のような突起。『1』ではギャオスとの格闘中に肘の皮膚を突き破るように生え、肘打ちのような動作でダメージを与えた。『2』以降は常に飛び出した状態になっている。
『1』では組み付いてきたギャオスを遠方まで吹き飛ばし、『2』では自身の数倍の体格はあるレギオンを大きく後退させるなど、非常に強力な武器である。
カーフクロー(邪撃脚)
ふくらはぎにある蹴爪けづめ状の突起。相撲の内掛けの要領で敵を転倒させるが、イリスには通用せず、自分が転倒した。
ヴァリアブル・シェル(可変甲殻)
『3』で回転ジェットから着地する際、甲羅の表面を逆立てる。

攻撃技[編集]

ハード・スラップ(玄武掌)
登場作品:『1』
主に格闘戦で多用される拳打。
福岡港では飛翔する幼体ギャオスを叩き落とした。建物を破壊する際にも用いられることもある。
ラッシング・クロー(激突貫)
登場作品:『3』
鋭利な爪で相手の皮膚を引き裂く攻撃。作中では、イリスの胸を貫き体内に取り込まれた綾奈を救出する。
ブレイク・ファング(餓裂牙)
登場作品:『1』『3』
鋭い牙と、強力な顎の力を用いた噛み付き攻撃。一度食らいついたら離さない。ギャオスはこれを受けて、自らの足を切断してようやく脱出する。イリスとの空中戦でも使用。
シェル・カッター(旋斬甲)
登場作品:『3』
回転ジェットによる体当たり攻撃。『3』のガメラの特徴であるとがった甲羅の側面で敵を切り裂く荒技。イリスとの空中戦で使用しているが、接近しすぎたために直後に超音波メスで切り刻まれて流血してしまった。
平成三部作を通して唯一、甲羅を使った技である。
プラズマ火球(烈火球)
登場作品:『1』『2』『3』
口からエネルギー火球を放つガメラの必殺技。
体内に貯蔵したプラズマエネルギーと酸素を喉にあるチャンバーで融合・圧縮することで強力な電離作用が発生し、凝縮されたエネルギーが火球となって口から噴射される、超放電と超光熱を伴う現象である。万物を瞬時に燃焼させる威力を持ち、連射も可能。作品が進む毎にその威力は上昇していく傾向にあり、『1』や『2』ではビルの一部が吹き飛ぶ程度の威力だったが、『3』では一発で広範囲の市街地が吹き飛んだり、イリスに弾き飛ばされて被弾した地域が一瞬で巨大な炎に包まれている。『1』や『3』のギャオス、ギャオス・ハイパー単体程度なら1発か数発で粉砕できるが、それ以降の敵怪獣の防御、回避も強力なものとなっており、レギオンには干渉波クローによって無効化され、イリスにはテンタクランサーと呼ばれる長い触手によって弾き落とされ、ギャオス・ハイパーは単体の撃墜を物ともしない圧倒的な数で押されたりしており、次第に決定打とはならなくなっている。
ハイ・プラズマ(超烈火球)
登場作品:『1』『2』『3』
通常の120パーセント以上の出力で放つプラズマ火球。
『1』の対ギャオス戦では自身の墜落によって生じた石油コンビナートの爆発エネルギーを吸収することで放ち、ギャオスを撃破している。また、『2』ではススキノでの初戦で草体の影響により、周囲の酸素が高濃度になっていたことを利用して吸収し、爆発力を増幅させた火球を放ち、草体を炎上させている。この際、強靭きょうじんな肺活量のために周囲には局地的に台風のような猛烈な風が発生した。『3』では、東京渋谷の上空にて最初に撃墜して瀕死状態だったギャオス・ハイパーへのとどめとして使用され、渋谷駅を中心に街が広範囲に渡って炎上している。『1』や『2』と違い、この時は爆発の際のエネルギーや高濃度酸素による増幅ではなく、口内に自らのエネルギーを蓄えることで爆発力を増幅させて放っている。
破壊力は大きいが、通常のプラズマ火球と違って速射はできず、発射前には幾分時間がかかっている。
ウルティメイト・プラズマ(究極超烈火球[注釈 54]
登場作品:『2』
『2』で使用されたガメラ究極の必殺技。ガメラが天に向かって咆哮すると地球のエネルギーであるマナが頭上に集まり始め、これを体内に収束してプラズマ変換炉でプラズマエネルギー化し、貯蔵限界までチャージした後に腹甲を開いてプラズマ変換炉を露出し直接放射する。
巨大なプラズマの奔流はハイ・プラズマさえ比べものにならない大威力で、レギオンの巨体すら一瞬で粉砕し焼き尽くすほどだが、ガメラの生涯において一度しか使えないとされる。
非常に強力だが、地球のエネルギーであるマナを大量に消費するため、この技の使用は地球環境のバランスを崩してしまう恐れがある。『3』の世界各地で起きたギャオス・ハイパーの大量発生も、この技を使ったことが原因の一つだった可能性が示唆されている。作中で浅黄は、(レギオンという強大な敵の前では)ガメラもギリギリ最後の手段として、それを覚悟の上で使用に踏み切らざるを得なかったのではないか、と推測している。
一生に一度しか使えないという制限の原因が、ガメラの身体そのものにあるのか、二度使用できるだけのマナが地球上に存在しないからなのかは不明。
『ガメラ3』のイリスへの決め技としてデザイン稿の段階では「ウルティメイト・プラズマを再度使用する」という案もあったらしく腹部発射孔が剥き出しになっているデザインも現存している。
すでに使えないはずの『4』ではギャオス・ハイパーの大群に向けて使用されるが、もはや全滅させるだけの威力には至らなかったうえ、ガメラが力尽きることとなる。
バニシング・フィスト(爆熱拳)
登場作品:『3』、CRガメラ
ガメラが対イリス戦の土壇場で見せた逆転の技。別名「バニシング・ソード」。イリスの放った偽プラズマ火球を、自分で切り落とした右腕の切り口で受け止め、そのエネルギーを吸収して「炎の拳」へ変化させたものである。イリスの腹部の傷に繰り出してねじ込み、体内から爆散させて勝利した。
「CRガメラ」シリーズでは、腕を失うこともなく通常の技として使用している。
火炎噴射
登場作品:『3[注釈 55]』、『ガメラ:最後の希望』、『攻城戦記◆バハムートグリード』、CRガメラ、『ガメラ4 真実』など
本編で厳密に使用している場面はない[注釈 56]が、関連作品では使用している。
『ガメラ:最後の希望』では回転ジェットのジェットを火炎噴射として放出して周囲を攻撃したり大爆発を引き起こし、ギャオスの群れや大型化したガラシャープを葬っている[61]
バーナー[62]
登場作品:『4』
四肢のいずれかを甲羅に引き込み、プラズマエネルギー噴射口から長大なエネルギーの剣を噴出させる。対アルビノギャオス戦で使用され、勝利の決め技となった。
ホーミング・プラズマ[62]
登場作品:『4』
目標を自動追尾するプラズマ火球であり、これによってガメラは次の目標に素早く集中できるが、イリスの念力によって逆に火球がコントロールされる危険性がある[63]
1997年のテレビゲームソフトである『ガメラ 2000』では、ガメラが通常の技として敵を追尾するプラズマ火球を複数同時発射する。

その他の能力[編集]

人間の治癒・蘇生

『ガメラ大怪獣空中決戦』では、劇中での最後のスーパーギャオスを倒した後、浅黄に対して礼のような動作を見せ、直後に浅黄の頬や腕の傷を一瞬で治している。『ガメラ3 邪神覚醒』では、人工呼吸と心臓マッサージによる心肺蘇生法でも目を覚まさなかった比良坂綾奈が、ガメラが咆哮した直後に目を覚まし、イリスによって弾き飛ばされていた守部龍成もほぼ同時に目を覚ましている。この時の草薙浅黄と長峰真弓の反応から、ガメラが綾奈または龍成も含めた二人を蘇生していると思わしき描写がされている。

トラウマガメラ[編集]

ガメラ3 邪神覚醒』劇中の序盤で、比良坂綾奈の悪夢に出てきたガメラ。

G1のギャオス襲撃の際に両親を亡くしたことでガメラを逆恨みする綾奈の夢の中に登場し、より一層ガメラへの憎悪を増させる要因となった。

スーツはG2ガメラの改修版で、G3の姿に準じて、トサカが大きく、甲羅の側面がとげとげしくなっているほか、眼球は白目のみで皮膚がただれたようになっているなど、まがまがしい容姿となっている。

恐ろしい形相に見えるのは、ガメラの墜落に巻き込まれた両親を「ガメラに殺された」と受け止めた綾奈の憎悪によるものであり、イリスによる精神干渉の影響でもあることが示唆されている(綾奈の海馬体はイリスとの融合未遂後、異常に肥大化している)。

当初は粉塵越しの不鮮明な姿であったが、終盤でイリスに取り込まれた綾奈が見たのは現実のガメラとはまったく違う姿であり、ギャオスとの対比から綾奈に真実を気付かせた。

スーツアクターは同じくG2ガメラを演じ、本作品でイリスを演じた大橋明

新生版のガメラ[編集]

基本データ
アヴァンガメラ / トト(志摩出現時) / トト(名古屋出現時)
分類 カメ類
年齢 不明 0歳
体高 35 m[64][注釈 57] 8 m 30 m[64]
体長 55 m[64][注釈 58] 10 m 50 m[64]
甲羅長径 不明 不明 29.7 m[64]
甲羅短径 不明 不明 24.7 m[64]
体重 1,200 t[64] 不明 900 t[64]
大気圏内飛行速度 不明
水中潜航速度 不明
歩幅 不明
エネルギー 熱エネルギー
武器・技 火球
自爆
火球
火炎噴射
回転ジェット
生息地 火山帯のどこか(推測)
トトの着ぐるみ
1メートル大のトトの造形物
アヴァンガメラの頭部の造形物

