ウルトラマンダイナの登場怪獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウルトラマンダイナの登場怪獣(ウルトラマンダイナのとうじょうかいじゅう)は、特撮テレビ番組ウルトラマンダイナ』に登場する架空の怪獣宇宙人ロボット、その他の生物の一覧。並び順は登場話数順。

劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』とビデオ版『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』の登場怪獣についてはそれぞれの項目を参照。

デザイナーの1人である丸山浩は、前作『ウルトラマンティガ』よりもわかりやすく派手にしたと述べている[1]

目次

過去作品の怪獣[編集]

宇宙球体 スフィア[編集]

火星に突如飛来した謎の球形宇宙生命体。劇中での命名者はシイナ・サエコ参謀。人類の宇宙進出を快く思わず、たびたび妨害をする。何体にも分離・再合体することができ、他の生物や物質と融合して怪獣化する。自身を核にして怪獣化したものはスフィア合成獣と呼ばれ、ビームや強力な亜空間バリアなどの能力を持つようになる(グラレーンやグライキスのような例外も存在)。同化能力の他にも、単体では人工衛星も破壊するほどの体当たり攻撃や緑色光線、3体掛かりで標的を包囲してから繰り出す捕獲能力などの戦力を持つ。

  • 声:達依久子(2回目以降)
  • 英字表記はSPHERE[3][5]
  • 造型はコンピューターグラフィックスによるものと立体物の2種類が存在する[7][4]
  • 第1話・第2話の脚本を担当した長谷川圭一は、宇宙を想定した作品となったことから、ウルトラマンの対極となる「宇宙の悪意」として創作した[8]。早期の再登場が想定されていたが、長谷川は前半では出しづらかったと述べている[8]
  • 第25話・第26話での退場が予定されていたが、当初のプロットであった「太陽系消滅」がスケールが大きすぎるとして先送りになり、代わる「移動要塞浮上せず!」でもスフィアの登場が想定されていたが、退場させるかどうかで議論になり、最終的にスヒュームに変更された[8]

1回目[編集]

第1話「新たなる光(前編)」、第2話「新たなる光(後編)」に登場。

第1話の訓練学校ZEROの演習中に初登場。フドウ・タケルの機体を撃墜したが、演習に参加していたコウダとリョウ、当時訓練生だったアスカらに撃墜されて全滅。火星に登場した個体の全てはS-GUTSのガッツイーグルと交戦する直前に初登場したダイナのフラッシュサイクラーとビームスライサーの連続攻撃により僅か1分で全滅させられ、その他の個体は火星の岩石と融合してダランビア、ネオダランビアになりTPC火星基地を襲撃する。第2話でネオダランビアが倒されると今度は地球に飛来し、溶岩と融合してグラレーンとなる。それ以外の個体のうちの4体はアスカの搭乗するα号のジークで撃墜され、もう11体はフラッシュバスターで倒され、β号と交戦していた個体の一部は3体ほど撃墜されるも、残りの個体は一つに再合体すると宇宙へ逃げる。

2回目[編集]

第35話「滅びの微笑(前編)」に登場。

冥王星の表面に浮かぶ人面像「ミス・スマイル」をだしにして誘き寄せたTPCの宇宙船ロムルス三世号に取り付いて地球に飛来し、スーパーGUTSの移動基地クラーコフNF3000のネオマキシマエンジンと六甲山中の岩石に融合してジオモスとなる。第1話に登場したものとは形状が異なる。ダイナを敗退させた後、コスモネットを通じて人類に警告を送る。

  • 造形物は新規に製作された[7]

3回目[編集]

第44話「金星の雪」に登場。

金星に現れ、TPCが大気改造用に投下した人工バクテリア「アイス・ビーナス」をグライキスに改造する。これまでに登場したものと違い双胴型になっている。闇から姿を現す時には女性の笑い声のような高い音を出す。また、開いた先端から火球を発射する。更にダメージを受けたグライキスを回復光線で回復させることができる。2回目に現れた個体同様コスモネットを通じてS-GUTSに警告を送る。

金星の特異な環境のためにガッツイーグルの攻撃がことごとく外れるが、β号のカリヤとγ号のリョウの奮起でついにビームが命中し、爆死する。

  • デザインは寺井雄二による[7]
  • 『ウルトラマン大辞典』や『ウルトラマン画報 下巻』では「2連型」と表現している[4][5]

4回目[編集]

第49話「最終章I 新たなる影」に登場。

第1話に登場したものと同型で、再び火星に出現。アスカに撃ち落とされた一体がネオジークの直撃を受けても爆発はせず、火星の地表をある程度滑走してからネオダランビアIIになる。

その後別の大群の半数がテラノイドのビームスライサーとソルジェント光線で倒されが、もう半数もの個体がエネルギーの切れたテラノイドと融合してゼルガノイドとなる。グランスフィア以外の個体としてはこれが最後の登場になる。2・3回目に現れた個体と同様言葉を話すが、今回は「ヒカリ、キエロ」という一言のみ。

  • 造形物は第1話のものと同一[7]

暗黒惑星 グランスフィア[編集]

第50話「最終章II 太陽系消滅」、第51話「最終章III 明日へ…」に登場。英字表記はGRAN-SPHERE[3][5]

ある惑星が惑星に住む全ての生命体と一体化したもので、スフィアの本体。ナカジマは「今までとはまるで桁違いの怪物」と評する。地球を太陽系諸共飲み込むことが最終目的である。上記の3回目に登場した2連タイプのスフィア同様、闇から姿を現わす際や、後述の自身の虚像を世界各地の空に投影する際は、女性の笑い声のような高い音を出す。周囲がブラックホールになっており、冥王星などの太陽系外縁部の惑星や、TPCコスモアタッカー部隊、人工太陽試験機NSPカンパネラ、さらにはガッツイーグルのトルネードサンダーなどあらゆるものを重力場で飲み込みながら地球へ接近。その重力場の吸引力は極めて強力であり、クラーコフNF-3000のネオマキシマエンジン最大出力でも全く振り切れない。レーダーでも全く感知できないメッセージを伝えるための自身の虚像を世界各地の空に作り出し、地球人に一体化することを要求する。通常のスフィアとは異なりコスモネットを通じずに直接話すことができる。近づく者を雷で攻撃し、ダイナがこれまでに倒された怪獣達やスフィア合成獣の幻影をばら撒く。ソルジェント光線はおろかネオマキシマ砲をも防ぐ強力なバリアーを張るが、一方向にしか張れないという弱点をつかれ、先に放たれたネオマキシマ砲を防いだ隙に、ダイナにソルジェント光線を撃たれて大爆発を起こし消滅する。

しかし闇の破壊で生じた重力崩壊がダイナを飲み込み、そのまま別次元に飛ばす。

  • 声:達依久子
  • 劇中では終始ブラックホールの中に隠れたままであり、確認できるのはソルジェント光線やネオマキシマ砲に対して強力バリアーを張った直後に見える中心核のみ。
  • デザインは寺井雄二による[7]。造形物は60センチメートル大のものが造られたが[7]、CGでも描写されている[9]

『ウルトラマンサーガ』に登場するスフィア[編集]

映画『ウルトラマンサーガ』に登場。

グランスフィアがダイナに倒されてから15年後も存在していた生き残りが複数出現し、TPCの火星基地を襲撃する。タイガ・ノゾムの搭乗するガッツイーグルαと交戦するが、その最中でバット星人の円盤に捕らえられ、ハイパーゼットンの餌として捕食される。

合成獣 ダランビア[編集]

第1話「新たなる光(前編)」 に登場。英字表記はDARAMBIA[3][5]

スフィアが火星の岩石や砂を取り込んで作り出した怪獣で、5つの目と3本の足を持つ。外見は節足動物に近い。口からの光線でTPC火星基地をスフィアと共に破壊する。スーパーGUTSのガッツイーグルの攻撃を亜空間バリアを張り巡らせて無力化し、アスカのギャラクシースナイパーやガッツブラスターノーマルモードによる銃撃も受け付けない。ダイナ出現時の強烈な光によってバラバラに粉砕されるが、吹き飛ばされた破片は地上で再結集してネオダランビアに変化した。

  • デザインは山口修による[7]。着ぐるみではなく、操演によって撮影された[10]。操演怪獣という案は第1話特技監督の大岡新一と山口による[8]

超合成獣 ネオダランビア[編集]

第1話「新たなる光(前編)」、第2話「新たなる光(後編)」に登場。英字表記はNEO DARAMBIA[3][5]

バラバラになったダランビアの破片が火星開発プラントの残骸を取り込んで再生した姿。最初にダイナと直接対決を繰り広げた怪獣でもある[11]。ダランビアと違い、完全な二足歩行形態に進化している。ダランビアを遥かに上回る防御力と戦闘力を持ち、戦力は頭部の角から放つ破壊光線、右腕を触手のように伸ばし相手に巻き付けて高圧電流を流す放電攻撃。さらにダランビア以上の強度を持つ亜空間バリアを展開してフラッシュキックですら寄せ付けないほどの実力でダイナを苦しめる。さらに頭部の角で止めを刺そうとするがフラッシュキックで跳ね飛ばされ、最期はビームスライサーとフラッシュサイクラーの連続攻撃で亜空間バリアを破壊され、ソルジェント光線を受けて爆散する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインは山口修による[7]。スーツの首は二足歩行時と四足歩行時で首の位置を移動するギミックを備えていた[7]
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(『テレビマガジン』2011年6月号掲載分)では、怪獣軍団の1体としてウルティメイトフォースゼロを襲う。

超合成獣 ネオダランビアII[編集]

第49話「最終章I 新たなる影」に登場。英字表記はNEO-DARAMBIA II[3][5]

火星のTPC火星基地付近に出現したスフィアが岩石と合体して変身した2体目のネオダランビア。今回は前回のように火星開発プラントの残骸を取り組んだダランビアを経て強化再生したのではなく直接この姿で登場する。形状は初代とあまり大差はないが、目つきが鋭く、体色が若干黒くなっている。力もより強くなり、戦力は口から放つ赤色破壊光線と、腹這いの状態で地面を滑走し敵に突進する体当たり攻撃。更に初代とは別の形状の亜空間バリアを展開する能力を持っており、強度も上がっている。そのバリアでダイナのソルジェント光線に1発目には耐えたが、2発目には耐え切れず敗れる。

また、この戦いの様子はTPC警務局火星基地に監視、追跡記録されダイナの正体が露見する結果となる。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 着ぐるみはネオダランビアの改造[7]。首の位置を移動するギミックがスーツアクターの負担となっていたため二足歩行形態のみに固定された[7]

超合成獣 サンダーダランビア(SD)[編集]

ウルトラマンギンガ』第1話「星の降る町」、第2話「夏の夜の夢」に登場。

  • 身長:14センチ - 40メートル[13][14]
  • 体重:150グラム - 4万トン[13][14]

ネオダランビアの亜種[15]。鳴き声はネオダランビアと同じだが容姿は異なっており、眼が5つに増え、口には鋭い牙が生え、手は爪を持つ五本指になり、背中と胸にコイル状の大きな発電器官がある。その名の通り電撃を放って攻撃し、触手のように伸ばせる右腕も健在だが、亜空間バリアは使用していない。

バルキー星人(SD)が不法投棄を行っていた2人組の男、山田と木村のダークな心を利用しダークライブさせ出現。ヒカルがウルトライブしたブラックキング(SD)と戦い、電撃で苦しめるが、ウルトラマンギンガには得意の電撃が通じず圧倒され、ギンガサンダーボルトに敗れる。その後スパークドールズはヒカルの手に渡る。

第2話では、ケムール人(SD)と戦うべくヒカルがウルトライブする。素早さに翻弄されつつも伸ばした右腕で躓かせるなど善戦するが、液を浴びて異次元空間に消されそうになったところでギンガにウルトライブしたためスパークドールズに戻る。

  • 演:金山一彦(山田)、兒玉宣勝(木村)
  • スーツアクター︰梶川賢司
  • 着ぐるみは『ウルトラマンダイナ』放送当時のネオダランビアIIの改造。良好な状態で倉庫から偶然発見されたため、修復を兼ねた改造を受けて登場することとなった。後藤正行によると、イメージは「変電所を背負った怪獣」[16]
  • 本編終了後のコーナー「スパークドールズ劇場」ではレギュラーとして登場。愛称は「ダラちゃん」と「ダランビアはん」。お笑い芸人のような調子で、ブラックキング(SD)と漫才を繰り広げる。「 - ッス」「チェケラッス」が口癖。声の担当は松本健太。ウルトラ戦士について詳しいらしく、ティガダークウルトラマンマックスのことを知っている。
  • 新ウルトラマン列伝』第37話で、ケムール人(SD)が紹介したにせウルトラマンダイナと本物のウルトラマンダイナの戦いを実況する。

溶岩合成獣 グラレーン[編集]

第2話「新たなる光 (後編)」に登場。英字表記はGULAREIN[3][5]

火星から逃亡したスフィアの生き残りが高純度エネルギー貯蔵庫基地付近のマグマと融合したスフィア合成獣。体がマグマでできているため全身から高熱を発しており、その体温はきわめて高く、リョウの乗るガッツイーグルγ号の冷却ミサイルを受けて凍り付いても瞬時に復活し、ダイナですら直接触れることができない。体表は高純度エネルギー貯蔵庫基地付近に装備されている無人迎撃システムの砲弾や、TPC養成機関訓練生たちの乗るガッツウィングZEROのニードルを受けても効果がない。口から火炎を吐いて山火事を引き起こす。また、両腕の先端は鋏状になっているがこれはそれほど多用することがない。また、自身の頭上に両手を使用して一時的な炎を思わせるような赤いバリアを張ることができ、これでγ号の誘導ミサイルを防ぐ。高純度エネルギー貯蔵庫施設を破壊するため基地に迫るが、ミラクルタイプのウルトラサイキックによって空中に浮かされ、レボリウムウェーブリバースバージョンで火炎を撃ち返されて粉砕される。山火事はネイチャーコントロールで消し止められる。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインは山口修による[7]。造形物はスーツのほか爆発用人形も造られた[7]

再生怪獣 グロッシーナ[編集]

第3話「目覚めよアスカ」に登場。英字表記はGROSSYNA[3][5]

10年前に駿河湾に現れ、当時のGUTSに倒されて地中で仮死状態になっていたが、サイクロメトラに寄生されて甦る。腹部に連なる発光器官を持ち、口から針を束ねたような散弾光線を吐く。また、尻尾を敵に巻きつけながら電撃を繰り出すことも可能。サイクロメトラの能力で、傷付いても瞬時に再生できるようになっている。サイクロメトラに寄生されたために全身が爆発寸前の爆弾化しており、いつ爆発するか分からないほどの危険な状態だったが、ソルジェント光線で首に大穴を開けられ、直後にサイクロメトラが体内から抜け出したため完全に倒される。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインは山口修による[7]

改造怪獣 グロッシーナII[編集]

第27話「怪獣ゲーム」に登場。英字表記はGLOSSEANA II[3]またはGLOSSEAN II[5]

通信テレビゲーム「怪獣コロシアム」の怪獣トーナメントでデマゴーグと戦い、倒された怪獣。子供たちの間では「怪獣コロシアム」のために実際に現れた怪獣のデータを使ったオリジナル怪獣をプログラムすることが流行っており、これはその1体である。頭部に巨大な角がつけられて腹部もオレンジ色になり、腹部の発光部も胸部に集約されている。カンガルーキックが得意で、口から光弾を吐く。最期はデマゴーグのデマゴーグスペシャルで体を刺し貫かれ、捕食される。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 着ぐるみはグロッシーナの改造[7]

宇宙寄生獣 サイクロメトラ[編集]

第3話「目覚めよアスカ」に登場。英字表記はCYCLOMETRA[3][5]

緑色の隕石(実は卵そのもの)と共に地球に飛来した怪獣。体内に反物質を溜める袋を持ち、口からは木を1本倒す程度の光線を吐く。他の生物に寄生して操り体内に卵を産み付け、自爆することで反物質爆発を起こして星を壊滅させるとともに卵を宇宙に飛ばす。特殊な電磁波でコミュニケーションをとることが可能。劇中では3体登場。2体はガッツイーグルα号に撃たれて倒されるが、アスカがもう1体いることに気付かず取り逃がし、その個体がグロッシーナに寄生する。最期はグロッシーナから飛び出してダイナに飛び掛ったところを、フラッシュ光弾を喰らって消滅する。

