ウルトラマンダイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ウルトラマンダイナ
ウルトラマンダイナ
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 土曜 18:00 - 18:30(30分)
放送期間 1997年9月6日 - 1998年8月29日(51回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 円谷プロダクション毎日放送
監督 小中和哉石井てるよし原田昌樹
村石宏實北浦嗣巳小林義明
児玉高志川崎郷太、服部光則、
実相寺昭雄、高野敏幸
脚本 長谷川圭一吉田伸右田昌万古怒田健志武上純希川上英幸太田愛大西信介、増田貴彦、村井さだゆき、六本木学、川崎郷太、上原正三
プロデューサー 小山信行、諸冨洋史、位下博一
出演者 つるの剛士
木之元亮
布川敏和
斉藤りさ
加瀬尊朗
小野寺丈
山田まりや
音声 ステレオ放送
オープニング 前田達也「ウルトラマンダイナ」
エンディング 中島文明君だけを守りたい
LAZYULTRA HIGH
時代設定 2017年
外部リンク ウルトラマンダイナ公式サイト
テンプレートを表示

ウルトラマンダイナ』(ULTRAMAN DYNA)とは、円谷プロダクションが製作した巨大変身ヒーロー特撮テレビドラマ作品名と、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日まで、MBSを制作局としてTBSで毎週土曜18:00 - 18:30に全51話が放送された。

平成ウルトラシリーズの2作目であり、『ウルトラマンティガ』の続編である。

放映直前当時のキャッチフレーズは「究極の爆発力! 熱い闘いを見ろ!!」。

劇場版・OV作品については、以下参照。

概要[編集]

前作『ウルトラマンティガ』の最終回から7年後を舞台とした続編。世界観は継承しつつも登場キャラクターを一新し、新たな未来に希望を持って進む人類の姿を描いた。また、シリーズを通して登場する敵、謎の生命体スフィアを設定している。

前作のSF要素の強いシリアスなドラマ作りに代わって本作は明るく楽しい娯楽性を徹底、怪獣の魅力とウルトラマンのパワフルさ、防衛チーム隊員同士の衝突と友情の人間ドラマを強調している。

スタッフによると本作は、初代『ウルトラマン』のような作風を目指した、あるいは第2期ウルトラの破天荒な魅力を導入したものとされている。また、野球に例えたセリフやエピソードがシリーズ各所にちりばめられていることも一つの特色である。

当初の設定は、防衛チーム隊員以外の人物がウルトラマンに変身して、旅の中で遭遇した事件を解決していくというストーリーだったが、視聴率や玩具の売り上げで高い数字を残し、ウルトラマン人気の復活を印象づけた前作『ティガ』の評価は高く、スポンサーであるバンダイ、講談社を交えた会議では、次回作が「ティガの延長でもいい」という意見も出された。そこで『ダイナ』の時代設定は、『ティガ』から数年後の「2017年」に決定。物語のエッセンスやキャラクターの一部が引き継がれることになり、作品の最終的な方向性は固まった[1]

放映中には劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』が公開され、以後のTVシリーズでも劇場版が製作されるのが恒例となった。さらに2001年には『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンガイア』と共にOV作品『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』が製作された。

音楽は前作に引き続き矢野立美が担当。前作でオリジナル曲が少なかったため流用曲に頼らざるを得なかったことへの反省から、本作では汎用音楽の他に必要に応じて各話ごとに楽曲が追加されることになった[2]。そのため、楽曲の総数はシリーズ中トップクラスの多さとなり、テレビ作品ではシリーズ最多となる4枚ものサウンドトラックアルバム[注 1]が発売された。ティガ関連のエピソードやティガに出演した俳優が本作にゲスト出演した時には、ティガの音楽(または、そのアレンジ版)が使用されている。

備考[編集]

  • オープニングでは『ウルトラマン80』以来のシルエットによる表現が復活し、ダイナやスーパーGUTSのマークとメカニックが使われている。

あらすじ[編集]

ウルトラマンティガがガタノゾーアと闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。

人類は宇宙開発に希望を求めて火星に前線基地を構築しており、ネオフロンティアと呼ばれる大航海時代を迎えていた。

しかしある日、謎の生命体スフィアが人類の宇宙進出を阻むかのように火星基地を急襲。救援に飛び立ったスーパーGUTSの新人隊員であるアスカ・シンは乗機を撃墜され、絶体絶命のピンチに陥る。そのとき、突如として現れた光とアスカは一体となり、ウルトラマンダイナに変身して地球と人類の危機に立ち向かうのだった。

登場人物[編集]

スーパーGUTSメンバー[編集]

前作ティガの旧GUTS同様に7人のエキスパートチームで構成されている。本作におけるメンバーの特徴は全員が明るい性格でウルトラマンダイナの情報に精通しているということである(ティガでは言及されなかったタイプの名称が、本作では隊員たちを通して何度か登場する)。命令を受けた際の掛け声は「ラジャー」。

アスカ・シン(ウルトラマンダイナ)
本作の主人公。22歳。かつて、宇宙空間で謎の光の中へと消えていったアスカ・カズマを父親に持つ青年。自称「不死身のアスカ」。
物語開始時は訓練学校ZEROの訓練生として登場。卒業試験中にスフィアに襲われて宇宙空間に放り出されたところを、父親もその中へと消えていった謎の光と遭遇、奇跡的に生還を果たし、卒業試験中にリョウを撃墜せしめた実力を買われてスーパーGUTSへ入隊。そして、初出動となったTPC火星基地でのダランビアとの戦闘中に初めてウルトラマンダイナに変身する。
第2話でウルトラマンダイナの力に疑問を抱いたが、すぐに迷いを振り切り、人類の未来を守るために戦う決意をした。
性格は無鉄砲かつ型破りで後先考えずに突っ走っていき、自分や仲間を危険に晒してしまうことも少なくないが、「絶対に諦めない」を信条としているため、どんな危機的状況でも決して諦めようとしない。その上、他人からあきれられるほど明るく前向き。しかし、本当は様々な想いを押し隠すためにそう振舞っており、自分がウルトラマンダイナであることが知られたら皆が怯えて離れていってしまうのではないかと考え周囲に隠していた。
お調子者であり、すぐに物事がうまくいくと「見たか、俺の超ファインプレー!」と口癖のように口走ってはすぐに敵に撃墜されてしまうのがお約束となっている。
高校時代は野球部に所属していてエースピッチャーだと自負するが、一本気な性格が投球に出てしまい直球しか投げられず、本当のエースピッチャーはヒムロ・ユウサクで、控え投手だった。その上、逃げない性格が仇となってしまい敬遠をほとんどせずに、勝負に行き過ぎて打たれることも多々あったという[注 3]
母親については言及されていないが、劇場版での発言から、存命していると思われる。
最終回で、グランスフィアとの戦いの中で発生したワームホールに飲み込まれてしまうが、光の中で父親と再会を果たし、そのまま光の中へと消えていった。この展開について、制作者側は「アスカの新たな旅立ち」と位置付けていたが、結果として多くの視聴者に「アスカは死んでしまった」と解釈させてしまうこととなった。また、当初は最終回ラストにアスカがリョウのもとに帰ってくるシーンを入れる予定だったという。
平成三部作の主人公の中では、客演が最多である。また、客演では「本当の戦いはここからだ」がアスカを象徴する言葉として一作に一度は発されており、逆に信念である「絶対に諦めない」は一度も発されていない。
ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち
モネラ星人の策略によってウルトラマンとして戦うことへの恐怖と焦りを植えつけられ、一度は信念に反して逃げ出してしまうほど追いつめられるも、仲間たちの存在と言葉の元、戦士として、また「光を継ぐ者」として、さらなる成長を遂げていく様子が描かれた。
本作で元GUTS隊長イルマの導きにより、『ティガ』の培った光に触れ、『ティガ』本編のダイゴが変身したものではない、人の光が生み出した「光の巨人」ウルトラマンティガと邂逅。その光を受け継いだ。
ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY
ラストシーンで、4年前のTPCの作業員だった時代に、宇宙港の通路でマドカ・ダイゴ(ウルトラマンティガ)とすれ違っており、その際にダイゴから「光を継ぐ者」と見抜かれているかのような描写が存在する。スーパーGUTSの登場人物の中で、唯一セリフがない。
最終章ではゼルガノイドとの戦いで傷つき火星を彷徨っていたところを、ダイゴに助けてもらい彼からウルトラマンの力を持つ者としての心得について伝授される。
本作から4年前の出来事なのでウルトラマンダイナは未登場だが、巨人同士の戦闘場面ではダイナに似た巨人(ダイナの各タイプのスーツに装飾を付けて改造したもの)が登場した。
大決戦!超ウルトラ8兄弟
本作とは別の世界のアスカが主人公の一人として登場。この世界のアスカはダイゴと我夢と幼馴染となっており、終盤、本作の世界の自分と同調することにより変身能力を得た。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
光の中へ消えていった後の行方は長らく不明だったが、別宇宙(M78星雲のウルトラマン達が存在する世界【M78ワールド】)で旅を続けていたことが判明。
危機に陥ったZAPの面々を救ったあと怪獣墓場のレイの元まで送り届け、そのまま現地のウルトラマンたちと共闘、事態を収拾した。事後にはZAPを元の宙域へ送り届けた後再び旅立った。
ウルトラマンサーガ
光の中へ消えてから、15年の月日が流れている。歴史の教科書にも載るほどの「人類を守るため宇宙に消えた伝説の英雄」になっており、彼を称えた「アスカ記念日」[注 4]が存在する[注 5]
様々な宇宙を旅していた途中、バット星人の実験場となった別宇宙の地球フューチャーアースに初めて現れたウルトラマンとして、絶望的な状況にとり残されたチームUと子供たちの尊敬と信頼を一身に集め、心の支えとなる[注 6]ハイパーゼットンを食い止めるため身を挺し石像化してしまったが、後に駆けつけたウルトラマンゼロ、ゼロと一体化した同じ宇宙出身のタイガ・ノゾム、ウルトラマンコスモスと彼と一体化した春野ムサシの協力とチームUの活躍により復活。共闘、さらに融合してウルトラマンサーガになる。事後は、スーパーGUTSの仲間たちにタイガのその後と自身のメッセージを伝えるために元の世界に一時的に来訪したが、帰還はせずに[注 7]、何処かの宇宙へ飛び去った。
血気盛んで無鉄砲だったテレビシリーズ当時とは違い、熱い部分はそのままに、落ち着いて大人びた雰囲気となっているが、これは演じるつるの剛士が「アスカは何百年も宇宙を旅してきたのではないか」とコメントし、テレビシリーズ当時より成長していることも踏まえて設定として取り入れたため[5]。テレビ本編第26話で父カズマから送られた言葉もしっかりと息づいており、その言葉もタイガに告げている。
ヒビキ・ゴウスケ
46歳。隊員達を見守る豪放磊落な良き隊長で、命令違反した者やだらけた者には容赦しない。隊内唯一の既婚者であり、娘が1人いる。
かつては警務局隊員で「TPCの荒鷲」という異名で呼ばれていたことがあるらしく、その時期に霧門岳でのゴルザ(強化)との戦い(『ティガ』第18話)で同僚のワシズ隊員を失っている。
娘との関係はうまくいっていなかったが、後に和解する。また、先述の霧門岳でのゴルザの事件以降、「あしながおじさん」として孤児を支援している。
問題児のアスカを自分の若い頃と重ね合わせていた。第43話や第47話などの他、アスカを諭したことが何度もあり、彼に大切なことを気づかせる役割を果たす。
劇場版にて、旧GUTS隊長でTPC参謀のイルマ・メグミと共にアスカの正体に気付いていることが示唆されており、最終回では自分の口を通してアスカがダイナであることをリョウ以外の隊員たちに教えた。また、見た目には似合わず、ウサギ型の室内スリッパを愛用している(第19話)。
演じた木之元は当時46歳で、平成の防衛チームの隊長を演じた俳優としては最年長であった。
『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』
訓練学校ZEROの教官であり、ヨシオカ・テツジ警務局長官の命令で、後にスーパーGUTSとなる3人の訓練生を率い、シビトゾイガーに追い詰められたアートデッセイ号を援護するために登場。この際、テレビ本編第36話でムナカタと行ったのと同じやり取りを、立場を逆にして行っている。
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』
本作とは別の世界のヒビキが横浜ベイスターズ監督として登場。
『ウルトラマンサーガ』
TPC総監の職に就いている[6]。「アスカ記念日」について演説を行っている様子が火星基地に立体映像として映し出されている。
コウダ・トシユキ
34歳。最初は隊員だったが前線での指揮を執ることが多く、第34話から正式に副隊長に昇格した。
副隊長らしく穏やかかつ冷静で率先力もあるが、第21話ではアスカと一緒にだらけていたり、劇中でアスカと衝突したことも何度かある。アスカと「熱い者」同士でくくられたこともあり、リョウに「アスカに付き合ってるとバカ伝染りますよ」と言われるなど、アスカとは何かと仲良くやっている。趣味がオペラ鑑賞という設定があり、そのせいか時々かなりキザなことを言う。また、なぜか第30話ではけん玉の練習をしていた。仲間を侮辱する者はたとえ上官であろうと許さず、第26話ではマイに責任を擦り付けたエジリに掴み掛かった。
元GUTS副隊長のムナカタに憧れており、入隊試験で一度会ったこともある。
『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』
アートデッセイ号を援護するためにシビトゾイガーと戦う訓練学校ZEROの訓練生として登場した。既に副隊長の片鱗を見せており、リョウとカリヤを鼓舞した。
『ウルトラマンサーガ』
TPC宇宙開発局参謀の職に就いている[6]宇宙開発局参謀という太陽系全てを統括する管理職にありながらその性格は変わっていない模様。参謀の制服はテレビ版では水色だったが、『サーガ』では濃い青色になっている。[独自研究?]
ユミムラ・リョウ
27歳。勇ましい女性隊員。凛とした印象で才色兼備だが、怒らせると口より早く手が出たりとどんな男も黙らせる非常に勝気な性格。しかし、根に女性らしい部分も持ち合わせる。破天荒だがバイタリティ溢れる行動を取るアスカに惹かれていく。仕事とプライベートはきちんと分別をつけており、任務中は私情を挟むことはない。第18話では校長が黒幕だと気づいたり、第31話では闘うダイナ(ニセダイナ)の様子を訝るなど、洞察力も高い。
歴代ウルトラマンの防衛隊隊員では珍しく機体搭乗時にサングラスをかけることがある。ネオフロンティアの知識の一環としてオカルトにも精通しているが、そのオカルトが絡むエピソードでは災難に見舞われることが多い。第18話ではその広い知識を役立て、事件解決に繋げている。元GUTSのシンジョウに憧れている。後輩思いの面もあり、マイを傷つけた者に対して怒ることもあったが、第26話で、泣き言を吐くマイに平手打ちし叱咤激励をした。
少女時代から男勝りな性格で幼なじみのヒラオをいじめていた友人・ゲンタを殴ったこともある。
TV第28話でマイと「両親から贈られた見合い写真」について話している場面があるが、小説『平和の星・ジ・アザー』では、事故で両親を失い親戚に引き取られた過去を持つことが描写されている。TV版と小説とでは設定が異なるのか、養子縁組をした養父母を両親と言っているのかは不明。
アスカがダイナであることを(劇場版の時点で勘付いていたイルマ・ヒビキを除いて)最初に知った人物でもあり、最終回でも「アスカは帰ってくる」と誰よりも彼を信じていた。
『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』
コウダと同じく、GUTSの援護に来た訓練学校ZEROの訓練生として登場した。
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』
本作とは別の世界のリョウがヒロインの1人として登場。
『ウルトラマンサーガ』
スーパーGUTSの隊長に昇格している[6]。型破りなタイガに手を焼きつつも、かつてのアスカの面影を感じ、彼と同様の可能性を感じている。
カリヤ・コウヘイ
28歳。射撃の名手であり、考古学にも精通している隊員。あまり珍事に動じない物腰で常に冷静だが、ヘッドフォンで音楽を聞きながら誰もいない所で一人ノっていたり、時折リョウを怒らせるような発言をして殴られたりもする。
「カリヤヘア」と呼ばれるその髪型は逆さになってもセットが乱れない。第30話では他の隊員がみんな鞠つきやけん玉で遊んでいる中、一人だけ考古学書を読みふけっていたりと知的好奇心が強いロマンチストな面を持つが、その真面目な性格が仇となってか、危険な目に遭ったことが隊員の中でもかなり多い。また、つい口をすべらせてしまうことも多く、これでリョウに一度派手に殴られた恐怖から、彼女のことは少し苦手気味[注 8]。アスカと同じく敵に撃墜される回数が多い。敵に情けはかけないようだが古の歴史をもつ生物には保守的で、第21話や第28話などではそれが顕著に見られた。特に後者では、ギガンテス駆除を実行しようとしたソウチーフに憤怒するなど、珍しい一面を見せた。
コーヒーが大好物で銀のマグカップを愛用する(このマグカップはTPCの備品という設定がある[7])。また、サバイバル戦も得意としているらしい。
『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』
コウダ、リョウと同様にGUTSの援護にシビトゾイガーと戦う訓練学校ZEROの訓練生として登場した。この頃からリョウに余計な一言を言って気を悪くさせている。
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』
本作とは別の世界のカリヤが登場。ウルトラマンティガとウルトラ4兄弟の登場時に一般市民として姿を見せている。
『ウルトラマンサーガ』
スーパーGUTSの副隊長に昇格している[6]。隊員時代に愛用していたTPCの備品のマグカップは今も変わらず使っているようである。
ナカジマ・ツトム
メカニックや科学分析担当の隊員。29歳。大食いでドジなところもあるがやる時はやるタイプ。基本的に有能だが、自分の知識内でしか物事を判断できなかったり非常識なことが起こると動揺して思考停止してしまう。困ったことがあると好物のフライドチキンを大食いするのが癖。
「矛盾」という言葉を極端に毛嫌いする。研究熱心なカリヤとは通じるところがあるらしく、カリヤのことをたまに「カリヤちゃん」と呼ぶ。危険なことには極力手を出さない質で、メラニー遊星で危険性の高い洞窟を調査するのを拒んだり、年下だが気の強いリョウに頭が上がらなかったりする。主にβ号の後ろの座席で、参謀役をこなすことが多い。
優秀な科学者だったが収入に無頓着な父親のため幼少時に苦労しており、そんな父親を軽蔑して「人に認められる科学者」を目指していた。しかし最終回では「俺が今こうやって頑張っていられるのは親父のおかげ」と父親を認めていた。主に生物学宇宙物理学、行動心理学に精通している。趣味は釣り
『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』
TPC極東本部基地の分析セクション所属の科学者で、突然の空の異変に驚くシーンに登場していた。
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』
本作とは別の世界のナカジマが登場。ウルトラマンティガとウルトラ4兄弟の登場時に一般市民として姿を見せている。
『ウルトラマンサーガ』
スーパーGUTSの科学班主任に昇格している[6]。テレビシリーズ最終話でアスカに語った様に「人に認められる科学者」として様々な研究活動を行い、現在は闇に消えたアスカに追いつけるようにと時空移動を可能にするネオマキシマ新型機を開発中である。
ミドリカワ・マイ
18歳。ダイナの名付け親。第32話によると、出身は愛知県。身長153cm。スーパーGUTSの最年少隊員で、コンピュータープログラムに精通している。自称「スーパーGUTSのスーパーレディ」で、自分がかわいいと思っている。十代後半ながらスーパーGUTSの一員ということで実は隊員中一番のエリートだが、年齢が若すぎることで軽んじられることもあった。弟が一人いる。第31話からはショートカットになった。
序盤では年齢相応の女の子らしい部分が裏目に出ることもあったが、自分の意見は最後まで通す芯の強さも持っている。
第26話では、危険な作戦に際し泣き言を言うも、リョウに平手打ちと叱咤激励されたことにより勇気を振り絞り、人類を勝利に導く活躍をする。スーパーGUTSの戦士として一皮むけたようである。
ミーハーで、気になる男性の誕生日を全て暗記しているという。また大層惚れっぽく、作中では数々の男性や、ラブモスというロボットにも惹かれていた。アスカにも淡い好意を抱いていた[注 9]ようだが、あまり進展することはなかった。旧GUTSのメンバーであり防衛チームのオペレーターとしての先輩である、ヤズミ・ジュンと会えた時は飛び跳ねるように喜んでいた。
『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』
制作がテレビ放映の初期の時期だったため、アスカとの関係がクローズアップされ、ヒロイン的扱いになっている。ネオマキシマ砲の犠牲となり重傷を負う。クィーンモネラとの決戦が終わった後に回復した。
『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』
まだ中学一年生であり、ナカジマ同様突然の空の異変に驚くシーンに登場していた。
『ウルトラマンサーガ』
スーパーGUTSのメンバーでは唯一登場していない[注 10]が、小学館『ウルトラマンサーガ超全集』では教官としてタイガ・ノゾムの才能を見出したことが記述されている[6]