スーツアクターは佐々木俊宜。幼体の撮影には本物のケヅメリクガメが用いられた(一部CG)。

1973年と2006年の個体が登場。前者は「アヴァンガメラ」と呼ばれる。後者は本作品の主役であり、作品内で孵化し、卵を見つけた相沢透によって「トト」と名付けられた。最初は透の手に乗るほどの大きさであったが急速に成長した。なお、体重がこれまでよりも大幅に増加しているが身長や体長は小型化しており[注釈 59]、鳴き声は変更されている。

平成に入って4作目のガメラは昭和ガメラ、平成三部作のガメラとは異なり、33年前(1973年に相当)、オリジナルギャオスの群れに町が襲われるシーンから入る。昭和ガメラのように「人を助けるため自ら怪獣に挑む」という設定になっている[注釈 60]。また、平成三部作のように子供と共感して力を発揮するシーンも見られる。

ガメラとは生物としての名称であるが、本作品ではガメラに「トト」という“名前”がつけられている。ガメラが文明の産物ではなく、子供とガメラの成長物語であるということを強調している点も、以前とは異なる部分である。

身体機構(新生版)[編集]

ガメラアイ[64]
視力30.0[注釈 61]だといわれ、紫外線や赤外線を捉え、暗闇や深海でも見ることができる。
筋肉ヒートマッスル[64][注釈 62]
熱エネルギーによって筋力を増大させる[67]
索敵・交信能力
頭部に脳(正義脳)の他、スピリッツ・クリスタルと呼ばれる勾玉状の器官を眉間の奥に持ち、人間とのテレパシーを行ったり、人間の言葉を理解したり、悪の怪獣の出現を察知する能力を持つ。その際、赤い石が共鳴して発光する[64][67][注釈 63]
ガメラファング・ガメラクロー[64][67]
牙と爪。格闘戦で威力を発揮する。成長途中のトトは威力を発揮できない。
DNA
『ガメラ2006 HARDLINK』にて、アヴァンガメラのDNAはギャオスのDNAを死滅させる効果が確認されている。
身体能力
小説では、昭和版のようにアクロバティックな動きを見せており、ジーダスを倒す際にハープーン舌をつかんで宙返りして、ジーダスの口に火球を命中させて倒した。
手足のトゲ
トトの未発達の手足のトゲは、乳歯の下の永久歯のように、体内に隠されている[64][67]
高密度骨格
頑丈で軽量な骨は、未知の構成物で成る[64][67]
炎紋章
アヴァンガメラとトトの腹部には「炎」のように見える「炎紋章エンブレム」が存在し、後述の「トトインパクト」や自爆の際に赤い石と同様に赤く発光する[33]

能力(新生版)[編集]

火球・火炎噴射
アヴァンガメラ・トト共に使用している。子亀や10メートル級のトトは予告編・本編共に予告編・本編共に火炎を単発噴射していて、小説版の一つでは火炎噴射とされている[65]。それ以外は、通常色の火炎に朱色の火炎が混ざった火球を発射する。アヴァンガメラの火球は煙の尾を、トトのトトインパクトは光のような尾を引く。
『ガメラ2006 HARDLINK』では、アヴァンガメラは4発の火球を全弾ギャオスに命中させている。
飛行
この作品ではアヴァンガメラは一切飛行しておらず[注釈 64]、トトも幼体時の空中浮遊や、回転ジェット飛行は見せても、尾と後ろ足だけを収納したジェット噴射飛行形態は披露していない。なお、トトの回転ジェットは飛行機雲のような尾を引く。子亀のトトは、四肢や首をひっこめず空気のようなものを噴射して浮遊していた。なお、作中では見せていないが後ろ足からのジェット噴射だけでも飛行が可能とされる[67]
自爆
アヴァンガメラが最後の手段として使用した。全身が朱色に発光し、虹彩に火炎状の光沢が宿り、体内の全エネルギーを放出して強烈な発光と共に爆発する[33]。オリジナルギャオスを全滅させただけでなく、波切の大王崎の半島を分断する破壊力を持ち、その後周辺では「緋色の真珠」が取れ、名産品となって被災地の復興に貢献した。この真珠は、爆散したガメラのエネルギーの固形体と推測されていた。
『ガメラ2006 HARDLINK』では、アヴァンガメラが自爆した後に10万人を10年間動員する大規模な調査が行われたが、ガメラの痕跡は細胞や肉片一つすら発見されなかったとされている。
トトインパクト
トトがジーダスを倒す際に使用した火球[注釈 65]。自爆と同様、腹部の炎紋章の発光から始まったため、人類には自爆の兆候と誤解された。その後全身が発光し赤熱化し[注釈 66]、朱色の火球を発射した。

『GAMERA』のガメラ[編集]

基本データ
体高 65-70 m[69][注釈 67]
武器・能力 火炎噴射
飛行

ガメラ生誕50周年記念でKADOKAWAが制作したプロモーション作品のガメラ。オールCGで表現されている。

前作同様、全体的に茶色い体色をしている。歴代よりも前傾姿勢が強く、甲羅も図体に比べて大きく、甲羅から血液が流出したような跡があり、煙が上がっている[注釈 68]。上顎よりも分厚い下顎を持ち、尖った鼻先と黄金色の小さな目を持つ。

東京に襲来したギャオスの群れに立ち向かい、全滅させるが、その10年後に現れた新たな敵に対し、再び現れて立ち向かう。

能力(GAMERA)[編集]

火炎噴射
火山の噴火のような爆炎を噴射する。昭和のガメラとは異なり、空気を大量に吸い込んでチャージする描写がある[注釈 69]。小型とはいえ遠方のギャオスの大群を一瞬で殲滅せんめつする火力と射程と範囲があり、被弾したギャオスの体が沸騰・破裂したり、前方の市街地そのものが消滅している。
飛行
ニューヨーク・コミコン限定のTシャツにラフスケッチが掲載。四肢を引っ込めた状態で頭部は出し、甲羅から「ブースター」を噴射している。

『GAMERA -Rebirth-』のガメラ[編集]

基本データ
体高 60 m[70]
体重 800 t[70]
飛行速度 マッハ3(高度1万メートル以下)
マッハ6(高度3万メートル以上)
秒速20km(マッハ58以上、地球重力圏突破時)[12]
武器・能力 火焔弾など
怪力
飛行

概要[編集]

他の怪獣と同様に、超古代文明が戦争と人口の調節装置として生み出した。そのため、他の怪獣とはプラズマや電磁波や重力の生成や「シールド」の使用など共通する能力や身体機構を有しており、ギャオスとジグラが同系統であるのと同様に、ガメラもギロンなどと系統を共有している[注釈 70][12]

全体的に大柄な体躯をしている。昭和作品のガメラと同じ身長だが体重は10倍に増加しており、『小さき勇者たち〜ガメラ〜』のガメラに近い体重設定である[注釈 71]

尖った鼻先や甲羅の形状などの細部は2015年の50周年記念映像のガメラに類似している[注釈 72]。また、『小さき勇者たち〜ガメラ〜』のガメラと同じく腹部が発光することが示唆されているが、こちらでは緑色になっている。体色は平成3部作以来となる黒を基調としたものになっている。目は平成3部作や『小さき勇者たち〜ガメラ〜』と同様に緑色であるが、これまでよりもより鮮明な色彩を持つ[注釈 73]。全身に装甲状の鱗を持つ[12]

体内の「オリリウム」の反応炉で発生させたプラズマエネルギーを全身に循環させる。その際、プラズマが甲羅を中心に体内で円を描いて流れている[12]

戦闘時や飛行時などに胸元周辺などが青色や緑色に帯電する[注釈 74]

能力(GAMERA -Rebirth-)[編集]

