若狭新一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わかさ しんいち
若狭 新一
生年月日 (1960-03-02) 1960年3月2日(62歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本
職業 彫刻家
ジャンル 日本映画テレビドラマ
テンプレートを表示

若狭 新一(わかさ しんいち、1960年3月2日[1][2][3] - )は日本映画怪獣造形専門の彫刻家特殊メイク師。モンスターズ代表取締役[2][3]東京都[4][2][5]台東区浅草[1]出身。

経歴[編集]

少年時代に仮面ライダーに憧れ、登場する怪人の造形に興味を抱く[2]。自宅近くの松屋デパートで仮面ライダーショーを行っていた大野剣友会の殺陣師高橋一俊に話しかけたところ、隣町に住んでいることがわかり、そのよしみから『仮面ライダーV3』の撮影現場を見学させてもらうようになった[2]。中学生時代には、仮面ライダーシリーズの造形を担当するエキスプロダクションの造形現場やウルトラシリーズを手掛ける円谷プロダクションの特撮現場なども見学するようになった[2]

高校時代には、高橋からの誘いで大野剣友会に研修生として入り[3]、『仮面ライダーストロンガー』や『秘密戦隊ゴレンジャー』などのショーで戦闘員役を務めた[2][5]。同会では、スーツの補修や武器の制作なども行うようになり[2][5]、大野剣友会のオリジナル企画『UFO大戦争 戦え! レッドタイガー』ではレッドタイガーのスーツ制作にも携わった[2]。高校卒業後の進路を選ぶにあたり、身長が低くアクションでは主役になれないことや、『スター・ウォーズ』や『未知との遭遇』などの影響により特撮への興味が再燃したことなどから、造形の道へと進む[2]

1978年、前年から高校卒業後にアルバイトとして通っていたコスモプロダクションに入社し[6][1][2][5][3]、『宇宙からのメッセージ』や『恐竜戦隊コセイドン』『仮面ライダー (スカイライダー)』などに参加した[2][5][3]

1980年には20歳の誕生日に同僚の話に乗ってコスモプロを辞めて独立し、モンスターズを設立する[1][4][2][5][3]。『Xボンバー』や『仮面ライダースーパー1』の制作で多忙であったコスモプロに替わり、『ウルトラマン80』の怪獣造形を担当する[2][5][3]。編集者の安井尚志とつながりを持ち、雑誌企画の『アンドロメロス』やイベントやCMのキャラクター造形などを手掛けた[2]

1985年より特殊メイクを中心に活躍し、オリジナルビデオ作品『餓鬼魂』を皮切りに日本映画界の特殊メイク界の草分け的存在となった[1][2][3]

1993年原口智生の結婚式で、原口と同様に『ウルトラマン80』の職場仲間であった鈴木健二と再会し、彼の誘いで『ゴジラvsメカゴジラ』で怪獣造形に復帰する[1][2][3]。その後、東宝特撮映画を中心に造形を手掛ける[1][2][3]

次第に制作会社ごとにバラバラにキャラクターを作る体制に不満を持ち[7]、1998年の『モスラ3 キングギドラ来襲』は一度は断ろうとしたが、造形面のすべてをプロデュースすることを条件に引き受けた結果、映画業界で初となる「造型プロデューサー」に就任した[2][3]。若狭の起用は特殊技術に昇格した鈴木健二からの要望であった[8]

1999年の『ゴジラ2000 ミレニアム』以降、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』を除くミレニアムシリーズでゴジラの造型を手掛けた[4][2][3]

ゴジラシリーズの終了後も、『ヤッターマン』や『GANTZ』などで特殊メイクを担当している[1]。造形については、CMやイベントショーなどを中心としている[2]

人物[編集]

東宝プロデューサーの富山省吾は、若狭について映画の中で造形物がどう映るかを重視しており、自身が作ったものを撮影で破壊することに手加減がないなど、キャラクター以上に映画愛を持っていると評している[9]