その他の登場人物[編集]

タチバナ社長
ジオフロント社社長。子供のころは蟻を観察するのが好きだった。ネオフロンティア時代を迎えて、宇宙開発に力が注がれている中で、今一度自分達の住む地球を見てみようとジオフロント計画を進める。
ジオシティ建設を始めた矢先にダイゲルンの出現で工事の中断を余儀なくされ、PWウェーブの停止を要請したスーパーGUTSに逆恨みを持つ。現場を訪れたアスカとコウダを拘束し、ダイゲルンを追い払おうと自らPWウェーブを最大出力で再発射するが、かえって暴れだしてしまう。アスカと同行した秘書のユキナと共にダイゲルンによって崩れたビルに閉じ込められるも、ダイナにユキナ共々救助され、ジオフロント計画をまた一から始めることを決意する。
ヒムロ・ユウサク
アメリカメジャーリーグの「ニューヨーク・ナイツ」に所属する投手。映像を見る限りは、右投げスリークォーター。アスカとは高校時代のチームメイトで、本当はアスカではなくヒムロがエースであった。内角高目のストレートを見せた後の外角低目のフォークで打者を打ち取る投球術が持ち味。
高校時代から神童ぶりを発揮していたようで、メジャー1年目にその投球術で15勝をあげて「マジックヒムロ」の異名をとるが、2年目に「ダイヤモンドバックス」に所属する昨年の本塁打王に頭部死球を与えてしまい、それ以降内角高目のストレートが投げられなくなり、勝ち星が減っていた。
日本に帰国し、そのまま引退を考えていたが、アスカの説得に迷いを捨て、メジャー復帰を決心。ダイナにウルトラフォークを伝授し、シルドロン撃退に貢献した。S-GUTSの面々と野球をした際には、フォークで時速150キロを計測している。
ビルの警備員
フォーガスに乗っ取られたビルの警備員。第46話にも再登場した。
ウルトラマンガイア』、『ウルトラマンコスモス』にも登場し、第46話や『ガイア』に登場した際にはフォーガスの名前まで口にしている[注 11]
吉村 由香(ヨシムラ・ユカ)
住んでいたマンションを怪獣に破壊され、両親や親友を一度に亡くしてしまった少女。同じような境遇の子ども達が入っているカトレア学園に入園している。
檻に入っていた小動物ギャビッシュを発見し、友達になろうとする。その後、ギャビッシュ共々TPCに保護され、ギャビッシュのテレポートで基地を脱出。しかし、本性を現したギャビッシュに捕らえられ、救助に来たダイス星人と共に脱出する。ギャビッシュ撃退後、一人で生きていけば寂しい思いをしないで済むと考えるが、アスカに人間は一人では生きていけないと論され、園長と共に学園へ帰っていった。
ふるべ村の住人達
バオーンの影響で耳の遠い乙吉(おときち)老人以外の住民が一時眠ってしまった。しかし、バオーンは特に破壊活動をしたわけではなく、時間がゆっくり流れる村ではいつ眠らされても支障がなかったため、ダイナに連れて行かれるバオーンに「また来いよ」と見送った。
ムスタファ・アリ
アラスカから来た学者で、怪獣とのコミュニケーションを研究している。バオーンをアラスカに連れて帰ろうとするが、ナカジマ発明の声変わりを装着していなかったためバオーンの声で眠ってしまい、起きたのはバオーンが地球を去った後だった。
アキヅキ博士
カリヤの学生時代の恩師で、地上絵の研究をしていた。ゼネキンダール人を誤って現代に復活させてしまい、妻のキヨミと娘のショウコ共々捕まってしまうが、カリヤとリョウによって救助された。事件解決後は、地上絵の研究を再開した模様。
遠藤 武
嘘つきとして近所で有名らしいが、実際は嘘ではなく勘違いだったというパターンが多い。かんしゃく球やパチンコ玉を所持している。
ミジー星人の計画をいち早く察知したが、日頃の行動で誰にも信じてもらえず、自らミジー星人のアジトに乗り込むが、捕まってしまう。
最後の最後で親に正直な子になると言ったものの「ウルトラマンダイナはオレが変身する」という大嘘をつき、アスカは「全然反省しとらん」とあきれていた。
宇宙人の霊
イシリスに全滅させられた種族の3人で、イシリスを相討ちで撃破するも、カリヤによってイシリスが現代に復活してしまい、彼らはカリヤに同行していたシマダ、イガラシ、ニシの研究員3名に憑依する。
最初は侵略者として扱われるが、真相を知ったスーパーGUTSに協力し、イシリス撃退のヒントを与える。映像中にはないが、イシリスがダイナによって倒された後3人から分離して成仏したという。
ホンジョウ・エリカ、ヒロカワ・ユウキ、クノ・ミズキ、ナガセ・サヤ
聖南女子学園の女生徒。
ビシュメルに授けられた黒魔術で自分たちの怨んでいる人間を次々消していった。その憎しみはビシュメルの力になっていたが、どうやら彼女たちもそれは承知の上だった模様。
元々はエリカ・ミズキ・サヤの3人で黒魔術を行っていたが、リョウとアスカを消すのに失敗したのをきっかけに、先輩に目をつけられて部活動に参加できなかったユウキを勧誘して4人体制となった。しかし、元々黒魔術に反対していたユウキの説得で、他の3人も黒魔術を捨てた。ビシュメルに苦戦するダイナを見て、黒魔術に使用していた魔法陣を封印。ビシュメルを大幅に弱らせた。その後は4人そろって仲良く学園生活を楽しんでいる。
アオキ・ハルチカ
前作に登場したアオキ・タクマの実弟。亡くなった兄と同じでレーサーを志している。姑獲鳥の攻撃を受けるが、魂となったタクマに救助される。
たっちゃん(辰雄)&みのっち(実)
ラセスタ星人である少年・岸悟の地球での友人。悟に同行していたためスーパーGUTSに目をつけられてしまい、それを逃れるために時代錯誤で逆に目立つ変装までやってのけた。
悟が旅立った後に、たっちゃんは宇宙飛行士に、みのっちは科学者になって宇宙船を作り、共に悟に会いに行くことを誓った。
綾野 塔子博士
モズイの青銅板の解析を担当する考古学者。美人で秀才だが、リョウの学生時代の先輩ということもあって多少気が強い。
蘇ったモズイに襲撃され、意識不明の重体に陥るが、その後意識を取り戻し、リョウに「お見舞いはカニ」という伝言をマイを通して伝える(モズイに襲撃されて食べ損ねていた)。
ハラシマ・サオリ
ハラシマ主任の小学生の娘。
タイチ少年
どこにでもいる一般のゲーム好き少年の一人。怪獣コロシアムの大会で優勝し、商品として送られてきた新たなゲーム(マインドコントロール装置がついていると思われる)のせいで、自分の愛獣であるデマゴーグを現実世界で操り、ダイナと戦わせ、追い詰めることになる。リョウとナカジマに救助され、デマゴーグは制御を失い、敗れる。
ミカミ(三上 秀男)
賃貸アパートの家賃を半年滞納している脚本家。『厳海超人タラバマン』(架空の特撮作品)の脚本で没を食らったが、その脚本を見たミジー星人に素晴らしいと評価され、滞納家賃を立て替えてもらう(その結果、星人達が金欠になる)。ミカミ自身は彼らの素性を知らずに「侵略の脚本(シナリオ)」を書くことになる。当話の最後で、ダイナに敗退した星人達を自身の口利きで宇宙人役で上記作品の撮影に参加させている。
『ウルトラマンガイア』にはこの「タラバマン」の続編と思われる番組「エターナルタラバマン(コスチュームが某美少女戦士風になっている)」の番宣ポスターが随所に登場。
クドウ・ナツミ
カメラマン志望の少女。TPC基地内の案内を渋るアスカにさっき撮影した彼のパトロール中の昼寝写真を週刊誌に載せると脅迫する。
カメラマンを目指しているだけに観察力は鋭く、ファイティングスタイルの違いから偽物と本物のダイナの差にいち早く気づく。
ダイナとニセダイナの決戦では、手も足も出ないダイナにあきれる周辺住民を論し、ダイナを皆で応援。ダイナの逆転勝利に貢献した。ダイナの正体に気付いたようである。
ハスミ・カオル記者
週刊誌の記者。アルファ・スペリオルの完成会見の翌日にヒビキ隊長の娘のソノカに会い、調査の依頼を受ける(調査内容はソノカの欄を参照)。
ソノカ、ヒビキ、アスカと共にナルチス星人に拉致されるが、他のスーパーGUTS隊員に救助される。完成直前のメノーファに鉄パイプを投じ、結果的にその鉄パイプの刺さった部分が弱点になったため、メノーファ撃退に貢献する形になる。メノーファの弱点伝達の際、電波法を違反したが見逃してもらえた模様。
前作『ティガ』に登場したジャーナリスト、オノダ・タケヒコとも親交があるらしく、行きつけのバーには2人で飲んでいる記念写真も飾られているが、オノダはGUTSに対して好意的であったのに対し、ハスミはスーパーGUTSに批判的であるという点で異なる。
また彼の仕事場には、旧GUTSが活動している様子の写真やウルトラマンティガが怪獣と戦っている時の写真が飾られている。劇中、かつて妻と娘がいたような描写があるが、現在は1人で事務所に住み込んでいる。
ソノカ
ヒビキ隊長の娘。とある不良グループ「ローラーキッズ」のメンバーで、リーダーのショウとは恋人のような関係になっている。自分以外のメンバー全員がある日突然真面目になったことで何かあるのではと、ハスミの元へ捨てられていた猫の「ステラ」を伴い調査を依頼。しかし、「まじめになったのならそっちの方がいいじゃないか」と調査を中止されたため、ステラをハスミの事務所に残し、単独で調査を開始する。
そして原因がD7倉庫での肝試しにあることを突き止めハスミを呼び出すが、彼が到着する前にナルチス星人にマイナスエネルギーを吸い取られてしまう。ハスミとそこに現れたヒビキに謝辞を告げるが、ステラを避けたために変わり方が普通ではないとハスミに発覚される。その後、星人に拉致されるが救出され、事件後は元の不良に戻ったショウたちと共にバンドを結成する。
ショウ
ソノカの所属する不良グループ「ローラーキッズ」のリーダー。他のメンバー同様、一時期、真面目になったが後に不良に戻る。
ホリイ・ツグム、ホリイ・ミライ
前作で結婚したホリイ・マサミミチルの子どもで、ツグムが長男、ミライが長女。両者とも父親同様に関西弁で話す。
六甲山に母のミチルと観光に来たところにジオモスが襲来。ダイナの敗北を目の当たりにする。その後、アスカが紛失したリーフラッシャーを大阪湾で見つけ(さすがに「人間がダイナに変身するためのアイテム」だとは思わなかったが、「ダイナにとって大切なもの」だとは認識した)、釣り人の網を借りて回収し、ミチルの元から抜け出してKCB(TV局)のヘリに便乗して大阪城付近に現れたネオジオモスを発見。地上に降りて偶然出会ったアスカにリーフラッシャーを手渡し、追いかけてきたミチルと合流後にダイナの勝利を見届け、任務にあたっていたホリイとも大阪城大手門前にて合流した。
ホリイ・マサル
ミチルの義兄であり、ツグム、ミライの伯父にあたる。神戸に怪獣が襲来したことから、ミチル一家に避難するよう勧める。ミチルを「マサミに劣らぬ頑固者」と評したが、自身も結構頑固者。
ニシオカ
廃品回収20年の大ベテラン。廃品回収会社で生活を営んでいるが、集めたゴミがユメノカタマリになってしまう。
センセー(柳瀬)
ニシオカが回収した廃品が置いてある土地に住んでいる。彼曰く、ゴミの気持ちがわかるらしい。
謎の男
話の冒頭に街中で「怪獣ブンダーが来るぅ〜」と叫んで気絶し、TPCメディカルセンターに保護される。しばらくは意識不明の状態だったが、物語終盤で目覚め「ぶ・た・い」と言う言葉を事件究明にあたっていたカリヤとマユミに伝える。
鳴海 浩也(ナルミ・ヒロヤ)
現実世界を演劇空間に見立てて自らが演出することを求めた狂気の劇作家。
カルト的人気を誇ったが、自作「怪獣戯曲」の終幕を公開しないまま失踪している。自らの妄想で現実世界を満たすために、自らの錬金術でブンダーを生み出した。
終幕を封印した真相は、その類稀な想像力を持ってしてもウルトラマンダイナが駆けつけてブンダーを倒すという大団円しか思い浮かばなかったためだった。鳴海はこれを気に入らず、ブンダーが人類を滅ぼしたところで戯曲が完結することを求め、部下の劇団員と共に直接アスカに罠を仕掛けてダイナの出現を妨害した上で、ブンダーを出現させて暴れさせた。
しかしカリヤ達が、セリフの中に隠されていた言葉と伏線から真の結末へと辿り着いたことでダイナが出現してしまい、ブンダーは敗れてしまった。
神保 紀子
ナカジマの大学生時代の彼女。スーパーGUTSに宇宙人が集会を開いているという通報をし、ナカジマが出動する。最終的にゴッドジャギラに取り込まれてしまうが、ナカジマとダイナに救助される。
ガゼル号船員
ダイオリウスに襲撃されたガゼル号の船員。船長の朝倉、操縦士兼整備士の春川(劇中では「ハルさん」と呼ばれる)、コンピュータに詳しい真司の3名で構成される。
春川はダイオリウスの幼虫に襲撃され命を落とすが、船長は幼虫を1体撃退。真司も危険を顧みず一人で、ダイオリウスに狂わされた船のコントロールを復旧させ、乗員の子ども達と共に地球に降り立った。
子ども達
木星衛星軌道にある宇宙ステーションで生まれ育ったため地球を自分の目で見たことが無い6人の子ども達。
ガゼル号に乗船して地球に向かっていたが、ダイオリウスに襲撃される。しかし、船員やスーパーGUTS、ダイナに救助され、全員無事に地球に降り立つ。
ハルナ
怪獣災害で両親を亡くした少女。同僚のワシズを自分のせいで死なせてしまったことに悲しむヒビキに花を渡して勇気付けた(設定は『ウルトラマンティガ』第18話)。
ダイナの時代では、霧門岳付近の孤児施設の職員になっており、ヒビキと思わぬ再会をすることになる。
ヒラオ・テルヒサ
リョウの幼馴染。友達にいたずらされているところを何度もリョウに助けられていた。
松本市(もしくはその付近の市町村)にある天文台で超新星を発見しようと日夜観測に励みながら、天文台に来る子供達に勉強を教えている。成人した今でもニンジンが苦手。
ある日、松本市の方角に隕石らしきもの(正体はモルヴァイアの元になった黒い花)が墜落していくのを発見し、スーパーGUTSに連絡する。その後、白い花と少女のことを再びスーパーGUTSに連絡し、花はグランドームへ輸送される。その白い花はモルヴァイアの弱点で、モルヴァイア撃退に貢献。一生のお願いとしてリョウに同窓会のホームページ作りをやらされることになった。
その際に出てきた一枚の写真を見て、少年時代に「もし自分が新しい星を見つけたらユミムラと名付けたい」とリョウに約束し、口づけしたのを思い出す。そして、遂に超新星を発見。
ミドリカワ・ヒロキ
スーパーGUTSのマイ隊員の弟。ハネジローのファン。
演じたのはマイを演じた山田まりやの実弟。
ムサシ・ホウサク
花火会社に務める会社員。妻のヒサコと娘のナミの3人家族。
ある日、釣りの帰りにチャダビン星人に遭遇。星人の宇宙船を発見し、機密保持のために自爆した宇宙船の爆発に巻き込まれて死亡する。
その後の経緯はチャダビン星人の項を参照。
ムサシ・ヒサコ
ホウサクの妻。夫の変化には気付いていたようだが、優しく接していた。
ムサシ・ナミ
ホウサクとヒサコの娘。アスカとジャンケンして勝っている。