火焔弾[72](Magma Blaster)
口からプラズマエネルギーとパルス放電を併用し、粘性のある強力な"プラズマ火球"である「火焔弾」を発射する[12][72]。高速回転するマグマ状のコアを持ち、パルス放電は特定の波長を持つため、敵の怪獣の「シールド」を中和・貫通し、小型の怪獣であれば直撃しなくても超高温とパルス放電によって死亡する[12][73]。着弾点に衝撃波が発生し、ジャイガーが余波で転倒している。火球の発射時には目の周囲や首筋から火炎の発光が見え[注釈 75]、攻撃をチャージする段階で胸元が帯電する[注釈 76]
燼滅手(Vanishing Fist)
前腕を超高熱に加熱して触れる敵を攻撃・焼却する近接技[注釈 77]。ジャイガーが体表から発する耐熱性の粘液を突破するために使われた[12]
小説版では、胸部から発生した電撃が腕へと伝わり、大量の水蒸気と共に技が発動するとされている[73]
電磁衝撃波
胸部に電撃を発生させ、電磁パルスを伴う衝撃波として発射する[73]。人類のミサイルを無力化してレーダーを攪乱したり、ジグラのエコーロケーションを混乱・ダメージを与え、エスギャオスに対しても使用された。
シールド
他の怪獣と同様に、体表に不可視の「シールド」を発生させ、通常兵器の攻撃によるダメージを軽減する[注釈 78][73]に向かった子供たちを追うバイラスとの戦闘では、重力をコントロールしてバイラスの荷電重粒子砲を反射し、後述の「弾丸飛行形態(第二飛行形態)」の状態で体当たりしてバイラスを撃破した[12]
火焔旋撃(Plasma Roller)
ギロンを倒した技であり、回転ジェットの状態で甲羅の先端を刃物状に変形させ、マッハ5で回転して敵を切り裂く[注釈 79]。特定波長のパルス放電によって敵の「シールド」を中和・貫通する[12]
火焔烈球(Plasma Sphere)[注釈 80]
「火焔旋撃」の応用技であり、垂直回転を付与させることで巨大な高速回転する球体となって敵を粉砕する。石垣島・崎枝半島にてエスギャオスに対して使用され、超音波メスも無効化していた[注釈 81][12]
荷電重粒子砲
バイラスと同様に、プラズマエネルギーを使用した荷電重粒子ビームを光輪と共に発射する。地表からの地下施設を狙撃し、月ごと貫通するという威力を見せるが、この攻撃に全ての残存エネルギーを費やすと、ガメラの全身が青い発光と共に炭化・霧散してしまい、次のガメラの「卵」が残される[注釈 82][12]
身体能力
ジャイガーを頭上高く持ち上げたり尻尾を掴んで勢いよく叩きつける怪力を持つ[注釈 83]。また、敵怪獣に走りながら素早く突進したり、ジャンプをして敵との距離を詰める場面も存在する。
劇中では見披露だが、敵に体当たりする際は四足飛行からの前傾姿勢を見せたり、爪を使ってギャオスの首を切断することも可能である[注釈 84][12]
再生能力
他の怪獣と異なり、人間や他の怪獣を捕食して回復・成長する描写は存在しないが、強力な再生能力を持ち、ギロン戦で失った左目と腹部と甲羅の穴は傷跡が残るもののバイラス戦時には回復していた。「オリリウム」のエネルギーの適切な投与によって再生能力が加速する。しかし、ギロン戦で失った右腕は回復しきっておらず、エスギャオスに襲撃される際にも全身が骨折を負っているなどの重傷状態であった[注釈 85]
飛行
プラズマジェットを噴射して飛行し、体内で液体燃料を生成・点火することでさらに速度を増す[12]。平成3部作同様、後ろ足からのジェット噴射での飛行時には腕をウミガメのヒレ状に変形させる(通常飛行形態)[注釈 86][12]。また、その際はヒレの後部からもジェット噴射を追加で行っている[注釈 87]。複数のミサイルの追撃を翻弄する機動性を発揮する。
前腕を収納することで空気抵抗を減らし、頭部を出す飛行形態も存在し(弾丸飛行形態/第二飛行形態)、地球の重力圏の突破の際の超高速飛行や体当たりなどに応用が可能である[注釈 88][12]
回転ジェットの状態では、歴代とは異なり前腕を体内に格納するのではなくて身体に密着する形で畳み込んでいる[12]
その他
平成三部作や『小さき勇者たち』と同様にテレパシー能力を持ち、他の怪獣の精神干渉に影響を受けた人間を補助したり、特定の人間とのリンクによって古代の記憶を人間と共有できるが、ギロン戦のようにガメラの傷が子供の体に痛みとしてリンクしてしまう場面も存在する[注釈 89]。また、ガメラと接触した子供たちには怪獣の接近を近距離から察知する能力が付与されるだけでなく、ボコやギャオスの群れはガメラと接触する以前からガメラの接近を同時に察知する場面がある。また、ガメラの名前はそれそのものが子供の心に希望を与える効果を持ち、人間も「ガメラ」という名前がなぜか正しい名前であると自然に思うようになるという描写も存在する[73]

ガメラシリーズ全作品リスト[編集]

映画作品[編集]

昭和版[編集]

通番 題名 公開日
第1作 大怪獣ガメラ 1965年11月27日
第2作 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン 1966年4月17日
第3作 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 1967年3月15日
第4作 ガメラ対宇宙怪獣バイラス 1968年3月20日
第5作 ガメラ対大悪獣ギロン 1969年3月21日
第6作 ガメラ対大魔獣ジャイガー 1970年3月21日
第7作 ガメラ対深海怪獣ジグラ 1971年7月17日
第8作 宇宙怪獣ガメラ 1980年3月20日

平成三部作[編集]

通番 題名 公開日
第1作 ガメラ 大怪獣空中決戦 1995年3月11日
第2作 ガメラ2 レギオン襲来 1996年7月13日
第3作 ガメラ3 邪神覚醒 1999年3月6日

新生版[編集]

通番 題名 公開日
第1作 小さき勇者たち〜ガメラ〜 2006年4月29日
ガメラ3関連作品[編集]

生誕50周年記念映像[編集]

  • 2015年 「ガメラ」生誕50周年記念映像『GAMERA』(監督:石井克人 / 出演:宮藤官九郎高橋琉晟[81]
    • 映像にはガメラギャオスのほか、もう1体の怪獣の存在が確認できる。この怪獣は、ガメラがギャオスの大群を焼き払ってから10年後、東京に現れてしなやかな巨体で這うようにして町を破壊していくだけでなく、離れた位置に建つビルを脚部とは別に背部から伸びる1対の腕から放つ不可視の衝撃波(放つ際には腕の先端が一瞬輝く)で球状にくり貫く破壊も行っている。
    • ニューヨーク・コミコン2015での初公開後は世界で話題となっており、50周年記念特設サイトも開設されている。2014年秋にKADOKAWA井上伸一郎やプロデューサーの菊池剛に依頼され、「これは大変そうだと思いつつも、こんな機会はめったにあるものじゃない」と引き受けた石井は、井上の用意したプロットではなくゴジラシリーズなどで実績を持つ都築雄二と相談して独自に作ったプロットを元に、ガメラとギャオスのほか、もう1体の怪獣のデザイン案も描いた。怪獣はすべてCGで表現されているが、石井としては「イリスと似ちゃうかもしれないという危惧もあって、けっこう悩みました」という[82]
    • 約4分強の内容の制作は、長編映画と同様の段取りに絵コンテプレビズなど、より細かな作業を経てアニメに近いものとなった。CG制作のメインにオムニバス・ジャパンを推薦した都築は、CGチームにとって面倒な作業である、厳密にパースを合わせたレイアウトの作成にこだわった。また、舞台となった六本木はCG向けのデータが揃っていなかったため、美術部とCGチームによるロケハンが何度も行われたという[83]
    • 制作当時、宮藤は自分の撮る映画の準備中だったが、石井の出演依頼を快諾したという。また、石井は完成したばかりの本作品を「今はまだ映像を客観視できない」と評しながらも、「こうすれば怪獣映画は撮れるんだなという手ごたえは感じましたね」と評している[83]

未公開・製作中止作品[編集]

  • 『ガメラ対氷人』
    • 『大怪獣ガメラ』の次回作として企画された作品。劇中に登場するはずだった「宇宙氷人」のビジュアルイメージは、同じ大映作品である『大魔神』のコンセプトイメージとしてフィードバックされた[84]
  • 『ガメラ対ガラシャープ』
    • 1971年ごろに『ガメラ対深海怪獣ジグラ』に続く8作目として企画されていた『ガメラ対双頭怪獣W』を、1991年発売のLD-BOXの映像特典として、ハイライトシーンをイラストとミニチュアによるシミュレーション映像と称して映像化した、幻の次回作。登場する怪獣は、大邪獣「ガラシャープ」と幻のNG怪獣「マルコブカラッパ」。
    • スタッフ
  • 『ガメラ』(テレビアニメ)
  • 『ガメラ3D』
    • 坂野義光による『ゴジラ対ヘドラ』に準ずる3Dのゴジラ作品が企画されたが頓挫し[87][88]、坂野が次に企画した作品として「Follow the Whales 3D」「Jewellers 3D」と共に製作が予定されていた。内容は、ガメラが「ミドラ」と呼ばれる怪獣と戦うものだが、その更に前身のプロットでは、ガメラが怪獣「孫悟空」と共に公害怪獣「ガイラ(ナマゴン)」に立ち向かうものであった[89][90]。これも頓挫し、再度坂野による3Dのゴジラ作品が企画されたが、今度はそれがハリウッドに採用され、2014年の『GODZILLA ゴジラ』となった。
  • その他
    • 詳細不明の中止になった企画[91]

ゲスト出演[編集]

  • 『ガメラ対セーラーファイター』
  • 『コスプレ戦士キューティ・ナイト』Version1.3 / Version1.0
  • 『コスプレ戦士キューティ・ナイト2 帝国屋の逆襲』
    • 「カプセル怪獣ガメラ」としてゲスト出演。

アニメ作品[編集]

漫画作品[編集]

コミカライズ作品[編集]

アメコミック作品[編集]

  • 1996年 『ガメラ:宇宙の守護神』(Gamera: Guardian of the Universe) [92]
  • 2017年 『ガメラ:最後の希望』(Gamera: The Last Hope)

ゲーム作品[編集]

