大怪獣バトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > 大怪獣バトル

大怪獣バトル』(だいかいじゅうバトル)は、『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』(だいかいじゅうバトル ウルトラモンスターズ)をはじめとするメディアミックス作品。

作品一覧[編集]

ゲーム作品
大怪獣バトル ULTRA MONSTERS
データカードダスゲーム。
大怪獣バトル ウルトラコロシアム
Wiiゲームソフト。『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』から四半世紀後であり、『ULTRA MONSTERS』又は『ウルトラアドベンチャー』との間に入る世界。
映像作品
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル
テレビシリーズ。『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』を題材とした作品。
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY
テレビシリーズ。『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』の続編。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
劇場公開作品。『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』の続編。
ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ
OV作品。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の後日談で、映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の前日談。
ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター
OV作品。『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の後日談。
漫画作品
大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー
『ULTRA MONSTERS』を原作とした漫画作品。『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』から半世紀後の世界。

世界観[編集]

当シリーズの舞台となるのは、M78星雲のウルトラマンたちが活躍した世界の未来において「ギャラクシークライシス」と呼ばれる事件(詳細は劇中では描かれていない)が発生し、さまざまな並行世界から時空を超えて怪獣たちが出現した世界である。ゲームや映像作品、コミックスなどでは、ギャラクシークライシスからさらに遥かな未来の出来事が描かれる[1]

このギャラクシークライシスが、当シリーズにおいて昭和から平成まで全てのウルトラシリーズの怪獣やウルトラマンが同一の世界に存在している理由になっている。

用語[編集]

レイオニクス
レイブラッド星人の遺伝子を持つ者が何らかのきっかけで覚醒し、バトルナイザーで怪獣を操る能力を得た者の通称。レイブラッドの血の衝動による高い闘争本能を持ち、レイブラッド星人の後継者を賭けてお互いに戦い合う、「レイオニクスバトル」を繰り広げる宿命にある。
ある一定以上のレベルに達すると、怪獣とリンクする事で命と痛みを共有し、操る怪獣のダメージが自分にも伝わる「真のレイオニクスバトル」を行えるようになる。通常のレイオニクスバトルならば怪獣を倒され敗北しても戦いから脱落する以外のデメリットはないが、「真のレイオニクスバトル」においては敗北=死となる。更に『第二覚醒』と呼ばれる新たな段階が始まると使役怪獣の更なる進化を促し、極稀にレイブラッド星人に酷似した姿に変身できる者もいる。
ただし、『NEO』第7話においてレイオニクスか怪獣のいずれかが双方を繋ぐリンクを断ち切ることによってレイオニクスが敗北による死を免れることも可能なことが判明している。
バトルナイザー
レイオニクスが持つ怪獣を召喚、回収することができるアイテム。基本的に白と青のカラーリングで、ケイトが持っていたものは白の部分が黒に変更されたカラーリングである。後にクマノの解析によりナノマシンと有機体で構成されたハイブリッドであることが判明した。内部に収容された怪獣は、内部の空間で戦闘におけるダメージを回復する。『ウルトラアドベンチャー』や『ウルトラコロシアム』では怪獣や危険の探知機能も見せている。
デザインはプレックスの新田康弘が担当した[2]。当初はデータカードダスの連動商品として企画され、映像化にあたっては別デザインとすることも検討されたが、世界観の統一が図られた[2]
ネオバトルナイザー
ナノマシンと有機体のハイブリッドであるバトルナイザーが成長し、形状が変化した物。持ち主が完全なる第二覚醒に辿り着いた証。
デザインは、カードダスでのレイブラッド星人のシンボルマークを基にしている[2]
ギャラクシークライシス
かつて本作の黒幕であるレイブラッド星人がブルトンを使って、時空を超えて異世界から様々な怪獣を宇宙規模で召喚し、発足間もないZAP SPACYや同じく時空を超えて現れたウルトラマン達により対処されたという事件[3]

ZAP SPACY[編集]

正式名称の「Zata Astromical Pioneers Spacy」の略称。地球から怪獣が絶滅した宇宙開拓時代を迎えた近未来で豊富な宇宙の資源を求め、その資源の輸送や惑星開拓等のスペースミッションを目的に結成された宇宙規模の組織。ボリスやアヴァル、ブラムなど数多くの惑星に開拓惑星支部と関連施設を持つ。

隊員装備[編集]

ZAPスーツ
クルーが常時着用するブルーとグレーを基調とした隊員服で、未開拓惑星や宇宙空間などの過酷な環境にも耐えられる。
デザインは酉澤安施が担当した[2]。プロデューサーからは作業服のイメージと要望された[2]。デザインは最初に提出されたものがほぼ決定稿となったが、配色は難航し数十パターンが検討された[2]。酉澤はオレンジを推していたが、最終的にはスペースペンドラゴンと同じブルーをメインカラーとしたものになった[2]
撮影用衣裳は、イベント用スタッフジャンパーとする案が存在していたため、従来のシリーズでの定番であったレザーではなく布製となった[2]
ZAPジャケット
宇宙輸送船外や、惑星内での任務などに当たる際にスーツの上に羽織るグレーのジャケットで、耐熱・耐寒性に優れる。
ZAPブーツ
スーツと同様に常時着用する靴。高い耐久性を持つ。
ZAPメット[4]
ZAP SPACYが採用している強化ヘルメット。岩石が直撃しても損傷しないほど頑丈で、通信機も内蔵されている。
デザインでは、従来のシリーズではバイザーを上下する回数が少ないことから着脱式とすることが提案され、最終的にはバイザーをオミットすることとなった[2]
リサーチシーバー[4]
ZAP SPACYのクルーが通信・調査・分析などに使用する小型携帯端末。半径100m以内の生命反応を検知するバイオセンサーやビデオカメラ機能も備わっている。
ウルトラマンメビウス』のメモリーディスプレイをリペイントしている。
ハンディコンピューター
オキが所持しているノートパソコン型携帯端末。過去に地球に出現した数多くの怪獣やウルトラ戦士のデータがファイリングされている。
トライガンナー[4]
スペースベンドラゴンに保管されていた銃。本作は怪獣が存在しない時代なのでパスワード付きのロックがかけられた保管庫に保管されていたが、非常事態ということでヒュウガの手で解除された。
ウルトラマンガイア』のジェクターガンをリペイントしている。