『ゴジラ2000 ミレニアム』などで監督を務めた手塚昌明は、若狭は手塚からの要望に対して「できない」と言うことはなく、解決策を必ず出していたといい[10]、特殊技術の鈴木健二も欲しい造形物を要望すると正式に発注しなくても出てきたと述べている[8]

ミレニアムシリーズでゴジラのスーツアクターを務めた喜多川務は、若狭について自身の要望はすべて応じて改良してくれたといい、F1のレーサーとメカニックマンのような関係であったと述べている[11]

コスモプロダクションの三上陸男は、若狭は人間関係を大事にしているところが長所だと述べており、律儀な男であると評している[12]

参加作品[編集]

映画[編集]

公開年月日 作品名 制作(配給) 役職 担当キャラクター
1988年5月14日 死霊の罠 ディレクターズ・カンパニー 特殊メイク[13]
1988年12月10日 孔雀王
  • フジテレビジョン
  • ゴールデン・ハーベスト
  • 砂工房
特殊メイク[13]
1991年5月25日 TARO! TOKYO魔界大戦 ニュー・センチュリー・プロデューサーズ 鬼創作[13]
1991年6月1日 咬みつきたい 東宝
キャストス
MMI
特殊メイク
造形チーフ
コウモリ
1991年 妖獣大戦 特別道具製作[13]
1993年12月11日 ゴジラvsメカゴジラ 東宝映画
(東宝)
怪獣造形[13] メカゴジラ(監修)[1][14][注釈 1]
1994年7月9日 ヤマトタケル
1994年12月10日 ゴジラvsスペースゴジラ スペースゴジラ[15]
1995年12月9日 ゴジラvsデストロイア デストロイア
1996年7月13日 ガメラ2 レギオン襲来 大映
日本テレビ
博報堂
富士通
日本出版販売
(東宝)
群体レギオン造形[13] 群体レギオン
1996年12月14日 モスラ 東宝映画
(東宝)
怪獣造形[13]
1997年2月1日 THE DEFENDER
  • イメージファクトリー・アイエム
  • テレビ東京
  • サントリー
  • パル企画
特殊造形[13]
1997年 TOKYO BEAST クリーチャークリエイト[13]
1997年7月19日 学校の怪談3
  • 東宝
  • サンダンスカンパニー
スペシャルエフェクトメークアップ[13]
1997年12月13日 モスラ2 海底の大決戦 東宝映画
(東宝)
怪獣造形[13] ダガーラ
1997年12月20日 北京原人 Who are you? 東映
テレビ朝日
バンダイ
東北新社
バイオマンモス造形[13] マンモス
1998年12月12日 モスラ3 キングギドラ来襲 東宝映画
(東宝)
造形プロデュース[13][3] キングギドラ[16]
1999年12月11日 ゴジラ2000 ミレニアム ゴジラ[6][4][17][3]
2000年6月10日 クロスファイア
  • 東宝
  • 東京放送
特殊メイク[13]
2000年12月16日 ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 東宝映画
(東宝)
造形プロデュース[13] メガギラス(監修)[18][注釈 2]
2001年7月20日 ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT 円谷プロダクション 怪獣造形[13]
2002年8月3日 ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET
2002年12月14日 ゴジラ×メカゴジラ 東宝映画
(東宝)
造形プロデュース[13] ゴジラ
三式機龍(監修)[19][注釈 3]
2003年12月13日 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS ゴジラ[4][20]
モスラ[21]
2004年12月4日 ゴジラ FINAL WARS ゴジラ[4][22]
2008年11月8日 秋深き (ビターズ・エンド) 特殊メイク[13]
2009年2月7日 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ 角川映画 チンパンジー造形[13]
2009年3月7日 ヤッターマン 日活
日本テレビ
読売テレビ
文化放送
タカラトミー
松竹
バップ
ジェイ・ストーム
ホリプロ
オー・エル・エム
タツノコプロ
特殊メイク[13]
2009年9月26日 空気人形
  • マテリアルコーディネイト
  • 空気人形造形
[13]
2011年1月29日 GANTZ 東宝映画
(東宝)
特殊メイク[13]
2013年8月24日 ガッチャマン ジャンゴフィルム 造形[13]