  • 1995年3月3日 『ガメラ 大怪獣空中決戦』(メーカー:エンジェル
  • 1995年3月22日 『ガメラ - ザ・タイム・アドベンチャー -』(メーカー:バンダイ
  • 1995年6月30日 『ガメラ ギャオス撃滅作戦』(メーカー:サミー
    • スーパーファミコン用。ストーリー・設定は平成ガメラシリーズに基づいているが、昭和ガメラシリーズへのオマージュを含めたステージがある。登場する怪獣はガメラとギャオスのみ。プレイヤーは自衛隊の指揮官となり、ガメラ及びギャオスへの掃討作戦が成功するように指揮する(裏技を使えば怪獣も操作可能)。
  • 1997年4月25日 『ガメラ2000』(メーカー:デジタルフロンティア)
    • PlayStation用。タイトルの「2000」はゲームの舞台となる時代が西暦2000年であることから。ストーリー・設定は平成ガメラシリーズに基づいており、「世界各地で大発生したギャオスとの戦い」という映画3作目を先どったような内容である(ただし、実際の映画では2000年を待たずしてイリス覚醒などが起こっており、だいぶズレは生じている)。ゲームは画面の奥を前方と見なす3Dシューティングで、プレイヤーが直接コントロールするのはガメラではなく戦闘機。ガメラはプレイヤー機の援護役として自機のロックオンに合わせてホーミング弾を放つ。なお、2Pでガメラだけを操作することもできる。当時、同じ3Dシューティングの名作『パンツァードラグーン』に似たゲーム、と評されることが多かった。漫才コンビ「パックンマックン」のパックンが実写ムービーデモに出演している。
    • 製作はタイトーが協力し、本作品の曲はタイトーサウンドチームのZUNTATAによるもの。
  • 1998年 『The Tower II』(メーカー:OPeNBooK→オープンブック9003)。Classic Mac OSWindows用。このゲームのプラグインマップに、『ガメラ3』とタイアップした「京都駅ビル GIII」がある。
  • 1999年3月25日 『ガメラ ドリームバトル』(メーカー:セガ
    • ドリームキャストの外部メモリに、ミニゲームがバンドルされたもの。映画『ガメラ3 邪神覚醒』のタイアップ商品。
  • 2012年 『ガメラバトル』(メーカー:角川コンテンツゲート、ORATTA アイテム:課金制〈通信費は別途かかる〉)
    • GREE用:2012年1月31日。Mobage用:同年10月18日。ガメラシリーズを題材にした育成&カードバトル。
  • 2015年11月 『ガメラ対モンギア』(メーカー:セガ)
  • 2017年10月19日 『巨影都市』(開発元:グランゼーラ、発売元:バンダイナムコエンターテインメント
    • PlayStation 4用。本作品において、ガメラは人類の脅威「巨影」の一体として登場する。

小説作品[編集]

  • 1995年 『ガメラ-大怪獣空中決戦』著:伊藤和典、イラスト:開田裕治樋口真嗣、小学館 スーパークエスト文庫。1995年6月1日 初版第1刷。
  • 1995年 『ガメラVS不死鳥(フェニックス)―愛と感動の怪獣戦争(バトル)』著:高橋二三、イラスト:柳柊二、小学館 スーパークエスト文庫。1995年5月1日 初版第1刷。
  • 2006年 『僕とトトの物語—映画『小さき勇者たち ガメラ』(角川文庫、2006年発行、ISBN 4043818017)
  • 2006年 『ともだち 小さき勇者たち〜ガメラ〜』(エンターブレイン、2006年発行、ISBN 4757728050)
  • 2015年 『怪獣文藝の逆襲』
    • 井上伸一郎よる小説『聖獣戦記 白い影』に、バルゴンとジャイガーが出演するアンソロジー。日蓮と関わる存在として「玄武」も言及されている。

ソノシートのオリジナル音声ドラマ[編集]

ムック[編集]

CM[編集]

  • 1989年ごろ、カルビー『カルコーン』(後の商品名、焼きもろこし)CMに着ぐるみが出演。
  • 2010年11月より三井住友海上『GK』CMに出演。スーツは『ガメラ 大怪獣空中決戦』を元に復刻。共演は堀北真希

パチンコ・パチスロ[編集]

パチンコ
  • 以下、いずれもメーカーはサミーによる製造。
    • 2001年 『CRガメラR』
    • 2001年 『CRガメラS』
    • 2006年 『CRガメラエクストリームバトル』(型式名:CRガメラ+2X)
    • 2009年 『CRガメラTHE BATTLE PACHINKO』(型式名:CRガメラHVJ)
パチスロ
  • 以下、いずれもメーカーはフィールズロデオブランド(現在はフィールズと提携を解消)で製造。
    • 2000年 『ガメラ』(4号機)
    • 2001年 『オオガメラ』(4号機)
    • 2004年 『ガメラハイグレードビジョン』(4号機)
    • 2010年 『ガメラZS』(5号機)

ガメラマーチ[編集]

ガメラ対宇宙怪獣バイラス』以降の旧大映ガメラ映画の主題歌。ガメラの強さを歌い、頑張れと励ます内容である。当時大映専務の永田秀雅が作詞、音楽を担当していた広瀬健次郎が作曲した。演奏は大映児童合唱団、大映レコーディングオーケストラ。「大映児童合唱団」とはいうものの、実際にはその辺の子供を連れてきて歌わせたものだと監督・湯浅は語っている。歌詞は3番まであり、1番では「悪魔の虹」、2番では「殺人音波」、3番では「宇宙怪獣」が登場し、それぞれ対バルゴン、対ギャオス、対バイラスを思わせる。それぞれ、「火炎噴射攻撃」、「かみつき攻撃」、「回転ジェットによる体当たり攻撃」が技として挙げられている。

同じ作者、演奏者による「ぼくらのガメラ」も使われた。こちらはガメラの大きさ、各種の技、戦車のような強さ、「ぼくら子供達」の友達であることを歌っている。

「ガメラ」の名を付けられた古生物[編集]

20世紀末、中国において、6500万年前の地層から新種の亀の化石が発見され、怪獣ファンでもあるカナダの古生物学者リー・ヴァン・ヴェーレンによって1993年に「シネミス・ガメラ」との学名がつけられた。甲羅の後方左右についている翼状の突起物が飛行する亀を思わせたため(無論、実際には飛行するためではなく、水中を泳ぐために適応した結果の形状だと考えられている)、そこから飛行する亀=ガメラと連想したという。