ウルトラマンダイナ[編集]

ネオフロンティア時代を迎えようとする人類と地球を救うために現れた、新たな宇宙の光の巨人。

スーパーGUTSのアスカ・シンと一体化し、リーフラッシャーで変身する[注 12]

ウルトラマンティガと似た容姿をしており、ティガ同様にタイプチェンジ能力を持つ。また、ティガ第1話でゴルザメルバに破壊された巨人の石像や、『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』に登場した3千万年前の巨人はダイナに似ているが関係は不明[注 13]。完全にアスカと同一の存在の為、ウルトラマンと人間ハヤタの様な関係ではない。アスカ時に負った怪我がダイナにも影響したり、ダイナに変身した状態で手酷いダメージを負った場合の後遺症がアスカに残ることもあった。

また、メインライターを務めた長谷川は「ティガとダイナの空白の7年の間に、カズマが人知れずウルトラマンとして戦う姿を描きたかった」と語っている[8]

劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』でのティガとの共同戦線の後、ティガから光を受け継いだ。

最終回でグランスフィアを撃破後、ワームホールに飲み込まれてそのまま光の中へ消えて生死不明となったが、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』にて再登場。ZAPの面々を怪獣墓場まで送り、怪獣軍団に苦戦するウルトラマンやウルトラマンメビウスに助太刀してウルトラマンベリアルに立ち向かい、ウルトラマンゼロやウルトラマン、レオアストラ兄弟と共にベリアルを倒した。

その後、『ウルトラマンサーガ』では別宇宙の地球【フューチャーアース】の危機に駆けつけるも、ハイパーゼットン(コクーン)に破れ、石化光線を浴びて石像と化してしまう[注 14]。しかし遅れて現れたウルトラマンゼロ、ウルトラマンコスモスらの尽力で復活、彼らと合体してウルトラマンサーガとなり戦った。

作中ではマイによって「ダイナミック」と「ダイナマイト」から「ダイナ」と名付けられたが、最終回で「大好きな」という意味も込められていたことが明かされた。名前の候補ではナカジマから「ウルトラマンジャイアン」、カリヤから「ウルトラマンスーパーデラックス」があったが、どちらもマイが「ダサい」という理由で却下している。当初はスフィアの火星基地襲撃の際、フカミ総監と付き添っていたTPC一般職員からティガと間違えられたり、単に「光の巨人」としか呼ばれていなかったが、第2話で正式に名付けられた。

アクションでは初代ウルトラマンのポーズを踏襲している[9]。またティガよりもバック転やトランポリンの頻度が増えている[9]

  • 出身地:不明[10]
  • 活動時間:3分間
スペック
名称 身長 体重 飛行速度 走行速度 水中速度 潜地速度 ジャンプ力 握力
フラッシュタイプ 55メートル[11](ミクロ化も可能) 45,000トン[11] マッハ8[11] マッハ3 マッハ2 マッハ2 1,000メートル 60,000トン(人間換算で60キロ)
ミラクルタイプ マッハ10[12](光速≒マッハ880,000になることも可能) マッハ5 マッハ3 マッハ1 1,500メートル 40,000トン(人間換算で40キロ)
ストロングタイプ マッハ5[13] マッハ2.5 マッハ1 マッハ3 800メートル(3,000メートルになることも可能[14] 90,000トン(人間換算で90キロ)

リーフラッシャー[編集]

ダイナに変身するためのアイテム。掌に収まるサイズのスティックで、ダイナの顔を象った人面石のような形状をしている。普段は内側に折りたたまれているクリスタル部分が、変身時に展開・発光する。ネオダランビアを倒し、変身解除した後に手に入れた。アスカは基本的にこれが無いとダイナには変身できないが、例外も存在する(「変身ポーズ/プロセス」の項参照)。

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、別次元のアスカが自身をダイナだと自覚した際に、彼の右手の中に光と共に出現した。

『ウルトラマンサーガ』では物語のキーアイテムになった。

変身ポーズ / プロセス[編集]

変身の際のポーズは2タイプ存在し、右腕を反時計回りに回転させた後で頭上に掲げるポーズをとる場合と、リーフラッシャーを斜めにした状態で手前に突き出す場合がある。回数は後者の方が多く、前者の披露は初期にとどまる。右腕を掲げるのが基本だが、第34話のバゾブ戦では左腕を掲げている。これらのポーズをとった後、リーフラッシャーの発光部分が180度展開、クリスタル部分から放たれた眩い光がアスカを包み込んでダイナに変身する。またダイナの変身バンク映像は2つあり、第10話まではメタル状態のダイナが巨大化する時に色が付き変身が完了するCG、第11話以降は人形に大きな手を付けて登場するバンクがある。またダイナの登場シーンはいくつかあり、光の中から現れたり、キックや下からのパンチを繰り出しながら現れたりする。またモゲドンとの戦闘の際には登場直後にストロングにタイプチェンジし、キックを繰り出している。

第3話、第4話、第17話ではリーフラッシャーを使わずに、第49話ではリーフラッシャーの光エネルギーが人造ウルトラマン・テラノイドのカラータイマーに照射されてほとんど空になっていたにもかかわらず、アスカの雄叫びとともに変身している。

変身時はほとんどの場合無言だが、例外的に「ダイナー!」と叫んで変身することもあった(第21話・第32話・第49話(前半)・OV版(2回)・『大決戦!超ウルトラ8兄弟』・『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』・『ウルトラマンサーガ』・『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』)。

デザイン[編集]

ダイナのデザインは前作の『ウルトラマンティガ』に引き続き削減の発想となり、頭部に切れ込みを入れたものとなった。体色は赤・青・銀となり、ティガより一層派手さがアピールされたものになっている。

身体特徴(ボディーデータ)[編集]

以下に示すのはウルトラマンダイナの体中の各部位の名称とその特徴。

ダイナクリスタル
ダイナの額に付いた結晶。タイプチェンジに必要な光エネルギーが詰まっている。ミラクルタイプにチェンジする時はこの部位が青く輝き、ストロングタイプにチェンジする時はこの部位が赤く輝く。フラッシュタイプに戻る際は白色に輝く。
ウルトラアイ
乳白色に輝くダイナの目。物陰に隠れた敵の存在を瞬時に把握することが出来る。カラータイマーの点滅が消えるとこの部位の輝きも消えてしまう。
カラータイマー
胸の中央にあり、従来のウルトラシリーズと同様の機能を持っている。活動エネルギーが減るとランプが青から赤に変わり点滅する。点滅が消えると力尽きてしまう。
ダイナテクター
上記のカラータイマーの両脇に付いたプロテクター。敵の攻撃から大事な内部器官や身を守る頑丈な鎧。大概の攻撃はこれで跳ね返してしまう。ティガのプロテクターとは異なり黄色いラインが両脇に一つずつ入っているのが特徴。ダイナスラッシュを使用する際にはこの部位に両手を添えてから放つ。ミラクルタイプとストロングタイプにはこの部位は存在しない。
ダイナ皮膚
高熱にも耐えられ、極低温でも平気な体。大概の怪獣のビーム攻撃や火炎を受けても直接傷付きはしない。
接近戦で数百万馬力のパワーを発揮し、全ての光線技はここから繰り出す。防御の面においても活用され、第1話ではスフィアの大群の内の一体が放った緑色破壊光線を素手で防いでおり、第18話ではビシュメルが念力で飛ばしてきた街灯数本、『超時空の大決戦!』ではバジリスの放ったバルバリボール、『超ウルトラ8兄弟』ではスーパーヒッポリト星人の放ったヒッポリトファイヤーボムを弾き返している。フルパワーを発揮した際にこの部位が白色に光り輝くことがあり、第6話ではフォーガス(怪獣体)の鞭状の両腕を引き千切ったり、第29話ではガイガレードの鎌状の両腕をもぎ取った際にこの現象が起こっている。
ダイナフット
反重力エネルギーを発生させ、空を飛ぶことが出来る。

タイプチェンジ[編集]

ダイナは戦闘の場面に応じて3つのタイプ(フラッシュ、ミラクル、ストロング)にチェンジすることができる。3つのタイプへ自由に変身できたティガとは違い、ダイナは1回の変身で1度しかタイプチェンジできない[15]ため、フラッシュからミラクル、またはストロングへの変身はできるが、ミラクルからストロング、またはその逆の変身はできない(ただし、フラッシュに戻ることは可能[注 15])。

通常、変身後はフラッシュタイプで登場するが、『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』の対デスフェイサー戦でのみ、ストロングタイプで登場している[注 16]

タイプチェンジを行う際は胸のカラータイマーの前で両腕を組んでからその両腕をミラクルでは横、ストロングでは斜めに広げてから下に降ろす。場合によっては前述のタイプチェンジポーズを行わず額の「ダイナクリスタル」自体を発光させるかあるいは回転ジャンプを行いながらタイプチェンジを行う場合もある(第44話・劇場版)。フラッシュタイプに戻る際も同様だが、例外として第44話では金星の稲妻をネイチャーコントロールを利用して吸収しながらポーズなしで戻っている。最終話においても、グランスフィアの重力地場から逃れるため置き去りになっていたリョウを救出する際全身発光後ミラクルに変身(手が使えない状態のためポーズ不能)しクラーコフに帰還している。