2016年4月29日 テラフォーマーズ OLM 奈々緒造形[13]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 西川タイジ、中野昭慶桜井景一宮西武史小川利弘 、若狭新一、藤下忠男、杉村克之、市村昭弘、諏訪操旺、松尾和之、小形英正、髙澤公明、北條則明 『トーク・アバウト・シネマ—「特撮・CG・VFX」から語る映像表現と仕事論』発行:シネボーイ/PAPER PAPER 発売:フィルムアート社、2017年4月1日。ISBN 4845916347 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実制作はコスモプロダクション[14]
  2. ^ 実制作はスタートレイン[18]
  3. ^ 実制作はスタートレイン[19]
  4. ^ ミュー幼体[3]・ラブラス[3]・ガウス[3]・ザッカル[3]・ファンタス星人[3]・アルゴン[3]・ゲラ幼体[3]・バル[3]・キャッシー[3]・ゾラ[3]・ファイヤードラコ[3]・ジヒビキラン[3]・バレバドン[3]・ガルダン大王[3]・ガラガラ星人[3]・レッドキング三代目[3]・イダテンラン[3]・マーゴドン[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 240–241, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 若狭新一」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 若狭新一 2017, pp. 277–279, 「若狭新一インタビュー」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 豪怪奔放 2021, pp. 236–238, 「第3章 ウルトラマン 1980 検証:栄光の怪獣王国、狂乱のデザイン史1980 02―造形師の眼差しが捉えた80怪獣デザインの新機軸と、造形におけるレスポンスの妙」
  4. ^ a b c d e f ゴジラ造型写真集 2017, pp. 116–117, 「ゴジラを造った男たち 若狭新一」
  5. ^ a b c d e f g バトル・オブ・キングギドラ 2020, pp. 111–113, 「若狭新一インタビュー」
  6. ^ a b ミレニアム超全集 2000, p. 39, 「ゴジラ2000ミレニアム完全攻略 ゴジラ2000ミレニアムを作った男たち 造型プロデューサー:若狭新一」
  7. ^ 若狭新一 2017, p. 111, 「『モスラ3 キングギドラ来襲』」
  8. ^ a b 若狭新一 2017, p. 275, 「関係者インタビュー 特殊技術 鈴木健二」
  9. ^ 若狭新一 2017, p. 273, 「関係者インタビュー プロデューサー 富山省吾」
  10. ^ 若狭新一 2017, p. 274, 「関係者インタビュー 監督 手塚昌明」
  11. ^ ゴジラ造型写真集 2017, pp. 124–125, 「ゴジラを演じた男たち 喜多川務
  12. ^ 若狭新一 2017, p. 276, 「関係者インタビュー 美術 三上陸男/高橋章」
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap 若狭新一 2017, p. 279, 「若狭新一& MONSTERS,INC.主要作品プロフィール」
  14. ^ a b 若狭新一 2017, p. 5, 「『ゴジラVSメカゴジラ』」
  15. ^ 若狭新一 2017, p. 34, 「『ゴジラVSスペースゴジラ』」
  16. ^ 若狭新一 2017, p. 139, 「『モスラ3 キングギドラ来襲』」
  17. ^ 若狭新一 2017, p. 150, 「『ゴジラ2000ミレニアム』」
  18. ^ a b 若狭新一 2017, p. 168, 「『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』」
  19. ^ a b 若狭新一 2017, p. 203, 「『ゴジラ×メカゴジラ』」
  20. ^ 若狭新一 2017, p. 214, 「『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』」
  21. ^ 若狭新一 2017, p. 215, 「『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』」
  22. ^ 若狭新一 2017, p. 236, 「『ゴジラ FINAL WARS』」

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]