また、白亜紀後期の北米から発見されている亀である「ガメラバエナ(英語版)」も、やはりガメラに因んで命名されるという経歴を経ている。

なお、とあるノドサウルス科の著名な個体の化石が「Gamera」と名付けられている(英語版)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「Friend to All Children」という表記も存在する。[3][4][5][6]
  2. ^ フェーズシックスコミックス出版の海外作品の邦題も『ガメラ:宇宙の守護神』である[7]
  3. ^ 平成3部作で見られた表記であり、2018年に『ガメラ:宇宙の守護神』の特典として収録されたマット・フランクによる『ガメラ:最後の希望』のタイトルでも踏襲されている。[8]
  4. ^ 後述の2015年の50周年記念映像公開の際に見られた表記である。
  5. ^ 平成三部作で関連付けられた概念だが、後述の小説作品である『妖怪大戦争ガーディアンズ外伝 平安百鬼譚』と『聖獣戦記 白い影』では「玄武」という呼称が専ら使われている[9][10]
  6. ^ 平成三部作および『GAMERA -Rebirth-』。
  7. ^ 妖怪大戦争ガーディアンズ外伝 平安百鬼譚[9]および『聖獣戦記 白い影』[10]
  8. ^ 英語では一般的に「he」という表現が使われ、平成三部作では草薙浅黄が「父」や「恋人」や「元カレ」に類似する感情を抱いていたり、『ガメラ3 邪神覚醒』の最終稿の一つでは浅黄がガメラへの想いを断ち切れないために人間の男性たちとの恋愛に踏み切れないという描写も考案されていた[11]。『GAMERA -Rebirth-』でも和多大輝(ボコ)がガメラに「父」の面影を見ているとされる[12]。『小さき勇者たち〜ガメラ〜』や『GAMERA -Rebirth-』でもガメラ達は卵を残す一方で本編や関連書籍では雄である様な描写がされている。一方で、『妖怪大戦争ガーディアンズ外伝 平安百鬼譚』では「老女」とされている[9]
  9. ^ ゴジラシリーズウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズなど。本多猪四郎が『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』を絶賛して高橋二三を激励したエピソードもあり[14]、昭和のゴジラシリーズの後期でゴジラがより正義の味方的な立ち位置になっただけでなく、「ミニラ」が登場したり、作風がより子供向けになり、敵怪獣もより奇抜になり、円谷英二が流血描写を嫌っていたにもかかわらず流血する場面が増えたのはガメラシリーズの影響であるという指摘も存在する[15][16][17]。また、『ゴジラ2000 ミレニアム』以降のゴジラ作品にも平成ガメラ三部作の影響が指摘されている[18]
  10. ^ ゴジラシリーズ[19]クッパマリオシリーズ[21]ポケットモンスターシリーズ[22]など。
  11. ^ ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』の「ガメラ」と「子ガメラ」、『メガトーキョー』の「ガメル」、『ザ・シンプソンズ』など、直接的なキャラクターとしてガメラが各作品の本編やオープニング映像などに登場する事例も存在する。
  12. ^ 庵野秀明(『新世紀エヴァンゲリオン』など。『GAMERA1999』も製作している。)[23]諫山創(『進撃の巨人』など)[24][25]堀越耕平(『僕のヒーローアカデミア』など)[26], 有川浩(『図書館戦争』や『クジラの彼』など)[27]山本貴嗣(『メタルマックス』など)[28]ジェレミー・ロビンソン(『ネメシス・サーガ』など)[29]藤村忠寿(『水曜どうでしょう』など)[30]など。
  13. ^ ゴジラシリーズが多大な影響を持つ北米の市場ではなくてヨーロッパの市場にビデオなどの商品展開を行う際に、欧州のバイヤーからの要望で外国人のキャストの起用が開始されたとされるが、それらのバイヤーは黒人の起用を望まなかったために黒人のキャラクターは昭和のガメラシリーズに登場せず、これが原因で大映が批判を受けることもあったとされている[15]
  14. ^ 特撮ファンが真剣に鑑賞する東宝作品とは異なり、ガメラシリーズの場合は子供たちがガメラを応援しながら「楽しく」鑑賞する「お祭り」のような雰囲気であったとされる。
  15. ^ ガメラの直接火炎を吐いたり飛行したり「破壊神ではなく感情を持つ生物」というキャラクター像、造形物の材料、特撮技術の利用方法など大映のガメラシリーズの製作面において大きく影響したとされる。
  16. ^ 村瀬継蔵によれば、『大怪獣ガメラ』以前の非東宝系の巨大生物を描いた特撮作品はやはり大映による1962年の『鯨神』しか存在しなかったため、怪獣映画が急増したことに関して六社協定の規律を破って円谷が日活松竹に助力していたことは明白だったとしている。
  17. ^ 『大怪獣ガメラ』の成功で大映は一時的に持ち直したものの、『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』のころには『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』の四分の一弱、『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』の三分の一弱の予算に減少し、その後も予算は下がり続けたとされる。怪獣のデザインや能力に関するアイディアも、予算によって大きく影響を受けたとされている。
  18. ^ 子供をあえて登場させなかった『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』の上映時に観客の子供たちが飽きて席を立つことが目立ったことに着目し、『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』以降は子供が食事を取ったり奇抜なアイディアで状況を打開し、「ガメラマーチ」をはじめとするガメラを応援するテーマソングを制作するなど、子供の観客が関心できる要素を可能な限り導入したとされている。
  19. ^ 大映の倒産を知った湯浅憲明は、悔しさのあまり残されていたガメラや敵怪獣の着ぐるみなどを壊したというエピソードが残されている。
  20. ^ 実相寺昭雄は平成ガメラ三部作にも影響を与えた『ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説』を監督している[34]
  21. ^ ガメラを「体の各部が発光・変形したり、機械音を発する生きたロボット」「人間を守ることを最初から視野に入れておらず、人類に与える被害にも無頓着に近い」「人間がアリを見るようにガメラも人間を意に介さない」「多数の人間に被害を与えかねない脅威」という面を当初から描こうとしていたり、「子供」をプロットから完全に除外しようとしたなど、主にガメラのキャラクターを巡って金子・伊藤和典と経営陣や高橋二三なども含めた昭和シリーズの関係者たちとの間には当初からさまざまな軋轢が生じていたとされる。金子と伊藤が過去にゴジラ作品を製作しようとしたが叶わず、「ゴジラのリベンジをガメラで」と考えていたことも相まって、自ら『ガメラ』の製作に志願した[15]一方で昭和版のガメラの「子供や人類の味方」や「回転しながら空を飛ぶ」という面を含めたコンセプトやキャラクター自体を最初から好んでおらず不満を述べていたなどもあり、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の制作時に金子修介が降板させられる寸前にまで関係が悪化していたと金子自身が述べている。
  22. ^ 金子たちが構想していたガメラのデザインや能力は、最初から『ガメラ3 邪神覚醒』における描写に近い物だったが、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の時点では許可が下りずに変更された。また、「体の各部の発光」「すべての四肢のヒレへの変形による高速遊泳」「ホーミング・プラズマ」「甲羅が光沢を発してギャオスの超音波メスを反射する」など、完成作品への使用が叶わなかった能力や描写も数多い。
  23. ^ 『ガメラ3 邪神覚醒』のプロット、とくに「ガメラが意図的ではないにしろ人間を殺害し、少女(子供)に憎悪の対象とされ、人類に多大な被害を与える」という面やとくに渋谷での戦闘での犠牲者の描写を好まない関係者も湯浅憲明も含めて少なくなかったとされ(湯浅は平成三部作を「あれはガメラ映画ではない」と評している)、先述の通りガメラのキャラクターを巡ってすでに『ガメラ 大怪獣空中決戦』の時点で降板寸前まで関係が悪化していた金子への不満がさらに増大したともされている。また、金子の提出した『ガメラ4』の構想は、林家しん平による自主映画の『ガメラ4 真実』に似ていたとされており、打ち切りの原因には予算面の問題だけでなく「ガメラがギャオスの大群を倒すためとはいえ大災害を引き起こして去る」という構想が許可されなかったこともあるとされている。
  24. ^ 平成モスラ三部作の好評に角川映画が注目したこともあり、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の最初期の脚本を再利用しようという方向性が高まったとされている。冒頭のアヴァンガメラとオリジナルギャオスの戦闘シーンこそ平成三部作を意識しているが、それ以外の部分では平成三部作を踏襲した作風は許可されなかったとされている。また、昭和シリーズも六社協定や予算面などの諸事情からあえて「怪獣映画らしさ」を避けていたが、本作も『ゴジラ FINAL WARS』の興行不振と平成モスラ三部作の好評を受けて、あえて「怪獣映画らしさ」を避けた作風になったとされている[15][11][33]
  25. ^ 平成三部作は特撮ファンなどからは高い評価を得た一方で、昭和シリーズとは異なり徹底的に「子供」を除外しようとしたり、徳間書店側からの要望で断片的な子供のシーンが挿入されたものの、子供はあくまでも「無力な足手まとい」として描かれ[33]、『ガメラ3 邪神覚醒』では少女(子供)がガメラを憎み多大な被害を巻き起こすという昭和とは完全に対照的なプロットがみられた。また、子供にとっては難解なプロットや描写が目立ち、それ以外にも子供が共感できる場面が存在せず、逆に子供が敬遠する様な恐ろしいシーンやグロテスクな描写なども導入されたためか、平成三部作は子供の客層の増加にはあまり貢献しなかったとされている[11][33]
  26. ^ 前述の通り、金子修介と伊藤和典は昭和のガメラのコンセプトを好まないために旧来の関係者との間に数々の軋轢が生じ、金子は自身の作風や姿勢への逆風があることを理解したうえで『小さき勇者たち〜ガメラ〜』のコンセプトに否定的な評価をしており、同時に平成三部作の方向性の正当性を主張している。
  27. ^ 大映は倒産以前も、経済的状況からビデオの配給面などにおいて「ゴジラシリーズ」との競合を避けてきたが[15]、倒産以降は新作の製作自体にも「ゴジラシリーズ」との競合を避ける傾向がみられ、1980年の『宇宙怪獣ガメラ』や2006年の『小さき勇者たち〜ガメラ〜』は『メカゴジラの逆襲』や『ゴジラ FINAL WARS』の興行結果の不振によって東宝がゴジラ作品の製作を休止していたことを受けて製作された[15][33]。また、平成ゴジラシリーズは本来は『ゴジラvsメカゴジラ』や『ゴジラvsスペースゴジラ』を最終作と予定されており、平成ガメラ三部作の製作が開始された時期も合致していた[11]。2015年がガメラの生誕50周年であったが新規の映画作品は製作されておらず[37]、一方で「ゴジラシリーズ」は2014年からはじまった『モンスター・ヴァース』など劇場公開および定額制動画配信サービスの両方において継続的に展開されており、Netflixにおいても『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』が2021年に配信されていた。
  28. ^ 実在のカメにおいては、牙や歯の生えているものは確認されていない。
  29. ^ ただし、昭和版では、眼の色が黄色で血管も赤く描写されていた。
  30. ^ 『GAMERA -Rebirth-』の『おでかけ子ザメ』とのSPコラボにておにぎりを食べている描写がある。
  31. ^ 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』においてバルゴンの虹光線に接近した際など、高速で回転している場面もある。
