アボラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アボラスは、特撮テレビ番組ウルトラマン』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する、架空の怪獣。別名は青色発泡怪獣せいしょくはっぽうかいじゅう。英字表記はABOLAS[1][2][注釈 1]

『ウルトラマン』に登場するアボラス[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」(1966年11月20日放送)に登場。

3億5000年前[注釈 3]超古代文明に「青い悪魔」と恐れられ、液化されてカプセルに封印されていた青い古代怪獣。眉間が一本角状に伸びた巨大な頭部や大きく横に裂けた口が特徴であり、強靭な体力の持ち主。口からは、何でも溶かす泡状の溶解液を吐く。工事現場で発掘され、調査のために運ばれた鉱物試験所で10万ボルトの電気ショックを受けて復活する。

その後、都市を蹂躙しながら引き寄せられるように先に復活した怪獣バニラ国立競技場[注釈 4]で激突する。科学特捜隊の攻撃で弱ったバニラを倒し、ウルトラマンと対決する。ウルトラマンに溶解液を浴びせてスペシウム光線を阻止するが、ウルトラマンを溶解させるには至らず、持ち前の体力で2発のスペシウム光線に耐え、3発目でようやく倒される。

第35話「怪獣墓場」の怪獣供養では、遺影として写真が飾られている。

  • スーツアクター:中村晴吉[2][7][11]鈴木邦夫(ノンクレジット)[11]
  • 着ぐるみは初代レッドキングを改造したもので、頭部は新規造形である[7][11]。本話の撮影後、着ぐるみは頭部を差し替えて再改造されて2代目レッドキングになった[12][13]
  • デザインは成田亨によるもので、頭部は恐竜の骨をモデルとしている[14]
  • 山田正弘が単独執筆した準備稿「前世紀からの使者」では、前世紀人に操られる液体怪獣であり(バニラは登場しない)、普段は小型の瓶に収められている。この設定は『ウルトラセブン』のカプセル怪獣の原型になっている[15]。最後は自分の吐いた泡をウルトラマンに跳ね返され、膝打ちとウルトラチョップの連打を受けて消滅する[11]。南川龍(野長瀬三摩地)が加筆した決定稿「悪魔はふたたび」で、アボラスはウルトラスラッシュ光線を受けて木端微塵となり、「ウルトラマンの足もとで切れ切れに飛び散ったアボラスの残骸」というト書きで終了している[11][16]
  • 第26話「怪獣殿下(前篇)」では、治少年のイメージイラストに登場している。
  • 一峰大二の漫画版の「怪獣アボラスの巻」やPS2用ゲーム『ウルトラマン』では、バニラ共々ウルトラマンに八つ裂き光輪で倒される。
  • 『ウルトラマン白書』掲載の金城哲夫の文芸ノートでは、バニラ共々「宇宙怪獣」と区分されている。
  • 『ウルトラファイト』では、溶解液は終始「冷凍光線」とされているため、映像で溶けている建物が「凍っている」とナレーションされている。
  • ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』では、溶解液は「メルトバブル」と命名された[要検証 ]

『ザ☆ウルトラマン』に登場するアボラス[編集]

テレビアニメ『ザ☆ウルトラマン』第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

怪獣墓場で眠っていた個体を、バラドン星人によりアーストロンゴーストロンゴキネズラレッドキングバニラと共に蘇生させられたうえで怪獣島に収容され、地球へ送られた。

武器は『ウルトラマン』登場時と同一で、外見上の相違は緑色の体色に肩に生えている角。バニラと激しく戦ううちにゴキネズラとも戦う。最終的にはその3体でレッドキングと戦闘中のジョーニアスを襲撃するも、3体とも倒された。

  • 資料によっては「バニラと共倒れになった」旨が説明されているが[21][17][20]、誤りである。

『ウルトラマンパワード』に登場するアボラス[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマンパワード』第9話「復活! 二大怪獣」(米国版サブタイトル:TAILS FROM THE CRYPTS)に登場。玩具などではパワードアボラスの名称が用いられている。

古代人から「青い悪魔」として恐れられており、彼らの作り上げた棺の中に3000年間以上も封印されていた怪獣。最大の武器は口から吐く溶解性の強い泡だが、初代とは異なりガス状ではなく液体そのものになっている[注釈 6]

棺が納められていた洞窟に入った学生の焚いたカメラのフラッシュにより、覚醒する。青い光となって岩に吸い込まれ、その中から復活すると、同じく現代に復活したバニラを溶解液で倒す。その後、再生したバニラとともにパワードへ2対1の戦いを挑むも、WINRのアンテナから発せられた23,000ヘルツの音波で弱体化したため、最後はバニラ共々メガ・スペシウム光線によって爆砕される。こういった展開から、アボラスとバニラは音波で弱らせてから一気に倒さないと何度でも復活する不死身ゆえに古代人も2体を完全に殺処分できず、封印せざるをえなかったことが示唆されている。

その他の作品に登場するアボラス[編集]