フラッシュタイプ
基本形態。パワー、スピードのバランスが良く、多彩な光線技で敵を迎え撃つ。名称は光線技のバリエーションの多さに由来する[13]。必殺技はソルジェント光線。シルドロンやゴルザIIとの戦いでは野球や剣道の技を応用して倒すなど根性と気合いで乗り切った。ゼルガノイドやグランスフィアなどもこの形態で倒している。また、『ウルトラマンサーガ』では復活直後、ハイパーゼットン(ギガント)を抑え込むパワーを見せたこともある。
ミラクルタイプ
第2話で初登場。スピードとサイキック能力に秀でた戦士。遠距離の戦いを得意とする。体色は青・銀。必殺技はレボリウムウェーブ・アタックバージョン。テレビシリーズ本編での登場回数は18回。
優れた超能力を持ち、様々な超能力を生かして数々の強敵を撃破する活躍を見せた。自在に光となってガッツイーグルと同化したり、グランスフィアの惑星すら吸収する重力地場からも逃れることも可能。最終回においてネオマキシマエンジン(地球から火星まで数十分から一時間で移動可能、即ち約マッハ64,000以上)を始動させたクラーコフに、それを上回るスピードで追い付いている。金星の非常に高い大気圧の中でも自由に活動できる適応能力を持つ反面、スタミナ消費が激しく持久戦を苦手とする。またパワーにも劣り接近戦に弱いため、サタンラブモスやグライキスに肉弾戦に持ち込まれ苦戦を強いられたこともあったが、アスカ本人の持ち前の根性を発揮すればストロングタイプ並みの力も出せる(第44話など)。
『ウルトラマンサーガ』の一件の後、ウルトラマンコスモス・ルナモードの力と共にルナミラクルとしてウルトラマンゼロに与えられた。
ストロングタイプ
第4話で初登場。力に秀でた戦士。体色は赤・銀。全体的な配色に関して、銀の割合の多いミラクルタイプに対し、ストロングタイプは赤の割合が多い。外見はより筋肉質なものとなり、オーバーな怒りの感情を見せることも多い。持久戦・接近戦・水中戦を得意とする。必殺技はガルネイドボンバー・シューティングバージョン。テレビシリーズ本編での登場回数は17回。
強大なパワーと豊富な体力を備え、近接格闘戦や一気に攻め込む時に強い。光線技はガルネイトボンバー・シューティングバージョンのみだが、格闘技のパワーは抜群で、通常の打撃ですら必殺光線に匹敵する破壊力を誇る。その怪力を活かして他のタイプでは倒せなかった強敵や重量級の敵に勝利を収める活躍を見せた。フラッシュタイプのソルジェント光線などのあらゆる光線技が通じないユメノカタマリを瞬殺したほか、ニセダイナことグレゴール人をクロスカウンターパンチで撃破した。その反面、光線技が一つしか使えないことから遠距離戦に弱く、アウトレンジからの攻撃を得意とする敵には苦戦を強いられることもあった。
『ウルトラマンサーガ』の一件の後、ウルトラマンコスモス・コロナモードの力と共にストロングコロナとしてウルトラマンゼロに与えられた。

能力・技[編集]

フラッシュ[編集]

ソルジェント光線[11]
フラッシュタイプの必殺技。両腕を十字型に組んで体内のエネルギーをスパークさせて放つ青色の光線。光線のエフェクトはサインカーブが見られる独特のもので、このパターンが一番多く見受けられる。青白い光弾を連射するエフェクトだったり(第6話)、発射ポーズが同じ初代ウルトラマンおよびウルトラマンジャックのスペシウム光線に似た光線エフェクトだった(第7話、第43話)こともある[注 17]。また相手にヒットした際、オレンジ色の光輪が発生する[注 18]。光線の威力にダイナ=アスカ・シン自身の気合の高まりとともに上昇し[16]、最終章では連発したことがある。
劇場作品『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ではキングシルバゴンを、『ウルトラマンサーガ』ではアーストロンを倒し、ハイパーゼットン(ギガント)の右前脚を撃ち落す。ハイパーゼットン(イマーゴ)に向けてウルトラマンゼロのワイドゼロショット、ウルトラマンコスモスのムーンライトスマッシュと同時攻撃として放ったときは、ハイパーゼットンアブゾーブによって吸収・増幅して撃ち返され逆にダメージを受けてしまった。『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』では時空城の破壊に用いられた。また、ニセダイナやジオモスなど通用しなかったり、敵に吸収されて打ち返されたりするなど、敵に破られた回数も必殺技の中で最も多い。
強化版ソルジェント光線(Cチャージソルジェント光線)[要出典]
劇場作品『光の星の戦士たち』と『超時空の大決戦』でのみ使用。ティガのゼペリオン光線と同様に発射前にポーズをとってから発射し、通常のソルジェント光線の数倍の破壊力を持つ。ティガのゼペリオン光線との同時発射でTDスペシャルを編み出しクイーンモネラを倒し、『超時空の大決戦』では通常のソルジェント光線の通じなかったゲランダよりも強固な外骨格を持つバジリスを一撃で倒した。『ウルトラ銀河伝説』、『決戦!ウルトラ10勇士!!』でもポーズをとっているような描写がある。
ビームスライサー[11]
右腕からくさび形の手裏剣状の光弾を放つ。連射可能で、主に牽制に使う。対ゾンボーグ戦では高速で連射したが、敵の吐く破壊光線に押し戻された。第17話ではガッツブラスターが効かないシルバック星人を一撃で倒した。第2話ではエネルギーを集約してから放っている。『ウルトラ銀河伝説』ではナースを倒した(この時は右腕を正面ではなく右斜め上に向けて発射している)。右腕から放つのがほとんどだが、第44話では火球で攻撃してくる2連タイプのスフィアに対して左腕から放っている。
フラッシュサイクラー[11]
両腕に溜めた青白いエネルギーを大型の三日月状にして放つ光のカッター。敵にダメージを与えるために使う。最終話ではグランスフィアが放った複数のスフィア合成獣をまとめて倒した。第2話ではエネルギーを集約してから放っている。劇場版『光の星の戦士たち』ではモネラ星人に操られていたプロメテウスの機関砲の弾丸を相殺するのに使用している。
ダイナスラッシュ[11]
エネルギーを丸ノコギリ状にして投げつける光のカッター(いわゆる「八つ裂き光輪」または「ウルトラスラッシュ」)。ウルトラマンの八つ裂き光輪と同等の威力を持つ[17]ギャビッシュの尻尾を切断したが、対グライキス戦では敵の頭頂部のスフィアで弾かれて無効化された。劇場版では、ソルジェント光線の通じなかったゲランダに追撃として放とうとしたが、現れたプロメテウスのネオマキシマ砲でゲランダが倒されたため中断している。
フラッシュバスター
右手から照射する、青い光線。第2話で右腕を振りながら放ってスフィア11体を一掃した。第50話ではネオガイガレードの追尾光線を押し戻した。劇場版ではクイーンモネラの触手を焼き切っている。
フラッシュ光弾[10]
合わせた両手を胸の前に突き出して、虹色の光弾を放つ。敵を怯ませる効果があり、連射が可能。サイクロメトラなどに使った。
ウルトラフォーク[11]
念力で右手に光弾を発生させ、それを野球のピッチングのように投げつける。投げた球は、フォークボールのように敵の手前で急に進路を斜め下に変える。第5話において頑丈な両手のハサミで攻撃を防御するシルドロンに使い、1発目は「見せ球」として直球で投げて防御させ、2発目をフォークで投げることで、敵の弱点の腹に直撃させて倒した。名付け親はカリヤ隊員。
ウルトラバルーン
赤色の大型光球を発生させる。赤色が好きなバオーンの前で高く浮かばせて、気を取られたバオーンがそれを掴もうとしてジャンプしたその隙に宇宙まで運んだ。
ウルトラ水流[11]
両手を合わせて水を放射し、火災を消し止める。第15話のみ使用。
ウルトラバリヤー[11]
3タイプ共通の能力。光の壁を作って敵の攻撃を防ぐ。敵に撃ち返されたビームスライサー2発で破られた小型の四角い壁タイプ、攻撃の種類によっては反射することも可能な円形タイプ、敵の前進を押し戻すために使用される大型の壁タイプと、状況に応じて大きさと形を変化させられる。
ダイナテレポーテーション
瞬間移動。第17話ではゾンバイユの体内からコウダを連れて脱出した。第25話ではTPCの移動要塞クラーコフの内部から外部へと瞬間移動した。
フラッシュパンチ
敵の弱点をめがけて叩き込む、強烈なパンチ。ストレートパンチをユメノカタマリに浴びせたほか、アッパーカットでヒマラを撃退した。また、ダイゲルンやバゾブ、ゲランダに対しては、変身すると同時に顎にアッパーカットを放っている。
フラッシュチョップ
すれ違いざまに相手の体に浴びせる、切れ味の鋭い手刀。ゴルザIIの腹部に浴びせることで大ダメージを与えたほか、グライキスの額に取りついていたスフィアを叩き割った。
フラッシュキック
モズイをはじめ、数多くの敵に繰り出した飛び蹴り。他にも、キングシルバゴンに放ったストレートキックや、球体のマリキュラをサッカーボールのように蹴り上げた連続キック、フォーガス(怪獣体)に放った急降下キックなど、様々なバリエーションがある。
ウルトラヘッドロック
敵の首を締めつけ攻め立てる技。ディプラスに対して使用した。
フラッシュホイップ
持ち上げた敵を伸ばした両腕で突き飛ばす技。グロッシーナに対して使用。
ウルトラレッグホイップ
相手をつかんだまま、後方に倒れ込むと同時に、片足で腹を蹴り上げて巴投げを決める技。シルドロン戦の他、ギャビッシュ、トロンガーとの戦いでも繰り出した。
ウルトラ・ホイッパー
タイミングを計って相手の体を持ち上げ、そのまま地面に投げつける技。グロッシーナを放り投げた他、海底に沈んだクラーコフNF-3000の船内において、人間大でディゴンの1体に繰り出したこともある。
ウルトラかかと落とし
第36話で使用。ネオジオモスの破壊光弾発射部分である額の光球を破壊した。
ハリケーンスウィング[18]
敵の頭を掴み、振り回して投げる。ネオダランビアやデキサドル、キングシルバゴンなどにダメージを与えた。『ウルトラマンサーガ』では地中に逃げようとしたアーストロンを空中に投げ飛ばした。
ヘッドスライディング
走る際の勢いを利用して頭から滑り込み、そのまま腹這いの状態で地面を滑走する。ギガンテス(雄)に足で踏み潰されそうになったリョウ隊員のγ号を救出する際に使用した。
スパイラルバースト(本編未使用)
胸のダイナテクターのエネルギーを光弾にして放つ。
ソルジェントエネルギーを叩き込む技(名称不明)
体内のソルジェントエネルギーを球状にして両手に持ち、それで敵を殴りつけるように攻撃する。ゾンバイユを倒した。
他作品への出演時に見せる能力
ハンドスラッシュ
ゲーム作品『ウルトラマン Fighting Evolution3』で使用した、ティガと同様の技。ティガものと違い3連発放つものになっている。
トゥインクルウェイ[19]
光り輝くワームホールの道を作り出し、何万光年も離れた場所を一瞬で移動する技。『ウルトラ銀河伝説』にてスペースペンドラゴンを光の国から元の空域へ送り届ける際に使用。ウルトラマンメビウスも同様の技を使用している。
ダイナチャージング[20]
『ウルトラマンサーガ』で使用した、パワーを分け与えるエネルギービーム。コスモスを復活させた。
他のキャラクターとの合同技
ウルトラダブルスライサー
劇場作品『光の星の戦士たち』で使ったティガとの合体技。ティガのハンドスラッシュとダイナのビームスライサーを同時に撃つ。
フライングダブルパンチ(メテオツイン)
劇場作品『光の星の戦士たち』で使ったティガとの合体攻撃。二人で敵目掛けて飛行しながら同時にパンチを浴びせる。クイーンモネラを怯ませた。
TDスペシャル[21]
劇場作品『光の星の戦士たち』で使ったティガとの最強の合体技、Cチャージソルジェント光線の10倍の破壊力を持つ。ティガのゼペリオン光線とダイナのソルジェント光線を同時に撃ってクイーンモネラを倒した。

ミラクル[編集]

レボリウムウェーブ(アタックバージョン)[13][10]
空間を右手の中に圧縮して超衝撃波を作り出して放ち、敵の背後にブラックホールを発生させて吸い込み次元の隙間に送り込み圧殺・破裂させる必殺技[注 19]
この技を使うためにミラクルタイプになることも何度かあったが、劇中ではジオモスには亜空間バリアにより振り払われ、グライキスには飛行形態で回避され(この時は金星の大気により威力不足だった)、OV版のワンゼットにはバリヤーで防がれる(2回目で撃破成功)など、通用しない敵もいた。『決戦!ウルトラ10勇士!!』ではティガ(パワータイプ)のデラシウム光流・ガイア(スプリーム・ヴァージョン)のフォトンストリームとの同時攻撃でファイブキング(エタルダミー)を倒した。
レボリウムウェーブ(アタックバージョン タイプI)
両腕を広げた間から超衝撃波を発射する。フォーガスの怪獣体や巨大な体を消滅させて本体を露出させた。
レボリウムウェーブ(アタックバージョン タイプII)
両手を広げてその間に空間を圧縮し、超衝撃波を作り出して広域に放射する。ギアクーダを粉砕した。
レボリウムウェーブ(リバースバージョン)[12]
敵の攻撃を吸収し、撃ち返す必殺技。グラレーンの火炎を撃ち返して倒した[注 20]
シャイニングジャッジ[13][21]
両手を広げて光のレンズを作り出し、太陽光線を33万倍に増幅して放つ技。劇場版でデスフェイサーに使ったが、ジェノミラーに反射されてしまった。
ウルトラサイキック[12]
右手の手先から放つ念力光線。敵の動きを封じて空中に浮かべてしまう。グラレーンの動きを封じて空中に浮かび上がらせた。
ミラクルリフティングウェーブ
ウルトラサイキックと同型の技だが、こちらは両手から放つ。その状態で飛行して怪獣を他の場所に運ぶことも可能で、ソドムを火山の火口に運んだ。
ウルトラマジック[12]
3人に分身し、3方向から同時に攻撃する。第13話でガラオンに使い、3つの顔による連続攻撃でダイナを翻弄するガラオンに3方向からの同時攻撃で対抗した。
ネイチャーコントロール[13]
超能力で自然を操作する。第2話で火災を鎮火させた。第26話では人口太陽カンパネラから光エネルギーを引き出し、自身のエネルギー回復やスヒュームへのとどめの一撃に使った。
ミラクルサンダーチャージ
ネイチャーコントロールの一種。落雷を右腕に吸収し、青色の電気光線に変換して右手から放つ。第9、18話で使用し、第19話では姑獲鳥が放ったプラズマエネルギーを吸収し、自らのエネルギーを回復した。第9話では使用後、アスカは暫くの間電気人間となった。
ダイナファイヤー(本編未使用)
ネイチャーコントロールの一種。自然発火現象を引き起こす。
ダイナテレポーテーション
瞬間移動。フラッシュタイプよりも、サイキック能力に優れたミラクルタイプの方がこの技を得意としている。第26話でスヒュームを追って南極から宇宙へ移動した。第44話では連続使用してグライキスを翻弄し、第47話ではデビルファビラスの金縛り光線で生じた光のロープの拘束から逃れる際に使用した。
ビームスライサー[22]
フラッシュタイプと共通の電気エネルギーを帯びた光線技。第26話でTPCの人工太陽 NSPカンパネラにこの光線を反射させてエネルギーを増幅、それを自ら受けることで自分のエネルギーを回復した。また、同じ方法で増幅したビームスライサーをスヒュームに放って倒した。第47話ではデビルファビラスの魔石を破壊した。
ハンドシューター
ビームスライサーに似ているが、こちらは両手先を前に突き出して放つ青い光線。第13話でガラオンを撃退した他、第26話では宇宙でスヒュームをカンパネラの方向に跳ね飛ばし、止めに繋げた。
透視能力(ウルトラスルーアイ)
敵の弱点を発見する。フォーガスの本体を探し出した他、分身したゾンバイユの中から本体を見抜いた。
ミラクルパンチ
超スピードで相手に叩き込んでダメージを与えるパンチ。ウルトラマジックで作り出した一体が、ガラオンに対してストレートパンチを放った。また、ワンゼット戦では通常のストレートパンチに加え、体を回転させてのパンチ攻撃も披露した。
ミラクルチョップ
手刀を縦に素早く放って敵を切断する技。ギアクーダ戦では両手で繰り出したが、然したるダメージを与えられなかった。また、デビルファビラスに対しては背後から繰り出したものの、避けられてしまった。
ミラクルエルボー
体内の全パワーを集めて放つ肘打ち。優勢に戦いを展開するグライキスの首に放って怯ませ、反撃への糸口を作った。
ミラクルキック
ミラクルタイプのスピードを生かし、素早く繰り出すキック攻撃。回し蹴りや横蹴り、ドロップキックなどの様々なバリエーションを持つ。ギアクーダに対して飛び蹴りを放ち、大きなダメージを与えた。設定では敵は絶対に避けられないとされているが、第17話でのゾンバイユ戦では初めて避けられてしまった。
連続回し蹴り
体を回転させ、連続で相手にキックを浴びせる技。ゾンバイユに対し、左右から連続でキックを浴びせてダメージを与えた。
ミラクルロケットアタック
全身をエネルギーに包み、敵めがけて急降下して体当たりする。第26話でNSPカンパネラを利用して回復したダイナがレイキュバスに使い、大ダメージを与えた。
ミラクルローリング
体を丸め、高速で回転しながら移動する技。デスフェイサーのガトリングガンで生じた爆発の中から抜け出す際に使用した。
ダイナローリングアタック
体をボールのように丸めて敵の周囲を高速で飛び回る。対デスフェイサー戦で、太陽の方向へ移動してシャイニングジャッジに繋ぐために使った後、敵に反射されたシャイニングジャッジをかわすために使うが、敵に動きを読まれて空中で停止したところを捕らえられた。
高速移動
高速移動で敵を翻弄する。グラレーンを翻弄したが、サタンラブモスには動きを計算されて捕らえられた。
ドリルスピン戦法
体を光粒子化してスーパーGUTSのガッツイーグルのエネルギーと一体化し、ガッツイーグルのトルネードサンダーと共に飛び出して体を実体化させながら敵に体当たりする。バゾブを倒すと同時に、敵の体内に捕らえられていた人々を救出した。
ウルトラバリヤー[10]
3タイプ共通の能力。円形の光の壁を作って敵の攻撃を防ぐ。防ぐ攻撃の種類によっては、反射したり、バリアを前進させて押し戻すことも可能。第18話ではビシュメルが念力で飛ばしてきた街灯数本を防ぎ、さらに街灯を纏めて殴って敵に跳ね返すという使用法を見せている。
ミニブラックホール
第9話でダイナが時空衝撃波で宇宙空間に作り出したもの。粉砕しても分裂するギアクーダを宇宙に運び、このブラックホールに投げ入れてからレボリウムウエーブ アタックバージョン タイプIIで粉砕した。