  32. ^ 『平安百鬼譚』においては下顎に長い牙を持つなど明確にガメラの姿として描写され、火球と回転ジェットと両脚からのジェット噴射による飛行も披露している。「ガメラ」という名前こそ言及されていないが、「玄武」自身が「かつては玄武と呼ばれたこともあった」と発言し、太郎坊も「玄武であるが玄武以外の存在でもある」と表現している。一方で、「玄武」を応援する妖怪の喧騒や、妖怪や人間が初めて見るはずの「玄武」の姿と能力になぜか懐かしさと親しみを覚える場面では、歴代のガメラ作品の主題歌である「ガメラマーチ」「ガメラの歌」「神話」と「ゲゲゲの鬼太郎の歌」の歌詞がそれぞれ導入されている。
  33. ^ 『聖獣戦記 白い影』では、バルゴンとジャイガーがそれぞれ「青竜」と「白虎」として登場し、終盤で「玄武」の存在が確認されている。この中で、(「白虎」がどこかにもにも見えると登場人物は述べているが)ジャイガーの名前は実際に作中で使われ、バルゴンは「青竜」という呼称のみが使われているが、姿の描写と背中から発射する虹光線の能力がバルゴンと合致している。
  34. ^ 『平安百鬼譚』においては、大江山とその周囲から出現した「玄武」の霊体がと戦うために物質化現象を経て実体化し、その際に人間の言葉を話す謙虚で恥ずかしがりな「老女」として描かれており、前述の通り、妖怪も人間も初めてみるはずの玄武の姿や能力になぜか幼少時から知っているような懐かしさと親しみを覚えるという描写がされている。
  35. ^ 『聖獣戦記 白い影』では各怪獣は普段は霊的な存在(神)として扱われ、勾玉を介して特定の人間を各怪獣が契約者として選び、彼らに超人的な身体能力などを授け、契約者が怪獣を実体化した存在として召喚することもできる。各怪獣は本来は神聖な存在であるが、怪獣の力を破壊的な行為などに使うと世界を「霊的」に汚染するともされ、怪獣の実体化には契約者の体力や生命力を大きく費やすために契約者には命の危険が伴う。また、「青竜(バルゴン)」は翼を持たずに飛行し、「白虎(ジャイガー)」は嵐や雷などの天候を操作し、「青竜」の虹光線で倒された際にあるはずの「白虎」の死骸が忽然と消失している。「玄武」は契約者である日蓮に時間を停止させる能力を授けており、日蓮は元寇の最中の「青竜」と「白虎」の戦いで生じた霊的な「穢れ」を浄化するために動くことが示唆された。
  36. ^ 書籍『空想科学読本』では、その密度空気の2倍と計算されてしまった[41]
  37. ^ アルケロンを祖先に持つ。
  38. ^ 第1作には、ガメラの名前が出ただけでエスキモー集落の子どもたちが一目散に逃げるシーンがある。
  39. ^ 第2作である『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』でも、撮影こそされなかったがガメラがバルゴンの被害を受けて凍らされた大阪の人々を救うという絵コンテが用意されていたとされる[16]
  40. ^ 未制作に終わった『ガメラ対ガラシャープ』では、ガメラはガラシャープの子供たちを助けることが予定されており、『ガメラ対大魔獣ジャイガー』でも、ジャイガーの攻撃によって行動不能になる直前にガメラが水際に四つん這いに立って口を開けたのは、ジャイガーの幼生を口から太平洋に逃がす意図があったのではないかという説が掲載されている。
  41. ^ 市街地やコンビナートや船舶などを攻撃するとエネルギー源となる火災爆発漏電などが発生し、市街地などを攻撃することで自身への軍事作戦を誘発させ、火器によってさらに熱エネルギーを吸収できるとされている。
  42. ^ ガメラは巨大で恐ろし気な見た目をしており、途方もない戦闘力や超常的な生態を持ち、人間に好意的であることや人間を災害や他の怪獣から守ろうとすること、人類にとって生命線である熱エネルギーや電気などをエネルギー源とするために、人間に近づいたり文明に悪影響を与える可能性がある。そのために、人々は(自分たちを守ろうとしている姿を誤解して)ガメラを恐れたり、エネルギー源を奪う「害獣」と見なした。ある時、ガメラは子供を助けるために(または当時は北極圏にあったアトランティスの都市のエネルギーに惹かれて)北極圏に飛来したが、寒さによって熱エネルギーを消耗したことと、付近に火山などが一切ないためにアトランティスのエネルギーを摂取しようとした。エネルギー源を死守するためにアトランティスはガメラを追い払おうとしたが、陸海空を移動したり兵器を使用しても喜ぶだけのガメラには有効打がなく、(「Z計画」と同様に)ガメラを「隔離」することを決定した。後日、アトランティス人はガメラを氷原におびき寄せて罠を発動してガメラを氷の下に閉じ込め、体内の熱エネルギーが常に奪われ続けたガメラは、北極圏の弱い太陽光と赤外線を吸収する氷の特性や、地球寒冷化も相まって形成された氷床から脱出する体力を得られずに冬眠したとされている。
  43. ^ 「大人と異なり、子供は常にガメラを信じ続ける」という構図は後の作品群でも見られるようになった。
  44. ^ 『大怪獣ガメラ』における俊夫とペットのミドリガメの「チビ」とガメラの描写と類似している。『小さき勇者たち〜ガメラ〜』でもこれを踏襲したプロット上の特徴が見られる。1932年の小説である『キング・コング』におけるアン・ダロウとペットの猿のイグナチオとキングコングとの対比性が指摘されている[16]
  45. ^ 後年の平成ガメラの世界には、カメに相当する生物が恐竜と共に絶滅したという設定になっている。
  46. ^ 第5作では、鉄棒の二段跳びという芸当を見せている。
  47. ^ または「火焔噴射」[49]
  48. ^ a b 特技監督の樋口は『スクリーン』誌のインタビューの際、「この世界には、カメという生き物はいない」と語っている[要文献特定詳細情報]。平成三部作に関してはカメという単語は出てこない。
  49. ^ 『ガメラ3 邪神覚醒』ではガメラとイリスが京都駅ビルの吹き抜け空間の中で対峙しており、これは怪獣映画史上初の“巨大怪獣による屋内での対決シーン”となった。実際の京都駅ビルの吹き抜け空間の内法は、高さ約50メートル。
  50. ^ 宇宙では亜光速。マッハ9で飛ぶとされるイリスに追い付きかけた場面もあった。
  51. ^ ただし、体重120トンは、現地球上最大の動物シロナガスクジラ(160-190トン)よりも軽い。
  52. ^ 『ガメラ3 邪神覚醒』では、沖ノ鳥島沖の深海に多数のガメラの骨が発見される。この「ガメラの墓場」にある遺骨は、マナを受け止める器にはなれなかった物として“失敗ガメラ”と通称される。
  53. ^ 2』では「ガメラが地球を守るために人類と敵対する可能性」も示唆された。
  54. ^ 『平成ガメラパーフェクション』の260頁では「とても文字では表せない最後のたった一発の火球」と表記されている。
  55. ^ Moo.念平の漫画作品
  56. ^ 『3』の渋谷戦にて、空中のギャオス・ハイパーがガメラの火炎攻撃を連続して避ける場面では、他の場面とは異なり「プラズマ火球」の形状が熱線のような直線的で火球状ではない。
  57. ^ 小説版の一つでは、映画と同様に体高30メートルとされるトトよりも、アヴァンガメラは明確に大きかったと描写されている[65]
  58. ^ 体高と同様に、小説版の一つでは映画と同様の大きさを持つトトよりも、アヴァンガメラは明確に大きかったとされている[65]
  59. ^ 『ガメラ 大怪獣空中決戦』の初期稿であり『小さき勇者たち~ガメラ~』の原案であった「小中ガメラ」でも、ガメラとギャオスの体長が卵大、1メートル、8メートル、20メートル以上と類似した大きさの変動になっている[66]
  60. ^ 小説版の一つでは、アヴァンガメラは人間たちを守って彼らが山に逃げる時間を稼いで戦闘に巻き込まないために、あえてオリジナルギャオスに対して火球を使わずに体当たりでギャオスを誘導していたとされる[65]
  61. ^ 平成シリーズと同じ視力。
  62. ^ 昭和ガメラの高熱筋肉に似る。
  63. ^ 平成シリーズのテレパ・ブレインに似る。
  64. ^ ただし、劇中で麻衣が透に手渡した資料(ウェブページのプリントアウト)には、飛行することが書かれている。
  65. ^ 技名は一般公募であり、最終候補には「ガメラバズーカ」「ガメラダマ(牙滅羅魂)」「ガメバウアー」「ととんぱー」「トト勇気球」「アースボール」「ブラストキャノン」「ド根性ファイヤー」「ちょい悪火球」「じばくと思わせるビーム」「アルファベータ・ガメラ」「アステカ」などが存在した[68]。また、火球の様相は『スタートレック』シリーズの「光子魚雷」に着想を得ている[33]
  66. ^ ジーダスの切断された舌が一瞬で燃え尽きた。
  67. ^ 角川の当初の要請は100m以上だったが、東京の路地に立つのに大きすぎると石井が感じたために変更された。
  68. ^ ニューヨーク・コミコン限定のTシャツのラフスケッチには、「地属神」という表記や動く岩山のような説明が書かれている。
  69. ^ ガメラ2の札幌でのハイ・プラズマとは異なり、人間が立っていられないほどの暴風は起きていないが、周囲の物が吸い寄せられる強風が発生していた。
  70. ^ ガメラとギロンの戦いは「侍vs忍者」と表現されており、各々の象徴する武装が盾と刀だが、両者とも手裏剣の意匠を持つ能力を持つ。
  71. ^ 平成三部作のガメラとアヴァンガメラも体重が10倍差になっている。しかし、体高35メートルで体重1,200トンとされるアヴァンガメラと比較すると、体重比はかなり軽い。
  72. ^ 石井克人も本作にガメラのデザイナーとしてクレジットに含まれている。
  73. ^ 劇中で未使用に終わったが、後にイベント用の着ぐるみに採用されたトトの眼のカラーリングに類似している[71]
  74. ^ ガメラが電気をエネルギーとする設定は昭和から存在し、ガメラ自身が帯電するという設定自体も上記の通り昭和(電気トゲ)および平成3部作(プラズマ火球)に存在するが、これまでは作中で視覚的な効果が描写されることはなかった。
  75. ^ 『ガメラ 大怪獣空中決戦』の絵コンテにも、プラズマ火球の発射時に目の付近や首元が発光するというアイディアが存在した[74]
  76. ^ 平成3部作のプラズマ火球も、超放電現象という設定がされている。また、『小さき勇者たち〜ガメラ』の「トトインパクト」も同様に胸部が発光する。
  77. ^ 平成三部作版や「CRガメラ」シリーズのバニシング・フィストと同様に英語表記は「Vanishing Fist」である。また、腕の発光の様相は『小さき勇者たち〜ガメラ』の「トトインパクト」にてジーダスの舌を焼却する場面と類似している。
  78. ^ 『ガメラ 大怪獣空中決戦』でも、甲羅に光沢を発生させてギャオスの超音波メスを反射させる能力が考案されていた[75]
  79. ^ 平成3部作の「シェルカッター」や『ガメラvs.不死鳥』で見せた甲羅の縁を刃物上に変形させて回転ジェットで対象を真っ二つにする技、平成3部作で予定されていた甲羅を変形させてジェットが光のリングを形成する回転ジェットとの類似性が強い[76]
  80. ^ 平成三部作のプラズマ火球の別名である「烈火球」と類似した漢字表記である。
  81. ^ 設定資料集では「ガメラボール」とも表記されている。
  82. ^ 『小さき勇者たち~ガメラ~』におけるアヴァンガメラの自爆とトトの卵、企画段階では光線攻撃であることも考慮されたトトの「トトインパクト」、『ガメラ2 レギオン襲来』におけるガメラが炭化する描写に通じる。光輪が伴うのは、未制作に終わったアニメ作品の火炎噴射に付属する「ファイヤーリング」と類似しており[77]、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の初期稿であり『小さき勇者たち~ガメラ~』の原案であった「小中ガメラ」でも、「古代文明の海中遺跡から発見されたガメラの卵」が遺物状の形状であったり、「青白い火炎噴射」を発する場面が存在する[78]
  83. ^ 『ガメラ対大魔獣ジャイガー』でもガメラがジャイガーの尻尾を掴んで叩きつける場面があるが、ジャイガーの四肢に逆に持ち上げられた場面がある。
  84. ^ 平成三部作のエルボークローに近い形状の肘の突起も考案されていた。
  85. ^ バイラス戦時には、エミコ・メルキオリも「死に損ないの分際」とガメラを罵倒していた。
  86. ^ 平成三部作で実現できなかった、後ろ脚もヒレに変形させる高速水中形態[79]も企画されていた[80]
  87. ^ このような描写はこれまでは見られなかったが、50周年記念映像のガメラも飛行時に甲羅から「ブースター」を噴出するという設定がされている。
  88. ^ 劇中では未使用だが、頭部を収納する形態や前腕からもジェットを噴射する形態も存在する。
  89. ^ 『ガメラ 大怪獣空中決戦』の初期稿であり『小さき勇者たち~ガメラ~』の原案であった「小中ガメラ」でも、子供たちに古代文明の記憶を夢で共有する場面が存在する[66]