肉食地底怪獣 ダイゲルン[編集]

第4話「決戦! 地中都市」に登場。英字表記はDAIGELUN[3][5]

ジオシティ建設に使われていた岩石を波動で粉砕するPWウェーブに反応して現れた怪獣。PWウェーブの波動を非常に嫌う性質を持ち、原因を特定したスーパーGUTSはPWウェーブの停止をジオフロント社に要請する。一度は大人しくなったが、これに激昂したタチバナ社長が出力を最大限で発射したことで怒って地上に現れ、PWウェーブの照射装置を破壊する。出現時はかなりの空腹だったらしく、避難する人間を餌と狙って市街地へ向かう。口から火炎を吐く。あごの骨格や筋肉が全身を含めてかなり発達しており、噛み付きでダイナを持ち上げるほどのパワーを持つが、ストロングタイプの力技で畳み掛けられ、バルカンスウィングによって爆発、消滅する。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • デザインは山口修による[7]
  • 特技監督の佐川和夫は、「地底から怪獣が出る」というシチュエーションが撮影に手間がかかるのに迫力が出ないことから、出現前の緊迫感に重点を置いた[8]

肉食地底怪獣 クローンダイゲルン[編集]

第39話「青春の光と影」に登場。英字表記はCLONE DAIGELUN[3][5]

ヤマザキが製作したダイゲルンのクローン。突如市街地に現れ、ヤマザキが遺伝子工学研究所からエボリュウ細胞を盗み出す囮に使われる。口から吐く炎は威力が高められている。オオトモ博士が作ったクローン怪獣に見られた本物との外見的な違いは見られないが、よく見ると手の形が若干変化している。γ号のガイナーを火炎で相殺し、その変化した手でγ号を捕らえるが、フドウ・ケンジの乗るガッツシャドーの偏曲マキシマビームで自身だけ倒される。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 着ぐるみはダイルゲンの改造[7]。手で物を掴めるように腕が新規に造られた[7]

変異昆虫 シルドロン[編集]

第5話「ウイニングショット」に登場。英字表記はSHIELDRON[3][5]

昆虫が変異したと思われる怪獣。高純度エネルギーを食糧にしており、高純度エネルギーパイプライン付近に出現する。額の緑の水晶体を点滅させることで敵の攻撃を予知して両腕の盾で攻撃を防ぐ、いわゆる予知能力を持つ。はさみ状の両腕はかなりの硬度を持ち、通常のビーム攻撃程度なら難なくはじき返し、劇中では「恐らくガイナーでも破壊不可能」と言われる。しかし腹部の防御力は低く、そこが弱点となっている。その防御力の高さでスーパーGUTSやダイナを苦戦させるが、ヒムロ・ユウサクに教わったダイナのウルトラフォークを腹部に受けて敗れる。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインは、特技監督の北浦嗣巳の要望により見た目のわかりやすさと機敏さ・可愛らしさが意図されており、左右に飛び出した目は前後が見えるため攻撃を避けることができると想定されている[8]

変異昆虫 クローンシルドロン[編集]

第16話「激闘! 怪獣島」に登場。英字表記はCLONE SHIELDRON[3][5]

クローンシルバゴン同様オオトモ博士に作られたクローン怪獣の1体で、前に現れたシルドロンのクローン。体色は初代と異なり[3][注釈 9]、頭部の形状が若干変化している。初代と同様に額の水晶体を点滅させて敵の攻撃を予知するという能力が使える。クローンシルバゴンと戦うが、尻尾攻撃で昏倒し、口から泡を吹き敗れる。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 着ぐるみはシルドロンの改造[7]
  • シルバゴンとシルドロンを同時に登場させることについて名前が似通っているという懸念もあったが、有り物の都合とシルドロンをもう一度登場させようという意図から両者の登場が決定された[8]

菌糸怪獣 フォーガス[編集]

第6話「地上最大の怪獣」に登場。英字表記はFOHGUS[3][5]

異常進化して知能をもった菌類。劇中での命名者はコウダ。本体は巨大なキノコで怪人体や怪獣体などの分身を生み出し、これらは本体を破壊しない限りたとえソルジェント光線を受けて粉砕されても再生することができる。フルイズミ市を中心に10キロメートル四方に菌糸を張り巡らせ、地球規模で広がっているコンピューターネットワーク・アースネットを支配する。自身を「10キロメートルの知性を持つ地上最大の知性」と称し、10キロメートル四方に広がる菌糸体は、「人間で言えば脳細胞にも等しい」という。アースネットを通じてあらゆるネットワークに侵入することができ、コンピュータに「さよなら人類」という内容の怪文章を送付し、外部との連絡を遮断する。感染前に外部接続を遮断したコンピュータまでも支配する能力を持つ。キノコの中心部に膨らんだスルメのような形をしたコアの役割を果たす菌糸脳があり、怪獣体をいくらでも生み出すことができる。戦力として鞭状の両腕を使った攻撃を武器として使い、怪人体時では体を菌糸状に流動化させて移動する。怪人体でアスカを拉致し、β号とγ号が救援に向かうがβ号を撃墜。TPCヨーロッパ支部のミサイルを使用してグランドームを破壊しようとする。しかし3機発射したそのすべてがクラーコフNF3000とγ号に破壊され、グランドーム破壊は失敗。そして人類を破滅させる前にダイナを倒そうと、自ら怪獣体に変貌、怪獣体を複数放ってダイナを苦しめる。しかし、ミラクルタイプの透視能力で本体の位置を当てられた上、レボリウムウェーブ アタックバージョン(タイプI)の攻撃で菌糸と怪獣体を全て消し飛ばされ、本体だけで宇宙に逃げようとするが追いつかれてソルジェント光線を受け、倒される。

第46話では、怪人体が黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • 声:河島順子(本体)[20]
  • スーツアクター:石井浩(怪人体)、三村幸司(怪獣体)[7][12]
  • 怪人体はムザン星人の改造[7]
  • 怪獣の姿を『宇宙船 YEAR BOOK 1999』『ファンタスティックコレクション 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマンティガ/ウルトラマンダイナ/ウルトラマンガイア』ではフォーガス(バトルモード)[2][3]、『ウルトラマン大辞典』ではフォーガス(怪獣体)[19]、『円谷プロ全怪獣図鑑』ではサタンフォーガスと記載している[6]
  • 等身大の姿を資料によっては人間体[7][3][19]人間大[2]怪人体[5]と記述している。
  • 脚本を担当した武上純希は、「今までに見たことがないような怪獣」として、カナダの森林で10キロメートルの菌糸を広げているキノコから着想した[8]。プロットでは町の人間がフォーガスに支配されているという展開であった[8]

凶悪怪獣 ギャビッシュ[編集]

第7話「箱の中のともだち」に登場。英字表記はGYABISH[3][5]

小型の状態でカプセルに入っていた凶悪な宇宙生物。小型のときはそこそこ愛嬌のある姿だが、巨大化するにつれておぞましい姿になっていく。その姿での特殊能力はテレポーテーションだけである。ダイス星人の母星で暴れて、多大な被害を及ぼしただけでなく彼の娘までも殺害した。ダイス星人によって2体がブラックホールへ移送される途中に逃亡して地球に現れる。性格は非常に凶暴かつ狡猾である。1体は追ってきたダイス星人に処分されるが、もう一体は吉村由香という少女に拾われ、地球の大気の影響で短時間で巨大化し、由香を目の中に人質にとる(ダイス星人によると「人質をとるのは常套手段」)。由香はダイス星人がギャビッシュの目の中にテレポートして助け出すが、そのダイス星人を口からの光の針で殺害。口から放つ光の針、尻尾から放つ破壊光線、鋭い牙、眼からの光線でビームスライサーを吸収、強化して口から撃ち返すなど、多彩な技でダイナを苦しめるが、尻尾をダイナスラッシュで切られ、最後は通常時とはエフェクトの異なるソルジェント光線を受けて炎上する。

鳴き声(ナカジマによると彼らの言語らしい)はガッツW・I・Tに不可思議な現象を与え、それを地球上の言語に翻訳(暗号分析)すると「私はギャビッシュ、私を助けて」という風になる。この発言により、自分がダイス星人に追われている弱い生物だとスーパーGUTSに認識させて騙した。

  • スーツアクター:三村幸司、北岡久貴(中間体)[7][12]
  • 中間体のスーツは小型時のアップの撮影にも用いられている[7]

特別捜査官 ダイス星人[編集]

第7話「箱の中のともだち」に登場。英字表記はALIEN DAIS[3]

バース星雲ダイス星の特別捜査官で、テレポーテーションの能力を持ち、銃を携帯している。移送中に逃亡したギャビッシュを追って地球に現れる。かつてギャビッシュに娘を殺害されており、その憎しみからいきなり攻撃しようとしたことが災いしてあらぬ疑いをかけられる。左腕についているブレスからは標的を動きを封じて空中へと浮かばせる捕獲光線や相手を気絶させる失神光線を放つだけではなく、色々な星の言語を話せる翻訳機にもなる。また、接近戦では怪力も発揮し、アスカとリョウを一度はこれで投げ飛ばす。疑いが解けた後にギャビッシュに人質にされた由香を救うために作戦に参加するが、救助した後にギャビッシュの光の針による攻撃で致命傷を負い、由香に渡してくれと自分のペンダントをアスカに託し、光の粒子となって消滅する。

殺害された娘は由香と瓜二つで、ペンダントには娘の写真が入っている。

催眠怪獣 バオーン[編集]

第8話「遥かなるバオーン」に登場。英字表記はBAO-ON[3][5]

隕石と共にふるべ村に落下した怪獣。悪意を持たない呑気な性格だが、聞いた者を眠らせるホルンのような催眠効果のある鳴き声を発する。これによって人間を完全に眠らせ、ダイナまでも眠りかける。また噛み付く力は極めて強く、ダイナを軽く吹き飛ばしたり、強烈なパンチを繰り出すなど、怪力の持ち主でもある。

ふるべ村に落下した後、鳴き声を発して村人たちを眠らせる。その後、ムスタファ・アリ博士によって、赤い色を見ると興奮することが判明。スーパーGUTSはジャイアントマスクで口を塞ごうとするが齧って破壊し、再び鳴き声を発したために、近くにいた上にナカジマ発明の「声変わり」を付けていなかったムスタファ博士は深い眠りに落ちる。しかしマスクの中の催眠ガスが効いたため、自身も眠りに着く。

翌朝、村から少し離れた場所に高速道路を挟んでオープンしたスーパーの赤いアドバルーンに興奮して暴走。アスカが乗ったガッツイーグルαがバルーンを破壊した後も前進を続けるが、威嚇射撃に驚き、再び麻酔弾を受けて倒れる。しかし慣れたためにすぐに立ち上がり、パニック状態で村の方へ引き返す。だがその先にはバオーンによって眠らされたムスタファ博士がいたため、彼を守るべくアスカはダイナに変身する。

登場したダイナのストロングタイプやカラータイマー、ウルトラバルーンの赤にひたすら興奮し、最後はウルトラバルーンに引き寄せられてその隙にダイナに運ばれ、宇宙へと返される。

ヒビキ隊長は眠っていれば誰も攻撃できないことから、「史上最強の怪獣かもしれない」と評する。 宇宙に確かに送り返したにも関わらず、アスカ隊員はこの怪獣の鳴き声を聞いて眠ってしまった。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 脚本を担当した太田愛は「一発でインパクトのある怪獣」として創作した[8]。脚本の初稿ではジェットワイヤーをかけるために四足歩行怪獣であった[8]

吸電怪獣 ギアクーダ[編集]

第9話「二千匹の襲撃」に登場。英字表記はGIAKUUDA[3][5]

落雷とともに太陽光発電基地付近の遺跡の地下の溢れ出た光の中から現れた怪獣。破片にされてもその一つ一つが分身体となって再び活動することができる。ただし焼かれた場合は例外ということをゴンドウ参謀に見抜かれる。好物の電気を求めて太陽発電基地を襲撃し、ダイナ・ストロングタイプに放り投げられたところにトルネードサンダーの直撃を受けて倒されるが、その破片が二千匹の小型の分身体となり、電気を求めて東京中をさまよう。この分身体はガッツブラスター・ノーマルモードで倒せるほど弱いが、その破片からも再生し、TPCを大いに苦しめる。武器は赤い斑点部から発射する赤い電撃光線。当初TPCは、すべての分身体を集め、元の巨大な姿に戻してから陸戦部隊のナパーム砲で焼き払う作戦を実行。電力を集めてトラップフィールドと呼ばれる装置に分身体を集めるが、落雷によってトラップフィールドが故障。やむを得ず分身体に陸戦部隊が攻撃を開始するも、的が小さいため数体しか倒すことができない。その後落雷からヒントを得たアスカ(=ダイナ)のネイチャーコントロールによる協力でトラップフィールドが復旧。ついにそれごと元の1体の怪獣に戻る。その後ダイナ・ミラクルタイプと戦闘になるが、最期はダイナに何かを頼むような素振りを見せて宇宙へ運ばれ、レボリウムウェーブ アタックバージョン(タイプII)を受けて粉々にされ、ミニブラックホールに吸いこまれる。

戦いのあとアスカは「あの怪獣は人工的な光に頼りすぎた地球からの警告」と推論している。更にアスカは戦いの影響で一時的に電気人間になり頭に電球をつけると点灯したり、触れたヒビキ隊長を感電させてしまうところでストーリーは終わる。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 脚本を担当した長谷川圭一は、映画『ガメラ2 レギオン襲来』に登場する怪獣レギオンをイメージソースに挙げている[12]
  • 分身体のスーツは3体用意された[7]。監督の石井てるよしは無限に増殖して迫る恐怖を描こうとし、影だけが浮かぶなどの工夫を凝らしたが、出来について不満を述べている[8]
  • 『ウルトラマンフェスティバル'98』ライブステージ第2部に登場。グランスフィアの配下。

念力種族 ゼネキンダール人[編集]

第10話「禁断の地上絵」に登場。英字表記はZENEKINDAHL[3][5]

太古の地球を支配していたといわれる種族。考古学者のアキヅキ博士がアンデス地方で発見したクローン製造機によって蘇る。念波攻撃で相手の頭上に光の輪を作り出して苦しめる。更に超能力で人間のDNAをコピーして姿形を変えどのような人物にも化けることができるという能力を持ち合わせている。再び地球を自らのものにすべく、念力で地上絵からデキサドルを出現させる。デキサドルの他に2体の怪獣を復活させようとするが、スーパーGUTSの攻撃によって復活を阻止され、彼らもリョウとカリヤのガッツブラスターで超能力思念を送る装置を破壊され、吹き飛ばされたあとでデキサドルの死と共に消滅する。

ローブの模様が赤いのがA、茶色いのがB、黄色いのがCであり、それぞれの額には地上絵にあるものと同じ紋章がある。

第46話では、ゼネキンダール人Cが黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • スーツアクター:角秀一(A)、北原裕次(B)、松栄隆(C)[7][12]
  • ライブイベント『円谷ジャングルINアリオ八尾「星人の日?! 特別ミニイベント○×△星人と遊ぼう」』では女性の個体が登場し、司会者の女性やウルトラセブンメトロン星人マグマ星人と共に演奏会を行う。

高速怪獣 デキサドル[編集]

第10話「禁断の地上絵」に登場。英字表記はDEKISADORU[3][5]

ゼネキンダール人の念力によって地上絵から出現した怪獣。パッションレッド飛行部隊やガッツイーグルはおろかガッツイーグルα号以上の高速で飛行し、ゼネキンダール人同様念波攻撃を行い、さらに飛行しながらの鋭く尖った嘴(くちばし)や足の爪を使った体当たり、口からの青色拘束光線や青色破壊光線で敵を攻撃する。ダイナ相手に善戦するが、リョウとカリヤにゼネキンダール人が倒されたため弱まり、空へ飛んだところでソルジェント光線を浴びて爆発四散する。