ストロング[編集]

ガルネイトボンバー(シューティングバージョン)[12]
胸の前で両拳を合わせて前方にエネルギーを発生させ、それを凝縮して超高熱の赤色光弾に変え、右パンチのアクションで放つ、ストロングタイプが使う唯一の光線技。
ネオザルスを倒した他、敵の吐いた火球を前方に発生させるエネルギーで受け止めて撃ち返すことでマリキュラを倒し、GUTS、スーパーGUTSの一斉攻撃と共に放つことでネオジオモスを撃破した。『帰ってきたハネジロー』ではアーウォンに使用したが吸収された。
ガルネイトボンバー(スウィングバージョン)[12]
赤熱化させた両腕で敵を頭上に抱え上げ、大車輪回転をさせてから地面に叩きつける。
クロスカウンターパンチ[12]
敵のパンチしてくる腕をレールにして、攻撃してくる敵よりも深く、正確にパンチを喰らわせる技。ニセダイナの仮面を破壊した。
バルカンスウィング[13][22]
敵の尻尾を掴み、高速で振り回して投げる。ダイゲルンを粉砕した。第24話ではマリキュラに使ってダメージを与えた。
バーストラリアット[10]
体内の全パワーを集中した右腕を振り上げ、至近距離から相手の喉元めがけて叩きつける荒業。ダイゲルンに対して使用し、敵の頭を陥没させて反撃の糸口を作った。第40話ではゴッドジャギラの体内に捕らえられている神保紀子を救出するのに使用した。
ストロングパンチ[13][10]
エネルギーを左手に集めて赤熱化させ、敵に突進してパンチを食らわす。ヌアザ星人イシリスを倒した。
ストロングキック
一撃で相手の体力を奪うほどの威力を持つ、超強力パワーキック。パンチやチョップなどの連続攻撃に組み込んで使用する。蹴り上げるようなキックをマリキュラなどに繰り出したほか、ギガンテス(雄)、デスフェイサー戦などでは、水平に突き出した片足を相手に叩き込んでいる。
ウルトラかかと落とし
片足を高く振り上げたのち、相手に踵を勢いよく叩きつける技。デスフェイサーの左腕を叩き折った他、ダイゲルンに右足を噛みつかれ空中に持ち上げられた状態から、ダイゲルンの頭部に赤熱化させた左足を振り下ろすなどの戦法も見せている。
後ろ回し蹴り
相手に背中を向けて立ち、後ろに足を蹴り上げる技。ニセウルトラマンダイナに対してのみ使用した。
ストロングボム[13][10]
ジャンプし、右足に全体重を乗せて急降下キックを放つ。モンスアーガーの弱点である頭部の皿を破壊して倒した。設定では両足を使ったストロングダブルボムも存在するが、こちらは本編では未使用。
ダイナックル
気合を込めたカウンターパンチ。ネオマキシマ砲を発射しようとするデスフェイサーに正面から突進してパンチを打ち、ネオマキシマ砲ごと貫いた。
スペースダイナマイト[21]
敵を頭上に抱え上げ、回転をかけて空高く投げ飛ばす。ダイナックルで貫いたデスフェイサーに、続けてこの技をかけて撃破した。実質的にはダイナックルで決着がついており、どちらかといえばこの技は爆発の際地上に被害が及ばないようにという面が強い。
バウンスシューター
敵の首を脇の下に抱え、そのまま後ろに仰け反るようにして投げ飛ばす技。ネオジオモス戦やゴッドジャギラ戦で披露した。
ウルトラリフター[22]
超怪力で相手を持ち上げる技。そのままウルトラホイッパーに繋げることが多い。ニセウルトラマンダイナでは片手で持ち上げたこともある。
ウルトラ・ホイッパー[22]
「ウルトラリフター」などで持ち上げた敵を渾身の力で投げ飛ばす大技。ギアクーダを何度も投げ飛ばした他、ダイゲルンやネオザルス、ギガンテス(雄)、ゼルガノイドなどを地上に叩きつけた。
ストロングクラッシャー
右拳を突き出した状態で飛行し、空中から落下してくる敵に突進する。ユメノカタマリを空中に放り投げてから、この技で粉砕した。
ドリルアタック戦法(ダイナ・トルネードアタック[13]
体をドリルのように回転させながら突進し、敵を貫く。メノーファを貫いて倒した。
ウルトラ・ダイナムパッド
渾身の力で浴びせる頭突き技。キックで空中高く跳ね上げたマリキュラに対して繰り出し、地面に叩きつけた。
ウルトラバリヤー[10][22]
3タイプ共通の能力。光の壁を作って敵の攻撃を防ぐ。小型の四角い壁タイプと、右腕一本で敵の攻撃を防ぐ円形の壁タイプがあり、後者の方は両腕で壁を前進させて敵の攻撃を押し戻すことも可能。
ウルトラオーバーヘッドキック
オーバーヘッドキックと全く同じ要領で敵を空高く蹴り飛ばす技で、第24話で球体になったマリキュラに対して使ったサッカー戦法。
ストロングシザース
ボディーシザースの要領で上空から落下する勢いを利用して繰り出す技。自身の両足を相手の体に挟み込むようにして敵に繰り出す。第48話でモゲドンに対して使用した。
猫だまし
相撲の「猫騙し」に似た、相手の目の前で不意に両手を叩いてひるませる技。モゲドンを驚かせて、動きを止めた。

本作品以降に登場する形態[編集]

スーパーGUTS[編集]

Super Global Unlimited Task Squadの略称でスーパーガッツと読み、S-GUTSと表記される場合もある。宇宙開発に希望を求めてネオフロンティア計画を推進する地球平和連合TPC (Terrestrial Peaceable Consortium)に所属し、GUTSを強化・再編した特捜チームであり、『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』の2年後に結成された[23]

給料はマツタケ一本も食べられないほど安いらしい(第6話)。

総合本部基地[編集]

装備[編集]

スーパーGUTSには太陽系に進出した人類の住む世界(ネオフロンティア)の平和と安全を守る使命があり、前作『ウルトラマンティガ』に登場したGUTSとは違って最初から強力な攻撃力を与えられており、GUTS時代の兵器が登場することもある。スーパーGUTSのライドメカのデザインはアルファベットの一字をモチーフにしている。

銃器類・特殊装備[編集]

ガッツアーマー
耐熱、耐寒、耐圧性に優れたツナギ式の隊員服。黒とグレーを中心とした配色で、背中には各隊員の名前(男性は姓、女性は名)がローマ字で入っている。酸素ボンベ等の追加装備の使用で宇宙服にもなる。
『ウルトラマンサーガ』でタイガ・ノゾムが着用していた物はツーピース式である。
W.I.T.(ウイット)
スーパーGUTS隊員が携行する超小型コンピューターで、通信機能を持つ。ガッツアーマーのベルト左腰部分に装備しているケースで携行している。
スーパーGUTSメット
デジタルビデオカメラや通信機が付いた特殊合金製の戦闘用ヘルメット。特殊バイザーなどを付けて宇宙でも使う。
ブラックバスターなどTPCのいくつかの他部署の隊員も配色が異なる物を使用している。
ヘルメットの一つが『ウルトラマンメビウス』第42話でGUYSのサコミズ隊長が科特隊時代の回想シーンでリペイントされて使用された。
スーパーGUTSバックル
薬や爆弾、酸素ボンベなどが入ったベルトのバックル。
ガッツブラスター
スーパーGUTS隊員が携行する万能銃。ホルスターから抜いた直後の通常時の形態は「ノーマルモード」と呼ばれる。引き金を引く時間によって発射されるレーザーも長いものとなるようで、劇場版でこの機能を見せた。
敵を攻撃するためのブラスト光弾や、銃口部にアタッチメント(パラボレーザーパーツ・ナパームパーツ)を付けてレスキュー用ネットビームなどを発射する(この時の形態はそれぞれパラボレーザーモード・ナパームモードと呼ばれる)。前者は第18話にてリョウが高所から落下したアスカと女学生を救助する際に使用している。後者は劇中未使用。
また、シリーズ後半に登場したブラックバスター隊のメンバーも配色が異なる物を携帯している。
ブレイクシューター
ネオブラストエネルギーの円盤型レーザーを連射するマシンガンタイプの対怪獣用大型銃。
XX(ダブルエックス)バズーカ
光弾を連射する折り畳み式の大型レーザー砲。途中で発射口が2つのAタイプから1つのBタイプに改良された。
ギャラクシースナイパー
4、5発ほどの光弾を発射するライフル型の銃器。第1話で撃墜されたアスカがダランビアに使ったが、さほどダメージを与えることも出来ないままエネルギー切れになってしまった。第36話ではTPCの一般隊員達もこれと同様の物と思われる物を使っている。
公式サイトではギャラクシースナイパーだが、ばっちしVシリーズ「ウルトラマンダイナvol.3おれたちがスーパーガッツだ!」では「ガッツライフル」と紹介されている。
クエストアタッシュ
スーパーGUTSの特殊装備が入っている専用アタッシュケース。
声変わり
第8話でナカジマが発明したヘッドホン型の装備。鳴き声を聞いた者を眠らせるバオーンへの対策のために作られた。名前の通り聞いた音声を変換する。また音声を変換して伝える機能も併せ持つ。なお、音声は妙なものに聞こえるため、装着した者は大抵大笑いする。大量に量産されて各隊員のみならずふるべ村の人々にも配布された。
バリア素粒子発生装置
第17話でアスカとコウダがゾンバイユ内部で使用した小型装置。人体のプラズマ素粒子と同じ密度の素粒子を発生させる。
ネオプラスチック爆弾
第23話で開かない扉を破るために使用された小型爆弾。爆破方法はプラスチック爆弾と同じ。第39話で、ブラックバスター隊のフドウ・ケンジも使った。

航空機[編集]

