破李拳竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

破李拳 竜(はりけん りゅう、本名:宮田英実、1958年1月22日 -)は日本の漫画家スーツアクター栃木県出身[1]

なお、破裏拳 竜と表記されることもあるが、これは誤り。

来歴[編集]

1976年千代田デザイナー学院に入学。同校に在学していた平野俊貴千之ナイフ金田益実らと知り合う。授業は真面目に受けず、友人の持ってきた超合金の玩具で遊んでいた。

1977年、佐藤プロダクションに入社、劇画家・佐藤まさあきに師事[1]。3年後に佐藤プロが解散した際に千之ナイフに誘われ劇団白鳥座早川プロダクションにエキストラ俳優として所属[1]1979年にはアクションチーム「辻」に所属し、主にアトラクション・ショーで活躍する。これは高校時代、ブルース・リーに影響され中国武術(形意拳)を埼玉県の道場で学んでいた[1]経験から、腕におぼえがあったからともいう。なお、佐藤プロに入ったときに、一番下手だと言われている。

1980年、漫画家として『恍惚の放物線』でデビュー[1]。千之ナイフと共にコミックマーケットにも参加を開始(同人誌『人形姫』)。その後は1982年創刊の『レモンピープル』に、当時全盛であったアニパロ特撮版のノリでロリコン系漫画を描き、ロリコン漫画家として活躍。主な作品は『撃殺!宇宙拳』、『プリティエグゼクター』など。

1984年東宝ゴジラ復活キャンペーンでゴジラの着ぐるみを被り『ゴジラvsビオランテ』の時も同様にキャンペーンでゴジラの着ぐるみを被っていたことが特技監督の川北紘一に認められ、1991年の『ゴジラvsキングギドラ』ではキングギドラ役に抜擢された。以後も、平成ゴジラシリーズにスーツアクターとして参加することとなる。

平成ゴジラシリーズにおいてはスーツアクターの他に、『ゴジラvsビオランテ』から『ゴジラvsデストロイア』までの作品の絵コンテをも担当。川北に特撮のヒントになるような映像をアドバイスしたり(『ゴジラvsメカゴジラ』の時には『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のドラゴンシーザーの特撮シーンを見せたという)、雑誌媒体の記事なども執筆。

また、児童誌のアンケートで子供たちが「ゴジラは所詮怪獣だからウルトラマンスーパー戦隊シリーズのロボットが登場したら倒されるだろう」と考えているという結果を知り、そのデータを携えた上で、『ゴジラvsキングギドラ』の結末でゴジラが復活する案を提出。

平成ゴジラ映画の敵怪獣(キングギドラ、バトラ)やベビーゴジラ=ゴジラジュニアなども演じた他、平成ゴジラシリーズの宣伝ではバラエティ番組に登場したアトラクション用ゴジラやCMもほとんど演じ、2000年の『夏休みゴジラツアー2000』による東宝撮影所内で行われた『ゴジラショー』や、『東武ワールドスクウェア』での『ゴジラバトルショー』『ゴジラ スーパーバトル2001』等のゴジラも演じていた。最近では『いかレスラー』、『かにゴールキーパー』『電エース』など、河崎実監督作品の常連でもある。

特撮映画への参加は1987年に自身の原作であるオリジナルビデオ作品『プリティエクゼクター』(ムービック)の演出・総監督を担当し、特技監督としての自らの礎にするためとの旨をコメントしている。

また、1990年には日本古流徒手武術護身技法師範代となるなど武術の心得もあり、専門学校で殺陣・護身術の特別講師も務めている。

主な作品[編集]

漫画作品[編集]

書籍[編集]

  • ゴジラ怪獣超クイズ(1992年、久保書店、製作・総指揮)
  • ゴジラ道 生まれてからずっ-とゴジラになりたかった(1995年、風塵社)
  • 怪獣バカ一代 ゴジラ役者への道(1996年、洋泉社
  • ザ・スーツアクター 特撮ヒーローを演じた男たち(1999年、ソニー・マガジンズ

出演作[編集]

監督作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『《特別特撮放談》三者三様に放つ強烈ビーム!・破李拳竜・佐藤元・さとうげん』、「まるくり倶楽部vol.1」所収、ラピュータ、2000年、pp57-72。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]