高速で飛べるだけあって動きも素早く、動体視力もずば抜けており、パッションレッド飛行部隊の背後に回り込んだり、実体化直前の地上絵の怪獣たちを一度は破壊したガッツイーグルのトルネードサンダーや、自身を捕らえようとして掴みかかって来たダイナ・ミラクルタイプですら造作もなく避けることができる。また、一度地上絵に戻ると、S-GUTSのいかなる綿密な調査を用いても居場所を悟られることがないという利点も持っている。

第27話ではマイがテレビゲーム「怪獣コロシアム」の解説をする際にデキサドルをモデルにしてプレイする。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]

迷子珍獣 ハネジロー[編集]

第11話「幻の遊星」 - 第47話「さらばハネジロー」とビデオ版『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』に登場。英字表記はHANEJIRO[3][5]

メラニー遊星に取り残されていた小型の怪獣。ダイナにメラニー遊星から連れ出された後は、オオトモ博士の研究所に引き取られるが、ネオザルスの一件の解決後、マスコット的存在としてスーパーGUTS指令室に居着く。名付け親はアスカ。理由は単純で、「羽が生えてるから」。鳴き声は「パムー」だが、小学2年生程度の知能を持つため少し言葉を覚えるようになり、自分のホームページ「パムパムネット」を持つようになる。生活習慣は人間とあまり変わらず、背中の羽根で飛行できるほか、記憶を映像化して投影したり、敵の弱点を透視したり、束縛された相手を解放する青色解放光線を発射したりすることができる。人懐っこい性格で、特に出会った際の経緯もあり、アスカと仲良くなる。攻撃本能をほとんど持たず、初めて出会った際、治療しようとしたアスカに一度噛みつくが、治療後に自分に噛まれて怪我をしたアスカの手をなめる。ナカジマには「よほど平和な星で育ったに違いない」と評される。アスカはモンスアーガーと戦おうとした際、ハネジローの目の前でダイナに変身したため、ダイナの正体を知ることになるが、アスカに優しく口止めされる。

ファビラス星出身で、実はファビラス星人に守り神として崇められているムーキットという名前の生物であり、ファビラス星人と再会し、デビルファビラスをダイナが倒した後、彼らを導くべく宇宙へと旅立った。

OV作品『帰ってきたハネジロー』ではファビラス星人のメッセージを携えて地球へと帰還した。ピーナッツが大好物らしい。黄色い卵のようなカプセルに入れられた状態で地球に到着するが、ミジー星人たちに偶然拾われる。

  • 声:河島順子
  • 操演:原田克彦[20]
  • デザインはバンダイによるものを黒岩和幸がクリーンアップした[20]。造形物は操演用と吊り用の2種類が用いられた[20]。第47話ではCGも多用している[8]
  • 第11話の脚本での名称は「パム」であったが、商標登録の都合により変更された[8]
  • ハネジローとの別れは初期から想定されていた[8]。当初はハネジローが戦争に利用されていたという展開が考えられていたが、多数のハネジローを登場させることはできないため、第47話の展開となった[8]
  • 『帰ってきたハネジロー』の時点では飛行用の人形しか残っていなかったため、マペットが新造された[25]

その他の作品に登場するハネジロー[編集]

破壊獣 モンスアーガー[編集]

第11話「幻の遊星」に登場。英字表記はMONS-AHAGAR[3][5]

何者かに造られた宇宙戦争用の生物兵器。メラニー遊星に来た者を襲うようプログラムされている。武器は合わせた両手から発射する強力な赤色光弾[2]。300万馬力の怪力を持ち、ガッツイーグルの攻撃を皮膚で弾き、ダイナのビームスライサーをも素手で跳ね返すなど、防御力が非常に高い。弱点である頭頂部の青い皿のような部分を、ハネジローに教えられたダイナのストロングボムで破壊されて倒され、メラニー遊星自体もモンスアーガーの死と共に崩壊、消滅する。

メラニー遊星の自然環境はホログラム発生装置と幻覚ガス発生装置によって作り出されたまやかしであり、虫や鳥類は鳴き声だけで一匹たりとも姿を見せず、摘んだ花も手の中で消える。それらに惹かれてやってきた異星人をモンスアーガーによって殲滅する仕組みになっている。既にハネジローの飼い主であったファビラス星人をはじめとする多くの宇宙人が犠牲になっており、モンスアーガーに破壊されたと思しきUFOの残骸が地表に散らばっている。また、妨害電波もかかるため、無線通信が全くできなくなる。

破壊獣 モンスアーガーII[編集]

第31話「死闘! ダイナVSダイナ」に登場。英字表記はMONS-AHGAR II[3][5]

グレゴール人が第4メラニー遊星から捕獲し、改造して連れて来たモンスアーガーと同型の怪獣。弱点だった頭部の皿のような部分が強化されており、α号のジークの熱線すら簡単に弾き返す。口から火球を吐く。グレゴール人がワープアウトさせた剣状の4本の柱で作り出された特設リングの中で大暴れする。ダイナを挑発するために地球に送りつけられ、ニセダイナの首折りを受けて消滅する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 着ぐるみはモンスアーガーの改造。
  • 劇中ではハネジローからは「アーガー」、マイやナカジマからは「モンスアーガー」と呼ばれている。

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場するモンスアーガー[編集]

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』第6話「ヒッポリト星人の甘い罠」に登場。

主人公のバトルナイザーを狙うヒッポリト星人が操る。ヒッポリト星人のカプセルから出現し、主人公たちに襲い掛かるが、バトルナイザーの怪獣に倒される。漫画『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』や拡張シートのストーリーではこの役割はベムラーに代わられている。

ステータスはディフェンスが高いが、それ以外のステータスは低め。必殺技は劇中使用した雷属性の攻撃「大破壊光弾」、IIが使用した「火炎破壊弾」、固い装甲で敵を連続で殴る「アーマードラッシュ」。

怪宇宙人 ヒマラ[編集]

第12話「怪盗ヒマラ」に登場。英字表記はHIMALA[3][5]

独特の美意識を持ち、自身の美しいと思ったものを盗んでいく宇宙人。侵略行為については「野蛮」と思っているため侵略の意志はないが、赤いセロハンのようなものを使って美しいと思った「夕焼けの町」をワンブロック丸ごと盗む。普段は等身大の姿でマントを着けているが、巨大化すると姿が微妙に異なる。自身の体内に異空間「ヒマラワールド」を作り出し、テレポーテーションを駆使するが、盗み専門のため戦闘能力は限られ、額から発射する赤いテレポート光線は時間がかかるため隙が大きく、青い電撃光線の威力はきわめて貧弱である。接近戦ではパンチ技を使用する。給水塔に偽装した宇宙船を使用する。盗んだ町は縮小し、ジオラマのようにして引き出しの付いた箱に保管する。「ヒマラワールド」には『80日間世界一周』の気球や信楽焼モアイ像などが乱立している。また、内部では時が止まっているため夕焼けが沈むこともなければ空の雲も全く動かないが、風だけは吹いている。しかも、中に乱立している物は時折、話し声、鳴き声、笑い声を出し、無線通信すら使えない。最後はダイナにアッパーカットで殴り飛ばされ、逃走用のロケットで宇宙へ帰る。

  • 声:青野武
  • スーツアクター:金塚裕(人間大)、三村幸司(巨大)[7][12]
  • 脚本の太田愛怪人二十面相をイメージソースとしている[8]。デザインを担当した丸山浩はアルセーヌ・ルパンをモデルとしている[1]
  • 脚本では巨大化してからは強いという想定であった[8]
  • ウルトラマンボーイのウルころ』第130話「ヒマラの砂時計の巻」に巨大化時の姿で登場。砂時計を使って異空間を作り出してダイナを圧倒するが、砂時計の砂が尽きると退散する。

知略宇宙人 ミジー星人[編集]

第13話「怪獣工場」、第30話「侵略の脚本」とビデオ版『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』に登場。英字表記はALIEN MIJI[3][5]

地球侵略のためミジー星からやってきた秘密工作員。ミジー・ドルチェンコミジー・ウドチェンコミジー・カマチェンコの三人組で、それぞれ地球人に変身している[注釈 17]。ドルチェンコがリーダー格である。蜘蛛型のUFOを所有している。

ビーム弾を放つ銃を所持しており、他にもドルチェンコのみ両手から電撃を繰り出すこともでき、落雷の直撃を受けても何とか戦える。かなり間が抜けており、くしゃみをした時など油断すると意思にかかわらず本来の宇宙人の顔になる。自らの意思で本来の姿に戻る際は、一丁締めを行う。正体を現したときの顔は3人とも同じだが、着ている服で見分けることができる(ドルチェンコはベージュ色の服、ウドチェンコは赤い服、カマチェンコは白い服)。さらに、実は意外と分析能力に長けているらしく、『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』ではワンゼットに対して「エネルギーを増幅させるシステムを持っているのではないか?」や「レーザーやミサイルも通用しない強固な装甲を誇る」という分析をしている。また、地球の太陽、主に朝陽と夕陽がとても気に入ったらしく、それに関しての口上がとても長かったせいで、せっかく拉致したタケシ少年やアスカをみすみす逃がしてしまう。最初に登場したときは、「ピコポン玩具製作所」という工場を隠れ蓑に、侵略兵器ガラオンを製作するなどいかにも凶悪な宇宙人を思わせる行動をとるが、前述のような間の抜けた性格であるためにあえなく失敗する。

前述の失敗で見捨てられてしまったようで、2度目の登場時はガラオン再建のためウドチェンコはレンタルビデオ屋、カマチェンコがオカマバーでアルバイトをして資金を稼いでいる。この時すでにドルチェンコ以外の2人は、侵略をあきらめて地球に永住しようと考えるようになっていたが結局諦めず、借りているアパートの隣に住む脚本家ミカミヒデオを騙して、再び侵略行為に乗り出すが、またしても失敗した挙句、ガラオンはダイナによって破壊された。のちに、ミカミの実体験を基にしたストーリーに宇宙人役で出演することになったが、撮影直後に風で舞った埃によるクシャミで正体が露見してしまい、周りのスタッフや自分たちが悲鳴を上げるところで話を締める。

ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』における再々登場時は、彼ら3人が宇宙人であることがとても大々的に、なおかつ、いかにも凶悪な宇宙人であるかのように過大にニュース報道されてアパートと職を失い、野宿する羽目になったりする。挙句の果てに強制的にスーパーGUTSにワンゼット迎撃に協力させられる。ワンゼットがダイナに倒されると、TPC一般隊員たちに追われ何処かに逃亡する。

  • 出演:桜金造(ドルチェンコ)、佐藤信一(ウドチェンコ)、中嶋修(カマチェンコ)
  • 名前の由来は「地味」を逆さに読んだもの[8]
  • 個人名は第30話で監督の北浦嗣巳がインスピレーションから命名した[8][29]
  • 第30話のプロットでは別の宇宙人が登場する予定であった[8]
  • 着ぐるみは『ブースカ! ブースカ!!』第37話「さよなら夢町」の宇宙武器商会の異星人に流用された。
  • 『テレビマガジン特別編集ウルトラマンダイナ』にミジー星人を題材とした短編小説「ある宇宙人のインタビュー」(著川上英幸)が掲載された[30]
  • 『帰ってきたハネジロー』では、監督の原田昌樹によるプロットではハネジローを中心とした物語であったが、脚本を担当した川上英幸はハネジローをドラマの中心で動かすのは難しいと判断し、ミジー星人をもう一方の主役として設定した[25]

三面ロボ頭獣 ガラオン[編集]

第13話「怪獣工場」、第30話「侵略の脚本」に登場。英字表記はGARAON[3][5]

ミジー星人の侵略用ロボット兵器。ミジー星人3人が搭乗して操縦する。操縦方法は天井から垂れ下がった紐を引くというものであり、怒り顔の口からは時々蒸気が噴出する。動力源は電気エネルギー。

本来は全長400メートルのロボットとしてピコポン玩具工場で製造されていたが、工場をタケシ少年やスーパーGUTSに発見されたため頭部しか完成していない状態で出撃する。怒り顔・泣き顔・笑い顔の三つの顔を持ち、怒り顔からは赤い光線、泣き顔からは青い光線、笑い顔からは黄色い光線と笑気ガスを発射する。特に笑い顔の笑気ガスは強力で、ダイナすら笑い転げる。両腕両足をボディに収納した状態で空中に浮かび上がり、独楽のように高速回転しながら前述の三原色の破壊光線を連射することも可能。また、上空からの踏み付け攻撃や猛スピードで繰り出す突進攻撃も行う。1度目は破壊光線や笑気ガス、突進攻撃でダイナを倒そうとするも、ミラクルタイプのウルトラマジックで現れた分身を見抜けず完全に翻弄される。その後は両腕と両足をボディに収納し空中に浮かびながら高速回転して破壊光線を連射するも全て外れ、ハンドシューターでダメージを受けてどこかへ逃走する。

2度目は燃料切れの状態で奥秩父山中に隠されていたが、自身のホログラムを空中に投影させたり、笑気ガスを発射したりすることはできるようであり、三上の脱稿した脚本を元にホログラムでα号とγ号を同士討ちさせた上、β号のコウダ、ナカジマ、カリヤを笑気ガスで爆笑させてから捕らえて人質にしTPCに大量の電気エネルギーを放電するように要求する予定だったが、実際の戦闘では投影していたホログラムが若干乱れていたためアスカに見抜かれ、一時はスーパーGUTSに一方的に攻められる。しかし、偶然発生した暗雲から生じた落雷によって電気エネルギーが満タンになり、活動を再開。ダイナとの再戦においては、三上の脚本では当初前述の人質で手が出せないダイナを一方的に攻め立てて倒す予定だったが、前述のミスにより真っ向から挑むことになる。結果として高速回転による破壊光線の連続使用でシナリオの展開通りダイナをノックダウンするも、突進攻撃で止めを刺そうとした寸前に、満タンになったエネルギーが底をつき、無防備になったところをソルジェント光線で完全に破壊される。ミジー星人達はなんとか脱出するが、スーパーGUTSのメンバーたちは彼らが死亡したと見なす。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 第30話での三上の脚本の中では、虫取り網のような形状で、航空機などを捕まえて乗員を人質にすることができ、捕まっている間は脱出装置も作動しなくなる「捕獲レーザー」という装備を使うが、実際の映像では使っていない。
  • 劇中のドルチェンコからは「特殊戦闘用メカニックモンスター」、タケシ少年からは「怪獣」と呼ばれている。
  • 当初は一般的な怪獣ロボットと想定されていたが、企画の笈田雅人からの提案により完成作品での形状となった[8]
  • デザインイメージは歌舞伎[1]
  • 造形物はスーツのほか、飛行人形が用意された[7]
  • ウルトラ怪獣擬人化計画』にて擬人化された。

特殊戦闘用メカニックモンスター コガラオン[編集]

第30話「侵略の脚本」に登場。英字表記はKOGARAON[3][5]

ダイナに敗北したミジー星人たちが新たに開発した侵略ロボット兵器。しかし予算が少ないためサイズが小さくなり、しかも作動スイッチを押したあとで13秒でショートしてすぐに壊れる。頭部はその後ミジー・ドルチェンコに抱き枕代わりに利用される。作動してすぐに壊れてしまったために、その戦力は不明。

特殊戦闘用超小型メカニックモンスター ぽちガラオン[編集]

オリジナルビデオ『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』に登場。英字表記はPOCHI GARAON[5]

コガラオンの後に開発された侵略ロボット兵器で、さらに小型(数センチ単位)になっている。ボディの両脇にハネジローが咥えるためのフック状の金具が付いている。初登場時ではミジードルチェンコに特殊戦闘用最新メカニックモンスターぽちガラオンと呼ばれる。ラーメン丼に簡単に入ってしまうほど小さい。

デハドー星人の侵略兵器ワンゼットに対抗するため、TPCに協力することを条件に釈放されたミジー星人が、ワンゼットの指揮系統を破壊するために改造し、ハネジローの運送によりワンゼットの頭部に侵入して指揮系統を担っていたアンドロイドを破壊する。その後、自身がワンゼットの指揮系統を掌握してダイナと戦うも結局制御しきれず、最後はワンゼットもろともレボリュームウェーブ アタックバージョンに巻き込まれて消滅する。