ガッツイーグル
全長:24m(スペリオル時は25m) 全幅:24m 最高速度:マッハ6(スペリオル時はマッハ7で共に空中)・マッハ50(宇宙空間でのネオマキシマ始動時) 乗員:8名
ガッツイーグルα・β・γの3機が合体した強力な主力大型戦闘機。本部基地に複数機常備されていて、他にもクリオモス島など他の基地施設にも配備されている。
最大の武器はガッツイーグル3機全てのエネルギーを直結させることで連続使用が可能な強力な光線砲「トルネードサンダー」で、αの代わりにαスペリオルと合体するとトルネードサンダーは強化され、最高速度もマッハ7にアップする。
イーグルスペリオル時には第37話で一度だけユメノカタマリに電磁ネットを使っているが、失敗に終わっている。しかし使い勝手が悪かったのか、イーグルスペリオルは第34話の対バゾブ戦、第37話の対ユメノカタマリ戦にのみ登場。第36話では反マキシマエネルギーを装備している。第49話の対ゼルガノイド戦ではトルネードサンダーとは少し異なる青色破壊光線を使っている。第34話では一回だけダイナ・ミラクルタイプがこのガッツイーグルと一体化してトルネードサンダーとの派生技である「ドリルスピン戦法」でバゾブを倒している。それ以外にも「マニュアルモード」に切り替えることが可能。
それぞれがネオマキシマエンジンを搭載した高性能戦闘機。また、それぞれの機体が電磁ネットという敵を捕らえて動きを封じる装備があり、第15・35・48話で使用している。
ガッツイーグルα(イーグルジェット)
全長:13m 全幅:8m 最高速度:マッハ7.5 乗員:2名
ガッツイーグルの先端部分にあたる三角形の高速戦闘機で、赤い熱線ジークを装備。主にアスカやカリヤの搭乗が多かったが、劇場版ではリョウが搭乗してデスフェイサーと戦っている。下方にはガッツウイング1号と同様に様々なオプションパーツを装備可能。
『ウルトラマンサーガ』でタイガの乗機として登場。15年の間に改修が行われており[6]、コクピットの外観と内部の形状が異なり、機種両端からカナード翼が展開するようになっていた。
ガッツイーグルβ(イーグルウイング)
全長:6m 全幅:24m 最高速度:マッハ5.5 乗員:4名
ガッツイーグルの中央部分。作戦指令機である為、ヒビキやコウダの搭乗が非常に多い。稀にナカジマも搭乗することもあるが、第35話ではリョウが一回搭乗してジオモスと戦っている。また第8・34・43話ではアスカが操縦している。両翼に強力な青色の熱線ボルキャノンと爆撃兵器、機首部にもレーザー砲を装備している。
ガッツイーグルγ(イーグルガイ)
全長:13m 全幅:10m 最高速度:マッハ6.5 乗員:2名
ガッツイーグルの後尾部分。通常の黄色い熱線の他に強力なビーム砲(ガイナー)を先端に備えているが、トルネードサンダーに劣る為多用しない。主にリョウやコウダが搭乗する事が多く、第35話ではアスカが搭乗してジオモスと戦っている。他にも追尾ミサイルやアンチプラズマ弾を武装している。第41話では2機同時に、第42話のアスカの夢の中で4機同時に登場している。
ガッツイーグルαスペリオル
全長:14m 全幅:9m 最高速度:マッハ11 乗員:2名
市街戦に対応し、ガッツイーグルαの武器の命中精度と運動性能・最高速度を高めた強化改良型。通称は「アルファS(エス)」、或いは「スペリオル」。武器はネオジークと機体下部に装備されている大型砲スパークボンバー(劇中では未使用)。第44話では機首部からネオジークを発射していた。ガッツイーグルαの代わりにガッツイーグルに合体可能〈ガッツイーグルスペリオル〉。また、改良に伴い外見も様変わりした。第33話で初登場。持ち前の命中精度でメノーファの小さな弱点を見事に撃ち抜いた。なお、第35話では旧GUTS隊員のシンジョウが操縦し、ジオモスと戦った。ヒビキとカリヤ、ナカジマが操縦したこともあるが、基本的にはアスカ機である。
最終決戦でもアスカが搭乗。コクピットから一筋の光となってダイナが飛び出す印象的な場面がある。グランスフィア撃破後、ブラックホールに飲まれたアスカはこの機体に乗って、プラズマ百式に乗る父とともに、光に向かって飛んでいった。
本作の20年後を描いたOV作品『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』では量産され訓練機として使われており、同作の主人公であるネオスーパーGUTSの訓練生のマドカ・ツバサが操縦していた。
コネリー07(ゼロセブン)
全長:10m 全幅:15m 最高速度:マッハ1 乗員:2名
乱気流の中やビルとビルの間でも活動可能なホバー噴射式の特殊捜索救助艇。主に運搬や偵察に使われる。TPC隊員にも配備されており、こちらはS-GUTSのものとは異なる塗装がされている。レーゼンビー砲や瞬間消火弾(ダルトンボム)、威嚇用のレーザー砲(ムーアキャノン)を装備しているが、ガッツイーグルのものと比べると威力が抑えてある。
放送当時に発売された玩具ではガッツイーグルα・βと合体可能になっていたが、本編では合体していない。
機体名や武装の名称はジェームズ・ボンドを演じた俳優達(ショーン・コネリー他)の名前からとられており、これを受けて「コネリー07はイギリス製ではないか?」という指摘がなされたこともある[24]
プラズマ百式
ネオマキシマ航法の次世代航法ゼロドライブ航法(宇宙を「秒速30万km=光の速さ」で飛ぶ)の実験機。
かつてアスカ・カズマがパイロットとして乗っていた。カズマと共に行方知れずになっていたが、冥王星付近で機体のみが発見された。ゼロドライブ計画復活のためアスカがテストパイロットとして搭乗した。あくまでも実験機だがファイナルメガランチャーを搭載することができ、地球に迫る彗星を太陽系の外で破壊した。
カズマの主張(余計なものは省きゼロドライブに全てを注力してほしいというもの)により、ガッツイーグルと違って安全装置の類がない。
アスカが搭乗した際のテスト成功によりゼロドライブ計画は飛躍的に進展した。
スノーホワイト改
前作に登場したスノーホワイトの改良機で、プラズマ百式の飛行実験のサポート機。最高速度や武装の有無は不明。
ミニチュアはスノーホワイトのリペイント[25]
ガッツシャドー
ゴンドウ参謀が組織したブラックバスターの隊員が乗るガッツウイング1号の改良型戦闘機で、ステルス機能や迷彩機能、電磁ネットなどを装備し、ガッツイーグル以上の戦闘能力を持つ。最高速度は不明だが、ネオマキシマ航法を使える。武器は偏曲マキシマビームで、その威力はクローン怪獣程度なら一発で倒すほど強力。ナカジマ曰く「型は旧式でも性能は最新」とのこと。通称「見えない戦闘機」。
第49話ではアスカのガッツイーグルαスペリオルとリョウのガッツイーグルγを拿捕して、火星基地へと運んだ。その後、ゼルガノイド迎撃に出撃した際、全機撃墜され損失。唯一無事だった最後の一機もサエキ・レイカからリョウに託されたが、ガニメデでネオガイガレードに素手で掴まれたダメージからか飛行不能になったようで、パイロットのリョウのみダイナに救出された。
ミニチュアはガッツウイング1号のリペイント[26]
パッションレッド
TPC南アメリカ支部の戦闘機。最初の登場はデキサドル追跡時で、2機出撃したが双方撃墜された。その後人工太陽試験機NSPカンパネラ撃墜のため一個小隊が8機出撃したが、レイキュバスによって全機撃墜された。
『円谷プロ図録』では、ミニチュアはF-14トムキャットのプラモデル改造ではないかと推測している[27]
グリーンホーネット
TPC極東支部の警務局が使用するヘリコプター。登場した機体のコードナンバーは「TPC03」で、地球に墜落した未確認飛行物体(クレア星雲人シオンの円盤)を発見し、回収班に連絡した。

車両・その他[編集]

ゼレット
全長:4.6m 重量:1.55t 最高時速:850km以上 乗員:4名
主にパトロールに使われるスポーツカータイプの車輌。武器は車体上部のゼラリアン砲で、バリアも搭載する。ベース車両はホンダ・プレリュード[28]。第19話ではアンチプラズマ弾を使っている。
ボッパー
全長:4.8m 重量:1.6t 最高時速:600km以上 乗員:6名
4WDタイプの特殊車輌。ゼレットより速度は劣るが、強固なボディで戦闘にも耐えうる。バウンティ砲を搭載。どんな荒地でも走行が可能。ベース車両はホンダ・CR-V[29]
ガッツディグ
全長:11m 最高時速:250km 乗員:4名
ナカジマが開発した月面でも活動できる4人乗りの地底攻撃用タンク。巨大ドリル(スピンドラー)であらゆる岩盤を粉砕して進む。武器はスピンドリラーから放つビームのアトミックサンダー。ガッツイーグルα・βと合体可能。
第21話でソドム襲来の際にも使用が検討されたが、高熱で格納庫のハッチが動かなくなっていた上に、本機もボンネットで目玉焼きが焼けるほど高温化していたため使用不可と判断された。目的地まではガッツマリンと同様ガッツイーグルα号、β号に空輸される。第43話ではコンテナに格納された状態でコネリー07に空輸されている。
設定上においては機体の先端部分を後部手前に折り畳んだ状態の「Zモード」と呼ばれる形態に変形出来るともされるが、劇中未使用。
ガッツマリン
全長:34m 最高速度:100ノット(水上・水中どちらの速度なのかは不明) 乗員:4名
水中の探査などに使われる青い潜航艇。武器はハイパワーブルーレーザーと水中ミサイル(ブレイクシャーク)で、誘導ミサイルには人が乗れる程度のスペースがあり、第26話ではマイが搭乗。ガッツイーグルα・βと合体可能。耐圧シールドを装備しているため、かなりの深海まで潜ることが可能。
また、必要に応じて船体左右にあるマニピュレーターも使えるとされる(劇中未使用)。
目的地まではガッツディグと同様ガッツイーグルα号、β号に空輸される。
クラーコフNF-3000
空・陸・海・宇宙の全てに対応するネオフロンティア計画の象徴とも言うべき大型移動基地。
第6話で初登場。4本の脚(セクト)を伸ばして飛び、折り畳んで基地になる。緊急時には臨時の司令本部として使われ、ネオマキシマ砲を装備できる。第25話でスヒュームに機能を乗っ取られて南極の海底に沈んだり、第35話では機体の一部がスフィアに取り付かれて怪獣化したり、第44話にはグライキスに深手を負わされている。第42話のアスカの夢の中では複数建造されており、3隻登場した。
ネオマキシマ砲以外にはギューベルン砲という熱線や、迎撃ビーム砲と呼ばれる通常のレーザーや追尾式ミサイルで武装している[注 21]。また、誘導電波で人工太陽試験機NSPカンパネラをコントロールすることも可能。
テライ式熱線砲車
荷台の熱線砲から怪獣を焼き尽くすほどの高熱線を放つ。
レーザーワイヤー
ワイヤー状のレーザーを発射し、目標を捕まえて動きを封じる装備。対グロッシーナ戦で2基使い、リョウ、ナカジマ、TPC一般隊員1人ずつの合計4名で操作した。一度は動きを封じることに成功したが引き千切られてしまい、グロッシーナの光弾で破壊された。
ファイナルメガランチャー
第29・34・50話に登場したミサイル兵器。プラズマ百式やコスモアタッカーなどに搭載することもできる。凄まじい威力を持ち、第29話では地球に飛来する直径200㎞の小惑星を一撃で破壊した。
ガッツスコーピオン
地上用装甲車。荷台にある熱線砲から「ハードスティンガー」と呼ばれる高熱線を放つ。
追従式ネオドリルビーム
地上に設置して、地底に潜っている目標を攻撃することができる大口径レーザー兵器。ゴルザIIに使ってダメージを与えたが倒すには至らず、地割れに巻き込まれてしまった。
電脳巨艦プロメテウス
全長:154m 全幅:72m 重量:1920t 最高速度:マッハ3.3
地球防衛の要としてキサラギによって開発された巨大戦艦。優秀な戦士の思考をインプットする機能を持ち、無人航行が可能で、宇宙ではネオマキシマ航法で航行する。武装は、艦体各所に備わった機関砲と機首下部の最大の兵器・ネオマキシマ砲。モネラ星人に奪われ、デスフェイサーに変形してしまった。
ミニチュアは『ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影』のスカイシャークの改造[30]
宇宙海賊船 曙丸
第42話に登場したキャプテン・ムナカタの宇宙海賊船。『ティガ』に登場したアートデッセイ号そのもので、どくろの装飾があるくらいの違いしかない。アスカの夢オチストーリーであるため、夢の中にしか存在しないものと思われる。詳細は『ティガ』の同項目を参照。
マウンテンガリバー5号
人造ウルトラマン・テラノイド

