日本以外全部沈没

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本以外全部沈没」(にほんいがいぜんぶちんぼつ)は、筒井康隆短編小説。『オール讀物1973年9月号に発表。タイトルは「日本以外全部沈没」と表記される。

概要[編集]

当時のベストセラーであった小松左京のSF長編小説『日本沈没』のパロディであり、題名の通り日本列島以外の文明を持った人類が住む陸地すべて(チベットアンデス等の高山・高原地域も残っていることが記されるが、治安が悪くて住めないと、著名人たちに嘆かせている)が沈没してしまった世界を舞台に、唯一の陸地である日本へと殺到する世界の著名人の悲惨な境遇と突然世界で一番偉い人種となってしまった日本人の島国根性による浅ましさを描くブラックユーモア小説である。

作品解説[編集]

『日本沈没』のヒットを祝うSF作家たちの集まりで、星新一が題名を考案、小松の許可を得て筒井が執筆した。第5回(1974年度)星雲賞短篇賞受賞作品(ちなみに長編賞は『日本沈没』)。授賞式の壇上、小松は冗談交じりに「『日本沈没』完成まで9年かけたのに、筒井氏は数時間で書き上げて賞を攫ってしまった」とコメントしたという。

そして、さらなる返礼として小松が書いたのが「タイム・ジャック」(『S-Fマガジン』1973年10月臨時増刊号、早川書房)である。筒井作品風に「おれ」を名乗る主人公の他、筒井や小松が当時よく登場させていた「大杉酔狂」や「月古市」なども登場する、パロディSF短篇小説である。筒井は、小松の自薦短編集『さらば幽霊』(講談社文庫、1974年)の解説で、この作品の解説によって自分と小松との異質な点を浮き彫りにする、という試みをおこなっており、アンソロジー『'73日本SFベスト集成』(徳間書店、1975年)収録の際の解説でもそれを抜粋している。

なお、米ソ首脳が乱闘する場面が、ニクソンコスイギンキッシンジャーブレジネフという組み合わせとなっており、ブレジネフがコスイギンの格下に見える描写となっている。

書籍[編集]

映画[編集]

日本以外全部沈没
The World Sinks Except Japan
監督 河崎実
脚本 河崎実
右田昌万
原作 筒井康隆
製作 河崎実
鈴木政信
二木大介
製作総指揮 酒匂暢彦
福井政文
由里敬三
土井宏文
出演者 小橋賢児
柏原収史
デルチャ・ミハエラ・ガブリエラ
ブレイク・クロフォード
キラ・ライチェブスカヤ
村野武範
藤岡弘、
寺田農
筒井康隆(特別出演)
音楽 石井雅子
主題歌 ミドリカワ書房
「「遺言」 〜日本以外全部沈没のテーマ〜」
撮影 須賀隆
編集 前真健二
配給 クロックワークス
トルネード・フィルム
公開 日本の旗 2006年9月2日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語英語
テンプレートを表示

ストーリー (映画)[編集]

酒場でペピトーン米大統領やロシア大統領が日本人にヨイショしている。中韓首脳も靖国神社にお参りしてきたという。

こうなったのも3年前の2011年、原因不明の天変地異でアメリカ大陸が1週間で海に沈んだのが最初。大統領たちがエアフォースワンで脱出したり、4000人乗った飛行機が墜落したり大混乱。オスカー 俳優ジェリー・クルージングと妻のエリザベス・クリフトも「貧乏くさい日本映画に出たくない」といいながら、自家用ジェットで日本に移住。新聞記者「おれ」の妻キャサリンはアメリカ人で家族は中国に向かったかもしれないと慰める。輸入に頼っている食糧は高騰している。1週間後、中国大陸が沈没を始め、その1週間後にはユーラシア大陸がすべて、その2日後にはアフリカ大陸、翌日にはオーストラリア大陸が沈没。田所博士によれば、地球温暖化でマントルが動き、挟まれた日本列島だけが突出したという。

避難民たちで日本の人口は5倍になる。1ドル5000円になって外国で裕福な暮らしをしていた者たちも極貧になる。外国人芸能人たちがもてはやされたが、すぐに視聴率が低迷。捕鯨禁止を訴える国がなくなったため鯨肉が安くなる。英会話学校が倒産して日本語学校が繁盛。外国人犯罪が多発してGATが組織され、お握り1個で仲間を売る外国人が増える。外国人娼婦は10円でも見向きもされず、5000円という女性を見たらエリザベスだった。「おれ」が外国人蔑視を強めるのと反比例して、移民を増やすべきというキャサリンの愛情は冷める。キャサリンはうまい棒を万引してGATに捕まったジェリーと一緒の国外追放を選ぶ。北朝鮮がテロを起こすが、田所博士は日本も沈むと予言して地震が起きる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

挿入曲・エンディングテーマ[編集]

「ニッポン音頭」
作詞:河崎実
作曲:石井雅子
歌:のぶよしじゅんこ
「「遺言」 〜日本以外全部沈没のテーマ〜」
作詞・作曲:緑川伸一
歌:ミドリカワ書房

作品解説[編集]

2度目の映画化であった東宝『日本沈没』(2006年版)に公式に便乗しての製作となり、タイトルロゴも『日本沈没』の字体をそのまま用いている。小松左京は映画化に関しては許可したものの出演依頼は断った。理由としては「できすぎるパロディーを書かれた原作者はいつまでも根に持つ」とのことである[1]

作中での時代設定は2011年

配役[編集]

テレビドラマ版『日本沈没』で主演した村野武範と1973年の映画版『日本沈没』で主演した藤岡弘、が揃って出演したことが話題となった。田所博士役を演じた寺田農は2006年版『日本沈没』からも出演依頼されていたが、どちらに出演するか悩んだ末に本作を選んだという。2006年版『日本沈没』出演者の中には「『日本以外全部沈没』にカメオ出演でもいいから出演したい」と希望するものがいたが、スケジュールの関係などのため、両作品共出演できたのは松尾貴史のみであった[2]

評価[編集]

原作世界にあるナショナリズム人種差別に対する逆説的な強い批判精神や、人類は自然に対しては無力であるという世界観には忠実に描かれ、終盤にも言及されているが、監督・脚本を務めた河崎実によってより過激な描写が用いられているために、原作の世界観を理解していない観客に対しては作品に対する誤った印象を与えかねない要素も有している。また原作ではクラブ内での出来事で完結していた内容も、主人公やその友人の家族、日本に入国した外国人が描かれることで2006年版『日本沈没』同様に一般市民の視点が描かれている。

関連ソフト[編集]

CD
  • 日本以外全部沈没 オリジナルサウンドトラック(2006年8月23日、Sony Records SRCL-6404)
DVD
  • 日本以外全部沈没(2007年1月1日、角川エンタテインメント DABA-0317)
    • 映画の公開は『日本沈没』の方が先(2006年7月15日公開)だったが、DVDはこちらが先に発売された(『日本沈没』のDVD発売は2007年1月19日)。

備考[編集]

映画館で販売された本作のグッズには、2006年版『日本沈没』同様の非常時用持ち出しセット、題名ロゴ入り懐中電灯などがあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 映画版の公式サイト並びに劇場パンフレットには小松本人のコメントが掲載されている。筒井康隆がカメオ出演 している。
  2. ^ 予報士・森田良純役の松尾貴史は2006年版『日本沈没』に篠原学・内閣参事官役で出演している。

外部リンク[編集]