  • スーツアクター:森英二[34]
  • 着ぐるみはテレビ版のガラオンの改造[34]。そのほか、実物大のミニチュアも用いられた[34]

宇宙帝王 ヌアザ星人イシリス[編集]

第14話「月に眠る覇王」に登場。英字表記はALIEN NUAXA ISIRIS[3][5]

12億年前に爆発したヌアザ星の王。自らを「あまねく星々の頂点に立つ宇宙の王」と称する。の古代遺跡(王家の谷)に埋葬されてミイラ化していたが、魂はまだ生きていた。調査のために遺跡に赴き遺骸が収められた石櫃を開けたカリヤにその魂が憑依して地球に来襲するが、カリヤに同行していた調査クルーに憑依したかつてイシリスを封印した戦士達の魂の妨害によって正体が露見し離脱。TPCの施設を利用して古代遺跡にある重力発生装置を復活させて月の地球落下を目論み、玄室にあった石像に宿り復活を果たす。遺跡破壊のために出動したα号とγ号を一蹴し、ダイナと交戦する。人間の精神を操る超能力があり、これで貨物検査による検問を突破する。また、飛行能力も持つ。本体のミイラに剣を刺さないと倒せず、両手の掌から放つ赤色破壊光弾などでダイナを圧倒する。最期は弱点を付かれてカリヤの手で本体に剣を刺され、弱体化したところにダイナのストロングパンチが直撃して敗れる。同時に古代遺跡(王家の谷)もイシリスの死と共に大爆発を起こし、消滅する。

第46話では、黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

諜報宇宙人 クレア星雲人シオン[編集]

第15話「優しい標的」に登場。英字表記はKUREA NEBULA ALIEN SHION[3][5]

墜落した宇宙船からTPCに救出された地球侵略を目論む工作員で、TPCに潜入するために傷付いた遭難者のふりをする。地球人を操る緑の石を所持しており、その石を受け取った相手を自在に操ることができる。自分に好意を持ったマイを利用して機密データを入手しようとするが失敗し、ギャンザーでTPC本部を攻撃する。最期は乙女の純情な心を踏みにじったとして、リョウの駆るγ号に宇宙船もろとも誘導ミサイルで撃墜された。

事件後、リョウは事情を知らないマイに「シオンはマイのおかげで無事、任務を終えて母星へ帰還した」と告げた。

  • 出演:宍戸マサル
  • 『ウルトラマン画報 下巻』ではクレア星人シオンと記述している[5]

尖兵怪獣 ギャンザー[編集]

第15話「優しい標的」に登場。英字表記はGYANZAR[3][5]

クレア星雲人シオンが放つ地球外の特殊な電磁波で操られる怪獣。電磁波の力でどこでも出現することができ、右腕から触手を伸ばし、目と右手からは光弾を放つ。初めはポイントF7に現れ、イーグルからの電磁ネットで動きを封じられるが、シオンに回収されテレポートで脱出。次にグランドームのすぐ近くに現れ、出撃したα号とβ号と交戦。β号に右手首の先端部分を切断されるが、α号を撃墜。ダイナとの戦闘では開始早々フラッシュチョップで切断された先端部分なしの触手で攻撃に出た後に光弾を乱射して、周辺を火の海にする。しかし続けて放った光弾がダイナのウルトラバリヤーで全てはじき返されて自分に当たり、劣勢に陥る。最後はソルジェント光線で倒され、山火事もダイナ・フラッシュタイプのウルトラ水流で消し止められる。

第46話では、黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 『ウルトラマンフェスティバル'98』ライブステージ第2部に登場。グランスフィアの配下。

ハイパークローン怪獣 ネオザルス[編集]

第16話「激闘! 怪獣島」に登場。英字表記はNEOSAURUS[3][5]

ザリーナ地帯の無人島に眠っていた怪獣を、TPC生物工学研究所のオオトモ博士が様々な怪獣の遺伝子を組み込んで改造したもの。胸から体温感知で敵を追尾するホーミングビームを武器に持つ。また尻尾も強力な武器であり、クローンシルバゴンとの戦いでは互いの尻尾を絡ませた綱引きのような勝負を披露し、フラッシュタイプはおろかストロングタイプのダイナさえ1度は力負けしたほど。非常に凶暴で人間の手に負えないため、人間の命令を聞くようにハネジローの遺伝子を組み込む予定だったが、その前にアスカの乗るガッツイーグルα号の攻撃で研究設備が破壊され、更に暴れだしたクローンシルバゴンを押さえるために出撃させられる。クローンシルバゴンを圧倒的なパワーで倒すが、直後に暴走し、オオトモ博士を踏みつぶす。ダイナとの戦闘でもホーミングビームを使うが、その特性を逆利用されて自分の尻尾にビームを当てて切断する。それでもビームを撃とうとするが、今度はストロングタイプのガルネイトボンバー・シューティングバージョンで押し返され、体に大穴をあけられて爆死する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 着ぐるみはデキサドルの改造[7]
  • 第16話のモチーフは脚本を担当した川上英幸によるとレッドキングなどが登場する『ウルトラマン』第8話「怪獣無法地帯」[36][8]
  • デザインは監督の村石宏實の要望により、派手な配色とされた[1]

幽霊船怪獣 ゾンバイユ[編集]

第17話「幽霊宇宙船」に登場。英字表記はZOMBAIYU[3][5]

生物のプラズマエネルギーを食糧にしている怪獣。シルバック星人の宇宙船に取りついており、普段は幽霊船状態で飛行している。自身の体内にあるシルバック星人の航海日誌によると、「数多の美しい星団から魂を貪り尽くし、宇宙に死を広げる伝説の怪獣」と表記されているが、それは決して過言でも嘘でもなく、本体下部から人間の魂を抜く怪光線を放ち、これを浴びた者は身体が黒く変色して倒れる。そのためこの怪獣が通り過ぎた街は瞬く間にゴーストタウンと化す。身体を粒子状に変えての瞬間移動能力、分身能力、目から放つ金縛り光線でダイナを苦戦させるが、最期はソルジェントエネルギーを叩き込まれて消滅する。

  • スーツアクター:三村幸司、三宅敏夫[7][12]
  • デザインは、寺井雄二が描いた宇宙船を、橋爪謙始が怪獣にアレンジした[12]。スーツは中に2人が入る構造である[7]
  • 監督の石井てるよしは、予算が多ければゾンバイユ内部のセットをもっと大掛かりなものにしたかったことを語っている[8]

ゾンビ怪人 シルバック星人[編集]

第17話「幽霊宇宙船」に登場。英字表記はALIEN SHILBACK[3][5]

外宇宙にあるシルバック星からジャナルンバ星に向かって旅をしている途中でゾンバイユに宇宙船を乗っ取られ、自身もゾンビ状態になってゾンバイユに操られた被害者的な存在。口からの青色怪光線でゾンバイユの体内に迷い込んできた者の魂(プラズマエネルギー)を抜く。ゾンバイユの怪光線同様、これを浴びた者は身体が黒く変色して倒れるが、アスカには完全に作用しない。アスカとコウダにガッツブラスターノーマルモードの光弾で撃たれても、後ろに多少後退するだけでほとんど効果がないが、ダイナの光線には耐え切れず、ビームスライサーを受けて消滅する。

大魔獣 ビシュメル[編集]

第18話「闇を呼ぶ少女たち」に登場。英字表記はBISHMEL[3][5]

聖南女子学園の生徒が呼出した生命エネルギー体。彼女らからはシジルさんと呼ばれ、普段は聖南女子学園の学園長の姿を隠れ蓑にしている。昔から人間が「悪魔」という概念で呼んでいた生物であるらしい。エリカら4人に黒魔術を授けた張本人でもある。戦力は口からの火炎放射と両腕からの電撃。更に、念動力を使ってその辺から引き抜いた数本の街灯を飛ばして攻撃することも可能。人間の魂を吸収することでその力が高まるらしいが、その超能力による吸引力は極めて強力であり、車一台を簡単に引き寄せることができる。世界を恐怖と絶望で塗り込めることが目的。ダイナ・ミラクルタイプと超能力合戦を繰り広げ、取り込んだ人間の姿を見せて手を出せないようにしダイナを追い詰めるが、自らを呼び出した少女らに力の源の魔法陣を封じられて人質を解放され、レボリウムウェーブ アタックバージョンを受けて消滅する。

この怪獣が引き起こした人間消失事件が発生した場所には必ず割れた鏡があり、その場所を線で結んでいくとペンタグラム(悪魔を呼び出すための図形)の形になる。

第46話では、黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • 声:佐藤正治
  • 人間体(学園長):津島令子
  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]

凶獣 姑獲鳥[編集]

第19話「夢幻の鳥」に登場。読みはこかくちょう。英字表記はKOKAKUCHO[3][5]

中国で人の死や国の滅亡を予言するといわれる不吉の象徴とされる妖怪。見た目は人間の姿をした鳥だが、鳥のような形をした頭部の中に人間の女性のような顔を持っている奇怪な姿をしている。その伝承の通り不吉な予言を告げ、不気味な笑い声を出す。その正体は電離層に住む悪意を持ったプラズマ生物。『ウルトラマンティガ』でガゾートIIも現れた宇宙発電所の超電導リングを襲撃する。電気エネルギーを自らのエネルギーに変えるプラズマの塊であるため、ビーム攻撃を吸収して無効化することができる。ガッツイーグルα号、γ号と交戦した際は、ナカジマの提案したアンチプラズマ弾を受け一時撤退。その次の登場ではアンチプラズマ弾はおろかダイナのソルジェント光線をも吸収。両手からプラズマエネルギー光弾や落雷を放出したりと善戦するが、ダイナ・ミラクルタイプのネイチャーコントロールで放った落雷を吸収されてエネルギーに変えられ、最後はレボリウムウェーブ・アタックバージョンに敗れる。

前述のプラズマエネルギー光弾の威力は極めて強力であり、マシン・ゼレットのバリヤーで防がれても持ち前のプラズマの影響で行動不能に陥らせるほど強い。また、アスカのガッツイーグルα号が偵察に向かった際は、そのすれ違いざまに地震によるプラズマエネルギーを吸収するために、普段隕石孔周辺や断層沿いにあるはずの地震で岩盤がずれた際に摩擦熱で生じる「地震の化石」とも呼ばれるシュードタキライトを振り撒く(鳥や人間で言えば、食事の後の食べ腐しか、あるいは用済みのごみに近い)。

第46話では、黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 声:河島順子[20]
  • 妖怪の姑獲鳥(うぶめ)については姑獲鳥を参照。
  • 電離層に住む生物であるが、『ウルトラマンティガ』に登場したクリッターとは別種の存在である。打ち合わせ段階ではガゾートIIIを登場させるという案も存在したが、クリッターが既に地球を去っているため再登場は難しいと判断され見送られた[8]
  • タイトルでは「コカクチョウ」とクレジットされている。
  • 造形物はスーツのほか、飛行人形が用意された[7]

瑠璃色宇宙人 ラセスタ星人[編集]

第20話「少年宇宙人」に登場。英字表記はALIEN LASESTA[3][5]

ラセスタ周期で5歳の少年。昆虫のホタルに似た体を持ち、背中の羽で光の粒子を撒き散らしながら空を飛ぶ。母星であるケリガン星系の惑星ラセスタが氷河期を迎えたことにより、幼い頃に家族とともに地球に移住し、地球周期で10歳の少年・岸悟(きし さとる)として自分が異星人だと知らずに生活していた。変身能力を持つラセスタ星人は5歳(地球周期では10歳)を過ぎると元の姿に戻れなくなる。しかし、ラセスタが恒星ビビドラに吸収されて消滅したため、かつて祖先が交わした約束の元、母親から真実を告げられて仲間の待つトナカイ座イリスへと向かうことになる。その正体を知って彼を応援していた友達に見送られつつ旅立ちの夜に星人に変身し、巨大化して宇宙に出ようとするも、空が飛べずもたついているところをスーパーGUTSに侵略者と誤認されて攻撃されるが、ダイナに励まされて宇宙に飛び立つ。

戦力は特に持たないが、テレパシー能力や超伝導研究所の建物の瓦礫の破片を投げ付ける程度の物理的な戦術を持つ。

超高熱怪獣 ソドム[編集]

第21話「発熱怪獣3000度」に登場。英字表記はSODOM[3][5]

ニューギニアの火山地帯に住む超高温の体熱を持つ怪獣。口から高熱火炎を吐き、現地の伝説では火山の噴火から人々を救う火の神の使いと言われている。TPC本部の地下シャフトに取り付いて、真冬にもかかわらず本部内に室温36度以上もの酷暑をもたらす。火山地帯の変成岩が好物で、火山国・日本の地層を夢中になって食べているうちに地表付近まで出てきて、TPC本部に突っ込む。その際風邪を引いて体温が上昇し、通常2500度ほどの体温が体温を下げようとしたスーパーGUTSの冷却作戦で逆に風邪を悪化させて3000度まで上昇する。変身したダイナもその体温でまともに触れることが出来なかったが最後はミラクルタイプのミラクルリフティングウェーブで火口へ運ばれ地中へと帰っていった。

その後基地内の気温も元に戻ったが、急激な温度変化に対応できず、今度はスーパーGUTSのメンバーが全員風邪をひくという結末となる。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 造形物はスーツのほか、ミニチュアが用意された[7]

妖獣 モズイ[編集]

第22話「ツクヨの兵士」に登場。英字表記はMOZUI[3][5]

4世紀前半に存在した人の恐れを喰らう魔物で、「ツクヨの兵士」の守護神だと信じられていた。兵士たちはモズイの住むツクヨの泉に石を落として恐怖心を喰らわせることで、恐れることなく戦で勝ち続けていたが、恐怖を捨て去るということは人間らしい感情を捨てて破壊の権化となることを意味し、またモズイはがツクヨの泉に映ると巨大な魔物の姿で現れるため、やがてツクヨの兵士たちによって青銅鏡に封印された。そして現代になって鏡が発掘され、その鏡面に月が写ったことで復活。さらにツクヨの泉自体は埋め立てられていたが、その上に建てられたビルの窓ガラスに月が映ったことで実体化する。この場合の「泉」というのは実際の水ではなく「姿を映す物」(つまり現代でいう「鏡」)のことを表す。口からかつて供えられた石を機関銃のように連射する。月が出ている間だけしか行動できず、月が消えると鏡面に逃げ込む。黒い煙に変化しての体当たりと怪力でダイナを苦しめるが、リョウのXXバズーカの攻撃を受けてダメージを負い、月が雲に隠れてさらに弱体化したところにソルジェント光線を受けて敗れた。

第46話では、黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインモチーフは土偶[1]
  • 第31話でも、ゲームをしている男性の怒りの怨念のイメージとして登場。

深海竜 ディプラス[編集]

第23話「夢のとりで」に登場。英字表記はDEEPLUS[3][5]

深海に生息する触角の生えた海蛇に似た怪獣。ただし、別名に「深海竜」とあるように実際の海蛇とは泳ぎ方が異なり、体を横ではなく、縦にくねらせて泳ぐ。[独自研究?]海底研究基地トライトンJ2やガッツマリンの発生させる耐圧シールドに反応し、攻撃を仕掛けてくる。武器は触角から放つ赤色破壊光線と電撃、長い胴体での締め付け攻撃。さらにフラッシュ光弾やガッツマリンのハイパワーブルーレーザーなどの光線を吸収し触角からの光線を強化して相手に打ち返すことも可能。一度ガッツマリンのブレイクシャークによって生じた落盤で押し潰されるが、トライトンJ2の耐圧シールドが復活すると同時に活動を再開。水中戦に慣れないダイナをノックダウンさせるが、ガッツマリンのブレイクシャークによる総攻撃で触角を破壊され、怒って襲い掛かろうとしたところにソルジェント光線を受けて倒される。

  • 着ぐるみではなく、操演によって撮影された[8]。特技監督の佐川和夫は、リアルさを出すために撮影に時間がかかったことを証言している[8]

吸血生命体 マリキュラ[編集]

第24話「湖の吸血鬼」に登場。英字表記はMERICURA[3][5]

