薩摩剣八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
さつま けんぱちろう
薩摩 剣八郎
本名 非公表
別名義 久坂龍馬、中山剣吾
生年月日 (1947-05-27) 1947年5月27日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県
職業 俳優スーツアクター
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1967年 -
主な作品
ゴジラ
テンプレートを表示

薩摩 剣八郎(さつま けんぱちろう、1947年[1][2]5月27日[3][4] - )は、日本俳優スーツアクター鹿児島県生まれ[4][5][1][2][3]。本名は前田靖昭[6]。別名に久坂龍馬中山剣吾[6]。特技は水彩画示現流剣術空手道。薩摩豪剣研修会主宰[5]

経歴[編集]

エピソード[編集]

  • 空き地で剣術を稽古していたところ、徐々にエスカレートして他人の土地に道場を建設するまでに至った結果、地主に見つかって泣く泣く退去させられた。
  • 北朝鮮映画『プルガサリ 伝説の大怪獣』では、撮影自体は楽であったが、現地の人々の純粋さが忘れられないといい、再び北朝鮮を訪れたいと語っていた[6]

ゴジラに関するエピソード[編集]

『ゴジラ対ヘドラ』への出演は、東宝で特技監督の中野昭慶に出会ったことがきっかけであった[1]。中山(薩摩)は、顔出しの役だと思っていたため、怪獣役と知って落胆したが、事務所からギャラが良いと勧められこれを受けたという[1]。また、以前からゴジラの名は知っていたが、映画館で鑑賞したことはなかった[1]。煙を吸うシーンでむせ返るなど苦労もあったが、撮影が終わる頃には面白いと感じるようになったと述懐している[1]。一方で、ヘドラやガイガンでは、ただ演じるだけで精一杯であったとも述べている[6]

『ゴジラ』(1984年)では、「185cmを超える役者」とのオファーに対し、当時主宰していた劇団の役者を推薦するも本人が辞退したことから、代わりに自身(身長170cm)が演じることとなった[6]。そのためスーツはサイズが合わずたるみ、覗き穴の位置も合っていなかったため自ら穴を開けたという[6][2]

『ゴジラ』の撮影時にメイキングを担当していた川北紘一に対し、メイキング用の撮影を断るなど不遜な態度をとっていたため、川北が特技監督を務めた『ゴジラvsビオランテ』以降のシリーズに起用されたのは意外であったという[4]。薩摩を推薦したのも川北であった[4][5]。薩摩は『ゴジラ』での演技に悔いが残っていたため、薩摩流のゴジラを作り出すため改めて研究したといい、撮影で東宝映画会長の田中友幸から評価されたことで自身を得られたと語っている[5]

VSシリーズの撮影では、ゴジラのスーツに入ったら待たせないことを条件としていた[4]。これは現場をだらけさせない意図もあったといい、川北も薩摩がスーツに入ると現場に活を入れていたという[4]。一方で、ゴジラ付きのスタッフを気遣い、中に針金などが入ってしまっても言わずにおくなどしていた[6]

スーツは視界が悪いため、操演で飛んでくる敵怪獣とぶつかる際はタイミングをリハーサルで覚え、本番ではほとんど勘に頼って動いていると語っている[4]

『ゴジラvsデストロイア』ではメカニックや電飾も含めたスーツの重量が120キログラムを越えるなど、過酷を極めた[4][8][2]。後年に述懐したところによれば、スーツ内の炭酸ガスの噴射ギミックによる酸欠[注釈 1]で4回ほど卒倒したため、酸素ボンベを常時入れるようにしてもらったという[9]。その後も、ボンベのホースが捻れて酸素が来ないことも度々あったと述懐している[2]

スーツの着用時は心理的な恐怖も生じるため、スーツアクターは肉体的な強さだけでなく、絶対的な自信を持つ精神力も必要であると述べている[4]。爆発や怪我よりも、閉鎖された中での恐怖が強く、スーツの中に入ったら何も考えないようにしているという[6]

イベントなどでアトラクション用のスーツに入る機会もあったが、本心では嫌であったという[6]。また、テレビなどで他人が演じたゴジラも薩摩が入っていたかのように思われるのも辛いと語っている[6]

薩摩は、『vsデストロイア』で完全燃焼はしていないが、最後と決めて演じたため、ゴジラに対して未練や後悔はないと語っている[4]

出演[編集]

映画[編集]

ゴジラシリーズ[編集]

役名表記のない作品ではゴジラ役。

その他[編集]

テレビ[編集]

オリジナルビデオ作品[編集]

  • 淫獣大戦キトラ (2001年)
  • 時空警察ヴェッカー (2001年)- 用心棒(友情出演)
  • Pマン サイバー美少女0指令(2003年) - 示現流師範役

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 覗き穴から入ってきたガスが抜けずに溜まっていったという[4]
  2. ^ ただし、薩摩本人は著書『ゴジラが見た北朝鮮』において、メガロを演じたと記述している[11][7]。一方で、中山として紹介されていたメガロのスーツから上半身を出している写真の人物については、顔は似ているが伊達秀人であると述べている[1]
  3. ^ 有楽町のシーンのみ、スケジュールの都合で別人が演じた[6]
  4. ^ 2代目スーツアクターのほか殺陣師、キャスティングも担当。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 111, 「東宝チャンピオンまつり スーツアクター列伝」
  2. ^ a b c d e f g h ゴジラ造型写真集 2017, pp. 122–123, 「ゴジラを演じた男たち 薩摩剣八郎」
  3. ^ a b 東京ナラサキ研究所 - 平成ゴジラ!薩摩剣八郎オフィシャルサイト”. www.narasaki-net.com. 2021年9月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 254–255, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 薩摩剣八郎」
  5. ^ a b c d e f 平成ゴジラパーフェクション 2012, pp. 124–125, 「スペシャルインタビュー 薩摩剣八郎」
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 大ゴジラ図鑑 1995, p. 173, 「INTERVIEW Gを作った男たち 薩摩剣八郎に聞く」
  7. ^ a b c d e f 超常識 2016, pp. 140–141, 「Column ゴジラ映画 スーツアクター列伝」
  8. ^ ゴジラ造型写真集 2017, p. 77, 「1995 ゴジラVSデストロイア」
  9. ^ 『ゴジラVSデストロイア』トークイベント、"ゴジラの死"やスーツ撮影秘話明かす - マイナビニュース
  10. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」
  11. ^ 薩摩剣八郎「プロローグ いざ、ハリウッドへ」 『ゴジラが見た北朝鮮 金正日映画に出演した怪獣役者の世にも不思議な体験記』ネスコ、1988年10月31日、18-19頁。ISBN 4-89036-747-0 
  12. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 241, 「『ヤマトタケル』作品解説」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]