一峰大二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一峰 大二
本名 寺田 国治
生誕 1935年12月19日
日本の旗 日本東京都荒川区
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1956年 -
代表作 ウルトラマン
スペクトルマン
電人アロー
受賞 第34回日本漫画家協会賞特別賞
テンプレートを表示

一峰 大二(かずみね だいじ、1935年12月19日 - )は、日本漫画家。本名:寺田 国治(てらだ くにはる)。

略歴[編集]

東京都荒川区出身。絵物語作家、岡友彦の弟子を経て、1956年に『からくり屋敷の秘密』でデビュー。1960年代から1970年代にかけて、多くの特撮ヒーロー作品のコミカライズを手がけており、特にピー・プロダクションの作品の大半を漫画化している。中でも『スペクトルマン』への思い入れは強く、1999年角川書店から復刻された単行本に加筆を施したり、2006年には後日談を発表したりしている。

桑田二郎は兄弟子にあたる。

ウルトラシリーズの漫画化の際には、テレビでは描かれない怪獣が多数登場することが多かった。

2005年、『画業半世紀一峰大二大全集』で第34回日本漫画家協会賞特別賞を受賞。

電エース ザ・ファイナル〜気楽に生きよう〜』に本人役で出演している。

2008年制作の『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』の陣中見舞いに訪れ、スタッフに感激されている[1]

主な作品[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇宙船』(ホビージャパン)2008年8月号より
  2. ^ 『劇画・マンガ家オール名鑑』(徳間書店)183頁
  3. ^ 堀川の単行本『快感ビデオGAL』(サン出版)表2より