束良湖に降り注いだ宇宙線の影響で突然変異したマリモを青くしたような動物。その正体はヒトデのような姿をしており、丸まってマリモのような型になって移動する。マリモ状態の時は湖周辺の人々から可愛い植物に間違えられるが、実態は吸血生物で束良湖周辺の人間を襲った。スーパーGUTSに発見された後、湖から聞こえる謎の歌声に導かれて一箇所に集まり、巨大な姿に変貌する。体の中央部にある口でレーザー攻撃を吸収することができ、更にそこから強酸性のブレスや火の玉を発射する。伸縮自在の触手での電流攻撃でダイナを苦しめるが、体内の毒素貯臓器をS-GUTSに破壊されたことで形勢は逆転。最期は自ら吐いた火球をガルネイトボンバーで撃ち返されて倒される。

水棲生命体 スヒューム[編集]

第25話「移動要塞浮上せず! (前編)」、第26話「移動要塞浮上せず! (後編)」に登場。英字表記はSUFUME[3][5]

南極の海底に出現した高い知性を持つ宇宙生命体。「宇宙で最も優れた知的生命」を自称し、「自分こそ地球の支配者にふさわしい」とも語る一方、人間を「想像していたよりも下等な生き物」、「滅びを繰り返すだけの生物」だと見下している。ハッキング能力を持ち、触手で絡み付くことでコンピュータを支配し操ることができる。人類の宇宙進出を快く思わず、南極の海底基地アイスキャッスルを襲撃し、マイのいないクラーコフNF-3000を水没させると同時にそのコンピューターを乗っ取る。誘導電波を利用し人工太陽試験機NSPカンパネラを南極に誘導し、地球全土を水没させ、水の惑星にしようとする。その姿はクラーコフのレーダーでも捉えることができない。またコンピューターから声をコピーすることができ、アイスキャッスルやクラーコフ内の音声データのメモリを読み取り、その読み取った音声データ内の他人の声を合成音として借りて話すことができる。劇中ではハラシマ主任、コウダ、ハラシマの娘サオリの声を借りて話し、特にサオリの声を多用する。ディゴンやレイキュバスを使ってダイナとスーパーGUTSを後一歩の所まで追い詰めるが、マイにメインシステムを奪還され、カリヤの放ったクラーコフの熱線を食らって引き剥がされる。ディゴンが全滅しその上レイキュバスがやられたことで敗北を悟って逃走するが、ダイナ・ミラクルタイプのダイナテレポーテーションで追いつかれ、ハンドシューターで戻っていく人工太陽試験機NSPカンパネラの方向に跳ね飛ばされた後、カンパネラで増幅したビームスライサーを受けて大爆発する。

  • 声:山田千晴
  • 当初はディゴンが宇宙人であったが、ストレートすぎるためスヒュームが創作された[8]。当初はスフィア登場編だったため、スフィアを登場させる案もあったが、退場させるかどうかで議論になり、別の存在となった[8]。脚本を担当した長谷川は明確な侵略者とすることでスフィアとの差別化を図ったとしているが、『テレビマガジン特別編集ウルトラマンダイナ』や『ウルトラマン大辞典』ではスフィアに似た行動原理であったことを指摘している[8][4]
  • 着ぐるみや操演ではなく、CGで制作されている。

半魚人兵士 ディゴン[編集]

第25話「移動要塞浮上せず! (前編)」、第26話「移動要塞浮上せず! (後編)」に登場。英字表記はDIGON[3][5]

スヒュームに操られる遺伝子改造兵士と思われる小型の怪獣。外見は黄色い目を持った半魚人。知能はあまり高くなく特殊能力もないが、強靱な腕力を持ち集団で戦う。スヒュームが健在する限りいくらでも現れる。その数はガッツブラスターノーマルモードが初めてエネルギー切れになるほど多い。

南極の海底基地アイスキャッスルを破壊しスーパーGUTSの母艦クラーコフNF3000に潜入して、S-GUTSや等身大のダイナと交戦。クラーコフ内に出現した個体はスーパーGUTSとエジリ主任にほとんど倒され、最後の個体もマイに倒される。

第46話では、黒い宇宙植物の作り出した謎の怪獣軍団として登場している。

  • スーツアクター:金光大輔、秋草涼、福田和明[7][12]
  • 当初はディゴンが宇宙人であった[8]
  • 着ぐるみは3体用意された[7]。造型はモンスターズとレプリカによる[7]。後に『ウルトラマンガイア』の魚人に改造された[41]

宇宙海獣 レイキュバス[編集]

第25話「移動要塞浮上せず! (前編)」、第26話「移動要塞浮上せず! (後編)」に登場。英字表記はREICUBAS[3][5]

スヒュームに操られる甲殻類に似た怪獣。硬い体と両腕の大小の鋏が特徴。目が赤い時は南極から成層圏に向けて発進したパッションレッド飛行部隊を狙い撃てるほど射程の長い火炎弾を、青い時はダイナをも完全に氷漬けにする冷凍ガスを吐く。南極の海水温度を上昇させ南極の氷を溶かし、さらにスヒュームを倒そうと現れたダイナを迎え撃ち、冷凍ガスで氷漬けにして戦闘不能に追い込む。しかし、駆けつけたヒビキのガッツイーグルβを撃墜しようとした火炎弾を外して氷を溶かし、誤って復活させる。2度目の対決では、すでにエネルギーが底を突きかけているダイナを再び追い詰めるが、ミラクルタイプにチェンジして人工太陽試験機NSPカンパネラの光エネルギーを受けて回復したダイナ・ミラクルタイプのミラクルロケットアタックでダメージを受け、最期はレボリウムウェーブ アタックバージョンを浴びて消滅する。

『ウルトラマン Fighting Evolution3』に登場するレイキュバス[編集]

『ウルトラマン Fighting Evolution3』ウルトラモード「移動要塞浮上せず! 」に登場。

ダイナシナリオ「移動要塞浮上せず! 」のキャラクター怪獣として登場。火炎攻撃、冷気攻撃と状況に応じてダイナを苦しめる。火炎攻撃を発するとイベントが発生し、バトルフィールドが狭くなる。最後はミラクルタイプのレボリウムウェーブ アタックバージョンを浴びて消失する等、物語に沿った内容となっている。なお、ダイナが海に落ちると氷漬けになり敗北する場面も再現している。特定の条件を満たせばキャラクターとして操作できるようになる。

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場するレイキュバス[編集]

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』第3話「ジェロニモンの恐怖」、EX第13話「暴走四次元エリア」に登場。

ブルトンによって異次元から呼び出された怪獣として登場。超コッヴと共に大阪城に出現し、主人公の怪獣と戦い倒される。だが、その後現れたジェロニモンの蘇生能力により超コッヴと共に復活、再び襲い掛かるが倒される。第13話でもブルトンが呼び出した怪獣としてレッドキングと共に現れるが、こちらもバトルナイザーの怪獣とカネゴンによって倒される。

ステータスはスピードが低いもののそれ以外は高い。必殺技は劇中使用した「冷却ガス」、「火炎弾連打」の他、巨大な鋏で敵を殴る「ハサミでの一撃」という必殺技もある。冷却ガスはNEO第5弾まで永らく冷気属性攻撃最強の必殺技であった。

  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution3』の流用。

双体宇宙人 チェーン星人[編集]

第27話「怪獣ゲーム」に登場。英字表記はALIEN CHEIN[5]

地球征服のためにやって来た2体の宇宙人で、左右が非対称で性格も正反対となっている。ダイナ打倒の計画方針はそれぞれ交代で担っているらしく、最初はライトが直接アスカを襲撃するが、それが失敗すると次にレフトがデマゴーグを用いた作戦に変更、そしてそれも失敗が決定的になったところで再びライトが計画を引き継ごうとする。最後は二人ともコントロールを離れて暴走したデマゴーグとダイナの戦闘に巻き込まれ、崩れ去るビルもろとも倒される。

  • チェーン星人は本来、第27話以降のシリーズを通した敵役として想定されていたが、当初第26話でのエピソードの完結が予定されていたスフィアに関して第27話以降も続投が決まり、チェーン星人は第27話のみの登場となった[8]
  • 脚本を担当した吉田伸は小説『二十日鼠と人間』の主人公のような2人組と想定していた[8]。初稿では巨大化する予定であった[8]

チェーン星人レフト[編集]

第27話「怪獣ゲーム」に登場。英字表記はALIEN CHEIN(LEFT)[3]

青い体と知的な言動が特徴。対して右半身が黒い。明智正輝という人間の姿を借り、子供たちが作った怪獣同士をテレビゲームで対戦させて最強の怪獣を選び抜き、その子供を洗脳して怪獣をコントロールさせてダイナを倒そうとする。喋る際はライト同様、左側の発光体が点滅する。念力を使うことができ、これで車やエスカレーターを動かしたり、アスカのリーフラッシャーを一時的に強奪したりする。

チェーン星人ライト[編集]

第27話「怪獣ゲーム」に登場。英字表記はALIEN CHEIN(RIGHT)[3]

赤い体で粗暴な言動が特徴。対して左半身が黒い。豪田という人間の姿を借りてレフトと共に行動しているが、頭は悪く、アスカに正体を見破られて負傷する。「(レフトのような)面倒な手は使わない」と語り、格闘技を得意とするほか、ガッツブラスター・ノーマルモードの光弾をやり過ごすことができる。また、これ以外にも壁を通り抜けることも可能。アスカがダイナであることを見抜く。

  • 豪田:渡洋史
  • スーツアクター:武安剛[7][12]

スーパー必殺怪獣 デマゴーグ[編集]

第27話「怪獣ゲーム」に登場。英字表記はDEMAGORG[3][5]

通信テレビゲーム「怪獣コロシアム」に参加する太一少年がプログラムした機械化された恐竜のような姿を持つ怪獣。チェーン星人レフトは「私の頭脳と子ども達の想像力が作り出し、操る怪獣」で、「最高傑作」と評する。「怪獣コロシアム」の怪獣トーナメントで優勝し、それを元にチェーン星人レフトが実体化させる。チェーン星人に操られた太一少年がゲームのコントローラーで制御する。両手を巨大化させるデマハンドプロテクションでビームスライサーやフラッシュサイクラーやフラッシュ光弾も防ぎ、鋭い牙で相手に噛付き空中に持ち上げ、怪力の腕で投げ飛ばす。尻尾の先にある針で連続突きを決めるデマゴーグスペシャルが得意技。長い尻尾(サタンゴーグテール[注釈 24])は敵を投げ飛ばすことも可能で、最後は相手を吸い込んで呑み込む。これによって倒した相手を喰うことでパワーアップする。また、グロッシーナII同様カンガルーキックも使う。多彩な能力でダイナを苦しめ、ついにはダイナをも吸収しようとするが、スーパーGUTSによって太一少年が解放され、リョウのガッツブラスター・ノーマルモードの攻撃で通信テレビゲーム機がテレビもろとも破壊されたため暴走し、チェーン星人のいたビルを破壊。さらにそのことですべての特殊能力が無効になる(ダイナの吸収を中断され、後述のレボリウムウェーブアタックバージョンを防ぐためデマハンドプロテクションを使おうとするができない)。その後ミラクルタイプのレボリウムウェーブアタックバージョンで倒される。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • デザインは、監督の児玉高志の要望によりティラノサウルスをモチーフとしている[1]
  • 特技監督の佐川和夫は、デマゴーグの強さを表現するため、ビルを破壊する描写を10倍速で撮影している[8]

巨大猿人 ギガンテス[編集]

第28話「猿人の森」に登場。

100万年前に滅びたと言われている大型猿人の最後の生き残り。学名はアウストラロピテクス・ギガンテス。西アジアの森林に生息している。

  • 特技監督の佐川和夫からの「雪男」という要望により創作された[8]
  • オス・メスともに表情用の造形物が制作された[7][8]

ギガンテス(オス)[編集]

第28話「猿人の森」に登場。英字表記はGIGANTES(MALE)[3][5]

アウストラロピテクス・ギガンテスの雄。雌の気を引こうとしてダイナに戦いを挑む。ダイナは当初それには気付かなかったが、戦っているうちに気付き、わざと敗北する。雌と仲良くなり、満足して森へ帰ってゆく。

戦力として口から冷凍ガスを吐くことが可能。また、γ号の麻酔弾を素手で簡単に叩き落すこともでき、立ち木を引き抜いて凶器として使うこともある。それ以外にも両足を使った強烈な跳び蹴り攻撃も使う。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]

ギガンテス(メス)[編集]

第28話「猿人の森」に登場。英字表記はGIGANTES(FEMALE)[3][5]

アウストラロピテクス・ギガンテスの雌。自身はおとなしい性格だが、強くてたくましい雄を好んでいる。遭難したアスカを助ける。しかも詫びの印とばかりに立ち木に生えている林檎をプレゼントする。最後は雄から花束に見立てたTPC特別開発施設の照明灯をプレゼントされて、雄とともに森へと帰ってゆく。

  • スーツアクター:鈴木理香子[7][12]
  • 初期プロットでは、メスは人間のような姿をしているという設定であった[8]

彗星怪獣 ガイガレード[編集]

第29話「運命の光の中で」に登場。英字表記はGAIGARAIDO[3][5]

太陽系に近づく直径200kmの彗星に住みついていた怪獣。月より43天文単位の宇宙空間から来たらしい。アスカの乗るプラズマ百式のファイナルメガランチャーによって彗星が破壊されて現れ、付近の小惑星でダイナと対決する。頭部のカッターの切れ味を活かした飛行形態での突進や口から吐く光球や両腕の鉤爪が主な武器で、内部がブラックホールのようになっている腹部から隕石弾を飛ばして攻撃することもできる。さらに外皮はダイナの打撃攻撃とフラッシュ光弾を受けても傷つかない強度を持つ。

肉弾戦でダイナを圧倒して追い詰め、さらに両腕の鉤爪で絞め殺そうとするも逆に鉤爪をもがれる。それでもなお腹部からの隕石弾で反撃をしかけるが、その際に開いた腹部にソルジェント光線を撃ち込まれて内部から爆死する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 着ぐるみはギャビッシュ中間体の改造[7]。制作は円谷プロ造型部による[7]

超合成獣 ネオガイガレード[編集]

第50話「最終章II 太陽系消滅」、第51話「最終章III 明日へ…」に登場。英字表記はNEO-GAIGARAID[3][5]

以前ダイナと戦ったガイガレードの同族にスフィアが融合した怪獣。グランスフィアの用心棒的な存在で、最後のスフィア合成獣でもある。ガイガレードとの違いは体表面が網目状になり、胸部の両脇にはスフィアを模した発光体がある点。頭部には三日月状のカッターが生え、右腕が鎌状に変化している。

グランスフィアを攻撃しようとしたスーパーGUTSを妨害するために出現し、迎撃作戦の最前線となったガニメデでダイナと激突する。戦力は両腕を左右に広げて発生させたエネルギーを口に送り込んでから放つ赤色破壊光線と、鎌状の右手から放つ追尾光線。また、ネオジオモス以上の防御力を持つ赤色亜空間バリアを展開することも可能で、一度はこれでガッツイーグルの攻撃やガッツシャドーの偏曲マキシマビームはおろか、ダイナのビームスライサーやソルジェント光線すら防ぐ。さらにスフィアとの融合で知性も向上しており、リョウの乗ったガッツシャドーを脱着可能の左手の鉤爪で捕らえて人質にするなど、ずる賢い面を持つ。しかし、怒りに燃えるダイナに亜空間バリアをパンチで破壊されてリョウを救出され、その隙を突かれグランスフィア目掛けてクラーコフから発射されたネオマキシマ砲の直撃を受けて消滅する。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 着ぐるみはガイガレードの改造で、円谷プロ造型部により改修された[7]
  • ウルトラマンフェスティバル'99』ライブステージ第1部にて、ゼルガノイドとタッグで登場。ウルトラマンガイアと戦う。

宇宙格闘士 グレゴール人[編集]

第31話「死闘! ダイナVSダイナ」に登場。英字表記はGREGORE[3][5]