  • 映像作品
  • 漫画作品
    • 漫画『ウルトラ忍法帖』では、悪の組織「朧党」の忍獣「阿簿羅巣」として暴愚(ボーグ星人)と共に急遽招集されて登場。ウルトラマンとの戦いではまったく相手にならないが、再登場した際には同じ貧乏人仲間として、エースの友達になった。
    • 漫画『ウルトラマンSTORY 0』では、第36話・第37話にてバニラと共に登場し、オッズのオリハルコン製の斧の攻撃で怯んだところにウルトラセブンのワイドショットを受けて倒される。その後、第39話・第40話にてジェロニモンに蘇らされた再生怪獣の1体として登場している。
  • ゲーム作品
    • 大怪獣バトル』の第4弾に技カードで登場。スキルは「青い悪魔」で、効果は「3ラウンドの間攻撃が水攻撃になる」。第4弾の絵柄はライバルのバニラとつながるほか、拡張版のコンボも対になっている。

過去の映像を流用しての登場[編集]

いずれも映像はそれぞれの初登場作品の流用。

新世紀ウルトラマン伝説
パワードアボラスが登場。
ウルトラマンボーイのウルころ
初代が第84話「怪獣オリンピンピックだぞ!」、第251話「必勝! 3度目の正直の巻」で登場。

関連怪獣[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ウルトラマン画報 上巻』ではABORASと記述している[3]
  2. ^ 資料によっては、3億5千万年前の地底[1]、鉱物試験場[4]、宇宙→μ帝国[2]、3億5千万年前のカプセル・鉱物試験場[5]、3億5千万年前の地球→東京のビル工事現場→鉱物試験場[3]と記述している。
  3. ^ 「300005000年前」と非常に中途半端な数字だが、本編中で何度も台詞として連呼されているため、誤記ではない。資料によっては「3億5千万年前」と記述している[10][4][5][3]
  4. ^ 作中ではオリンピック競技場と呼称。
  5. ^ 『ウルトラマン大辞典』では「3千年前の世界」と記述している[5]
  6. ^ 『ウルトラマン大辞典』では青色溶解液[5]、『ウルトラマン画報 下巻』『円谷プロ全怪獣図鑑』では発泡溶解液[22][23]と記述している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 白書 1982, p. 50, 「ウルトラマン 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e ベストブック 1993, pp. 100-101
  3. ^ a b c d e 画報 上巻 2002, p. 41
  4. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 16
  5. ^ a b c d e f g h i j k 大辞典 2001, p. 22
  6. ^ a b 怪獣列伝 2008, pp. 76-77, 「全てを溶かす青い悪魔 青色発泡怪獣アボラス」
  7. ^ a b c d 全調査報告 2012, pp. 72-75, 「CASE FILE19 悪魔はふたたび」
  8. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 16
  9. ^ a b c 研究読本 2014, p. 224, 「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」
  10. ^ 白書 1982, pp. 29、50.
  11. ^ a b c d e 研究読本 2014, p. 162-163, 「エピソードガイド第19話」
  12. ^ 全調査報告 2012, pp. 86-89, 「CASE FILE25 怪彗星ツイフォン」.
  13. ^ 研究読本 2014, pp. 174-175, 「エピソードガイド第25話」.
  14. ^ 成田亨 2014, p. 91.
  15. ^ 『ウルトラマン怪獣大名鑑~巨大ヒーローと怪獣の誕生~』(2017年1月1日発売、kkマガジンボックス、ISBN9784866400181)39ページ
  16. ^ 『大人のウルトラマンシリーズ大図鑑』(2015年9月17日発売、マガジンハウス、ISBN 9784838750511)38ページ
  17. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1982, p. 110
  18. ^ a b c 白書2 1987, p. 215, 「ザ☆ウルトラマン 怪獣リスト」
  19. ^ a b c 画報 下巻 2003, p. 24
  20. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 172
  21. ^ 『ウルトラマン大図典』(講談社)[要ページ番号]
  22. ^ a b c d 画報 下巻 2003, p. 68
  23. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 218
  24. ^ a b 「ウルトラマンパワード20周年記念特集 パワード怪獣完全図鑑」『語れ!ウルトラ怪獣【永久保存版】』 KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ44〉、2014年4月23日、91-101頁。ISBN 978-4-584-20544-0
  25. ^ a b 「[インタビュー]前田真宏」、『宇宙船』vol.155(WINTER 2017.冬)、ホビージャパン2016年12月29日、 pp.98-99、 ISBN 978-4-7986-1360-4
  26. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, pp. 79、81, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  27. ^ ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  28. ^ X超全集 2016, p. 38, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」.
  29. ^ ウルトラマンの撮影シーン、精密ジオラマで再現 【円谷英二 特撮の軌跡展】
  30. ^ 「INTERVIEW メイン監督 田口清隆」、『HYPER HOBBY PRESENTS キャラクターランド』vol.2、徳間書店、2015年8月1日、 pp.80-81、 ISBN 978-4-19-730135-5
  31. ^ 『ウルトラ怪獣DVDコレクション アボラス バニラ/ゴメス リトラ編』の解説より[要ページ番号]

参考文献[編集]

関連項目[編集]