フック星人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フック星人(フックせいじん)は、特撮テレビ番組『ウルトラセブン』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の宇宙人。別名は集団宇宙人。英字表記はALIEN HUK[1]FUK[2]HOOK[3]など資料により異なる。

『ウルトラセブン』に登場するフック星人[編集]

ウルトラセブン』第47話「あなたはだぁれ?」に登場。

地球に侵入後、ひそかに侵略計画を進めるために侵略基地を東京K地区のふくろう団地に偽装し、全員とも住民に化けていた。昼間は地下に基地を隠し、夜になると地上の本物の団地と入れ替える。その際、団地の住民は催眠状態にされていて気付かない。そして、フック星から侵略部隊を次々と呼び寄せ、武器も搬入して着実に戦力を揃えてゆく。しかし、深夜になってから団地に帰ってきた男性サラリーマンの佐藤(演:小林昭二)に異変を察知され、ウルトラ警備隊の調査により、計画が明るみに出る。

夜行性なので強い光に弱く、視覚は退化しているが、聴覚は非常に発達している。仲間同士がテレパシーによる会話もでき、どんな時でも複数で行動し、ウルトラセブンにも3体で挑む。身軽な動きでセブンを翻弄するが、セブンのボディスパークを浴びた途端に弱り、ワイドショットの拡散バージョン(スリーワイドショット)で3体とも一掃される。また、出動した円盤群もウルトラホーク1号と3号にすべて撃墜される。

  • スーツアクター:小宮スポーツセンターのアクロバット(3名)[11]
  • 名前の由来はフクロウから。
  • 高山良策によるマスクは3体分製作された[12]
  • 桑田次郎の漫画版『ウルトラセブン』では、フック星人の登場エピソードが最終回となっており、物語のラストにセブンは光の国へ帰還している。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するフック星人(RB)[編集]

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第2話「レイオニクスバトル」、第10話「新たな戦いの平地で」に登場。「RB」は「レイオニクス・バトラー」を意味する[13]

  • 身長:1.8 - 40メートル[14][15]
  • 体重:65キログラム - 1万トン[14][15]
  • 出身地:フック星[15]

フック星のレイオニクス。ドラコを操り、レイとのレイオニクスバトルに勝利しようとするが失敗して彼に発見され、殴り飛ばされる。レイとヒュウガに惑星ハマーがレイオニクスバトルの場所であることを教え、レイもレイオニクスバトルの運命から逃れられないことを唱えながら姿を消す。

その後、第10話ではドラコ(再生)を操り、ゼットン星人(RB)テレスドンとレイオニクスバトルを繰り広げるが、その最中にレイオニクスハンター・ダイルの操るキングジョーブラックにドラコをテレスドンごと倒され、さらに自分を射殺しようと迫るダイルに命乞いをしたうえで不意打ちするも回避され、そのまま射殺される。

  • 声・スーツアクター:岩田栄慶
  • 今作では「集団で行動する」といった設定は特に触れられていない[13]

『ウルトラマンジード』に登場するフック星人[編集]

ウルトラマンジード』第4話「星人を追う仕事」に登場。

強力な睡眠花粉を放つ宇宙植物ルグスを違法栽培しており、地球上では中年男性に化けて捜査の目から逃れていたが、AIBの愛崎モアとシャドー星人ゼナによって逮捕され、強制退去処分を受ける。

その他の作品に登場するフック星人[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 資料によっては巨大化時の数値を記述していない[1][4][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 白書 1982, p. 55, 「ウルトラセブン 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e ベストブック 1993, p. 90
  3. ^ a b c d 画報 上巻 2002, p. 78
  4. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 29, 「ウルトラセブン 全怪獣」
  5. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 279-280
  6. ^ a b c ウルトラセブンイズム 2002, p. 110, 「ウルトラセブン 宇宙人・怪獣大図鑑」
  7. ^ a b ウルトラ怪獣列伝 2008, pp. 304-305, 「夜間に蠢く模倣犯 集団宇宙人フック星人」
  8. ^ a b キャラクター大全ウルトラセブン 2012, pp. 124-125, 「第47話 あなたはだぁれ?」
  9. ^ a b c ウルトラセブン研究読本 2012, p. 228, 「ウルトラセブン 宇宙人・怪獣大図鑑」
  10. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 34
  11. ^ 製作第47話、的場組制作日報。『ウルトラセブン撮影日誌』復刊ドットコム、2017年。316頁
  12. ^ ウルトラセブン研究読本 2012, pp. 202-203, 「エピソードガイド第47話」.
  13. ^ a b 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY. 2016年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月30日閲覧。
  14. ^ a b ウルトラギャラクシー超全集 2009, p. 25, 「宇宙人名鑑」
  15. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 361
  16. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 81, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  17. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 84, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション6」.
  18. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 104, 「怪獣ことわざ4」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]