宇宙一の格闘家を目指しヘラクレス座M-16惑星からダイナに挑戦するために地球を訪れる。黒い服を着た人間の姿でアスカの前に現れ、宣戦布告。侵略者だと誤解されないためにニセウルトラマンダイナに変身し、自ら連れてきたモンスアーガーIIを倒すというデモンストレーションを行う。戦い方は本物とは異なり余裕を持ったもので、ナツミには「強さを自慢する戦い方」と評される。人間大でもアスカを終始圧倒する戦闘能力を発揮している。

モンスアーガーIIとの戦いではフラッシュタイプ、本物のダイナとの戦いではミラクルタイプに変身。R2地区に剣状の4本の柱[注釈 25]をワープアウトさせた後、中継カメラのような役割を持つ3機のUFOでテレビの映像回線を電波ジャックして、人類に自身の活躍と本物のダイナを圧倒する様子を見せ付けるが、ダイナ・ストロングタイプに敗れる。敗れた自分を「殺せ」と要求するがダイナに断られ、ダイナの強さの秘密が多くの仲間がいることだと悟り、自身の敗北を認め潔く帰ってゆく。

ニセウルトラマンダイナ[編集]

第31話「死闘! ダイナVSダイナ」に登場。英字表記はIMIT ULTRAMAN DYNA[3][5]

  • 身長:55メートル(フラッシュタイプ・ミラクルタイプ共に共通)[3][44][5][6]
  • 体重:4万7千トン(フラッシュタイプ・ミラクルタイプ共に共通)[3][44][5][6]
  • 出身地:R2地区[3][44][5][6]

グレゴール人が変身したダイナの偽者。本物とは違い隈がついたような目つきで、足のつま先が曲がっている。自ら連れてきたモンスアーガーIIを倒した後、本物のダイナと戦う。本物同様にタイプチェンジ能力を持つが変身する度に姿を変えており、作中ではモンスアーガーIIと戦った際にフラッシュタイプの姿で、ダイナとの決戦の際にミラクルタイプの姿で現れる。ミラクルタイプでは本物と違い金と黒の線が入っている。ソルジェント光線以上の威力を持つダークソルジェント光線、ダークスラッシュ、ダークバリヤーを使用する。ダイナ・フラッシュタイプの能力を完封し、ダイナ以上の格闘術により一度はノックダウンさせるが、人々の声援を受けたダイナ・ストロングタイプに圧倒され、クロスカウンターパンチを受けてグレゴール人の顔を晒す。

  • スーツアクター:清水一彦[7][12]
  • 声:宮坂ひろし
  • スーツは新造[7]。後に清水一彦用のウルトラマンダイナ(ミラクルタイプ)に改造された[7]
  • ウルトラマン Fighting Evolution 3』ではウルトラモード「死闘! ダイナVSダイナ」並びに「世界10拠点同時侵略指令」に敵として登場。一定の条件を満たすとプレイヤーキャラクターとしても使用可能になる。タイプはミラクルタイプのみ。必殺技はダークソルジェント光線。

アイドルロボット ラブモス[編集]

第32話「歌う探査ロボット」に登場。英字表記はLOVEMOS[3][5]

正式名称TM-39。新発見された土星衛星ソルビーノの探査に派遣されたTPCのロボット。その愛らしい姿形から劇中では人気キャラクターとなっている。ボディ各所にはサインが沢山書かれている。高度な視覚機能、聴覚機能を持っている。ソルビーノで発見した遺跡の上に置いてあった謎の彫像の発する音で暴走し、自身が乗ってきた輸送船を粉砕。その後、TPCに回収されるが、今度はTPC本部のコンピューターを支配し、TPC本部およびグランドーム内にあるあらゆる兵器を取り込んでサタンラブモスに変化する。

暴走状態ではボディのパラボラアンテナのような部分から紫色のリング状の破壊光線を放てるようになっており、これでソルビーノの着陸輸送船を破壊している。

  • 声:高戸靖広
  • 第31話の時点で劇中のテレビ番組としてラブモス情報が描写されている[8]

モンスターマシン サタンラブモス[編集]

第32話「歌う探査ロボット」に登場。英字表記はSATAN LOVEMOS[3][5]

暴走したラブモスがTPCの全てのメカを吸収・合体した姿。機械文明を滅ぼすことが目的。スーパーGUTSのもののみならず旧GUTSのメカの姿も見受けられる。左右のアームを伸ばして先の手錠形はさみで捕らえ、ガッツディグのドリルで相手の体を貫く。頭部から赤色の熱線と火球、胸部の両脇から緑色のレーザー、両肩のβ号、γ号、腹部の部分からは青色と黄色と紫色の光線を発射し、全身のビーム砲を収束するとソルジェント光線を相殺する威力になる。ヒビキとナカジマの乗る手動式ガッツウィングの攻撃パターンを見切って光線で相殺し、ミラクルタイプの高速移動も計算して捕捉するほどの演算能力を持つ。手錠形はさみのついた左右のアームでダイナを捕らえ、上記のガッツディグのドリルでカラータイマーを破壊しようとするが、マイの吹く彫像楽器が発する音で、本来の心を取り戻し、ラブモスに戻る。元に戻った後は自分の過ちを深く謝罪し、自分を破壊するようダイナに頼むが、ダイナは破壊せずに飛び去る。

  • スーツアクター:三村幸司、三宅敏夫、西沢智治[7][12]
  • その後のラブモスは映像化はされていないが、ファンタスティックコレクションの年表によるとソルビーノの調査に再び派遣されたという。

超悪質宇宙人 ナルチス星人[編集]

第33話「平和の星」に登場。英字表記はALIEN NARCHIS[3][5]

宇宙を食い荒らす地球人の宇宙進出を恐れ、妨害するために地球に来た宇宙人。メノーファを成長させるため若者のマイナスエネルギーを奪い取る。自らはこのマイナスエネルギーを持っていないため平和の星に住んでいると称しているが、真相は不明である。完成したメノーファに合体する。

戦力として口から金属音のような不協和音の叫びを発する。また、幼体のメノーファと一体化した際は少々野太くしわがれた声となっている。

生物兵器 メノーファ[編集]

第33話「平和の星」に登場。英字表記はMENOPHA[3][5]

ナルチス星人が造り上げた生物兵器[注釈 26]。ナルチス星人に地球人のマイナスエネルギーを与えられて成長し、さらにナルチス星人が合体して活動を開始する。不定形な姿で、体の一部を触手状に伸ばして相手を殴りつける。弾力性のある体は打撃が効かず、ソルジェント光線も吸収して自らのエネルギーにする。体から光弾を連発して物体を破壊する。ナルチス星人が合体する際にハスミ記者が鉄パイプを刺した部分が弱点で、そこをヒビキの乗るαスペリオルで撃たれ亀裂が生じ、そこにストロングタイプのダイナトルネードアタックを受けて敗れる。

  • スーツアクター:三村幸司、三宅敏夫[7][12]ほか、最大で10人ほどが入っている[8]
  • デザインは橋爪謙始による[7]。触手はディプラスの流用[7]。造形物はスーツのほか、爆発用ミニチュアが用意された[7]。特技監督の佐川和夫はどうすれば良いか一番悩んだと述べている[8]

宇宙スパーク大怪獣 バゾブ[編集]

第34話「決断の時」に登場。英字表記はBAZOB[3][5]

好物の電気を求めて地球にやってきた怪獣。細身の体に巨大な頭と言うアンバランスな姿が特徴。頭部の他に腹部にも口があり、額の青い光球からは強力な電磁波と電撃光線を発生させる。また、長い尻尾で敵を締め付け、そのまま遠くへ投げ飛ばすことも可能。宇宙発電所ヘリオのメインユニットを腹の口で呑み込み、迎撃に向かったガッツイーグルスペリオルを後述の磁界でシステムダウンに追い込み一蹴。そのまま地球へ襲来しTPC本部基地を目指す。頭部から発生している電磁波が周囲に強力な磁界を形成しているため、半径3キロメートル圏内にある全てのコンピューター機器がダウンし、ビーム攻撃もあらぬ方向に曲がる。当初は頭部への集中攻撃しか方法はなかったが、持ち前の強力な磁界でTPC基地に未曾有の大被害を与えかねないため、TPCではファイナルメガランチャーの使用まで提案される。アスカに手榴弾と発炎筒である程度誘導された後でその後ダイナとの戦闘に突入。腹の中にヘリオの職員とヒビキを人質に取ったような状態にあるためダイナですら迂闊に攻撃できずにいたが、TPCグライダーで強引に近付いたコウダにXXバズーカで額の光球を破壊され、前述のヘリオ発電所のメインユニットに体内の電気エネルギーを奪われたために磁界が消滅。最期はガッツイーグルのトルネードサンダーと一体化したダイナ・ミラクルタイプのドリルスピン戦法で2人とコウダは救出され、自身だけ爆散する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインは橋爪謙始による[7]。顔のデザインはメノーファのNGデザインの流用[7]
  • 『ウルトラマンフェスティバル'98』ライブステージ第2部に登場。グランスフィアの配下。

宇宙合成獣 ジオモス[編集]

第35話「滅びの微笑(前編)」、第36話「滅びの微笑(後編)」に登場。英字表記はGEOMOS[3][5]

冥王星で宇宙船ロムルス三世号に取り付いたスフィアが、クラーコフNF3000の第三格納庫と共に六甲山中に落下し、格納庫内のネオマキシマエンジンや付近の岩石と融合した合成怪獣。見た目が若干前傾姿勢になっているのが特徴。空間を歪めて防御する亜空間バリアーを使ってガッツイーグルのトルネードサンダーやダイナのフラッシュ光弾やソルジェント光線はおろかレボリウムウェーブ アタックバージョンをも防ぎ、ガッツイーグルの電磁ネットですら自力で振り払う。体から放つ破壊電磁波は、収束させるとソルジェント光線よりも強力になり、また、強烈な突進攻撃も使い、これでダイナとの戦いに勝利する。他にも両腕の鋭い爪を用いて土中を高速で掘り進むことができる。さらに亜空間バリアーによりレボリウムウェーブ アタックバージョン、ソルジェント光線を防ぎエネルギー切れを起こして成す術がなくなったダイナを突進攻撃で吹き飛ばし完敗に追い込む。その後、大阪市天王寺付近に現れた際は既にリーフラッシャーを失ったアスカを破壊電磁波の連発で狙い撃ちして負傷させる。その後、通天閣からホリイとナカジマにモンスターキャッチャーを背中に撃ち込まれ、再び撤退する。発生させる亜空間バリアーは体内に融合した前述のネオマキシマエンジンの力で構成されているため反マキシマエネルギーの照射で破ることができる。大阪ベイエリア南港付近での3度目の出現時は、前述の方法で亜空間バリアーを破られた後で、TPC地上部隊の総攻撃で倒されたかに見えたが、それはTPCを出し抜くために用意したただの抜け殻で、本体は地下に逃げており、さらにネオジオモスに進化する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 第1話や第2話で登場したダランビア、ネオダランビアと同じスフィア合成獣だと劇中でシイナ参謀に説明される。
  • 初期の脚本ではスフィアとは無関係な宇宙怪獣であったが、企画の笈田雅人の提案により物語終盤の起点とするためスフィアが登場することとなった[8]。脚本での名称はゴズモであった[12]
  • デザインイメージは岩[1]
  • 『ウルトラマンフェスティバル'99』ライブステージ第1部で、Xサバーガとタッグで登場。ウルトラマンタロウ、ウルトラウーマンベス、ユリアンと戦う。

超宇宙合成獣 ネオジオモス[編集]

第36話「滅びの微笑(後編)」に登場。英字表記はNEO GEOMOS[3][5]

大阪を一度は襲い地中へ逃げたジオモスがTPCの攻撃にあった際に、殻から脱皮し進化した姿。前傾姿勢だったジオモスと違い完全な直立姿勢となり、胸には亜空間バリアー生成器官という発光体がある。さらに顔の両側には角、背中には棘が生え、尻尾も伸びている。人類の機能の妨害とコスモネット計画の破壊が目的で、殻を囮にして地下に逃げ、大阪城公園に現れて大阪ビジネスパークにまで迫る。エネルギーは進化前よりも遥かに増幅しており、より強化された亜空間バリアーを使って一度はバリアーを破壊したTPCの反マキシマエネルギーやダイナのビームスライサーすらも防ぐ。体から発射する破壊電磁波の威力もパワーアップしている。また、ジオモスを凌駕する宇宙一の怪力と高い知能を持つだけでなく、額の光球から赤色破壊光弾を放ち、尻尾を敵に巻きつけて先端から電気ショックを与えるなど戦術も増え、ダイナのソルジェント光線を受けても倒れないほどの強靭さを持つ。しかしムナカタ元GUTS副隊長の乗るガッツウィングEX-Jの加勢により、更に強化された反マキシマエネルギーの照射でバリアーを破られ、電磁波を封じられる。バリアー生成器官と額の破壊光弾発射部分である光球を破壊され、長い尻尾もストロングタイプに引き千切られ、ボロボロになり、ストロングタイプのバウンスシューター、ストロングエルボーの連続肉弾攻撃を喰らって完全にノックダウンする。最後はウルトラリフターでベイエリア上空へ運ばれた後、旧GUTSメンバーとS-GUTSの反マキシマエネルギー、そしてガルネイトボンバー・シューティングバージョンの同時攻撃で倒される。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 着ぐるみの頭部はデキサドル、胴体はデマゴーグの改造[7]

ゴミ塊物 ユメノカタマリ[編集]

第37話「ユメノカタマリ」に登場。英字表記はYUMENOKATAMARI[3][5]

アララギ市のゴミエントロピーの法則に反して集合し、ごみ処分場のごみを吸収して怪獣のような姿になった存在。劇中での命名者はフカミ・コウキ総監。怪獣化直前には、捨てられたものを自力で吸い寄せるようになっており、カリヤは「捨てたごみを勝手に集めてくれる。これは便利」と評する。全身からダイオキシンを噴出して周囲の建物や木々をごみの山に変えるだけでなく、ガッツイーグルスペリオルの電磁ネットですら相殺し、内部は高圧になっていて爆発の危険性がある。また、粘着弾を放つ。

光線技が全く効かず、ビームスライサーやフラッシュサイクラーやソルジェント光線を無効化し、ダイナを体内に取り込もうとしたりと善戦するも、ダイナ・ストロングタイプに空高く投げられ、ストロングクラッシャーで粉砕される。アララギ市にはその後約1週間空からごみ(光る塵)が降り注ぐことになる。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • デザインは池谷仙克による[7]。脚本では手足の描写はなかった[12]
  • 監督・特技監督の服部光則は、時間と予算の都合でゴミが成長する過程を省略してしまったことについて後悔を述べている[8]

バロック怪獣 ブンダー[編集]

第38話「怪獣戯曲」に登場。英字表記はBUNDER[3][5]

劇作家鳴海浩也清水紘治)が、錬金術で生み出した怪獣。その製造工程は、劇中の鳴海の台詞によると、歪んだ真珠を馬の糞と共にフラスコに入れ、40日間、華氏451度で熱し、更に40週間、物語の血、肉、骨格と共にマンドラゴラの根を与え続けると自ずと怪獣の形をなすというもの。

ブンダーの塔とも呼称される塔の形で町の中央に降臨し、その後怪獣に変身する。その姿はバベルの塔に怪獣の頭と足と尻尾、そして細長いドリルのような槍状の腕を付けたようなもの。「空間を捻じ曲げる能力」で相手を翻弄したり、体全体か腕の先端をワープさせて攻撃する。体表は非常に硬く、ガッツイーグルのビームやダイナのソルジェント光線も効かない。鳴海は現実世界を演劇空間に見立て、自作「怪獣戯曲」を完成させるために、劇中に登場するブンダーを生み出すことで人類滅亡の大団円を実現しようとしたのである。鳴海も最初は、ダイナを登場させてブンダーが倒される結末を描いていたがその結末が気に入らず、先述のストーリーとする。鳴海の書いた「怪獣戯曲」のストーリー通りに自由に大暴れする。出撃したガッツイーグルのうち、槍状の腕を使った攻撃でα号を、電撃でγ号を撃墜。残るβ号も砂嵐で損傷を与える。ところが、カリヤとマユミに鳴海の仕組んだトリック(アナモルフォーシス)を解明され、その影響で、ダイナの登場でブンダーが倒されるのを防ぐために鳴海が拉致していたアスカが脱出。ダイナに変身される。ダイナとの戦闘で最初は互角の戦いを繰り広げるものの、「空間を捻じ曲げる能力」の使い方を誤り、自分の虚像に惑わされた末、自らの腕で自分自身を刺し貫いて自滅。計画が失敗に終わった鳴海もどこかへと姿を消す。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • デザインは池谷仙克による[7]
  • 「バロック」とは「歪んだ真珠」を意味する。

