井上伸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 伸一郎
(いのうえ しんいちろう)
生誕 (1959-01-28) 1959年1月28日(58歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 早稲田大学第二文学部(中退)
職業 (株)KADOKAWA代表取締役専務

井上 伸一郎(いのうえ しんいちろう、1959年1月28日 - )は日本の編集者実業家東京都出身。早稲田大学第二文学部中退。角川映画元取締役、角川プロダクション元社長、角川書店代表取締役社長、富士見書房取締役会長等を歴任。

現在、KADOKAWA代表取締役専務[1]角川ゲームス取締役。

経歴

早稲田大学第二文学部在学中の1980年、『アニメック』11号よりアルバイトの立場で副編集長に就任。記名記事においては馬力の記号)と表記。

編集業が多忙なため大学を中退し[2]、『アニメック』を発行するラポートに就職するが独立、フリーの編集としてテレビ雑誌『ザテレビジョン』のアニメーション記事を担当。1985年よりアニメ雑誌月刊ニュータイプ』の創刊に副編集長として参加、1987年に角川書店の子会社で『月刊ニュータイプ』を発行するザテレビジョン社へ正式に入社し、1991年に同誌編集長に就任。1993年、ザテレビジョン社が角川書店へ吸収合併。以後、女性情報誌『Chou Chou』、漫画雑誌月刊少年エース』等の創刊編集長などを歴任[3][4]

『アニメック』から『月刊ニュータイプ』を通じて、従来の声優に対して「キャラクターの声」という意味のキャラクター・ボイス(CV)という造語を提唱した[5]

NHK-BS2で放送されるアニメ特番には知恵袋的存在として15年以上も長く出演し『金曜アニメ館』では、王子役のふかわりょうと、その妹役の池澤春菜豊口めぐみ柚木涼香に対し、執事役の「執事の伸一郎さん」として親しまれる。

2000年、角川書店アニメ・コミック事業部長就任[3]2007年、角川書店のグループ持株会社化に伴う角川書店(新社)の代表取締役社長に就任する。

テレビ出演

コメンテーターとして

  • BSアニメスペシャル (NHK BS)
    • ロボットアニメのヒーローたち
    • 少女アニメのヒロインたち
    • 空想動物アニメのヒーローたち
    • スポコンアニメのヒーローたち
    • ギャグアニメのヒーローたち
    • テレビアニメ30周年 藤子・F・不二雄の世界
  • 金曜アニメ館(NHK BS)
  • BSアニメ夜話

俳優として

WEB出演

著作

  • MAMORU MANIA(TOYS PRESS)1996年12月20日発行、永野護について語ったエッセイ
  • 「聖獣戦記 白い影」(『怪獣文藝の逆襲』所収。2015年3月30日、角川書店)

脚注

  1. ^ “代表取締役の異動並びに役員人事に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 角川グループホールディングス, (2013年3月28日), オリジナル2013年4月18日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130418094313/http://www.kadokawa-hd.co.jp/topics/20130328_crdinfo.pdf 2017年8月24日閲覧。 
  2. ^ 『キネ旬ムック BSアニメ夜話Vol.02 機動戦士ガンダム』 キネマ旬報社2006年、34頁。ISBN 978-4873766355 本人の発言による。
  3. ^ a b 「出演者紹介」『キネ旬ムック BSアニメ夜話 vol.1 ルパン三世カリオストロの城』 キネマ旬報社、2006年、25頁。ISBN 978-4873766232
  4. ^ 安藤健二 『封印作品の憂鬱』 洋泉社2008年、281 - 284頁。ISBN 978-4873766232
  5. ^ 小牧雅伸 『アニメックの頃… 編集長(ま)奮闘記』 NTT出版2009年、210頁。ISBN 978-4757142169

外部リンク