出典[編集]

  1. ^ Ragone 2020, 05:11.
  2. ^ Galbraith IV 2008, p. 395.
  3. ^ Amaya, Erik (2015年10月9日). “NYCC '15: Gamera Is Still The Friend Of All Children In New Trailer”. Bleeding Cool. Avatar Press. 2019年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Kalat 2010, p. 178.
  5. ^ Hurtado, J. (2011年12月14日). “Gamera Trilogy Blu-ray Review”. Screen Anarchy. 2019年7月7日閲覧。
  6. ^ Chapman, Paul (2015年4月4日). “Be a Friend to All Children with a Gamera Vinyl Figure”. Crunchyroll. 2019年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Gamera Trilogy Blu-ray: Gamera: Guardian of the Universe, Gamera 2: Attack of Legion, Gamera 3: Revenge of Iris”. Blu-ray.com (2011年9月27日). 2019年7月7日閲覧。
  8. ^ ガメラ:宇宙の守護神(通常カバー)
  9. ^ a b c d 峰守ひろかず, 渡辺雄介, 2021年,『妖怪大戦争ガーディアンズ外伝 平安百鬼譚』, 265-271頁, メディアワークス文庫
  10. ^ a b c 井上伸一郎, 2015年, 『聖獣戦記 白い影』, 294-305頁, 怪獣文藝の逆襲, 角川書店
  11. ^ a b c d e f g 電撃ホビーマガジン編集部, 2014年, 平成ガメラ パーフェクション, 75頁, 80頁, 87頁, 159頁, 184頁, 196-199頁, 201-205頁, 213頁, 237頁, 247頁, 250頁, 252頁, 261-264頁, KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r GAMERA Rebirth製作委員会, 2024年01月29日, 『GAMERA -Rebirth- 公式設定資料集』, 9頁, 18-25頁, 57頁, 60-65頁, KADOKAWA, ISBN:9784041138410
  13. ^ 大映『ガメラ画報 大映秘蔵映画五十五年の歩み』竹書房〈B media books special〉、1996年、ISBN 4812401666
  14. ^ Galbraith IV, Stuart, 2020年, Gamera vs. Gyaos Audio Commentary, 01:25:02,アロー・フィルムズ
  15. ^ a b c d e f g h i j k l 唐沢俊一, 2006年04月14日,『ガメラ創世記 -映画監督・湯浅憲明-』, 20頁, 64-67頁, 83頁, 92-96頁, 111-113頁, 124頁, 135頁, 143頁, 219頁, 266-268頁, 273-274頁, 281-286頁, 291-292頁, 295-303頁,エンターブレイン
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m OMEGA遊撃隊, 徳間康快(発行者), 1995年, 強いぞ!ガメラ, 14-25頁, 32-39頁, 170-175頁, 194-197頁, 徳間書店
  17. ^ Ryfle, S. (1998). Japan's Favorite Mon-Star: The Unauthorized Biography of the Big G. Toronto: ECW Press. pp. 139–43. ISBN 1550223488. https://archive.org/details/japansfavoritemo0000ryfl/page/139 
  18. ^ G. H. (Gman), March 15, 2014, Remember When Godzilla "Ripped Off" Gamera?, Scified
  19. ^ a b キネマ旬報, 2014年7月下旬号, No.1666, 48頁, ASIN B006CDA5BI
  20. ^ 樋口真嗣、山崎貴監督と熱いゴジラトーク『ゴジラ-1.0』に期待と嫉妬「ゴジラ映画やれていいな」
  21. ^ 本山一城, 1992年, スーパーマリオ, 第7巻, 講談社
  22. ^ ポケットモンスター公式フェイスブックアカウント, 2021年, Scorbunny snuggling up to Torterra... Machamp flexing... Tyrantrum throwing a tantrum... There are so many unique Pokémon moments to experience in the Lental region!
  23. ^ 長山靖生, 2021年01月15日, 『進撃の巨人』にそっくり!? 実現しなかった『エヴァンゲリオン』幻の完全新作劇場版, 文春オンライン
  24. ^ マガジンハウス, 2014年11月, BRUTUS, No.790, p.96
  25. ^ Hajime Isayama
  26. ^ ガイガン山崎, 2016年06月19日, 堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』インタビュー 師弟関係の描写はあの映画からの影響大!! そして今後の展開でデクたちの“アレ”が変わる……!?, このマンガがすごい!
  27. ^ 吉田大助, 2017年11月23日, 有川浩作品の原点は『ガメラ』と『大脱走』?, ダ・ヴィンチ
  28. ^ 山本貴嗣, 2023年11月27日, 何度目かの再掲になりますが、私の流血のダメージを負いながら最後は逆転勝利するヒロインの原典の一つがガメラです。それも昭和のガメラですね。ギャオスには切り刻まれバイラスには串刺しになってました。あれを美女で描いているだけです。画像は昔某同人誌に寄稿したカットです。
  29. ^ Jacob Lyngle, 2023年10月25日, Interview: Jeremy Robinson, Kaiju United
  30. ^ DVD第20弾「東京2泊3日70km/マレーシア・ジャングル探検」の全容
  31. ^ ハタフミノブ, 2022年12月11日, 俺はお前を待っていた!Netflixで復活の大怪獣ガメラ、その歩みと新作への期待, IGN
  32. ^ a b 石井博士ほか『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、212 - 214頁。ISBN 4766927060 
  33. ^ a b c d e f g h i j KADOKAWA(アスキー・メディアワ) 、2006年, 『小さき勇者たち~ガメラ~ 公式ガイドブック』, 13-15頁, 18-19頁, 25頁, 32-38頁, 42-44頁, 50-57頁, 62-66頁, 99頁, 電撃ムックシリーズ
  34. ^ 東京国際映画祭, 2019年, 『ガメラ』脚本家・伊藤和典、幻の金子修介版「ウルトラQ」について明かす
  35. ^ a b 竹之内円, 2021年01年28日, 金子修介監督、平成ガメラ三部作を語る!令和ガメラにも「やる気十分」, MOVIE WALKER PRESS
  36. ^ ガメラ生誕50周年記念特別サイト”. 2015年10月9日閲覧。
  37. ^ a b c d 東京が大炎上して大爆発する中でガメラがプラズマ火球を発射する超ド迫力の50周年記念映像「GAMERA」SHORT VER.”. GIGAZINE (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  38. ^ ガメラ、復活――。『GAMERAガメラ -Rebirthリバース-』製作決定!”. GAMERA -Rebirth- 公式サイト. 2022年11月17日閲覧。
  39. ^ Netflix Japan [@NetflixJP] (2023年9月7日). "◆配信開始 Netflixシリーズ『GAMERA -Rebirth-』…". X(旧Twitter)より2023年9月7日閲覧
  40. ^ 妖怪大戦争ガーディアンズ外伝 平安百鬼譚 – 齢70歳の安倍晴明が登場! ラスボスとのバトルには玄武(亀)が火炎を吐き、回転しながら空を舞う…って!ガメラ登場か。
  41. ^ 柳田理科雄「第一部 設定からしてトンデモない! 怪獣の身長と体重 ゴジラ2万t・ガメラ80t、科学的に適切な体重はどちらか?」『空想科学読本1』メディアファクトリー〈空想科学文庫〉、2003年7月23日、31頁。ISBN 978-4-8401-0816-4 
  42. ^ McCarthy, Todd (1995年9月4日). “Gamera: The Guardian of the Universe”. Variety. 2019年7月16日閲覧。
  43. ^ Coffel, Chris (2018年3月23日). “Attack of the 37 Big Monster Movies”. Film School Rejects. 2019年7月16日閲覧。
  44. ^ ザテレビジョン, 2014年07月15日, 映画「GODZILLA」出演の渡辺謙、実は“ガメラ派”だった!?
  45. ^ Blanco, Alvin Aqua (2013年7月13日). “Pacific Rim Director Guillermo Del Toro's Top 5 Kaiju Films”. Hip Hop Wired. 2019年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月27日閲覧。
  46. ^ a b c d e f g ガメラデータ 昭和ガメラ”. ガメラ公式ホームページ. 角川ヘラルド映画. 2007年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月21日閲覧。
  47. ^ 寺沢健一郎, 破李拳竜, 1995年, 大怪獣ガメラ(マンガボーイズ・コミックス・スペシャル), 徳間書店
  48. ^ a b c d e @skull_bearの2016年9月5日のツイート2020年12月21日閲覧。