超異形進化怪獣 ゾンボーグ[編集]

第39話「青春の光と影」に登場。英字表記はZOMBORG[3][5]

かつてネオザルスを製作したオオトモ博士の助手のヤマザキ・ヒロユキが、TPCから盗み出してさらに自ら改造した生物の身体を強化する改良エボリュウ細胞を自身の体に注入して怪獣化したもの。腕は伸縮自在で、口からは緑色破壊光線を発射する。エボリュウ細胞を積んだロケットを地球に向けて打ち上げ、全人類を怪獣化しようと目論む。ダイナのビームスライサーの連射を全弾自身の光線で相殺し、そのままダイナに光線を当てるなど善戦するが、最後はソルジェント光線を浴びて爆死。エボリュウ細胞を積んだロケットの方はダイナ・ミラクルタイプのレボリュームウェーブ アタックバージョンで異次元の彼方に消滅する。

今回は前作に登場したエボリュウやメタモルガとは異なり、電気を吸収する動作を見せていない。

  • ヤマザキ・ヒロユキ:渡祐志
  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 初期案では事件の首謀者はヤマザキ・ヒロユキとは別人の元TPC職員となっていたが、長谷川圭一の案によりヤマザキ・ヒロユキが再登場することとなった[8]
  • デザインはエボリュウを人間型にアレンジしている[1]。造形物はスーツのほか、爆発用人形が用意された[7]

異形進化兵 ゾンボーグ兵[編集]

第39話「青春の光と影」に登場。英字表記はSOLDIER ZOMBORG[3][5]

ヤマザキが隠れ家として使っている宇宙施設ロックランドを防衛している人造人間。レーザー銃を使った攻撃を得意とする。倒されると泡を出して溶ける。劇中に現れたすべての個体がアスカとフドウ・ケンジに撃退される。

  • スーツアクター:桑原史哲、山城豊、角秀一[7][12]
  • スーツは『電光超人グリッドマン』のイベントショーで使われた戦闘員のものを流用しており、3体用意された[7]。丸山浩は自身が塗装したと述べている[1]

ジャギラ星人[編集]

第40話「ジャギラの樹」に登場。

  • 身長:178センチ[6]
  • 体重:68キロ[6]
  • 出身地:ジャギラ星[6]

200年前に森野町にある森野神社に根付いた宇宙植物ジャギラの樹を追って地球に現れる。青木という地球人に変身し、ジャギラの樹を守る家系の神保紀子という女性に近づく。衝撃波を放つ。神保紀子と一体化するが、ダイナに神保紀子を切り離され、ソルジェント光線によりゴッドジャギラもろとも葬られる。

  • 出演(青木):新田純一
  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、別名を魔樹宇宙人と記載している[48]

宇宙魔樹 ゴッドジャギラ[編集]

第40話「ジャギラの樹」に登場。英字表記はGOD JAGILA[3][5]

宇宙植物ジャギラの樹にジャギラ星人と神保紀子が一体化した姿。ジャギラ星人は「自身の超能力と彼女(紀子)の生命力が一体化した完全なる神」と呼ぶ。腹部には花が咲いており、見た目が二足歩行するガジュマルの木に見えるのが特徴。地球を植物の星にすることが目的である。根やツタを自在に操ってそれらをのように地上に這わせて人間を襲う。また、人間を操る黄色い毒花粉を散布し、操られた人間は目が緑色に光る。他にも戦力として体からの赤色破壊光弾を武器にする。接近戦では根やツタが合わさって太くなった両腕で敵を薙ぎ払う。ダイナを土中から伸ばしたツタで拘束し地面に叩き付けるが、一体化していた神保紀子がバーストラリアットで救出された後は終始押され続け、最後はソルジェント光線でジャギラ星人もろとも炎上して消滅する。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]

宇宙大昆虫 ダイオリウス[編集]

第41話「ぼくたちの地球が見たい」に登場。英字表記はDIOLIUS[3][5]

3年前に建設中だった冥王星宇宙ステーションを破壊した、宇宙空間に住む肉食巨大昆虫。昆虫型怪獣Bタイプに属されるらしい。通り掛かる宇宙船に卵を産み付ける。凶暴な上に頭が良く、生き物なら何でも餌にする。幼虫は成虫に変態する際に猛毒の液体を分泌し、この液体は地球の気圧では数秒で気化して毒ガスになる。触角の部分は電波や光、音、あらゆる信号に反応する特性を持つ。また自らは大気圏を突破できないため、木星の宇宙ステーションから地球に向かう途中だった宇宙船ガゼル号に卵を産みつけ、内部で幼虫が孵化する。獲物を待つ際は小惑星の岩壁に張り付いた状態で待つ。産みつけた後にクリムゾンドラゴン隊に攻撃される直前で一旦退散するが、ガゼル号が撃墜されそうになると再び姿を現し、撃墜しようとしていた防御衛星「ユニコーン」を破壊。しかし、カリヤたちに幼虫を全て倒されガゼル号を破壊しようとする。その後S-GUTS、ダイナと戦闘になり、リョウのγ号を撃墜するもソルジェント光線を受けて爆死する。

戦力として頭部の触角から放つ緑色破壊光刃と鋭い牙で噛み付いての電撃攻撃を用いる。

マウンテンガリバー5号[編集]

第42話「うたかたの空夢」に登場。資料によっては別名をスーパーロボットと記述している[3][40]。英字表記はMOUNTAIN GULIVER 5[3][5]

火星マリネリス基地でホリイ・マサミが「こんなこともあろうかと思って」開発した巨大ロボット。ギアはオートマ且つアルチハンド方式で、人間が乗って操縦するが、設計ミスでコクピットが小さく、小柄な人物しか乗れないため一番背の低かったマイが操縦することになる。火星の物質スペシウムを含んだスペシウム砲の試作品を装備しており、その威力は絶大だが、3発しか撃てない上に、隕石迎撃には射程が短すぎて使えない。それ以外の武装はホリイの台詞によると「今日はない」。ただし、殴るだけでもレギュラン円盤群を破壊する程度の戦闘能力はあり、その光景を見たホリイは開発者でありながらのんきに感心する。ヅウォーカァ将軍の攻撃に対して出撃し、スペシウム砲で小惑星を左端から順に一掃するが、レギュラン円盤群の攻撃でスペシウム砲を破壊され撤退する羽目になる。その後、火星に落下しようとしている巨大隕石を止めるために、押し返そうとしているダイナに協力する。隕石のあまりの大きさに疲れ果てたダイナを激励するが、そこでアスカは夢から覚める。レギュラン星人ヅウォーカァ将軍共々アスカの夢の中だけの登場である。

発進方法はスキージャンプ方式で、分析モニターの表示は巨大隕石を指して「たぶん10キロメートルくらい」と出すなど非常に適当。型式番号はMG-0005-RX、機体番号はへ-0001号。

コクピットに表記されている起動の日付が4月1日(=エイプリルフール)である。

  • スーツアクター:三宅敏夫[49][12]
  • MG5の通称は『帰ってきたウルトラマン』主演の団次郎が出演していたCMの男性化粧品の名前が由来[49]。足の市松模様もMG5の容器をイメージしたもの[49]
  • マウンテンガリバーとは、『ウルトラマンティガ』第2話で光の巨人(ティガ)の名前としてムナカタ副隊長が提案した没案である[50]
  • その他の作品に登場するマウンテンガリバー5号
    • 『ウルトラマン列伝』では、「スペシウム砲はウルトラマンのスペシウム光線と同等の威力を持っている」とウルトラマンゼロから高評価を得る。
    • 『ウルトラマンフェスティバル'99』ライブステージ第2部では、ムルチと戦った後、メンテナンスを受けた状態でアパテーと戦うが、スペシウム砲はメンテナンスに含まれていないために、構えたと同時に折れ、アパテーによって致命的ダメージを受けて爆散する。

灼熱合成獣 グライキス[編集]

第44話「金星の雪」に登場。英字表記はGLAIKIS[3][5]

TPCが金星大気を改造するために送った人工バクテリアのアイスビーナスが、双胴型のスフィアの手で怪獣化したもの。スフィアによって操られており、金星にやって来た人間を襲う。単体のスフィア自体が頭頂部に合体している。また金星の高気圧の大気内でも自由に活動でき、レボリウムウエーブ アタックバージョンを飛び越えるほど素早い。ビームスライサーを屈んで回避したり手足を引っ込めて飛行することもできる。怪力で口から火球を吐き、頭頂部のスフィアでダイナスラッシュも弾く。ダメージを受けてもスフィアの光線で回復し、ダイナを苦戦させた。頭頂部のスフィアを破壊されると元のバクテリアに戻る。金星の特殊環境で力を発揮できないダイナ・ミラクルタイプを持ち前の怪力で溶岩溜まりに押しやろうと企むが、S-GUTSの根性を受け取って奮起したダイナの豪快な投げ技で跳ね飛ばされたあと、フラッシュタイプに戻ったダイナのフラッシュチョップで頭頂部のスフィアを破壊されて倒され、消滅したあとはグライキスから解放されたアイスビーナスが雪のように降り注ぐ。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • 別名はDVD第11巻ジャケットでは灼熱合成獣だが、書籍では灼熱合成獣とするもの[51][9][52]灼熱怪獣とするもの[7][2][5][6]が混在している。
  • スーツの手足はセパレート式となっている[7]
  • 特技監督の満留浩昌はゴジラガメラの円谷版を目指した[1]

ギガール星・女戦士 チュラサ[編集]

第45話「チュラサの涙」に登場。英字表記はCHURASA[3]

TPCのミヤタ・セイジ参謀が、10年前にネオマキシマ航法の実験でギガール星に遭難した際に出逢った女性。ギガール星でトロンガーからミヤタを救い、さらに地球にトロンガーが現れた際にもミヤタの前に現れる。しかし実はミヤタがギガール星を去った後にトロンガーに殺害されていた。武器としてギガール銃という銃を一度だけ使う。

ミヤタにその銃とトロンガーの弱点の心臓を見定めるためのレンズのようなエメラルドに近い青色のチュラサの涙という結晶を託す。

宇宙超獣 トロンガー[編集]

第45話「チュラサの涙」に登場。 英字表記はTRONGAR[3][5]

宇宙を荒し回っている超獣。赤い球の状態で稲妻と共に現れ、心臓を破壊しない限り体が傷ついても再生する。神出鬼没かつとても執念深い性格で、10年前にギガール星を襲ったときに自らを攻撃したチュラサとTPCのミヤタ参謀に恨みを持ち、ミヤタを追って地球に現れる。10年前は心臓は右肩にあったが、地球襲来時には右胸に移動させている。攻撃を受けると一時的に体全体が奇妙に歪むことがある。戦力は両手から放つ青色電撃光線と後頭部にある長い尻尾、酸の舌を使った攻撃。まるで挑発するかのようにTPC関連の主要施設を次々と襲う。ダイナとは2度戦い、最初の対決では再生能力でフラッシュ光弾を無効化した後で、青色電撃光線で反撃して一時撤退。2度目の対決では前述の後頭部の長い尻尾と酸の舌を使った攻撃を駆使してダイナを追い詰めるが、ミヤタ参謀がチュラサから託されたチュラサの涙をセットしたギガール銃で心臓を破壊され、弱体化したところをダイナのソルジェント光線で倒される。

  • スーツアクター:岡野弘之(人間大)、三村幸司(巨大)[7][12]

恐怖エネルギー魔体 モルヴァイア[編集]

第46話「君を想う力」に登場。英字表記はMORUVAIA[3][5]

松本市に現れた黒い宇宙植物が放出する人々の恐怖を投影する素粒子が集中して実体化したもの。武器は口からの火炎放射と火球、そして鋭い牙による噛み付き攻撃。悪魔のような外見で、素早い動きでダイナを翻弄し、更に鋭い牙による噛み突きで苦しめるが、リョウの乗るα号から弱点である白い花のエキス入りのMK-2ミサイルを背中に受け弱体化。球状になったところをソルジェント光線を受けて爆発し、地上に残っていた黒い花も全て消滅する。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]

黒い宇宙植物[編集]

第46話「君を想う力」に登場。

  • 身長:42センチメートル[6]
  • 体重:25グラム[6]
  • 出身地:宇宙[6]

宇宙から謎の隕石と共に松本市に運ばれてきた地球外の植物。黒いチューリップのような姿をしており、人間の恐怖心を養分にしており、それらを素粒子に変え、人々の最も恐れる恐怖のイメージを空間に投影する。つまり、当話の一連の事件のきっかけとなる重要な物であり、謎の怪獣軍団やモルヴァイアを生み出す元となる物でもある。

ナカジマは黒の変異体は白と述べているが、リョウによればそれは逆であり、「白の変異体は黒、初めは全部白い花だった」と言及する。

  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』(小学館、2013年)では、名称を黒い宇宙植物 メージヲグとしている[6]

謎の怪獣軍団[編集]

第46話「君を想う力」に登場。英字表記はPHANTOM MONSTER ARMY[3]

  • 出身地:長野県松本市[3][45]

黒い宇宙植物が放出する素粒子が人々の恐怖のイメージを投影したもので、人によって見える姿が異なる。目撃されたのはフォーガス(怪人体)、ゼネキンダール人(C)、ディゴン、レイビーク星人、ビシュメル、モズイ、ギャンザー、姑獲鳥、ヌアザ星人イシリス、イーヴィルティガデスフェイサー。また、画面には登場していないが、ナターン星人マノン星人も確認できる。また、怪獣ではないが、にんじんが怖い者のイメージを投影したにんじん様(にんじんの化け物)というものも目撃される。幻影のため実体がなく、ガッツブラスター・ノーマルモードの光弾が効かない。

  • 名称は資料によって幻影怪獣軍団[3]謎の怪獣軍団と記述している[7][12][45][5][6]

放浪宇宙人 ファビラス星人[編集]

第47話「さらばハネジロー」とビデオ版『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』に登場。英字表記はALIEN FABILAS[3][5]

母星をなくし、ミクロ化された80億人の同胞と共に宇宙を旅している。2体が地球に現れ、それぞれ便宜上(A)、(B)と呼ばれる。戦力として手から赤色破壊光弾を放つ。また、変身能力もありコウダとカリヤを気絶させて自らの宇宙船の中に拘束した後で、彼らの姿を借りて一時的に成り代わり、スーパーGUTSの基地の機能を麻痺させる。本来は温厚な性格だったが長い放浪生活で精神状態が荒み、地球人をミクロ化して自分達が地球を支配しようとする。(B)の方はまだ穏健的で侵略行為に懐疑的であるが(A) はムザン星で拾った魔石の力で狂暴化し、デビルファビラスに変貌する。かつてはハネジローことムーキット種と共生関係にあり、(A)が救われて改心した後はハネジローと共に新天地を求めて再び旅立つ。

その後、オリジナルビデオ作品『帰ってきたハネジロー』にて、デハドー星人が地球を狙っているとのメッセージをハネジローに託して地球に向かわせる。

また、第11話のメラニー遊星でも、ハネジローのかつての飼い主であったファビラス星人と思われる遺骨とその宇宙船が登場する。

魔石超人 デビルファビラス[編集]

第47話「さらばハネジロー」に登場。英字表記はDEVIL FABILAS[3][5]

ファビラス星人(A)がムザン星で拾った魔石の力で狂暴化した姿。S地区森林地帯に出現し、大暴れする。無人迎撃システムの砲弾やマシン・ゼレットのゼラリアン砲やダイナのビームスライサーやソルジェント光線を受けても傷一つつかない頑丈な鎧が特徴。鋭い蹴り技を活かした格闘技、右手からの破壊光弾や魔石から放つ金縛り光線でダイナと戦うも、ハネジローに魔石の位置を教えられたダイナ・ミラクルタイプに鎧の一部を剥がされ、ビームスライサーで魔石を破壊されたあとレボリウムウェーブ アタックバージョンで鎧もろとも魔石を取り除かれ、元に戻される。元の姿に戻った後は宇宙船に回収される。