メカニック[編集]

スペースペンドラゴン
ZAP SPACY(ザップスペーシー)の大型宇宙輸送船。全長40メートル。エンジンは『ウルトラマンダイナ』に登場したネオマキシマを利用した「ネオマキシマ・ドライブ」を使用し、機体下部に展開式カーゴユニットとレーザーネットを持ち、惑星間の輸送任務等を主とする。その為、長期での航行にも耐えられるように個室や医務室、トレーニングルーム(明確には描かれていないが、無印第1話でクマノが利用していた)も設置されている。元は対怪獣用の戦闘艦でありワイバーンミサイル、対アステロイド砲で武装していて機首にはその時の名残であるハイパーオメガ砲の砲塔が未だに残されていたが、第6話でクマノの手によりハイパーオメガ砲が復活。リトラとの共闘で、ガンQを倒した(その際に砲身は修復不可能となった)。機首と機体後部に2機の小型宇宙船「ドラゴンスピーダー」を搭載している。
『NEO』ではダイルが召喚したペダン星人の無人宇宙ドッグにおいて改造され、対アステロイド砲とワイバーンミサイルの一斉射撃はベムスターにダメージを与え逃走させるほどの威力を持つ。また、ハイパーオメガ砲が搭載されていた機体上部に換装されたペダニウムランチャーは小惑星すら粉砕する威力を誇るが、ペンドラゴンは戦闘艦ではないという信念を持つクルーにより封印された。
その後キングジョーブラックの大軍に苦戦するレイを助けるためにヒュウガが封印を解き、一撃でキングジョーブラックを殲滅しレイオニクス討伐部隊に撤退せざるを得ないほどの大損害を与えた。また最終決戦でも使用され、レイブラッド星人が憑依したアーマードダークネスに大きなダメージを与えた。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でもベリュドラを倒すために他のウルトラ戦士達やEXゴモラの必殺技とともに使用している。
大怪獣バトル ウルトラコロシアム』ではプレイヤーの船として後継機「スペースペンドラゴンMk-II」が登場する。
デザインはプレックスの新田康弘が担当した[2]。当初はデータカードダス版の連動商品として企画され、その後テレビシリーズの制作決定に伴い本格的なデザインが行われた[2]。カーゴの装着を前提とし、あえて「野暮ったさ」を追求している[2]。ブースターが展開して着陸脚となる案も存在した[2]。『NEO』では様々な強化案が検討されたが、怪獣の戦いを中心とした作品には不向きとして不採用となった[2]
コックピットのセットは『ウルトラマンメビウス』のイカヅチのものを流用している[2]
ドラゴンスピーダー
  • 全長:5メートル
  • 乗員:2名
スペースペンドラゴンに搭載されている小型宇宙船。2機存在し、機首の物をドラゴンスピーダーα(アルファ)、機体後部の物をドラゴンスピーダーβ(ベータ)と呼称している。機体先端にレーザー砲を装備。機動性も高い。
コックピットのセットは『ウルトラマンメビウス』のガンスピーダーのものを流用している[5]。当時福島空港に展示されていたものを日活撮影所へ持ち込んで撮影され、その後福島空港へ戻された[5]
ゴースタードラゴン
スペースペンドラゴンと同型の大型宇宙輸送船。ヒロキが艦長を務める。ペンドラゴンの基本カラーが青に対しこちらは赤である。
『ギャラクシー』終盤でペンドラゴンと共に惑星ボリスを脱出した後、クルーと生き残りの住人は他の艦「モリガン」に移って地球に戻り、この艦はZAP宇宙基地で修理を受けていた。
『NEO』ではダイルの襲撃で宇宙基地が爆発する際、レイとヒュウガがこの艦で脱出したがワームホールに囚われ、惑星ハマーに墜落。完全に航行不可能なほど損傷してしまい、ペンドラゴン到着後は搭載していた物資をペンドラゴンに移し放棄された。その後、惑星ハマーと運命を共にしたと思われる。
救援部隊の宇宙船
スペースペンドラゴンと同型の大型宇宙船(そのうちの一機「宇宙船トリスタン」は名前のみ第1話に登場)。12話で生存者救出のため惑星ボリスにやって来たが、キングジョーブラックに迎撃され全て破壊された。基本カラーは黄。
シースタードラゴン
なりきりムービー『ウルトラマンゼロ THE NEW HERO LEGEND』に登場した訓練機。スペースペンドラゴンと同型で機体色は黄色。

脚注[編集]

  1. ^ 小学館『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY 超全集』、DVD解説書など各種媒体より。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 超全集 2009, pp. 43-47, 「THE ART OF ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」
  3. ^ 超全集 2009, pp. 50-51, 「これがウルトラギャラクシーサーガだ!!」.
  4. ^ a b c 超全集 2009, p. 21, 「ZAP SPACYの装備」
  5. ^ a b 超全集 2009, pp. 48-49, 「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル メモリアルアルバム by渋谷浩康

参考文献[編集]