  49. ^ a b c d 朝日ソノラマ, 1967年,『〈ソノシート〉大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』, 「これが二大怪獣の解剖図解だ!」
  50. ^ 怪獣怪人大全集ゴジラ2 ケイブンシャ (1972年)
  51. ^ http://pinktentacle.com/2011/01/illustrated-anatomy-of-gamera-and-foes/
  52. ^ atomic-crusader, 2015年, Gamera vs Viras anatomy, Tumblr
  53. ^ 平成ガメラ - ウェイバックマシン(2008年6月19日アーカイブ分) - ガメラ公式ホームページ
  54. ^ “金子修介監督、平成ガメラ三部作を語る!令和ガメラにも「やる気十分」 - 2ページ目”. MOVIE WALKER PRESS (ムービーウォーカー). (2021年1月28日). https://moviewalker.jp/news/article/1016329/p2 2021年2月25日閲覧。 
  55. ^ 『ガメラ 大怪獣空中決戦』ガメラ永久保存化プロジェクト”. うぶごえ. 2023年12月22日閲覧。
  56. ^ 『特撮のDNA/平成ガメラ3部作展』クラファンで蘇ったガメラが一般公開!」『マイナビニュース』マイナビ、2022年7月22日。2022年7月22日閲覧。オリジナルの2022年8月1日時点におけるアーカイブ。
  57. ^ 蘇ったガメラにギャオス、レギオン、イリスまで!「特撮のDNA/平成ガメラ3部作 展」ファン垂涎の展示内容”. MOVIE WALKER PRESS (2022年8月13日). 2023年12月22日閲覧。
  58. ^ 電撃ホビーマガジン編集部, 2014年, 平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS), 14-16頁, ISBN 4048918818, KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  59. ^ 「ガメラコラボイベント」特設サイト 戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED”. ブシモ. 2020年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月25日閲覧。
  60. ^ ブシロードとポケラボ「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」にて、「ガメラ」とのコラボイベント「ガメラ 大怪獣絶唱」を配信開始!コラボ限定シンフォギアカードも初登場!』(プレスリリース)ブシロード、2020年11月30日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003621.000014827.html2021年1月25日閲覧 
  61. ^ マット・フランク, 2017年, 『ガメラ:最後の希望』, 14頁, フェーズシックス出版
  62. ^ a b 「ガメラ2第一稿についてのサシデガマシク分不相応な意見」『ガメラ2 レギオン襲来 完全解析』辰巳出版〈アソコンブックス〉、1997年。ISBN 4886411630 
  63. ^ 平成ガメラパーフェクション, 252頁, 261-268頁
  64. ^ a b c d e f g h i j k l m n パンフレット 2006, 「これはびっくり!!大怪獣ガメラ完全解剖図」
  65. ^ a b c d 龍居由佳里, 2006年, 僕とトトの物語―映画『小さき勇者たち ガメラ』, 13頁, 113頁, 133頁, 143頁, 角川書店
  66. ^ a b 平成ガメラパーフェクション, 240-243頁
  67. ^ a b c d e f 「ガメラ、ジーダス、二大怪獣ひみつ図解」『小さき勇者たち〜ガメラ〜超全集』小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2006年。ISBN 4-09-105108-1 
  68. ^ 平成ガメラパーフェクション, 283頁
  69. ^ 宇宙船』第151号、ホビージャパン、91頁、ISBN 978-4798611471 
  70. ^ a b ムービーモンスターシリーズの商品タグより
  71. ^ 平成ガメラパーフェクション, 143頁, 150頁
  72. ^ a b 宇宙船YB2024 2024, p. 31, 「GAMERA -Rebirth-」
  73. ^ a b c d e 瀬下寛之, じん, 2023年,『小説 GAMERA -Rebirth- (上)』, 82頁, 99-102頁, 107頁, 141頁, 182頁, 196-197頁, 251-252頁, 268頁, KADOKAWA
  74. ^ 平成ガメラパーフェクション, 250頁
  75. ^ 平成ガメラパーフェクション, 252頁
  76. ^ 平成ガメラパーフェクション, 99頁, 267頁
  77. ^ a b 米たにヨシトモ, 2023年08月19日, 2006年の没企画「牙滅羅(ガメラ)」, Twitter (X)
  78. ^ 平成ガメラパーフェクション, 99頁, 243頁
  79. ^ 平成ガメラパーフェクション, 247頁
  80. ^ ガメラの『水中航行形態』初期スケッチを使用したポストカードをお渡し決定
  81. ^ ガメラ生誕50周年記念特別サイト”. KADOKAWA. 2015年11月4日閲覧。
  82. ^ 用田邦憲 (2015年11月2日). “ガメラ50周年映像を手がけた石井監督を直撃(前編)”. ニュースウォーカー. KADOKAWA. 2021年10月17日閲覧。
  83. ^ a b 用田邦憲 (2015年11月2日). “ガメラ50周年映像を手がけた石井監督を直撃(後編)”. ニュースウォーカー. KADOKAWA. 2021年10月17日閲覧。
  84. ^ 高貴準三 編「chapterIII 大魔神の章(1966) 『大魔神』」『ガメラ画報 大映秘蔵映画五十五年の歩み』竹書房〈B media books special〉、1996年7月19日、85頁。ISBN 4-8124-0166-6 
  85. ^ アニメ!アニメ!, 2005年, 角川Gとカートゥーンネットが『ガメラ』をアニメ化(10/29)
  86. ^ ICv2, 2005年11月01日, CARTOON NETWORK LICENSES 'GAMERA'
  87. ^ (February 9, 2006).Update: Godzilla 3D to the Max Monster Zero
  88. ^ (February 19, 2006).GODZILLA - 3D TO THE MAX Kensforce. Retrieved June 18, 2017
  89. ^ Yoshimitsu Banno to turn Gamera into an environmentalist! Will shoot in 3D?
  90. ^ See these guys? At one point they were meant to... - Corroded Vault
  91. ^ a b 鈴村展弘, 2023年11月28日, 好きですガメラ。先輩の田﨑竜太監督の小さき勇者たちも好きだし、昭和も平成3部作も好き。我が師匠が撮る予定だったガメラが中止なったのは残念だった。。。#ガメラの日, Twitter (X)
  92. ^ ガメラ:宇宙の守護神”. フェーズシックス. 2021年1月25日閲覧。
  93. ^ 「ガメラ」と『モンスターギア』がコラボ!歴代怪獣襲来イベントやコラボギアが登場!
  94. ^ 「11月27日ガメラの日」に予約開始!『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』ガメラがPVC製塗装済完成品フィギュアとなって登場!
  95. ^ てれびくん【公式】アカウント
  96. ^ 大橋明, 2023年11月27日, #特撮見たことない人が嘘だと思うけど本当の事言え 僕の人生に影響を与えてくれた存在 #ガメラ #ブルース・リー のお誕生日🎂僕が演じたG2ガメラにはブルース・リーのイメージも実は入っている。ポーズを見れば分かると思う, X
  97. ^ 角川大映スタジオ(※施設見学不可)
  98. ^ 11/17~11/30ゲゲゲ忌2023開催!
  99. ^ 「映画のまち調布」応援キャラクター
  100. ^ Skarda, Erin (25 July 2011). “Meet Gamera, the All-Terrain Tortoise With a Wheel for a Leg”. Time. http://newsfeed.time.com/2011/07/25/meet-gamera-the-all-terrain-tortoise-with-a-wheel-for-a-leg/ 2019年7月16日閲覧。. 
  101. ^ Gamera”. WSU University Veterinary Teaching Hospital. Washington State University (2011年7月30日). 2019年7月16日閲覧。
  102. ^ Friends bid goodbye to well-traveled amputee tortoise”. WSU Insider. Washington State University (2014年6月4日). 2019年7月16日閲覧。
  103. ^ 映画秘宝 2021年 4月号
  104. ^ 平成ガメラ パーフェクション, 2014年, KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  105. ^ 小中千昭 (Chiaki J. Konaka), 2018年, という事をここに書いているのは、以前にも書いたけれど、テイマーズの1~3話は設定などは全然違うものの、小中兄弟版ガメラのエッセンスが濃厚に入っている。だからもしこの映画が成立していたら、テイマーズは生まれなかったとも言える。, Twitter
  106. ^ キネマ旬報, 2014年7月下旬号, No.1666, 48頁
  107. ^ 映画秘宝, 2019年 7月号, 2頁

参考文献[編集]

  • 映画パンフレット
    • 『小さき勇者たち〜ガメラ〜』パンフレット 2006年4月29日発行 / 編集/発行:松竹株式会社
  • 「宇宙船vol.184特別付録 宇宙船YEARBOOK 2024」『宇宙船』vol.184(SPRING 2024.春)、ホビージャパン、2024年4月1日、ISBN 978-4-7986-3486-9 

外部リンク[編集]