  • スーツアクター:三宅敏夫[7][12]
  • 魔石の設定は、ファビラス星人を悪役にしないために創作された[8]

変心宇宙人 チャダビン星人[編集]

第48話「ンダモシテX」に登場。英字表記はALIEN CHADABIN[3][5]

母星の上層部に騙され、惑星破壊兵器ンダモシテXの実験を生命が存在しないと聞かされた地球で行うためにやってきた宇宙人。劇中ではかなり間の抜けた性格として描かれている。コスモアドベンチャー部隊隊長ハヤテによると「銀河系で3本の指に入るほどの凶悪な宇宙人」といわれているらしい。また、透視能力もあり、これでモゲドンの体内にンダモシテXがあることを見抜く。彼の所有する宇宙船には機密保持機能があり、他の知的生命体が触れると自爆するという仕組みになっている。居ない筈の地球人(ムサシ・ホウサク)を事故で死なせ、自責の念から彼に成り変わって地球で生活していた。ハヤテ隊長と共にンダモシテXの爆発を食い止め、近くにあった勤めている花火会社の倉庫を守ったとして、会社の社長直々に三階級特進を言い渡され、部長の地位に就く。事件が終息した後も地球人として元気に暮らす。

太陽系には他にも2人のチャダビン星人が来ていたが、ハヤテ隊長にどちらも射殺される。

  • 星人時代の声:遠藤守哉
  • ムサシ・ホウサク:赤井英和
  • スーツアクター:所博昭[7][12]
  • 京本政樹による原案では、赤井英和が月面基地の隊長役で京本演じるハヤテと2人で宇宙人と戦うという内容であり、これを元にプロットも決定していたが、赤井の役が立っていないとの意見もあり、脚本を担当した右田昌万はシナリオ提出の段階で内容を変更した[54]

地底怪獣 モゲドン[編集]

第48話「ンダモシテX」に登場。英字表記はMOGEDON[3][5]

多摩丘陵の地下に住んでいた怪獣。頭頂部から首の両脇にかけて目玉のような器官がついているが、本当の目は頭部の赤い部分である。本来は気が小さく、おとなしい性格だが、チャダビン星人の惑星破壊兵器ンダモシテXを飲み込んでそれが喉に刺さったため興奮して暴れ出す。地中を素早く掘り進み、複数の穴を掘ってもぐら叩きのもぐらのように移動するのが得意で、猫だましに弱い。その暴走ぶりはガッツイーグルの電磁ネットですら振り払うほどだが、ハヤテ隊長とチャダビン星人にンダモシテXを摘出され、最後はダイナの猫だましで怯んだ隙に、そのまま宇宙へ運ばれる。

人造ウルトラマン テラノイド[編集]

第49話「最終章I 新たなる影」に登場。英字表記はTERRANOID[3][5]

TPCが2012年に永久凍結した人造ウルトラマン計画(=F計画)を火星基地で再開したゴンドウ・キハチ参謀が、警務局に極秘で造らせていた石像[注釈 32]にアスカの光エネルギーを光エネルギー照射装置で照射して完成した巨人。ゴンドウ参謀は「人類最大の防衛兵器」と評する。外見はダイナと酷似しており、ソルジェント光線とビームスライサー[注釈 33]を発射できるが、人間が一体化していないために、心を持たない。火星基地を襲撃したスフィアを迎え撃つべく出撃し、初めは圧倒的な力を見せつけるが、ソルジェント光線を連射したためにエネルギーを急激に消耗し、その隙に反撃を受け倒れた所にスフィアに体を乗っ取られてゼルガノイドになる。

  • スーツアクター:中村浩二[55]
  • 声は、ダイナの声のピッチを低くしたものを使用。[要出典]
  • スーツはウルトラマンダイナ(ストロングタイプ)を改造したもの[55]。石像はカポック製[8]
  • その他の作品に登場するテラノイド
    • ウルトラマン列伝』において第49話がピックアップされた際に、司会進行を務めるナビゲーターのウルトラマンゼロは、F計画について「心を持たない兵器はウルトラマンではない」と否定する。
    • ウルトラマンフェスティバル』に登場した際に、ダイナと共に登場。ゼルガノイドとなって悪事を働いたことを客に謝罪する。また、「ウルトラシリーズ」に登場した偽物のウルトラマンについて説明をする。
  • バンダイのDVD「ウルトラライバル戦士列伝!」に本作の映像がダイジェストで収録されている。

超合成獣人 ゼルガノイド[編集]

第49話「最終章I 新たなる影」に登場。英字表記はZELUGANOID[3][5]

スフィアがエネルギーの切れたテラノイドの体を乗っ取った存在。元々の原型は胸のプロテクター等に少々残っているが、背中に突起のようなものができており、ほとんど別のものになっている。テラノイド時にはなかった口が新たにできており、そこから鳴き声を発する。ダイナと同等の能力を持つテラノイドを合成したため、ダイナ・フラッシュタイプよりも強力な能力を持つ。ソルジェント光線、ビームスライサーに加えフラッシュサイクラー[注釈 34]を発射でき、背中の突起物からオレンジ色のバリアーを張る。スフィアにより再生とチャージを繰り返すため前述のテラノイドやダイナとは異なりエネルギーが切れないという利点を持つ。これらの能力でブラックバスター隊のガッツシャドーを全機撃墜。さらに、既にエネルギー不足だったとはいえダイナを追い詰めるが、ゴンドウ参謀の生体エネルギー照射により復活したダイナ・ストロングタイプの猛反撃を受けて追い詰められ、1発目のソルジェント光線を受けても体表のスフィアによりすぐさま再生して耐える耐久力を見せるが、2発目のソルジェント光線の近距離発射によりカラータイマーを撃ち抜かれて大爆発する。

  • スーツアクター:三村幸司[7][12]
  • デザインはテラノイドにスフィアのディテールを加えている[1]
  • 当初、第25話・第26話として書かれ後に最終章の原型となった脚本「太陽系消滅」では、第1話・第2話に登場したフドウ・タケルがスフィアに取り込まれゼルガノイドになるという展開であった[56]
  • その他の作品に登場するゼルガノイド
    • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(テレビマガジン版2011年6月号掲載分)ではキリエロイドやアパテーと共に怪獣軍団を率いてウルティメイトフォースゼロを襲う。
    • ウルトラマンフェスティバル'99』ライブステージ第1部にて、ネオガイガレードとタッグで登場。ウルトラマンガイアと戦う。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「計測不能」と記述している[6]
  2. ^ a b c d e f g 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「宇宙」と記述している[6]
  3. ^ a b c 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「火星」と記述している[6]
  4. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「地熱エネルギー基地」と記述している[6]
  5. ^ a b 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、「身長:60メートル、体重:5万7千トン」と記載している[6]
  6. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「青葉市付近の地底」と記述している[6]
  7. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「都心」と記述している[6]
  8. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「地底」と記述している[6]
  9. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1999』では「赤褐色」[2]、『ウルトラマン大辞典』『ウルトラマン画報 下巻』では「紫色」[9][5]と表現している。
  10. ^ 資料によっては「宇宙 - カトレア学園付近」[21][5]、『円谷プロ全怪獣図鑑』では「バース星雲ダイス星」[6]と記述している。
  11. ^ 資料によっては「宇宙 - ふるべ村」と記述している[22][5]
  12. ^ 『ファンタスティックコレクション 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマンティガ/ウルトラマンダイナ/ウルトラマンガイア』では「郊外の山中」と記述している[3]
  13. ^ 『ウルトラマン画報 下巻』では名称を再生体と記述している[5]
  14. ^ a b 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「ファビラス星」と記述している[6]
  15. ^ a b 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、縮小状態の数値を「身長:45センチ、体重:1.5キログラム」と記載している[6]
  16. ^ a b 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、ドルチェンコ、ウドチェンコ、カマチェンコをそれぞれ「身長:170、体重:80」「身長:180、体重:80」「身長:175、体重:79」と記載している[6]
  17. ^ 名前はそれぞれ第30話で判明。
  18. ^ a b 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「TPC本部」と記述している[6]
  19. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「ヌアザ星」と記述している[6]
  20. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「クレア星雲」と記述している[6]
  21. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「外宇宙」と記述している[6]
  22. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「惑星ラセスタ」と記述している[6]
  23. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「古墳時代の日本」と記述している[6]
  24. ^ 劇中冒頭のゲーム画面の左上のプロフィールの下の部分にその名前がある。
  25. ^ その間には強力な電磁棒が張り巡らされてプロレスのリングのようになっている。ウルトラマンfighting evolutionでの名称は「電撃リング」。
  26. ^ ナルチス星人曰く、「無敵の生物兵器」。
  27. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「六甲山」と記述している[6]
  28. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「大阪郊外」と記述している[6]
  29. ^ a b 『ファンタスティックコレクション 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマンティガ/ウルトラマンダイナ/ウルトラマンガイア』では、塔形態の数値を「計測不能」と記述している[3]
  30. ^ 『ファンタスティックコレクション 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマンティガ/ウルトラマンダイナ/ウルトラマンガイア』では塔形態の出身地を「市街地上空」と記述している[3]
  31. ^ 『宇宙船 YEAR BOOK 1999』では、「130キログラム」と記載している[2]
  32. ^ かつてゴルザメルバに破壊されたティガのピラミッドにあった2体の巨人の石像や、天才科学者マサキ・ケイゴが熊本ゲオザークを使って発見し、ダイゴからスパークレンスを奪い光遺伝子コンバーターの力で変身したイーヴィルティガの石像の破片を元に建造された。ヒビキ隊長はモニターで石像の姿を見た際には「ティガの巨人像」と認識する。
  33. ^ 『週刊 ウルトラマン オフィシャルデータファイル』ではそれぞれソルジェント光線(フェイク)ビームスライサー(フェイク)と表記。
  34. ^ 『週刊 ウルトラマン オフィシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]ではフラッシュサイクラー(フェイク)と表記。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l テレビマガジン特別編集 1998, p. 88, 「怪獣デザイン 円谷プロデザイン室 丸山浩」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa 宇宙船YB 1999, pp. 19-23, 「DYNA guest character 超図鑑」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq gr gs gt gu gv gw gx gy gz ha hb hc hd he hf hg hh hi hj hk hl hm hn ho hp hq hr hs ht hu hv hw hx hy hz ia ib ic id ie if ig ih ii ij ik il im in io ip iq ir is it iu iv iw ix iy iz ja jb jc jd je jf jg jh ji jj jk jl jm jn jo jp jq jr js jt ju jv jw jx jy jz ka kb kc kd ke kf kg kh ki kj kk kl km kn ko kp kq kr ks kt ku kv kw kx ky kz la lb lc ld le lf lg lh li lj FCティガ/ダイナ/ガイア 2001, pp. 72-73, 「ウルトラマンダイナ 怪獣リスト」
  4. ^ a b c d e f g h 大辞典 2001, pp. 176-185, 「す」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq gr gs gt gu gv gw gx gy gz ha hb hc hd he hf hg hh hi hj hk hl hm hn ho hp hq hr hs ht hu hv hw hx hy hz ia ib ic id ie if ig ih ii ij ik il im in io ip iq ir is it iu iv iw ix iy iz ja jb jc jd je jf jg jh ji jj jk jl jm jn jo jp jq jr js jt ju jv jw jx jy jz ka kb kc kd ke kf kg kh ki kj kk kl km kn ko kp kq kr ks kt ku kv kw kx ky 画報 下巻 2003, pp. 110-124
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq gr gs gt gu gv gw gx gy gz ha hb hc hd he hf hg hh hi hj hk hl hm hn ho hp hq hr hs ht hu 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 248-260, 「ウルトラマンダイナ」
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq gr gs gt gu gv gw gx gy gz ha hb hc hd he hf hg hh hi hj hk hl hm hn ho hp hq hr hs ht hu hv hw hx hy hz ia ib ic id ie if ig ih ii ij ik il im in io テレビマガジン特別編集 1998, pp. 48-57, 「ネオフロンティアの破壊者たち」
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az テレビマガジン特別編集 1998, pp. 80-92, 「ウルトラマンダイナ物語51+映画」
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 大辞典 2001, pp. 112-121, 「く」
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 大辞典 2001, pp. 194-209, 「た」
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 大辞典 2001, pp. 244-245, 「ね」
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp 切通理作 2000, pp. 422-429, 「全154話完全解説&データ」
  13. ^ a b 登場キャラクター ウルトラマンギンガ 公式インフォメーション”. 2017年3月5日閲覧。
  14. ^ a b ギンガS超全集 2015, pp. 55-56, 「ウルトラマンギンガ怪獣大図鑑」
  15. ^ Blu-ray『ウルトラマンギンガ 1』(バンダイビジュアル BCXS-0787)封入 作品解説書 SPARK NOTES Vol.1。
  16. ^ フィギュア王』No.185(ワールドフォトプレス)より[要ページ番号]
  17. ^ a b c d e f 大辞典 2001, pp. 141-155, 「さ」
  18. ^ a b c d e f g h i 大辞典 2001, pp. 156-175, 「し」
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大辞典 2001, pp. 274-286, 「ふ」
  20. ^ a b c d e f g テレビマガジン特別編集 1998, p. 9
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 大辞典 2001, pp. 98-111, 「き」
  22. ^ a b c d e f g h i 大辞典 2001, pp. 249-265, 「は」
  23. ^ a b c d e f 大辞典 2001, pp. 186-190, 「せ」
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 大辞典 2001, pp. 218-226, 「て」
  25. ^ a b 平成ウルトラビデオ全集 2002, p. 86, 「ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー」
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大辞典 2001, pp. 327-330, 「も」
  27. ^ a b c d e f 大辞典 2001, pp. 266-273, 「ひ」
  28. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 312-319, 「み」
  29. ^ 宇宙船YB 1999, p. 50, 「監督インタビュー 北浦嗣巳」.
  30. ^ テレビマガジン特別編集 1998, pp. 94-97, 「川上英幸書き下ろし ある宇宙人のインタビュー」.
  31. ^ a b c d e f g 大辞典 2001, pp. 78-97, 「か」
  32. ^ a b c d e f g h i 大辞典 2001, pp. 127-140, 「こ」
  33. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 293-298, 「ほ」
  34. ^ a b c d e 平成ウルトラビデオ全集 2002, p. 39, 「ミジー星人の戦略兵器」
  35. ^ a b c 大辞典 2001, p. 243, 「ぬ」
  36. ^ 川上英幸2016年1月12日1:15ツイート
  37. ^ a b c d e f g h i j k l 大辞典 2001, pp. 191-193, 「そ」
  38. ^ a b c d e f g h 大辞典 2001, pp. 342-344, 「ら」
  39. ^ 「INTERVIEW 脚本家 太田愛」『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、39頁。雑誌コード:01844-04。
  40. ^ a b c d e f g 大辞典 2001, pp. 299-311, 「ま」
  41. ^ 『テレビマガジン特別編集ウルトラマンガイア』(講談社)より。
  42. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 350-353, 「れ」
  43. ^ a b c d e f g h i j k l 大辞典 2001, pp. 210215, 「ち」
  44. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 240-242, 「に」
  45. ^ a b c d e 大辞典 2001, pp. 235-239, 「な」
  46. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 323-326, 「め」
  47. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 335-338, 「ゆ」
  48. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 257.
  49. ^ a b c d e テレビマガジン特別編集 1998, p. 33
  50. ^ 切通理作 2000, p. 414.
  51. ^ FCティガ/ダイナ/ガイア 2001, p. 73,96.
  52. ^ 全怪獣怪人大事典』中巻、英知出版2003年4月20日、379頁。ISBN 4-7542-2017-X
  53. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 227-234, 「と」
  54. ^ 切通理作 2000, pp. 106-117, 「第1章 ティガ編 右田昌万」.
  55. ^ a b c d テレビマガジン特別編集 1998, p. 32
  56. ^ 切通理作 2000, pp. 393-412, 「第3章 ガイア編 長谷川圭一」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]