キャスト[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

  • フドウ・タケル訓練生:菊池隆則(1,2,39話では回想シーンのみ)
  • 訓練生:阿部能丸(1話)
  • TPC火星基地主任:久慈大志(1話)
  • TPC隊員:堀田智之、水野友広(2話)
  • アナウンサー:千葉茂(2話)
  • タチバナ社長:三田村賢二(4話)
  • 秘書・ユキナ:岡千絵(4話)
  • ジオシティ技術者:吉満涼太(4話)
  • タカガワ記者:河合隆司(4話)
  • ジオフロント社プレス発表会司会者:中川理映子(4話)
  • 記者:東健太郎[注 22]小川智子(4話)
  • ヒムロ・ユウサク:松下一矢(5話)
  • メジャーリーガー:ウェイン・ドスター(5話)
  • スポーツ記者:柚木佑美(5話)
  • ビル警備員:二家本辰巳(6話)
  • クラーコフ隊員:権藤俊輔中村浩二(6話)
  • ダイス星人:森聖二(7話)
  • 吉村由香(ヨシムラ・ユカ):山下未来(7話)
  • カトレア学園園長:谷田川さほ(7話)
  • D2研究室職員:清水義人、中村良平(7話)
  • 乙吉老人:柳谷寛(8話)
  • ムスタファ・アリ博士:マジド・シャイエステ(8話)
  • 村人:新本芳一、伊藤真知子、門脇三郎、戸川暁子、成瀬労久木念(8話)
  • 駐在:丸山秀也(8話)
  • 乙吉の孫:吉良涼輔(8話)
  • 少女:熊本野映(9話)
  • 発電基地職員:阿部渡(9話)
  • 警備員:金井節(9話)
  • アキヅキ博士:小寺大介(10話)
  • アキヅキ・キヨミ:花悠子(10話)
  • アキヅキ・ショウコ:菅野美寿紀(10話)
  • パッションレッド隊員:ニコラス・ウィルソン(10話)
  • 少年:徳久倫康(10話)
  • 老紳士:村上冬樹(12話)
  • 老婦人:三田登喜子(12話)
  • 遠藤武:渋谷泰蔵(13話)
  • ミジー星人:桜金造(ミジー・ドルチェンコ)、佐藤信一(ミジー・ウドチェンコ)、中島修(ミジー・カマチェンコ)(13,30話)
  • 武の母:川俣しのぶ(13話)
  • 研究員:佐藤佑介(シマダ)、所博昭(イガラシ)、道又隆成(ニシ)(14話)
  • TPC警備員:金光大輔、田口主将(14話)
  • クレア星雲人シオン:宍戸マサル(15話)
  • TPC医師:岡崎宏(15話)
  • TPCグリーンホーネット隊員:彌吉健生(15話)
  • オオトモ博士:宮沢彰(16,39話)※第39話は回想シーン
  • ヤマザキ・ヒロユキ研究員(ゾンボーグ):渡祐志(16,39話)
  • 犬を連れた少年:大場俊輔(17話)
  • 青年:戸部弘次(17話)
  • 女性:麻生かづこ(17話)
  • ニュースキャスター:高畑信之(17話)
  • 聖南女子学園学園長:津島令子(18話)
  • ホンジョウ・エリカ:今村理恵(18話)
  • ヒロカワ・ユウキ:つぐみ(18話)
  • クノ・ミズキ:重光絵美(18話)
  • ナガセ・サヤ:田口しおり(18話)
  • 水泳部の先輩・アキホ:生井理恵(18話)
  • 女子高生:井村翔子(18話)
  • 若い男:下出丞一(18話)
  • サヤカ:田中彩佳(19・40話)
  • 青木治親(アオキ・ハルチカ):青木治親(19話)
  • 青木拓磨(アオキ・タクマ):青木拓磨(19話)
  • 青木圀衛(アオキ・クニエ):青木圀衛(19話)
  • 岸悟(ラセスタ星人):島本大海(20話)
  • 悟の父(遺影):倉本武弘 (20話)※カメオ出演
  • 悟の母:石井めぐみ(20話)
  • 辰雄(たっちゃん):豊永利行(20話)
  • 実(みのっち):山田孝穂(20話)
  • みのっちの父:渡会良(20話)
  • 酒屋の主人:相馬剛三(20話)
  • 綾野塔子:片桐はいり(22話)
  • 綾野の助手:石田晃一(22話)
  • 作業員:池中探、城戸光晴、関根雅人、弓削玄基(22話)
  • フジクラ隊員:和田圭市(23話)
  • 海底研究基地トライトンJ2一般隊員:神谷貴文、羽柴誠(23話)
  • チーフ・コマツ:うえだ峻(24話)
  • 研究員:相澤一成(トミタ)、秋吉砂喜子、加藤宏章(24話)
  • 釣り人:尾井治安(24話)
  • レポーター・水谷順子:山口恵美(24話)
  • エジリ博士:友金敏雄(25,26話)
  • ハラシマ職員:志村知幸(25,26話)
  • ハラシマ・サオリ:山田千晴(25,26話)
  • ハラシマの妻:山口十子(25,26話)
  • コミヤ職員:豊泉由樹緒(25話)
  • サワキ職員:外山謙介(25話)
  • パッションレッド小隊長:クレメント・アダムソン(26話)
  • チェーン星人レフト(明智正輝)・ライト(豪田):渡洋史(27話)
  • 太一:金井勇太(27話)
  • 少年:馬場省吾(27話)
  • 少女:小高奈月(27話)
  • ソウ:亜崎研二(28話)
  • リン:翠玲(28話)
  • ウルトニウム開発チームメンバー:アオシャド・ベイク、アペジン・モハメッド、グナワルデン、ナセシリ・アブラハム、メクダシ・カリル(28話)
  • ダイモン・リュウゾウ班長:橋本功(29話)
  • トクガワ・ヘイスケ副長:野上正義(29話)
  • オペレーター:高橋大祐、平野克彦(29話)
  • 三上秀男:見栄晴(30話)
  • ディレクター:石井てるよし(30話)※カメオ出演
  • プロデューサー:久保新二(30話)
  • スタッフ:石浜加奈恵(30話)
  • 大家:五木元(30話)
  • アパート住人:ホセイン・アブドゥル、ポップ、ローズマリー・ジョルダン(30話)
  • グレゴール人 / ニセウルトラマンダイナ(声):宮坂ひろし(31話)
  • クドウ・ナツミ:藤原まゆか(31話)
  • ヒビキ・ソノカ:山口あゆみ(33話)
  • ハスミ・カオル記者:渋谷哲平(33話)
  • ショウ:小山裕達(33話)
  • ヨシオカ・テツジ警務局長官:岡部健[注 23](33話)
  • オノダ・タケヒコ:大谷朗[注 23](33話)
  • ジャズバー・マスター:村石宏實(33話)※カメオ出演
  • バーの客:小中和哉(33話)※カメオ出演
  • ハスミの妻:小牧かやの(33話)
  • 捨て猫:ステラ(33話)
  • ヘリオ発電所技師:伴大介(34話)
  • ヒノダ所長:佐藤仁哉(35,36話)
  • ホリイ・ミチル:早勢美里(35,36話)
  • ホリイ・ツグム:西川弘規(35,36話)
  • ホリイ・ミライ:高野水月(35,36話)
  • ホリイ・マサル:山内勉(36話)
  • ナハラ・マサユキ支部長:タケ・ウケタ(36,42話)
  • 柳瀬(センセー):寺田農(37話)
  • 西岡(ニシオカ):保積ペペ(37話)
  • 依頼人:青島健介(37話)
  • 西岡の助手:小川はるみ(37話)
  • 住民:阿南敦子、関口由香、西沢智治、根上彩、室町雅也、森英二、吉行由実(37話)
  • 鳴海浩也(ナルミ・ヒロヤ):清水紘治(38話)
  • カスパー・ハウザー(鳴海の執事):堀内正美(38話)
  • 謎の女:小川はるみ(38話)
  • 劇団員:阿部能丸、石橋真加藤礼次朗、神北隼人、河崎実、後藤博子、原幸子、森野達弥(38話)
  • マスコットキャラクター:ちな坊(38話)
  • フドウ・ケンジ:吉田友紀(39話)
  • 神保紀子:板谷祐三子(40話)
  • 青木(ジャギラ星人):新田純一(40話)
  • 紀子の父:峰祐介(40話)
  • 人々:高橋亮、谷門進士、三宅重信(40話)
  • ガゼル号乗組員:辰馬伸(朝倉)、竹之内啓喜(春川)、佐藤亮太(真司)(41話)
  • 子ども達:相ヶ瀬龍史(トキ)、井上知香(茜)、来間美加子、塩沢大樹、中林大樹渡辺千晴(41話)
  • クリムゾンドラゴン小隊長:鈴木理香子(41話)
  • キティ小隊隊員:鈴木みさと(42話)
  • 宇宙海賊:清水一彦中村浩二三村幸司三宅敏夫(42話)※ノンクレジット
  • ムカイ班長:きくち英一(43話)
  • ワシズ隊員:加藤照男(43話)
  • ハルナ:山口リエ / 少女時代:小野寺華那(43話)
  • 孤児施設職員:足立建夫(43話)
  • 孤児院の少年:佐藤雄太渋谷謙人(43話)
  • TPC隊員:江戸松徹尾山ほうめい(43話)
  • マーク浅川:マイケル富岡(44話)
  • チュラサ:ミッシェル・ガゼピス(45話)
  • ヒラオ・テルヒサ:右田昌万(46話)
  • ユミムラ・リョウ(少女時代):岡村英梨(46話)
  • 酔っ払い:二家本辰巳(46話)
  • ゲンタ:二見史龍(46話)
  • アベック:今泉吉孝、今泉敦子(46話)
  • ミドリカワ・ヒロキ:山田裕喜(47話)
  • ハヤテ・シン:京本政樹(友情特別出演)(48話)
  • ムサシ・ホウサク:赤井英和(特別出演)(48話)
  • ムサシ・ヒサコ:いとうまい子(48話)
  • ムサシ・ナミ:平井みき(48話)
  • スミダガワ社長:横山あきお(48話)
  • イシダ:神崎丞太郎(48話)
  • キオイ課長:小林すすむ(48話)
  • OL:ペコちゃん(48話)
  • サエキ・レイカ:水島かおり(49,50話)
  • マドカ・ダイゴ:長野博(特別出演)(V6)(50,51話)
  • マドカ・ヒカリ:金森みずほ(50,51話)
  • キサラギ・ルイ:杉本彩(50話)
  • ヤズミ・ジュン:古屋暢一(50話)
  • コスモアタッカー部隊隊長:阿部能丸(50話)
  • サワイ・ソウイチロウ顧問:川地民夫(友情出演)(33,51話[注 24]

声の出演[編集]

  • フォーガス(本体):河島順子(6話)
  • ハネジロー:河島順子(11 - 47話)
  • 怪盗ヒマラ:青野武(12話)
  • シルバック星人:佐藤正治(17話)
  • ビシュメル:佐藤正治(18話)
  • 姑獲鳥:河島順子(19話)
  • スヒューム:山田千晴(25,26話)
  • ゲーム音声、テレビのナレーター:堀川亮(27話)
  • ラブモス:高戸靖広(32話)
  • スフィア (35,44,49話)、グランスフィア(50,51話):達依久子
  • ロックランドのアナウンス:北岡久貴(39話)
  • ガッツイーグル発進アナウンス:津賀有子(42話)
  • チュラサ:山崎和佳奈(45話)
  • ファビラス星人:石井浩、三宅敏夫(47話)
  • チャダビン星人:遠藤守哉(48話)

スーツアクター[編集]

※参考文献:『テレビマガジン特別編集ウルトラマンダイナ』(講談社・1998年)

  • ウルトラマンダイナ:権藤俊輔中村浩二清水一彦
  • 怪獣:三村幸司、三宅敏夫、岡野弘之、森英二、西沢智治、桑原史哲、山城豊、角秀一、北原裕次、松栄隆、北岡久貴ほか
  • ディゴン:金光大輔、秋草涼、福田和明(25,26話)
  • チェーン星人:関貴之進(レフト)、武安剛(ライト)(27話)
  • ギガンテス(メス):鈴木理香子(28話)
  • ニセウルトラマンダイナ:清水一彦(31話)
  • チャダビン星人:所博昭(48話)
  • テラノイド:中村浩二(49話)

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
近畿広域圏 毎日放送 TBS系列 制作局
関東広域圏 TBS 同時ネット
北海道 北海道放送 遅れネット
青森県 青森テレビ
岩手県 IBC岩手放送 同時ネット
宮城県 東北放送
山形県 テレビユー山形
福島県 テレビユー福島
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送 遅れネット
山梨県 テレビ山梨 同時ネット
静岡県 静岡放送 遅れネット
富山県 チューリップテレビ 同時ネット
石川県 北陸放送 遅れネット
中京広域圏 中部日本放送
島根県
鳥取県
山陰放送 同時ネット
広島県 中国放送 遅れネット
香川県
岡山県
山陽放送
愛媛県 伊予テレビ 同時ネット
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送 遅れネット
長崎県 長崎放送 同時ネット
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送 遅れネット
沖縄県 琉球放送 同時ネット

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

東芝EMIより発売。

「ウルトラマンダイナ」
第42話ではコーラスなしのカラオケが劇中に使用された。

エンディングテーマ[編集]

エアーズより発売。

君だけを守りたい」(第1‐26・35・50話)
劇中では「世間によく知られている歌」という設定で、第25話と第26話では様々なシーンで登場人物によって歌われている。第42話ではオリジナル音源が挿入歌として使用された。
THE ALFEEのアルバム『Nouvelle Vague』には、セルフカバーの「SAVE YOUR HEART〜君だけを守りたい」が収録されている。また、つるの剛士のカバーアルバム『つるのおと』には、つるの本人によるこの曲のカバーが収録されている。同カバー曲は『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の予告CMのアスカ編にTV放映版限定で流された。
ULTRA HIGH」(第27‐34・37‐49・51話)
  • 作詞・作曲・編曲・歌:LAZY
第36話では挿入歌として使用された。
「Brave Love, TIGA (Instrumental Version)」(第36話)
前作のエンディングテーマのカラオケにメロディパートの演奏を被せたもの。

挿入歌、イメージソング[編集]

「LOVE & PEACE」と「EVERYBODY WANTS LOVE」はエアーズから、それ以外は東芝EMIから発売。いずれもシングルで発売された。

「Take off!! スーパーGUTS」(第1話ほかで使用)
「ウルトラマンダイナ」のカップリング曲。『ウルトラマン80』以来となる、ワンダバコーラスを採用した楽曲。イントロ部分には「帰ってきたウルトラマン」のファンファーレと全く同じ旋律が使用されている。劇中では原則としてインストゥルメンタル版が使われているが、インスト版のオリジナル音源はコーラスが入らないため、コーラスの部分のみ歌入りに差し替えた形で使われることが多かった。なお、『帰ってきたハネジロー』では歌入りバージョンが使用されている。
「LOVE & PEACE」
  • 作詞・作曲:中島文明 / 編曲:中島文明&祐天寺浩美 / 歌:Fumiaki Nakajima with Sara&Rei
「君だけを守りたい」のカップリング曲。実際の作品では未使用。ウルトラシリーズのアルバムに収録されるのは2004年発売の『ウルトラマン 主題歌・挿入歌大全集II』(コロムビアミュージックエンタテインメント)が初となった。
「EVERYBODY WANTS LOVE」
  • 作詞・作曲・編曲・歌:LAZY
「ULTRA HIGH」のカップリング曲。実際の作品では未使用。
「ミラクルの風になれ」(第9話で使用)
  • 作詞:松井五郎 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:タダミツヒロ / 歌:宮下文一
「ダイナの赤い輝きに」(第24話で使用)
  • 作詞:松井五郎 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:佐橋俊彦 / 歌:石原慎一
「いまこそフラッシュ」(第35話で使用)
  • 作詞:松井五郎 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:矢野立美 / 歌:前田達也

放映リスト[編集]

  • 登場怪獣の詳細については「ウルトラマンダイナの登場怪獣」を参照。
  • 第37話を除きエピソードタイトル画面全てに怪獣の名前が併記されている(第37話はエピソードタイトルと登場怪獣の名前が同一のため省略された)。
  • 1998年1月3日は放送休止。
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ(関東地区)[31]
話数 サブタイトル 登場怪獣・宇宙人 脚本 監督 特技監督 放送日 視聴率
1 新たなる光(前編)[注 25] 宇宙球体 スフィア
合成獣 ダランビア
超合成獣 ネオダランビア
長谷川圭一 小中和哉 大岡新一 1997年
9月6日
9.0%
2 新たなる光(後編) 超合成獣 ネオダランビア
宇宙球体 スフィア
溶岩合成獣 グラレーン
9月13日 7.8%
3 目覚めよアスカ 再生怪獣 グロッシーナ
宇宙寄生獣 サイクロメトラ
吉田伸 石井てるよし 佐川和夫 9月20日 8.0%
4 決戦! 地中都市 肉食地底怪獣 ダイゲルン 右田昌万 9月27日 6.9%
5 ウイニングショット 変異昆虫 シルドロン 古怒田健志 原田昌樹 北浦嗣巳 10月4日 7.6%
6 地上最大の怪獣 菌糸怪獣 フォーガス 武上純希 10月11日 6.3%
7 箱の中のともだち 凶悪怪獣 ギャビッシュ
特別捜査官 ダイス星人
川上英幸 村石宏實 村石宏實
満留浩昌
10月18日 7.6%
8 遥かなるバオーン 催眠怪獣 バオーン 太田愛 村石宏實 10月25日 7.6%
9 二千匹の襲撃 吸電怪獣 ギアクーダ 長谷川圭一 石井てるよし 佐川和夫 11月1日 6.7%
10 禁断の地上絵 高速怪獣 デキサドル
念力種族 ゼネキンダール人
右田昌万 11月8日 7.6%
11 幻の遊星 破壊獣 モンスアーガー
迷子珍獣 ハネジロー
川上英幸 原田昌樹 11月15日 6.7%
12 怪盗ヒマラ 怪盗宇宙人 ヒマラ 太田愛 11月22日 6.9%
13 怪獣工場 三面ロボ頭獣 ガラオン
知略宇宙人 ミジー星人
川上英幸 北浦嗣巳 11月29日 7.7%
14 月に眠る覇王 宇宙帝王ヌアザ星人 イシリス 古怒田健志 12月6日
15 優しい標的 尖兵怪獣 ギャンザー
諜報宇宙人 クレア星雲人シオン
長谷川圭一 村石宏實 12月13日 6.5%
16 激闘! 怪獣島 ハイパークローン怪獣 ネオザルス
剛力怪獣 クローンシルバゴン
変異昆虫 クローンシルドロン
川上英幸 12月20日
17 幽霊宇宙船 幽霊船怪獣 ゾンバイユ
ゾンビ怪人 シルバック星人
右田昌万 石井てるよし 佐川和夫 12月27日 5.6%
18 闇を呼ぶ少女たち 大魔獣 ビシュメル 長谷川圭一 1998年
1月10日
19 夢幻の鳥 凶獣 姑獲鳥 武上純希 原田昌樹 1月17日 7.8%
20 少年宇宙人 瑠璃色宇宙人 ラセスタ星人 太田愛 1月24日 6.5%
21 発熱怪獣3000度 超高熱怪獣 ソドム 古怒田健志 北浦嗣巳 1月31日 7.1%
22 ツクヨの兵士 妖獣 モズイ 太田愛 2月7日
23 夢のとりで 深海竜 ディプラス 大西信介 小林義明 佐川和夫 2月14日 7.6%
24 湖の吸血鬼 吸血生命体 マリキュラ
吸血生命体 小型マリキュラ
川上英幸 2月21日 6.4%
25 移動要塞クラーコフ浮上せず!
(前編)
宇宙海獣 レイキュバス
半魚人兵士 ディゴン
水棲生命体 スヒューム
長谷川圭一 村石宏實 2月28日 6.7%
26 移動要塞クラーコフ浮上せず!
(後編)
3月7日 6.3%
27 怪獣ゲーム スーパー必殺怪獣 デマゴーグ
双体宇宙人 チェーン星人(レフト、ライト)
改造怪獣 グロッシーナII
吉田伸 児玉高志 佐川和夫 3月14日 5.7%
28 猿人の森 巨大猿人 ギガンテス(雄・雌) 武上純希 3月21日 5.9%
29 運命の光の中で 彗星怪獣 ガイガレード 吉田伸 北浦嗣巳 3月28日 5.3%
30 侵略の脚本シナリオ 三面ロボ頭獣 ガラオン
知略宇宙人 ミジー星人
特殊戦闘用メカニックモンスター コガラオン
川上英幸 4月4日
31 死闘! ダイナVSダイナ ニセウルトラマンダイナ
宇宙格闘士 グレゴール人
破壊獣 モンスアーガーII
増田貴彦 原田昌樹 4月11日 7.0%
32 歌う探査ロボット モンスターマシン サタンラブモス
アイドルロボット ラブモス (TM-39)
右田昌万 4月18日 6.5%
33 平和の星 生物兵器 メノーファ
超悪質宇宙人 ナルチス星人
長谷川圭一 小中和哉 佐川和夫 4月25日 5.4%
34 決断の時 宇宙スパーク大怪獣 バゾブ 吉田伸 5月2日 6.5%
35 滅びの微笑(前編) 宇宙球体 スフィア
宇宙合成獣 ジオモス
長谷川圭一 村石宏實 5月9日 6.3%
36 滅びの微笑(後編) 宇宙合成獣 ジオモス
超宇宙合成獣 ネオジオモス
5月16日 6.1%
37 ユメノカタマリ ゴミ塊物 ユメノカタマリ 村井さだゆき 服部光則 5月23日 5.5%
38 怪獣戯曲 バロック怪獣 ブンダー 実相寺昭雄 佐川和夫 5月30日 5.6%
39 青春の光と影 肉食地底怪獣 クローンダイゲルン
異形進化兵 ゾンボーグ兵
超異形進化怪獣 ゾンボーグ
吉田伸 児玉高志 6月6日 6.7%
40 ジャギラの樹 宇宙魔樹 ゴッドジャギラ
ジャギラ星人
宇宙植物 ジャギラの樹
六本木学 6月13日 5.7%
41 ぼくたちの地球が見たい 宇宙大昆虫 ダイオリウス(成虫&幼虫) 太田愛 川崎郷太 6月20日 5.5%
42 うたかたの空夢 悪質宇宙人 レギュラン星人ヅウォーカァ将軍
MG-0005-RX マウンテンガリバー5号
川崎郷太 6月27日 5.5%
43 あしなが隊長 超古代怪獣 ゴルザII 右田昌万 村石宏實 満留浩昌
村石宏實
7月4日 4.9%
44 金星の雪 灼熱合成獣 グライキス
宇宙球体 スフィア
長谷川圭一 7月11日 5.0%
45 チュラサの涙 宇宙超獣 トロンガー
ギガール星・女戦士 チュラサ
上原正三 高野敏幸 7月18日 3.8%
46 君を想う力 恐怖エネルギー魔体 モルヴァイア
幻影怪獣軍団
黒い宇宙植物
右田昌万 原田昌樹 7月25日 6.2%
47 さらばハネジロー 魔石超人 デビルファビラス
放浪宇宙人 ファビラス星人(A&B)
川上英幸 8月1日 4.6%
48 ンダモシテX 地底怪獣 モゲドン
変心宇宙人 チャダビン星人
右田昌万
武上純希
北浦嗣巳 8月8日
49 最終章I 新たなる影 宇宙球体 スフィア
超合成獣ネオダランビアII
人造ウルトラマン テラノイド
超合成獣人 ゼルガノイド
長谷川圭一 小中和哉 大岡新一 8月15日 4.7%
50 最終章II 太陽系消滅 超合成獣 ネオガイガレード
暗黒惑星 グランスフィア
8月22日 5.4%
51 最終章III 明日へ… 8月29日 5.6%

他媒体展開[編集]

ウルトラマンギンガ』では他のウルトラ戦士たちと怪獣軍団と戦ってる際にダーグルギエルのダークスパークにて人形になる場面で登場している(第1話・第13話)

映像ソフト化[編集]

  • 1998年1月25日 - 11月25日にVHSが発売(販売元:バンダイビジュアル)。全13巻で各巻4話(13巻のみ3話)を収録。2-3巻ずつ同時発売。提供バックと予告編は未収録。
  • 1999年10月25日 - 2000年1月25日にDVDが発売(販売元:バンダイビジュアル)。全13巻で各巻4話(13巻のみ3話)を収録。3-4巻ずつ同時発売。
  • 2000年1月25日に49話から51話の未公開シーンを加えた『ウルトラマンダイナ SPECIAL』(DVD、販売元:バンダイビジュアル)が発売。
  • 2007年6月22日発売の『ウルトラマンダイナ メモリアルボックス』(DVD、販売元:バンダイビジュアル)には、テレビシリーズ全話が収録されている。
  • 2008年1月25日にTV本編の内容を1時間に再編集した「クライマックスストーリーズ ウルトラマンダイナ」が発売。ナレーションはユミムラ・リョウを演じた斉藤りさが担当。劇場版とOVの収録はされていない。
  • 2015年9月25日発売の『ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX』にはテレビシリーズ全話を始め劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』OV『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』が収録されている。現在の最良の技術でHDアップコンバート。さらにノイズ除去などブラッシュアップを重ねた「HD Remaster2.0V」仕様となっている。

映画作品[編集]

ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち
本作の映画作品。前作からダイゴ、ヤズミを除いたGUTSメンバーが登場し、ガタノゾーア戦を踏まえた展開がみられた。なお、本作のウルトラマンダイナの声は、TV本編と同じくつるのの吹き込んだものではあるが、エフェクトのかけ方が異なっている[注 26]
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦
ウルトラマンガイア』の映画作品。ウルトラマンダイナが登場。
ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY
ウルトラマンティガ』の映画作品。スーパーGUTS隊員が全員登場。
新世紀ウルトラマン伝説
ウルトラマンダイナが登場。他のウルトラ戦士と共に天空魔と戦った。
新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE
ウルトラマンダイナが登場。ウルトラマンキングの誕生日を他のウルトラ戦士と共に祝福した。
大決戦!超ウルトラ8兄弟
本作の別世界の人物としてコウダとマイを除くスーパーGUTSの面々が登場。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
大怪獣バトルシリーズの映画作品。アスカ / ウルトラマンダイナが登場。
ウルトラマンサーガ
マイを除いたスーパーGUTSのメンバーが登場。15年が経っているためヒビキがTPC総監、コウダがTPC参謀、リョウが隊長、カリヤが副隊長、ナカジマが科学班主任に昇格している。またラストにリョウ達とは一時的に再会する。
劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!
ウルトラマンダイナ本人が登場。今回は『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』以来、17年ぶりとなるタイプチェンジを使用し、ミラクルタイプにチェンジする。市街地でティガ・ガイアと共にファイブキング(エタルダミー)と戦う。

オリジナルビデオ作品[編集]

ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー
本作のオリジナルビデオ作品。

ネットムービー[編集]

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA
Amazonプライムビデオで配信された『ウルトラマンオーブ』のスピンオフ作品。アスカ / ウルトラマンダイナが登場。

小説版[編集]

『小説・ウルトラマンダイナ 平和の星・ジ・アザー』
長谷川圭一著。2000年にオークラ出版より刊行された。内容は本編33話「平和の星」をアレンジしたもの。
『ある宇宙人のインタビュー』
川上英幸著。1998年講談社より出版された『テレビマガジン特別編集 ウルトラマンダイナ』に収録。
とある小社取材班が本編第12話、30話に登場したミジー星人達にインタビューするという内容。第30話に登場した脚本家のミカミ(三上 秀男)らしき人物も終盤に登場している。

漫画[編集]

『ウルトラマンダイナ 英知の彼方』
田巻久雄著。1998年、講談社コミックボンボン新春増刊号掲載。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ソングコレクションも含めれば5枚となる。
  2. ^ 本作は『ティガ』と世界観を共有しているため、旧GUTSメンバーもゲスト出演する。登場頻度は多くないが、いずれも物語のターニングポイントで先輩としての活躍を見せている。
  3. ^ アスカ役のつるのは当時野球についてほとんど知らなかった。
  4. ^ 『ダイナ』第49話で、アスカが父・カズマが消えた日を「記念日」と呼んでいたことが、「アスカ記念日」に掛けられている。この件を語ったのは本作同様にヒビキである。また、奇しくも父アスカ・カズマが光に消えてからアスカが宇宙に消失するまでと同じ年数である。
  5. ^ ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴであることがTPC重要機密事項となっているのとは対照的であるが、最終回において、COSMO NETがクラーコフから出撃しダイナになるアスカを地球に中継していたことから、この時点でほぼ全人類に正体を知られている。
  6. ^ 『愛蔵版 ウルトラマンサーガ超全集』(小学館・2012年)収録の短編『アンナの日記――過ぎ去りし遠い日』で、アスカはチームUの元で半年過ごしたことが記述されている[3]
  7. ^ 当初アスカは元の世界に帰還する予定だったが、つるのが「まだ帰らないほうがアスカらしい」「もっと飛んでいたい」と提案し、作品のような形になった[4]
  8. ^ しかし決して犬猿の仲ではなく戦闘の際には見事な連携を何度も披露したり、第21話では高熱に襲われた本部基地をパトロール名目で抜け出し、2人でコーヒーブレイクを楽しんでいる。
  9. ^ マイ役の山田まりやとアスカ役のつるの剛士は、番組の放映時にプライベートで交際していたが、後に破局。2人とも別の人物と結婚している。
  10. ^ マイ役の山田まりやが当時産休の為。
  11. ^ 演じたのは本作の殺陣担当で、『ウルトラマンレオ』で、ウルトラマンレオ(第1話後半から)、ウルトラセブン(第1話)のスーツアクターを演じた二家本辰巳
  12. ^ ただし、アスカが慢心している時などは変身できない。第3話でグロッシーナが現れた際、ガッツイーグルの機内にいるヒビキに見えるように変身しようとしたが、失敗に終わっている。
  13. ^ 真相は不明であるが第26話ではアスカの父・カズマが宇宙で光になった姿ではないかと示唆され第26話ではアスカの脳内に現れたり、第49話では危機をアスカの夢の中で伝えたり、最終回でもブラックホールに消えたアスカがカズマと再会する描写が見られた。
  14. ^ この際、カラータイマー音がティガに酷似していた。
  15. ^ ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution3』ではティガと同様、何度でもタイプチェンジすることが可能となっている。
  16. ^ 『ウルトラマン オフシャルデータファイル』では、変身直後にストロングタイプにチェンジしたためではないかと推測されている。
  17. ^ 『ウルトラマン オフシャルデータファイル』ではこのタイプのソルジェント光線を「スペシウム光線」としている[要文献特定詳細情報]
  18. ^ デキサドル戦までは青色の光輪。ゼルガノイド戦では撃破直前に一瞬、映画『超時空の大決戦』ではヒット時ではなく爆発後に発生した。
  19. ^ 『ウルトラマン オフシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]ではこのタイプのレボリウムウェーブを「レボリウムウェーブ(リバースバージョン)」としている。
  20. ^ 『ウルトラマン オフシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]ではこのタイプのレボリウムウェーブを「レボリウムウェーブ(アタックバージョン タイプゼロ)」としている。
  21. ^ ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』で、ヤオ博士がアートデッセイ出撃時に「開発中の宇宙型新造艦に比べれば見劣りはするがまだ十分に戦えるはず」と話しているが、この新型艦とはクラーコフNF-3000を指している。
  22. ^ 東健郎と誤記。
  23. ^ a b 写真のみの出演(ノンクレジット)。
  24. ^ 第33話では写真及び前作の流用映像のみ。
  25. ^ Blu-ray、超解像度リマスター版では(前篇)。
  26. ^ 後に声はTV本編49話『最終章I 新たなる影』に登場するゼルガノイドに流用される。

出典[編集]

  1. ^ 「ウルトラマン オフィシャルデータファイル」より[要文献特定詳細情報]
  2. ^ 『ウルトラマンダイナ オリジナル・サウンドトラック Vol.3』のライナーノーツより。
  3. ^ サーガ超全集 2012, pp. 68-69, 「巻頭ピンナップ連動スペシャル企画 アンナの日記 過ぎ去りし遠い日」.
  4. ^ 「ハイパーホビー」2012年5月号より[要ページ番号]
  5. ^ 「ハイパーホビー」2012年5月号より[要ページ番号]
  6. ^ a b c d e f g サーガ超全集 2012, pp. 54-55, 「スーパーGUTS」
  7. ^ 『ウルトラマン大辞典』(中経出版・2001年)p.95.
  8. ^ 「長谷川圭一 インタビュー」『地球はウルトラマンの星』 切通理作ソニー・マガジンズ2000年3月30日、398頁。ISBN ISBN 4-7897-1539-6
  9. ^ a b テレビマガジン特別編集 1998, pp. 10-11爆発力 ウルトラマンダイナフラッシュタイプ
  10. ^ a b c d e f g h 画報 下巻 2003, pp. 106-107, 「ウルトラマンダイナ」
  11. ^ a b c d e f g h i j 公式サイト, キャラクター概要
  12. ^ a b c d e f g 公式サイト, トリプルチェンジ
  13. ^ a b c d e f g h i FCティガ/ダイナ/ガイア 2001, pp. 16-17, 「ウルトラマンダイナ」
  14. ^ 講談社『決定版 ウルトラヒーロー ナンバーワン超百科』[要ページ番号]
  15. ^ 『ウルトラマン大辞典』(中経出版・2001年)p.57.
  16. ^ 週刊 ウルトラマン オフィシャル・データファイル 全国版 No.44 p.3(デアゴスティーニ・ジャパン)
  17. ^ 週刊 ウルトラマン オフィシャル・データファイル 全国版 No.44 p.4(デアゴスティーニ・ジャパン)
  18. ^ テレビマガジン特別編集 超ウルトラ8兄弟 2009, pp. 24-25, 「ウルトラマンダイナ」
  19. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 40, 「ウルトラマンダイナ」.
  20. ^ サーガ超全集 2012, p. 29, 「ウルトラマンダイナ」.
  21. ^ a b c 平成ウルトラ映画全集 2001, p. 22-23, 「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち」
  22. ^ a b c d e テレビマガジン特別編集 超ウルトラ8兄弟 2009, pp. 26-27, 「ウルトラマンダイナ TV版」
  23. ^ 『空想特撮映像のすばらしき世界』(朝日ソノラマ)
  24. ^ 円谷プロ50周年記念 ウルトラ怪獣総選挙 「ウルトラビア50」(掲載期間:2013年7月9日~8月31日)
  25. ^ 円谷プロ図録 2013, p. 61.
  26. ^ 円谷プロ図録 2013, p. 57.
  27. ^ 円谷プロ図録 2013, p. 62.
  28. ^ 円谷プロ図録 2013, p. 135.
  29. ^ 円谷プロ図録 2013, p. 137.
  30. ^ 円谷プロ図録 2013, p. 63.
  31. ^ 角川書店月刊ニュータイプ』に掲載[要文献特定詳細情報]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

毎日放送制作・TBS系 土曜日18時台前半枠(1997年9月 - 1998年8月)
前番組 番組名 次番組
ウルトラマンティガ
(1996年9月7日 - 1997年8月30日)
ウルトラマンダイナ
(1997年9月6日 - 1998年8月29日)
ウルトラマンガイア
(1998年9月5日 - 1999年8月28日)